今週の宇宙戦隊キュウレンジャー 5話

宇宙戦隊キュウレンジャー 第5話 『9人の究極の救世主』

キュウep5 0

狙ってやった攻撃なんだから、別にラッキーではないような…
5話目です。今回は比較的王道な戦隊ヒーロー路線シナリオでした。

子供たちやキュウレンジャーの抗う意志によって大人たちが感化されていく姿はベタながらも良いと思いました。
エリードロン撃破に至るのは少々早いとは思いましたが、流れ自体は熱かったですし、戦闘シーンもカッコよかったので個人的には満足です。
ただ、9人揃うとどうしても空気気味になってしまうメンバーがいるのは否めませんね。特に声優メンバーに関しては…

スティンガーが司令官の命令でスパイをしていたことについてはちょっと「ん?」と思いました。
スパイをしていること自体は理に適っているのでどうでもいいです。
問題は「司令官がその事実を忘れていた」ということに関してです。
何せスティンガーがキュウレンジャーの前に現れたことで、チャンプはトラウマが再発し、軽い仲違いのような状態になってしまいました。
最初から司令官がスティンガーがスパイであることを教えていれば、無用な騒ぎを起こさなくて済んでいたはずです。
彼が素でスティンガーのことを忘れていたのか、それとも意図的に情報を隠していたのか定かではありませんが、
今回の描写はショウ・ロンポーに魅力を与えるどころか却ってケチを付けてしまったと思います。

ロボ戦闘シーンでは9体のボイジャーが勢ぞろいしましたが、全員合体状態はまだ見れないみたいですね。
合体において中心となる機体が、現在シシボイジャーしかいないので、ロボを増やすにはゴーオンジャーみたいに
搭乗者不要のサポートロボが必要になるのかもしれませんね。
せっかく組み換え遊びを重視している玩具設計なのですから、全機合体をする際などはその設計をとことん活かしてもらいたいです。
関連記事
スポンサーサイト

hme「おば↑さん↓だとふざけんじゃねぇよお前 お姉さんだろォ!」

>ただ、9人揃うとどうしても空気気味になってしまうメンバーがいるのは否めませんね。
亜人種の人たちもですが、ハミィもネットスラングギャル語以外の描写が薄いですね。
プリキュア同様、緑の娘はあかんのか?…淫夢語録に媚びなければ良いのですが…

仰る様に今回は王道で熱い回でした、私が先週で指摘した伏線がこんなに早く回収されたのは戸惑いましたが。
なんといいますか、「採石場で子供が人質として拘束されている」画が非常にノスタルジーを感じさせましたw
近年の作品はあまり詳しくないですがあまり見られなかったような気がしたので。
先週に続きラッキーがヒーローらしく振る舞ってたのは良いのですが、やはり最序盤の彼とは別人に感じますね。
サムネの様に幸運設定も活かせてませんし、ラッキーとヒロイックとの兼ね合いが難しいのでしょうが…

>今回の描写はショウ・ロンポーに魅力を与えるどころか却ってケチを付けてしまったと思います。
ショウ司令は「カミソリ後藤」の系統かと思うのですが今回の一件では単にボケてたとしか思えませんね。
どうせアントン博士の一件もチャンプの誤解だと思うので早々に事情を説明するのが合理的な判断だと思うのですが…

>ロボを増やすにはゴーオンジャーみたいに搭乗者不要のサポートロボが必要になるのかもしれませんね。
ゴーオンジャーは未見ですが「ロボットにかなりの課金を要した作品」という事は伺っております。
ラプターがオリオン号の事を髭のおじさまって言ってましたしあの船も関係ありあそうですね。
[ 2017/03/12 19:45 ] [ 編集 ]

ラプターに胃薬って効くのだろうか

こんばんは!


安定して見ていられる回でしたね
ただ、スティンガーの立ち位置がどう見ても追加戦士枠なんですが……担当もオレンジですし
司令官も「忘れてた」の一言で味方同士を戦わせるのはちょっと……もし考えがあってドンパチやらせたというのなら色んな意味で「イイ性格してる」としか
[ 2017/03/13 00:35 ] [ 編集 ]

ラッキーは単なる軽い馬鹿かと思ったら、かなりの硬骨漢なんですね。
「例え非力でも戦おうとしない、自分の子供を庇おうという気さえ起こさない奴は名前を覚える価値すらない」っていう。
確かに第1話からその辺の姿勢は良くも悪くも一貫してました。キュウレンジャーになりたいと思ったらのは人々を助けようと戦うハミィ達を見たから、ガルに発破かけたのはまだ牙が抜けきってないと確信したから、ナーガとバランスに目をつけたのは盗賊稼業でも二人がジャークマターに逆らってたから。そして自分自身も変身できない内からインダべーの大群に立ち向かうだけの気概を見せていた。
そう考えれば前回でスパーダに怒ったのも「仲間の戦おうという気を萎えさせたから」と受け取ったからかも知れません。もっと言葉選べよとは思うけど。

ただチャンプの心情を誰も触れようとしなかったのがなあ。
てっきり3話時点ではスティンガーを仲間だと信じてるのはラッキーだけで、チャンプ以外の面子も(大事にはならなかったとはいえ)直接毒食らったから良い印象は無いものと思ってました。
司令もわざとなのか素で黙ってたのかは知らないけど、せめてチャンプにだけは触れておけと。それともアントン博士の件を知らなくて、スティンガーを見た途端チャンプが暴走するとは思わなかったのか。
すぐには乗船せず別行動という体になるのはその辺を一応汲んだのかも知れませんが、今後もっと踏み込んで欲しいところです。

エリードロンは大方の予想通り9人揃ったキュウレンジャーの噛ませに。まあジャークマターという組織の顔見せの役目は果たしたか。
次回のカローは二人組だそうですが、イカタコというモチーフからは星座が想像つかない。強引に結びつけるとすれば、うお座かふたご座?
[ 2017/03/14 00:07 ] [ 編集 ]

Re: hme「おば↑さん↓だとふざけんじゃねぇよお前 お姉さんだろォ!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>先週に続きラッキーがヒーローらしく振る舞ってたのは良いのですが、やはり最序盤の彼とは別人に感じますね。
基本的に敵との戦闘って努力を積み重ねて倒すのがセオリーですからね。
スタッフが設定を持て余しているようでは先行き不安です。

>どうせアントン博士の一件もチャンプの誤解だと思うので早々に事情を説明するのが合理的な判断だと思うのですが…
この真実も司令が知っていて、なおかつ話し忘れていたのだとしたら相当引きます。
ライダーでもそうですが、キャラ描写するのに極端な方向に走り過ぎないでほしいです。

>ゴーオンジャーは未見ですが「ロボットにかなりの課金を要した作品」という事は伺っております。
12体合体は中々の壮観ですよ。一部「置いてあるだけ」なロボもいますが…
[ 2017/03/19 11:14 ] [ 編集 ]

Re: ラプターに胃薬って効くのだろうか

帰灰燼様、コメントありがとうございます。

>ただ、スティンガーの立ち位置がどう見ても追加戦士枠なんですが……担当もオレンジですし
初期メンバーにしてはやや特殊な立ち位置ですね。
ラッキーたちと一緒に戦えないということは、必然的に単独で戦う機会が多くなるということにもなります。
勝利数が多ければ「もうこいつ1人でいいんじゃないか」ということになりますし、敗北数が多ければ「もう単独任務やめさせろ」とも言われかねません。
この辺のさじ加減をどうするのか気になりますね。
[ 2017/03/20 23:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>ラッキーは単なる軽い馬鹿かと思ったら、かなりの硬骨漢なんですね。
「例え非力でも戦おうとしない、自分の子供を庇おうという気さえ起こさない奴は名前を覚える価値すらない」っていう。

言い方を変えれば、「興味のないことには積極的に突っ込まない」とは受け止められます。
今のところラッキーの行き先は彼の好奇心をピンポイントで捉えているので問題なさそうですが…
やっぱり、ジャークマターと戦うハッキリとした理由が欲しいです。

>すぐには乗船せず別行動という体になるのはその辺を一応汲んだのかも知れませんが、今後もっと踏み込んで欲しいところです。
あ、確かに。敢えて別行動させることで余計な争いを生まないようにしているのかもしれませんね。
もしかすると裏でアントン博士が亡くなった謎を追っているのかもしれませんね。
[ 2017/03/20 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1547-0d212857