石川界人さんの声カッコイイ(こなみ)

DSC05838.jpg

ラングリッサー リインカネーション、買いました。

プレイして既に何時間か経ってますが、
ここまでゲームをプレイすることに「恥ずかしさ」を体感したゲームは初めてです。
制作陣はこんなゲームを世に出して恥ずかしいとか思わなかったんでしょうか?
これで新規層と往年のファン層を釣ろうとか厚顔無恥にもほどがあります。

頑張ってクリアするで…
スポンサーサイト
[ 2015/07/23 15:46 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(4)

クロスノーツの面影

ららら

遂に物議を醸しだしたか醸し出してないかもわからないぐらいネットで話題に上らないラングリッサーの新作が明日発売です。
ここまでの発売前のラングに関わるなけなしの話題を挙げてみると、

絵師変更
・開発会社であるエクストリームの社長はクロスノーツの設立者
・既にSRPGの市場や話題はFEifが牛耳ってる
・ファミ通レビュー26点

とまあ、前評判は最悪に等しいと言えます。

そもそもFEifの発売直後に販売しようという魂胆がどう考えたって理解不能
FEifの前評判も決して良いものとは言えませんが、蓋を開けてみれば良くも悪くも吹っ切れ過ぎた作りこみに注目が集まり、
とりあえず話題を作ること自体には成功しました。セールスもそれなりに良い方向みたいです。何より私自身が楽しんでプレイしてますし。
ラングリッサーは一体誰が目を付けているのかすら分からん状態です。

ちなみに1番物議を醸しだしたと言えるカイエダヒロシ氏によるキャラデザですが。
私からの印象は… 察してください。
カイエダ先生をうるし原先生に代わる「エロさ」を表現する絵師として起用したのなら、多分エクストリームさんはラングを理解してないと思う。
そもそもオリジナルのスタッフがいない時点でアレなんですが…
そんな決して明るくない状況のさ中、ファミ通によるレビューによって更に評価を落としてしまっている状態です。

でも、ちゃんと買います。ファンの端くれとして、買ってプレイして感想出します。
エクストリームにメサイヤブランドを背負う覚悟と技術があるのか、しっかり見極める予定です。
クロスノーツの闇を打ち払うことができるのか…
[ 2015/07/22 15:56 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(2)

WOLT、ラングリッサーⅤを語る

レギュラーパッケージ。

1997年7月。ラングリッサーⅣ発売を間近に迫った日の事。
開発ブランドであるメサイヤではその次回作である『ラングリッサーⅤ』の開発が始まりましたとさ。
(元々ⅣとⅤは同時製作前提だったようだが)
正式名称は『ラングリッサーⅤ ~The End of Legend』
その名からも分かる通り【伝説の終わり】に恥じぬ、シリーズにピリオドを打つ作品となる。

早いものでシリーズは本作で5作目。
シリーズ開始当初はバブル景気やゲーム業界自体が潤っていたこともあって続々とリリースが続いていたが、
元々は知名度の一般受けの良いとは言い難いシュミレーションRPGゲーム。
おまけにメサイヤブランドを保有する日本コンピュータシステムは元々ソフトウェア開発会社。
ゲーム開発はあくまでも副業。一応人気があったとはいえよくもまあここまで続いたもんですこと。

発売は98年6月。その頃では悪名高き『センチメンタルグラフティ』がギャルゲ市場を氷河期化させ、
更にその流れでセガサターンというハード自体の没落を招いてしまった。
偶然のタイミングとはいえ、シリーズを終わらせるのであれば丁度良いタイミングと言えただろう。

ハード末期に発売されたシリーズ完結編。ファンの求めるラングリッサーは、そこに存在したのでしょうか?
[ 2015/04/08 16:03 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(2)

WOLT、ラングリッサーⅣを語る

レギュラーパッケージ

ギャルゲーブームと第3次声優ブームというゲーム業界を大きく動かした激動の90年代。
その激動の中でも、あのラングリッサーは確かに輝きを増して存在していたのだ。にぶーい輝きを放ちつつ。
稼ぐ時には稼いでおきたいのは企業のみならず誰しもが抱く思惑。
ラングスタッフは息つく暇もなく次回作ゲームの開発に追われることとなる。

というわけで発売されたのが次回作、ラングリッサーⅣ。
発売日は97年8月1日。大体『Ⅲ』の1年後なので、『Ⅲ』の発売間もなく開発が始まったことだろう。
というか実際に製作記には『Ⅲ』発売直後であることを示唆する記述があった。

『Ⅲ』でのゲームシステムはお世辞にも良い評価を受けたとはいえず、製作側はこれまたシステムの改変を余儀なくされる。
果たして『Ⅳ』は『Ⅲ』の不満点を解消する出来栄えになったのか?
前回からだいぶ時間が経ってしまいましたが、ラングリッサーⅣのお話、はじまりはじまり。
[ 2015/03/24 22:02 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(2)

WOLT、ラングリッサーⅢ(SS版)を語る 後編

レギュラーパッケージ。要するに通常版。
ラングリッサーⅢの後編記事ですぞ。
前回はヒロインセレクトやそれを取り巻くシナリオ関連のお話をしましたが、
今回は一新された戦闘システムについて言及していきます。

変更点こそ目立つものの、基本的な基盤や王道といったものは変化は見られなかったシナリオと違い、
戦闘システムに関しては正直似ても似つかないような感じに仕上がっています。
言葉での説明がメインですが、如何せん難しいかも… イマジネーションを大切に。
[ 2015/02/17 23:09 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(0)

WOLT、ラングリッサーⅢ(SS版)を語る 前編

限定版パッケージ。レギュラーよりも見る機会が何故か多い。

1991年4月26日 ラングリッサー(MD) 発売
1993年8月6日 ラングリッサー(PCE) 発売
1994年8月26日 ラングリッサーⅡ(MD) 発売
1995年6月30日 デア ラングリッサー(SFC) 発売
1996年4月26日 デア ラングリッサー(PC-FX) 発売

順当に販売を重ねて認知度を高めていくラングリッサーシリーズ。
その各シリーズの初出はいつの時代もセガハードであった。
そう、あの時代を先走り過ぎるセガハードである。

時代は1996年。既にメガドライブは型落ちと化し、新世代ハードが到来した時代である。
この時代のセガハードを担うのがセガサターン。2Dと3Dポリゴン描画に優れた優秀なハードである。機能的には。
前世代機よりも遥かに進化した性能で、ゲームの方も更なる進化が予想された。

だがしかし!
時は1994年5月27日… 後にゲーム業界を揺るがす衝撃的な風雲児が誕生してしまう。
そしてそれは新作ラングの発売が予想されるセガハードにとっても避けられない出来事なのであった。
というわけでシリーズ史上最大の問題児である『ラングリッサーⅢ』、とくとご覧にあれ。


※記事内で書き記している時代の考察はかなり主観的なものです。あまり本気にしすぎないでね。
[ 2015/02/16 15:24 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(2)

WOLT、ラングリッサーⅡを語る

MD版タイトルです。
ユニットを駒として動かし、敵に戦いを仕掛けるという正統派なSRPGのルールを守りながら、
独自のルールを加えてそのクオリティの底上げに成功したラングリッサー。

初代ラングの発売から約3年後。次回作である『ラングリッサーⅡ』がMDにて発売されることに。
今後のラングシリーズは年ごとに矢継ぎ早に移植・発売されることになります。
移植作に何かとバグがあるのは開発期間の短さ故なのか…

というわけでこのラングリッサーⅡ、一体前作からどのような進化を遂げたのでしょうか?
[ 2015/02/11 16:08 ] ラングリッサー | TB(1) | CM(4)

WOLT、ラングリッサーを語る

MD版タイトル。

2015年2月4日未明、私のゲーム史における衝撃的なニュースが飛び込んできた。

メサイヤブランドの看板ゲームでありSRPGの金字塔である「ラングリッサーシリーズ」の15年越しの復活
過去のゲーム関連のニュースにおいて、私がここまで驚きを覚えた情報が果たしてあっただろうか。

ラングリッサーの初出は91年。事実上の最終作であったミレニアムの発売は99年。
21世紀に入る前に、このシリーズは静かに終焉を迎えているのだ。

グーグル検索とかでかけてみても、そこに出てくるのは数年前に更新を途絶えたと思しき攻略サイトや、
個人ブログなどで過去にプレイしたゲームとして取り上げているサイトがちらほらあるだけ。
後はamazonなどの通販サイトが出てくるだけという、今となっては話題性もへったくれもないゲームブランドなのだ。

それが運命の2月4日を境に検索をかけてみるとどうだろう?
各種情報ポータルサイトで一斉に「ラングリッサー復活!」という旨のタイトルの記事が続々と上がるではないか!

ラングリッサーの事実上の終焉から15年。インターネットも普及し、今まさに話題性を高めているラングリッサー。
私がこのゲームを語るのに、これほどうってつけのタイミングはないだろう。


というわけで全何回かに分けて、ラングリッサーシリーズのゲームを紹介しながら、
私がこのゲームを通じて感じたことや楽しんだことなどを語りつくしていこうと思います。
曲がりなりにも新作発表された現在で、より多くの方々がラングリッサーというゲームに興味を抱いてもらえればなぁと思います。
[ 2015/02/09 15:40 ] ラングリッサー | TB(0) | CM(2)