【ヴァルゴ役の田中理恵氏は】 今週のニチアサ 31週目 【ご入籍なされました】

前書き

…することは特にありません。
以下、通常通りのテンションでお送りいたします。


バトスピep40 1
バトスピep40 2
バトスピep40 3

バトスピでは遂にハジメに新切り札、ロード・ドラゴン・グレイザーが登場!
原種やバゼルのような赤のスピリットとはと違って、身に纏う氷河の如く白属性のスピリットのカード。
白属性のみの「重装甲」で、相手の白属性のカードの効果を一切受けないという守りに徹したロード・ドラゴンであります。
今回はあの激闘を繰り広げた芹沢イサミも再登場していざ尋常にバトル!
バゼルの時と同様、一発勝利して切り札の名に花を添えてやるぜ!

バトスピep40 4

…と思いきや、まさかの敗北
なんと相手のイサミ自身もグレイザーを使用、更に使いこなしてハジメを圧倒してしまいました。
まあ冷静に考えればイサミのデッキは白属性中心のデッキで、イサミ自身が白属性のエキスパートなのでグレイザーと相性がいいのは一目瞭然。
反面ハジメが普段使ってるのは赤属性のデッキ。パワーで押す赤とは対照的に白は防御に勝っている属性なのでハジメと相性が悪いのは頷けます。(恐らく既存のデッキにそのままグレイザーを加えたのかな?)
実際バトル内でもグレイザーのカード効果を把握せずに、ひたすらレベルを上げることだけを考えていました。
結果白のスピリットやマジックを使いこなしたイサミには手も足も出ず… 新切り札の名が廃れるぜ。
ハジメはこのカードを使いこなせるんでしょうかねぇ?

バトスピep40 5

そして番組終盤で新たに登場した謎の新カード「ロード・ドラゴン・セイバー」
情報は画像を見れば分かるように完全にシャットアウトされてます。
まあ、また新しい切り札を貰うのはいいんだけど、何というか全然ドラマチックじゃない…
こういう謎のカードを貰う際は、カードの表記面を一切出さずに、師匠ポジのキャラから「このカードを貰っとけ!」みたいな感じで入手するんじゃないのかな?
しかもそのあげる役が主人公の師匠ポジではなく、実況解説役のギャラクシー渡辺だという…
う~む、アニメを全体的にギャグ調にした弊害か。
とはいえ情報規制されてる分、ロード・ドラゴン・セイバーには期待がかかります。どうなるのかな?


ゴーバスep18 1
ゴーバスep18 2
ゴーバスep18 3

あー、スイマセーン。ゴーバスターズ18話で~す。ところがどっこい! ハハハハハ!
今回は地上戦・ロボ戦・間に挟むネタ、どれをとっても実に充実した回だったと思います。

地上戦ではまさかのイエローとスタッグの共闘!
ヨーコが我が道を行き続けるカブトムシ・樹液・クワガタムシに振り回されつつも、最終的にはビシッと決めるシーンは良かったですね。
ナルシストキャラなのに「名前はどうでもいい」と一蹴する樹液の姿は意外。
そしてヨーコのウィークポイントが絡んだピンチのアシストも見ものでしたね!
携帯していたお菓子が食べれなくなったと見たや否や、「凄く甘いから」という理由で木の樹液を差し出すのは紳士的というか…昆虫的…?
実際の木の樹液の味は木の臭いが強くて味が殆どせず、普通のものはとても食べられるようなものではないと聞きます。(飲めるタイプのものもありますけどね)
そんな中お菓子でしかウィークポイントを解消できないヨーコの舌を唸らせるとは相当な糖度なんでしょうなw
樹液のキャラが一層押されたシーンといえるでしょう。

ゴーバスep18 4

敵メガロイドは8話から再登場したドリルロイドの亜種の模様。
独特の口調や動きで翻弄するのはメガロイドならではでしたね! 何というか久々に見て面白いキャラのメガロイドが来た印象です。
今回ドリルロイドの声を担当したのは杉田智和氏。杉田氏の知名度については言うまでもありませんね^^
ちなみに樹液の声を担当している中村悠一氏とは「電脳冒険記ウェブダイバー」で過去に共演していたりします。

ゴーバスep18 5
ゴーバスep18 6
ゴーバスep18 7

ロボ戦ではそれぞれのロボが存分に活躍していましたね!
ビートのクレーンを使ってドリルゾードを釣り上げる作戦はビートならでは。
シメのビート&スタッグはもちろん、エース、ゴリラ、ラビットまでもがちゃんと戦闘を与えられていたのは嬉しいですね!ゴーバスターオーにならなかった所がミソ。

それにしてもエネトロンって地下資源だったんですね。だとしたらどうしていつもいつもエンターさんは警備の激しそうな地上のエネトロンを狙うのかな?
…そういや、今日はエンターさん出てきてませんね。前回で力作のメガゾードがやられてしまいましたから、今度こそはとまた新しいメガゾードを考えているのかな?w


フォーゼep40 1

仮面ライダーフォーゼ40話!こちらもこちらで怒涛の大展開でしたなぁ。
まずタウラス・ゾディアーツについて。
学園の正義の為だとかそういう理由でご法度を使ったと思いきや、実は片思いの相手の為だけに学園を作り変えていたことが発覚した杉浦君。
俗に言う「愛は人を狂わせる」…とかいうヤツですなw おお、怖い怖い。
てっきりゾディアーツの力で豹変しちゃったのかと思いました。意外と値は優しかったんですね…
しかしそういうことならどうしてホロスコープスの幹部入りまで決意しちゃうんだろう?
そもそも事の発端となった「学園の自由な校風」はこの学園のお偉いさん達が決めたものだから、喧嘩を吹っ掛けるなら生徒ではなく我望理事長やダメダメ中間管理職の校長の方では?
しかも校長にいたっては忠誠を誓っちゃったし…オイオイ^^;
どうでもいいけど、ユウキ達と一緒に逃げてる男の子がJKだと全然気づかなかったw

フォーゼep40 2
フォーゼep40 3
フォーゼep40 4
フォーゼep40 5

しかしあのゴルフ戦は何だったんでしょうねぇ~?w 某所では「プロゴルファー猿」なんて言われてますがw
タウラスの方なんてメテオの打った球をわざわざ遠くへ送ってあげたりとか完全な舐めプですよw
…と思いきや、メテオストームになった瞬間形成が逆転。ストームシャフトで一気にカップまで入れてしまいました。
恐らくあの技を使えばホールインワンだって狙えてたはずなので、実は舐めプだったのはメテオの方だった! というオチw
そして案の定ゴルフ勝負の勝敗など関係無く逆ギレするタウラス。あ~、本当になんの意味があったんだろう。

てかてかてか、















お前らゴルフしろよ!( ゚д゚)

フォーゼep40 6
フォーゼep40 7
フォーゼep40 8

そんなタウラス関係の展開で終わりと思いきや、遂に本格的に動きを見せたヴァルゴ!
その隠されていた正体もいよいよ明らかに!
…やはりEMOTO教授OTOME座のゾディアーツの正体だったんですね… ちょっとションボリなのは私だけじゃないはず。
正体が発覚した後は自重することなくその姿を現し、性格も実に非情になり、黒き欲望をあらわにしました。
ホロスコープスとしての役割を晴らせなかった杉浦君や正体を知られた友子までもがダークネビュラ送りに!
友子までもがダークネビュラ送りになっちゃうなんてどういうことなの?

てかてかてか、

















フォーゼep40 9

何でロケットステイツ出てんの?俺フィギュアーツ持ってないのに…
もうワケわからないよう…



スマプリep20 1
スマプリep20 2
スマプリep20 3

ハイ、スマプリ20話です。

今回はマジョリーナの罠・交番コント・ドタバタ劇の三拍子揃った恒例のギャグ回ですね!
ここ最近運動会やらやよいパパやらシリアスなお話が続いて来ましたから、こういう話は何だか新鮮味があって面白いですね。いい潤滑剤になったと思います。
特に今回はいつにも増して見せるテンポが秀逸だったと思います! 交番のお兄さんもちゃんとマジョリーナのことを名前で呼んでましたしね! 成長成長!w

ただしそれギャグ以外は特に言うことないですかなぁ^^;
一応最後にジョーカーが怪しげなコメントをしていましたが…今回では何とも言えませんな。来週も平凡回になりそうですし。
まあ、大いに笑って楽しませてくれたのでヨシとしましょう!























スマプリep20 4

(・∀・) キミハカワラナイネ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/24 20:10 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(4)