HGBF 1/144 カミキバーニングガンダム レビュー

Kamikiburning001.jpg
HGBF 1/144 カミキバーニングガンダム
メーカー小売価格:1944円

いつぞやの雪崩のようなガンプラ発売ラッシュは昔の話。
今月はガンプラ・フィギュア共に過去よりも控えめな新商品のラインナップが揃っております。
暇な時間に塗装作業でもしたいところですが、未だ気候はジメジメ模様。この湿気、なんとかならぬか。

というわけで、HGBF 1/144 カミキバーニングガンダムをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【9/11 追記】
文章の一部表現を修正しました

【9/11 再追記】
記事内にて「【作られた】の英語はBuildではなく、過去形のBuiltではないか?」という指摘を受けましたが、
あくまでも機体名をかけた言葉遊びのようなものなので、文面通りあまり深く受け止めないようご了承願います。

・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Kamikiburning002.jpg
KMK-B01 カミキバーニングガンダム

全国大会終了後に、セカイがシアの指導を受けて自ら製作した機体。
トライバーニングを参考にした赤いカラーリングと青いクリアパーツが特徴で、左肩には「神」の文字が刻まれている。
セカイが自ら操縦することを前提に設計されており、ほかのファイターでは真価を発揮することができない。
バーストモード時は、背部から日輪をかたどった粒子が放出される。腰背部には一振りの太刀を装備しており、
炎の剣発動時の触媒としても利用される。


他所の人に作られた(Build)ガンプラをきっかけに、やがて3人(Try)の手で改造されたガンプラで戦い抜き、
最終的にファイター自ら(Kamiki)の手で新たに作られたガンプラで再出発するいう、
ビルドバーニングガンダムシリーズの系譜のラストを飾るガンプラが遂に立体化。
いつもの順番と違い、ユウマのライトニングZに遅れて発売する形となりましたが、その出来栄えや如何に。


-Design-


Kamikiburning003.jpg

Kamikiburning004.jpg
フロント&リアビュー。
パーツ構成は関節部を除いてほぼ全てが新規造形となっております。
従来よりも赤色装甲の占める割合が増え、首元のパーツが無くなりアンテナや肩の形状などのシャープ化も図られた結果、
ヒロイックかつケレン味のある、まさに主人公機体らしいデザインに仕上がっています。


Kamikiburning034.jpg
トライバーニングと比較。
デザインを参考にしているとはいえ、似てる部分は殆どありません。完全に別物です。
そもそも設定上も完全に別のガンプラですし。


Kamikiburning005.jpg
顔。4本の黄色く長いアンテナが非常に映える。
何よりヒサシの位置が調整されたおかげで、ビルド/トライバーニングよりもツインアイがパッチリ見えるように。


Kamikiburning006.jpg
胴体。クリアパーツは下の方にちょこっとあるだけ。その分赤色の装甲が増えてます。
ダクト穴も4つに増設。内部もきちんと色分けされています。


Kamikiburning008.jpg
右肩。白い装甲が完全になくなり、クリアパーツの占める割合も少し増えています。
黒いラインはホイルシール。


Kamikiburning010.jpg
腕。関節部は従来のものと同じですが、それ以外のパーツは全体的に丸みを帯びた形状になり、
より人間的なラインを描くようになっています。


Kamikiburning011.jpg
肘装甲もクリアパーツ。ただ色が薄いせいで接合部が丸見えなのが気になります。


Kamikiburning009.jpg
左肩。前の部分だけ「神」の文字を描くモニターが搭載されています。
「ダサい」と思う方は付属の黒いホイルシールを貼るか、いっそ左肩を部品注文するなりしてもう1つ作って取り替えちゃうのもアリ。


Kamikiburning012.jpg
フロントアーマー。グレーのパーツが胴着の「帯」を表現しているようでちょっと面白いですね。


Kamikiburning013.jpg
サイドアーマーは赤色の装甲にブルーのクリアパーツ大きく使用。


Kamikiburning014.jpg
膝。クリアパーツが使われているのはそのままに、側面に大きく赤色のパーツを使用しているのが印象的。


Kamikiburning015.jpg
片側の側面にも小さくクリアパーツが。


Kamikiburning016.jpg
ビルド/トライバーニングにはなかった足のクリアパーツも、カミキバーニングならこの通り。
ただ下地が結構目立ちます。


Kamikiburning017.jpg
踵にも使われているという拘りよう。


Kamikiburning018.jpg
バックパックはビルド/トライバーニングよりも大型化。
グレーのパーツにクリアパーツが挟みこまれているというパーツ構成に。


Kamikiburning019.jpg
後腰にマウントされている太刀の鞘。
先端は色分けされておらず、鯉口の部分も黄色(本来は金色)という、かなり大ざっぱな色分けに。


-Movable-


Kamikiburning020.jpg
首可動に特に問題なし。


Kamikiburning021.jpg
肘関節は従来通りよく曲がる他、肩は首元のパーツが無くなったおかげでより大きく上げられるように。
肩の接続部のリングが新規造形になってるから、少し抜けづらくなってるかな? そこまで大きな差はないかも。


Kamikiburning022.jpg
おなじみの胴体の引き出し構造もきちんと備わっています。


Kamikiburning023.jpg
腰も一回転可能ですが、胸部から垂れているパーツのせいか前屈・後屈はほぼできません。


Kamikiburning024.jpg
膝もよく曲がりますが、足首を前に倒す可動に関してはビルド/トライバーニングの方が一枚上手かも。


Kamikiburning025.jpg
開脚は180度全開です。足首の可動は追いついてませんが。

総じて本体の可動は十分に高可動域と言えます。
細かい部分を見るとビルド/トライバーニングに劣る部分こそあるものの、そこまで気にならないかも。


-Items-


Kamikiburning027.jpg
付属品。いつもの手首4種類とジョイントパーツと、


Kamikiburning026.jpg
炎エフェクトも完備。


Kamikiburning028.jpg
更に今回オリジナルの付属品として、鳳凰覇王拳用エフェクトと太刀が付属。
詳細の解説はこの2種類だけ行います。


Kamikiburning030.jpg
まずは太刀。一体成型パーツで、成形色は白。色分けのクソもありません。
取説を見る限りじゃ「ガンマカで塗ってくれ」とのことです。なんやその投げやりなフォロー!(憤怒)


Kamikiburning029.jpg
RGのガーベラ・ストレートと比べると少々小ぶりな大きさ。
ぶっちゃけ太刀というには少し小さすぎな気がします。脇差しにしては長い気もしますが。どっちつかずですな。


Kamikiburning031.jpg
鳳凰覇王拳エフェクトは、大きく楕円をかくような炎の軌跡に、3枚のビラビラが翼のように靡いているのが特徴。


Kamikiburning032.jpg

Kamikiburning033.jpg
鳳凰覇王拳エフェクトを付けて素立ち。
今回は本体のクリアパーツを差し替える必要がないため、パーツ管理が物凄く楽ですし、ブンドドもやりやすいです。


-Bundodo!!-


Kamikiburning035.jpg
カミキバーニングいざ出陣! 決めポーズもスムーズに決まります。


Kamikiburning036.jpg
赤色の目立つメリハリの効いたカラーリングになり、物凄くカッコよくなった印象です。


Kamikiburning037.jpg
白色の目立っていたビルド/トライバーニングと違い、「服を着こんでいる」という感じが伝わってきます。


Kamikiburning041.jpg

Kamikiburning042.jpg
本体の可動の良さは折り紙つき。格闘ポーシングはビシバシ決まります。


Kamikiburning043.jpg
胴着ということでかめはめ波。正直今更な気もしますがw


Kamikiburning038.jpg
もちろん炎エフェクトとの相性も良好。


Kamikiburning039.jpg
赤色装甲が増えたおかげでむしろ従来よりも親和性が高くなったといえるかも。


Kamikiburning040.jpg
ただ背中にとりつける炎のビラビラは、鳳凰覇王拳エフェクトという迫力的に上位互換な存在のおかげで
だいぶ肩身が狭くなってしまったかも…


Kamikiburning044.jpg
神樹ガンプラ流奥義!


Kamikiburning046.jpg
鳳凰!覇王けぇぇぇぇぇん!
劇中ではいつも通り(?)鳳凰を出しただけ。


Kamikiburning059.jpg
ただあくまでも「拳法」なので、それ以外の技とかも出せるらしいです。
その辺は我々の妄想力次第ですな。


Kamikiburning047.jpg
拳法はそのへんに置いといて、お次は太刀を抜刀!


Kamikiburning048.jpg
手刀パーツを添えて、ゴッドガンダムっぽく。


Kamikiburning049.jpg
太刀はやや小ぶりなデザインですが、その分取り回しは良さそう。


Kamikiburning050.jpg
ただ劇中ではほぼ使い捨てみたいな扱いだったのが残念です。
セカイにとって剣術はまだまだ修行中なのでしょう。きっと。


Kamikiburning054.jpg
平手を前に向けられることで、柄に添えて突きっぽいポーズもとれます。
正直ビルドバーニングから続くフォーマットって、徒手空拳より武器持たせた方が際立つと思うゾ。


Kamikiburning051.jpg
胴体の引き出し構造のおかげで両手持ちも実にスムーズ。
やっぱり引き出し機構って武器を持つ時こそ真価を発揮するよなぁ。


Kamikiburning052.jpg
レッドフレームっぽく?


Kamikiburning053.jpg
上段の構えをする時はアンテナがかなり邪魔になりますんで、一度外すことをオススメします。


Kamikiburning055.jpg
なお『次元ビルドナックルズ「角」』の保持手首を使えば、
劇中のような太刀を中央に真っ直ぐ構えるようなポーシングが楽々に。


Kamikiburning057.jpg
他にもこのように、刀身で攻撃を受け止めるポーシングなど、
手首をビルドナックルズのものに差し替えれば本体の可動性も相まってポーズの幅がかなり広がります。


Kamikiburning056.jpg
ただし手甲のデザインが全く異なるので、その辺は要注意。初心者には辛いところですな。


Kamikiburning058.jpg
最後は皆と一緒に。ガンプラの明日に向かって、レディー・ゴー!


Kamikiburning060.jpg
以上、HGBF 1/144 カミキバーニングガンダムのレビューでした。



◆評価点
・良好な造形&可動
・本体に関しては良好な色分け
・エフェクトパーツ完備


◆不満点
・太刀の色分けのテキトーさ


総合オススメ度:★★★★★

非常にヒロイックなデザインに洗練されたパーツ構成を兼ね備えており、合わせ目も殆ど目立ちません。
(太腿の後ろ側の合わせ目が目立たないのは見事)
各種エフェクトパーツや手首も完備し、太刀が付属するおかげでプレイバリューは過去最高クラス。
個人的には本体のクリアパーツをいちいち変える必要がなくなったので、余計な手間なく遊べるのも嬉しいポイント。
やっぱり剣士系のガンプラはいじってて楽しいですね。個人的には大満足です。
ビルドバーニングシリーズの最後を飾るガンプラだけあって、非常に優秀な出来栄えに仕上がっていると言えるでしょう。

これ単体だけでもガッツリ遊ぶことができますが、できれば『次元ビルドナックルズ「角」』は一緒に揃えておきたいところ。
本体の可動とうまい具合に噛み合って、ビルドナックルズを最も遊びつくせると言っても過言ではないかも?
欲を言うならビルドナックルズ式の可動手首は本商品にそのまま付属してほしかったんですけどね。レオパルド・ダ・ヴィンチみたいに。

HGBFシリーズも現段階でアナウンスされてる限りではすーぱーふみなを残すところとなりました。
個人的にはプレバンでいいのでHi-νガンダムインフラックスを発売してほしいと思うところです。

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/10 20:28 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(16)

レビュー乙です。
肩のPCってBJが抜けにくくなったんですかね?
前2体は逆にしないとスッポ抜けましたが・・・。

すーぱーふみなはねえ…。一応予約はしたんですけど個人的にはあの大きさがなあ…。
後、目のパーツが分割されててクリアパーツを嵌め込む仕様みたいなので、顔がなんだか微妙なことになってるのが気になるんですよね。
売れたらチナッガイ出してくれないかなあw
[ 2015/09/10 22:04 ] [ 編集 ]

レビューお疲れ様です
元々かなり動くビルドバーニングでしたが、武器が付いたおかげでポージングの幅が広がってますね。
太刀(と言うか長さ的には打刀?)の色分けは……まあHGですしこんなものかと。シールでのフォローがあっても良かったかも知れませんが。
総合的に見て、アクションポーズ取らせるのが楽しそうなガンプラですね。

後、鞘の黄色のパーツ部分は栗形と言うより鯉口ではないかと。
[ 2015/09/10 23:16 ] [ 編集 ]

最初からこれ使ってれば…

やはり殴りファイターズの方針は間違っていたようですね
刀めっちゃ似合うやん
[ 2015/09/10 23:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

>肩のPCってBJが抜けにくくなったんですかね?

リングのパーツが新しくなってるので、明らかに前2体よりも抜けにくくなってます。
刀とか振り回してもポロポロ外れることはありませんでした。

>後、目のパーツが分割されててクリアパーツを嵌め込む仕様みたいなので、顔がなんだか微妙なことになってるのが気になるんですよね。

シールじゃなくてパーツで色分けされるんですね。
技術的に凄いと思う反面、パーツ分けのせいで余計な厚みとか出てしまうのではないかと少し不安です。
[ 2015/09/11 02:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます!

>太刀(と言うか長さ的には打刀?)の色分けは……まあHGですしこんなものかと。シールでのフォローがあっても良かったかも知れませんが。

そこなんです。レッドフレームや戦極アストレイではシールで色分けされていたのに、
今回のカミキバーニングでいきなりオミットされてしまうのは少し不自然だなぁと感じました。
素組み派の方にも優しくないですし。それを除けば本当に良いプラモなんですが。
ちなみに「太刀」という名称は私のオリジナルではなく、取説で実際にそう解説されていたのでそう呼称させていただきました。

>後、鞘の黄色のパーツ部分は栗形と言うより鯉口ではないかと。

なるほど。きちんとした名称があったんですね。修正しておきます。
[ 2015/09/11 02:27 ] [ 編集 ]

Re: 最初からこれ使ってれば…

ドラゴンズタオル様、コメントありがとうございます!

ご指摘の通り、カミキバーニングのフォーマットは剣術に特化していると言っても過言ではないかもしれません。
アニメでも刀を使ったアクションはもっと早く見たかったですね…
[ 2015/09/11 02:30 ] [ 編集 ]

一方、「機動戦士シルヴァ・バレト(銀魂)」は牙突のバーゲンセールでした。

どうも、実写版の宣伝か「あの花」の再放送が決まり良い意味でも悪い意味でも盛り上がっているなと感じるソバスチンです(゚ー゚;A
「心が叫びたがってるんだ。」の公開も近いですし長井&マリーコンビは大活躍ではあります…ガンダムも作ってるんだよ!皆忘れんなよ!

「主役キット+クリアパーツ」でGセルフを圧倒したカミキバーニングガンダムですが。
遅れて登場したものの、完成度は良さそうですね(^^)b仰る様に顔立ちといい赤の配色といいより攻撃的で
「カミキ・セカイ専用機」感が出てます、何時剣術を習得したのかは不明ですが。
(謎のゲルマン・ニンジャからナマクラを渡されインストラクションを受けたのかもしれませんがw)
 対して太刀のイマイチな造形は残念ですね、水ようかんについている楊枝のようですヾ(- -;)
塗装はともかく刃渡りの短さはいかんともしがたいです、どうしてもガーベラストレートを拝借したくなりそうです。
 これでHGBFの主要なキットもすーぱーふみなを残すだけですが。
フィギュア化常連の島田フミカネ氏も自身のデザインがバンダイのプラモデルになるとは驚きでしょう。
MSGもTTPで実質終了といえますしコンマイにはもう何も残っていませんね(-。-;)
[ 2015/09/11 14:04 ] [ 編集 ]

Re: 一方、「機動戦士シルヴァ・バレト(銀魂)」は牙突のバーゲンセールでした。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

>対して太刀のイマイチな造形は残念ですね、水ようかんについている楊枝のようですヾ(- -;)

なるほど… 言われてみるとそんな感じもします。塗装しやすいのはありがたいのですが。
仰る通り、太刀としては少々長さももう少し欲しいところなんですよね。
(恐らく)剣術見習いであろうセカイにとっては少し短めの方が扱いやすいのかもしれません。
[ 2015/09/11 15:12 ] [ 編集 ]

立体映えしますなーずいぶんと

わわ、気づいたらこんなにコメントが…
最終話ガンプラも残りわずかとなってきましたがやはりかっこいいですねカミキバーニングは。
従来のバーニングより赤の占める割合が増えていることもあり引き締まった印象を受けます。
肩の黒いラインや背面のエフェクトなど師匠の機体を彷彿とさせますね。
太刀の色分けがやや大味ではありますが刀は塗るのが楽しい武器なのでそれはそれでいいのかも。
再来月のすーぱーふみなで最終話のトライ・ファイターズの面々(?)が揃いますが1/100並みの大きさのようなのが少し心配でもあったり…
というか1/144スケールってことになってますがこりゃ一体どういうこt
[ 2015/09/11 16:12 ] [ 編集 ]

Re: 立体映えしますなーずいぶんと

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

>肩の黒いラインや背面のエフェクトなど師匠の機体を彷彿とさせますね。

放送当初は「バーニングガンダム」という名称からゴッドとの関連性を匂わせてはいましたが、
単なる「ing」を含む名称ということで関連性はないということになってました。
今回のカミキバーニングは最終仕様ということで、思い切って意識して似させてきたという感じですね。

>再来月のすーぱーふみなで最終話のトライ・ファイターズの面々(?)が揃いますが1/100並みの大きさのようなのが少し心配でもあったり
パワードジムカーディガンの2周りくらいは大きいみたいですね。一般的なMGよりは少し小さめでしょうか。
いずれにせよ、セカイやユウマのガンプラと並べて妙な威圧感が出ることは言うまでもないでしょう。
[ 2015/09/11 23:49 ] [ 編集 ]

仮面ライダーゴーストの収集アイテムモチーフが『眼球』と知った時は
「ヒーローのモチーフに眼球を使うなよ!子ども泣くぞ!!」
と憤慨したものの、いざゴーストアイコンを手に取ってみたらカチカチ加減が楽しくなってた宮藤椿です。
そのアイコンもPVではシフトカーのようなマスコットキャラっぽい動きで、思ってたより悪くないと思いました。

左肩の『神』マークはシールでモールドもないんですが、マークのデザイン自体が賛否を呼んでるのでマイナスと取るかプラスと取るかはどうにも言えないですね。
僕はそれ以前の問題として『右肩にもマークがあった方が良かった』と思っています。
右肩に『神』左肩に『樹』、武者號斗丸みたいでカッコイイと思いますよね?
個人的に左右対象の方が気持ち落ち着くのもありますが。(本音)

HGでもフレームが存在するガンダム・バルバトスは、このバーニング系をより発展させたような感じで楽しみです。
いずれRGは『フレームを組み立てる必要が無く、外装フレームの色分けに特化したガンプラ』みたいな扱いになりそうですね。
『リアルさ』?そんなのあったっけ。

金欠(と言うより趣味の予算オーバー)状態なので、カミキバーニングはパーフェクトパックGセルフと一緒に来週買う事にしました。
Gレコはキャラのやり取りが面白かった(異論は認める)ので、
金欠(というか趣味n(ry)や場所の置き場を何とかクリアしながら集めています。
地上用ジャハナム欲しいんじゃよ……。
ビルドファイターズはキット自体は良いけど魅せ方が……な思い出です(異論は認める)。
Ez-SRはカスタムパーツキャンペーンの時に買ったんですが、自分好みにパーツを組み合わせるのが楽しくて
(セール割引関係なく)値段以上の価値のある良いキットでした。
[ 2015/09/12 18:19 ] [ 編集 ]

買おうと思ったが懐が・・・

レビュー乙です!今日出かけた時に「そういえばカミキバーニングっていつ発売だっけ?」と思って検索したら昨日だった…と思ってコジマ行ったら普通に売っててちょっと迷ったものの、武者ゴッド丸作ってる最中だしスペースもちょっと心もとないし、と思い一度は断念。あと懐も。

見た感じ、やっぱりかっこいいなあ…と重い何度も財布を開きかけましたが、買うのはやはり給料日後なんだろうなあ…。今回もガンダムマーカーが忙しくなりそう。レビューを見る限り、スミ入れできる場所はいくつもあるみたいだし、刀や鞘も縫ってやればきっとかっこよくなるはず。

mレ(0Y0)<お婆ちゃんが言っていた…手間をかければかけるほど料理は不味くなるが、手間をかければかけるほどかっこよくなるのがガンプラだ。古事記にも書かれている、ってな。

ところで太刀が短いって書かれてますが、それはまあ剣術初心者だし、短いなら伸ばせばいい(イデオンソード感)なのはいい。だがしかし、やはり炎の剣エフェクトがないのはバンダイ=サンのケジメ案件では?
[ 2015/09/12 19:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

宮藤椿様、コメントありがとうございます。

>いざゴーストアイコンを手に取ってみたらカチカチ加減が楽しくなってた

シフトスペシャル・トライドロンキーと同梱になってる商品でしょうか。もう発売されてるんですね。
今度は所謂「人魂」が変身時のカギになるようですね。ホラー要素を如何にしてコミカルにしていくかが気になります。

>僕はそれ以前の問題として『右肩にもマークがあった方が良かった』と思っています。
右肩に『神』左肩に『樹』、武者號斗丸みたいでカッコイイと思いますよね?

なるほど。面白そうな案ですね! ちょっとシュールさもあって、セカイらしくもあると思います。
しかし右肩マークを再現するとなると改造が必要になるので、少し敷居が高くなってしまいますね。

>いずれRGは『フレームを組み立てる必要が無く、外装フレームの色分けに特化したガンプラ』みたいな扱いになりそうですね。

個人的に近年の1/144プラモの立体化の順番というものは、
「一度RGで事細かに造形したあと、うまく落とし込んでHG化に漕ぎ着ける」ものだと勝手に解釈しています。
事実、HGCEのストライクやフリーダムはRGに勝るとも劣らない造形の完成度を誇ってますし。
この解釈だとRGは前座みたいな扱いになってしまいますねw まあそんな前座も私なりに楽しんでおります。

>金欠(と言うより趣味の予算オーバー)状態なので、カミキバーニングはパーフェクトパックGセルフと一緒に来週買う事にしました。

お互い置き場所と資金には難儀しているようですね。ですがガンプラはやっぱり買いたくなるんですよね~
物欲に負けて、いつもいつも手が出てしまいます。置き場所なんざ二の次で。そろそろ積みプラも消化しなければ…
[ 2015/09/13 00:33 ] [ 編集 ]

Re: 買おうと思ったが懐が・・・

ユウ様、コメントありがとうございます。
すいません、こちらのコメント返信をスルーしていました…

>mレ(0Y0)<お婆ちゃんが言っていた…手間をかければかけるほど料理は不味くなるが、手間をかければかけるほどかっこよくなるのがガンプラだ。古事記にも書かれている、ってな。

どんな調味料にも食材にも勝るものがある。それは 料理を作る人の愛情だ。
…という語録があるように、料理と同じくガンプラにも等しく愛情を割いて接するべきですね。

>だがしかし、やはり炎の剣エフェクトがないのはバンダイ=サンのケジメ案件では?
個人的には不死鳥のエフェクトが欲しいですね。劇中では多用してましたし。
[ 2015/09/13 10:53 ] [ 編集 ]

良キットを改造したくなる楽しみ

カミキバーニングは普通に組み立てても十分な出来ですが、これをさらにトライバーニングなど共通性のあるキットと組み合わせることによってさらにカッコよくなると思います
個人的に装甲のクリアパーツがブルーだけなのは残念ですね(とはいえアニメではブルーのままなので仕方ないですけど
肩の「神」が気に入らないわけではないのですが部品注文でシンメトリーにしたほうがすっきりしますね
[ 2015/09/20 01:43 ] [ 編集 ]

Re: 良キットを改造したくなる楽しみ

レグルス様、コメントありがとうございます。

カミキとビルド/トライはデザインが全く違うこともあって、ミキシングのし甲斐がありそうですね。
クリアパーツに関しては賛否があるみたいですが、私的に考えるとカミキバーニングはビルド/トライよりも赤色の装甲が増えた為、
下手にクリアパーツを赤くするよりは青の方が見栄えがいいと思っているので、このままで満足です。
何より差し替えがいらないか遊び易いってのもあるんですがw
肩の「神」は慣れてくるとそこまで違和感のない、スルメ的なデザインだと思います。
[ 2015/09/20 09:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1016-4bf3c680