今週のGO!プリンセスプリキュア 32話

GO!プリンセスプリキュア 第32話 『みなみの許嫁!?帰ってきたスーパーセレブ!』

プリプリep32

らんこパイセンもすっかりモブというか背景キャラ化。
3年生という立場上、脚本としても扱いづらいのでしょうか。
全体的な話の雰囲気から「もしや」かとは思ってましたが、EDに入って「脚本:高橋ナツコ」の文字を見て確信しました。
今作では比較的オーソドックスな友情描写を描いていたので、高橋女史の脚本もそれほど尖っていたものはないと思っていましたが。
人間誰しもタガが外れると何をしでかすか分かりませんなぁ…

自称許嫁の方が登場した今回の話ですが、正直微妙でした。
製作側の意図としては、恐らく「みなみの成長」「はるかとみなみの絆」をピックアップしたかったのだと思います。
で、キミマロくんが「みなみが変わってしまった」と言った理由としては、作中ではみなみの「レジャーシートの上で食事をする」「傷跡を舐める」といった行動が取り上げられてました。
要するに考え方が庶民派になってしまったことがキミマロくんにとって気に入らなかったということですね。

ただキミマロくんの言っていたことをそのまま集約すると、かつてのみなみは「タチの悪いセレブ」みたいな感じがします。
私の知っている、はるかと関わる前のみなみは「厳格だが面倒見はいい」といった感じで、決してセレブさを鼻にかけるような人物ではなかったはずです。
キミマロくんが疑っていたみなみの品性だって、大きな変化があったとは思えません。根本的な部分は一貫してるはずです。
みなみはキミマロくんのことを「大袈裟だが努力家で優しいところもある」とのことですが、作中でそういう描写があったかと言われると微妙です。
やたらと「みなみは変わった」と連呼していた今回の話ですが、状況から判断してむしろ変わったと言えるのはキミマロくんの方でしょう。
ただ「変わった」と認識できる根拠があくまでも状況証拠だけで、キミマロくん本人に感情移入するには弱いものばかりです。
ラストの反省だってみなみに言われなければ絶対に気付かなかったでしょうし。自発的に過ちに気付くシーンでもあればよかったのですが。
ゲストキャラにもきちんと「夢」や「目標」を描いていた今作にしては、キミマロくんは正直言って雑なキャラだった、という印象です。
みなみの成長を描く話としては、19話ぐらいの内容で十分です。

それとゼツボーグを倒した後に、フローラが赤面してまでキミマロくんが正式な許嫁ではないことに安堵しているシーンがあるのですが、あのシーンの必要性がよく分かりません。
単に「結婚」や「許嫁」という単語に照れている…だけなのでしょうか?まさかあっちの意味じゃないでしょうなぁ…

前回から登場している錠前2つのゼツボーグは、正直いつも通りの「流れ作業」で浄化されてるのでいまいち強化されてる印象が薄いですな。
今回もマーメイドのキック1発喰らってかなり吹き飛ばされてましたし。
ストップとフリーズも機械的なキャラクターなので魅力を感じるとは個人的には思えません。
なまじリーヴァとグーラという、中々にキャラの濃い追加幹部の前例がいますからね…
反面、クローズさんはいかにも悪役幹部らしく暗躍してる印象が強くていい感じです。
関連記事
スポンサーサイト

ノー唐揚げ ノーゆるゆり

9日、遂にねんがんのMLPのDVD-BOXを手に入れました!
放送時の日本語音声のみだったり、それ故にノーカットではなかったり、再放送時に収録し直した筈の誤訳もそのままと残念な仕様ですが…
まぁそれでもブシロード&キングレコードが匙を投げた中発売に漕ぎ着けたフロンティアワークスさんには感謝です。
これをきっかけに続きのシーズンも日本での放送に漕ぎ着けば良いのですが…余談ですがAmazonを覗くと何故か一緒にTFのアイアンハイドのフィギュアを買ってる人が居ましたw

今回は みなみとはるかのカップリング回として百合厨には評判が良いのですが、仰るようにドキプリでの高橋ナツコ氏の悪癖が見られました。
女子寮を日常の中心としながらも「マリみて」のようなあからさまな描写は極力排除してきたのに顔を赤らめるフローラには違和感です。
今回のゲスト、伊集院キミマロはとどのつまり「海藤みなみの表層的な部分を見て恋焦がれていただけ。」なのでしょうね。
そんな彼が暫くぶりに みなみに会って彼女の何を知っているのだ?言うのが視聴者の突込みであり、みなみとはるかの咬ませ犬で終わってしまったのが残念です。
それに「結婚」が彼の夢というのも今までのゲストの中では名無しのモブ以下の志では?プリキュアの精神としてドキプリ劇場版始め結婚というテーマは慎重に扱っていた筈です。
願わくばキミマロくんには「みなみに相応しい男になる」過程でより夢中になれる目標を見つけられれば良いのですが、モテたいが為に何かを始めるのは悪いことではありません。

次回は一部のファンには待望のシャムールにスポットが当たるようですね、眠っていたクロロも遂に目覚めていますし前回の急展開の補完をするようです。
プリキュア達の目標が「グランプリンセスになる」に集約され始めましたから彼女の役割も重要になる筈です。
[ 2015/09/13 21:35 ] [ 編集 ]

メフィスト「たとえばおまえがその昔…… 幼き頃…… チュロスを友に分け与えたことがあるとしよう……」「でも氏ね」

どうも、矢部雅史さんと言うと「魔法先生ネギま!」のカモを思い浮かべるソバスチンです。
2度のアニメ化と実写ドラマを経ても原作ファンを失望させまくったのは最早笑えるレベルでした( '∇')
「瀬戸の花嫁」「しずくちゃん」とこの時期は良アニメのサブキャラを多く演じてた矢部さんでしたがコレが悪目立ちしてまして…(-。-;)

SD自身が「出したいけどキャラが濃すぎて扱いに困る」と言わしめた、らんこパイセンが見切れたGOプリですが。
確かにジェンダーフリーの思想も込められたプリキュアシリーズにおいて「結婚」を目標化するキミマロには時代錯誤な感覚を与えますね。
本作の「夢」は単なる目標や将来の職業、ポストではなく「各々のライフスタイル」が重点にあると思います、結婚はその過程に過ぎません。
明確に「許婚」という単語を用いず片思いの幼馴染に留めておくべきですし、みなみんに対するイメージの齟齬に関しても上手い展開は無かったのか?とは思います。
 あとやはり百合描写でしょうか、確かにナツコ氏の中では控え目ですけど本作全体からみるとカップリング重点で特定のキャラびいきです。
そのあおりで今回のトワは空気でした、特定のキャラにスポットが当たった回でもプリキュア全員に見せ場がある本作では余計目立ちます。
オパークル様の指摘通りキミマロに関しては多感な時期特有の「はしか」に過ぎなければ良いのですが…(・・。)ゞ
 次回はシャームール回ですが後半でのレッスンの描写は生け花位なので活躍に期待したい所です。
アニマックス+のダイガードもコンプリートしましたし良い頃合いですw
[ 2015/09/13 23:44 ] [ 編集 ]

Re: メフィスト「たとえばおまえがその昔…… 幼き頃…… チュロスを友に分け与えたことがあるとしよう……」「でも氏ね」

ソバスチン様、コメントありがとうございます。

今回のお話はキミマロくんのキャラや置かれている環境が本筋と見事に噛み合ってないような内容でしたね…
ナツコ女史の「カップリング贔屓」として考えれば、キミマロくんが「許嫁」設定に置かれていたのも何となく理解できます。
要するにオパークル様も指摘していたように、彼ははるか×みなみの噛ませ犬に過ぎなかったということですね。
曲がりなりにもゲストや脇役にもきちんと見せ場や立ち位置を確立していた今作においてはあんまりな設定です。
アレですかね、イギリスのマズいメシで頭もやられてしまったんでしょうか。
あちらでは世界規模に展開しているチェーン店のメニューもゲロマズだったと友人から聞きました…
[ 2015/09/14 00:24 ] [ 編集 ]

明らかに色がおかしかったんで再返信

> オパークル様、コメントありがとうございます。
>
> MLPのDVD=BOXは「それ以上」でも「それ以下」でもなかったようですね。
> カットシーンが収録してあったりしたら食指が動いたのですが… そもそも音声の収録自体もしてないでしょうしね。
> 私は静かにシーズン5を楽しもうと思います。
>
> >今回は みなみとはるかのカップリング回として百合厨には評判が良いのですが、仰るようにドキプリでの高橋ナツコ氏の悪癖が見られました。

> 仰る通りでございます。単に私がレズ描写を快く思ってないのも原因の1つだとは思いますが。(ホモは論外)
> ただ、キミマロくんの「海藤みなみの表層的な部分を見て恋焦がれていただけ。」という部分のことですが、
> 正直頭の中では理解しつつも、私としては認めたくなかったのです。
> 一方的な片思いならともかく、作中ではみなみとキミマロくんは幼少期からの仲であり、みなみもキミマロくんの内面をきちんと理解しているように思えます。
> また、みなみが少々困りつつも露骨に毛嫌いしていない辺り、2人の仲も決して一方的なものではないはずです。
> このことから、彼らが共に過ごした時期は(1年に1度とはいえ)決して密度の薄いものではなかったものだと考えております。
> しかしキミマロくんの行動は明らかにオパークル様が指摘しているような「内面を理解していない」ものであり、とても幼馴染とは思えません。
> 2人が過ごしてきた年月を考慮して「キミマロくんはみなみの表面的な部分しか見てない」なんて、メチャクチャ悲しくありません?
> 何より30分かけてそんな不毛なやり取りを見させられたとなると、「この話って一体何の意味があったの!?」と疑わざるを得なくなります。
> 結局彼はみなみが言っていた「努力家で優しい」一面を見せることなく、「偏屈なセレブ」を抜けきれなかったのがとても残念です。
> そしてそれを取っ払ったら謎の百合描写ぐらいしか残らないというのが何とも…
>
> >次回は一部のファンには待望のシャムールにスポットが当たるようですね、眠っていたクロロも遂に目覚めていますし前回の急展開の補完をするようです。

> かくなる私も「一部のファン」の1人です。楽しみにしてます。
[ 2015/09/18 23:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1020-c7f78323


Go!プリンセスプリキュア 第32話「みなみの許嫁!?帰ってきたスーパーセレブ!」

Go!プリンセスプリキュアの第32話を見ました。 第32話 みなみの許嫁!?帰ってきたスーパーセレブ! みなみの幼馴染で超セレブのキミマロが留学から一時帰国するのだが、以前と比べて雰囲気の変わったみなみと再会して衝撃を受け、その元凶ははるかだと決めつけてしまう。 キミマロはみなみからはるかを遠ざけようと相応しくないので近づくなと忠告するのだった。 「はるかにあんなこと...
[2015/09/13 18:17] URL MAGI☆の日記