HG 1/144 プロトタイプグフ(戦術実証機) レビュー

Gufu_proto001.jpg
HG 1/144 プロトタイプグフ(戦術実証機)
メーカー小売価格:1944円

そういやバンダイの出荷商品リストを見て思いましたけど、AGEのガンプラの出荷頻度って相当抑えられてるんですね。
作品はともかくプラモの評価は高いだけに本当に惜しいです。
ダナジンを始めとしていくつかのプラモは価格高騰中。あの時買っておいて本当に良かった。

というわけで、HG 1/144 プロトタイプグフ(戦術実証機)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Gufu_proto002.jpg
YMS-07B-0 プロトタイプグフ 戦術実証機

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery』に登場。
『MSV』にて文書設定のみ存在していた3号機以降の機体と考えられている。
稼働実証機のテストと並行して行われていた試作型のヒートロッドとフィンガーバルカンを搭載した試験用のグフ。
カラーリングは青。前腕部がモビルワーカー01式と同規格のアタッチメント式になっていて、前腕部に収納する武装の開発・実証を行なっている。
完成機では右腕にマニュピレーターとヒートロッドを両方搭載しているが、試作型の本機はマニュピレーターは無く、
腕部はヒートロッドのみを搭載する。左腕部のフィンガーバルカンも、完成機は5連装だが、試作型の本機は3連装となっており、
関節がないため指を曲げることもできない。前腕部は交換により通常のマニュピレーターを装備することが可能である。


現在アニメ版が製作放映されているTHE ORIGINでなんとMSD機体が立体化。
本編とMSDを同時進行でプラモ化させるとは気合いが入ってますなぁ。
同僚のザクは新規造形で堅実な出来栄えでしたが、こちらはどうでしょうか。

-Design-


Gufu_proto003.jpg

Gufu_proto004.jpg
フロント&リアビュー。
見本見たときは「ヒョロっとしてて弱そう」とか思ってましたが、実際組んでみるとまさかの正反対。
太くガッシリとした体格で、試作機とは思えない威圧感を醸し出しています。肩のスパイクが大きいのが特徴的。


Gufu_proto005.jpg
顔。中央の口(チンガード?)にあたる部分が少し長く、なんか動物のゾウみたいです。
モールドもあまり彫られてないので正直ブサイクだと思うのですが、プロトタイプ特有の「洗練されてないデザイン」と考えれば納得。


Gufu_proto006.jpg
胸部。コクピットハッチの中央部のクリアパーツが四角くなっているのが分かりますね。


Gufu_proto007.jpg
肩スパイク。今までのガンプラの仲でも、伸びたスパイクが大きめに造形されていて迫力抜群。


Gufu_proto008.jpg
右腕。前腕部はアタッチメントによって接続されているという設定。


Gufu_proto009.jpg
後ろから。


Gufu_proto010.jpg
右腕の先端は試作型のヒートロッドが収納されています。


Gufu_proto011.jpg
アタッチメントを取り外すとこんな感じ。
上腕部に取り付けられた3本のツメと、ポリキャップに中央の軸を差し込んで固定するようになっています。


Gufu_proto012.jpg
左腕。こちらは三連装バルカンが装着されています。
こちらも右腕同様、アタッチメントで接続されています。


Gufu_proto015.jpg
腰のフロントアーマーとバックパックは従来通りパイプで接続されています。
このへんは昔から同じなんですね。


Gufu_proto018.jpg
ちなみにバックパックはこんな感じ。如何にも普通で平坦なデザイン。


Gufu_proto016.jpg
脚部の動力パイプもこの頃から実装。


Gufu_proto017.jpg
脚も如何にもなグフデザインですね。機動実証機の時点でグフのデザインはほぼ完成されていたと見るべきか。


Gufu_proto049.jpg
比較的新しいデザインであるグフR35と比較。
R35の方が少し背が低くてスマートな感じでしょうか。ゴテっとしているプロトタイプグフも悪くないですね。


-Movable-


Gufu_proto019.jpg
首は短めですが、きちんと軸を立たせてやれば可動してくれます。


Gufu_proto020.jpg
モノアイの可動はザクと同じ。ただザクに比べて動きが固く、やや動かしづらい印象。


Gufu_proto021.jpg
肘関節はオリジンザクと同じ。腕自体は太いですがよく曲がります。


Gufu_proto022.jpg
肩の上げ幅はこんな感じ。引き出しのポリキャップ軸が上向きなので上げやすいのですが、水平には届いてないですね。
肩スパイクをずらしても特に変わりはありませんでした。


Gufu_proto023.jpg
引き出し機構は無し。ボールジョイントの可動範囲内で動きます。


Gufu_proto024.jpg
腰はパイプで繋がれてるので殆ど動かせません。


Gufu_proto025.jpg
ただ構造がオリジンザクと同じなので前屈はほどほどに可能です。


Gufu_proto026.jpg
脚を前に出す動作ですが、そのままではフロントアーマーが邪魔して殆ど前に出せません。
そういう時は左右のスカートを1ど横にずらせば少しだけ前に出せるようになります。
ただし動きが固く、少々動かしづらいのが難点。


Gufu_proto027.jpg
ちなみにスカートを動かすと、右側のようにリアアーマーに少しだけ覆いかぶさるようになります。


Gufu_proto028.jpg
開脚もスカートのせいでそこまで大きく開くことはできないですね。

総じて本体の可動は旧来のジオンMSらしく(?)ややクセのある感じに。
最新技術をもってしてもグフをフルで動かすことはできなかったか…


-Items-


Gufu_proto029.jpg
付属品。


Gufu_proto051.jpg
デカールもきっちり付属。


Gufu_proto038.jpg
試作型ヒートロッドの展開版。軟質素材(ちょっと固め)なので自在に角度をつけることが可能。


Gufu_proto030_20150918150517b7e.jpg
シールド。いつものグフらしいデザインのものです。


Gufu_proto031.jpg
左右の腕の肘部分にジョイントパーツを接続して装着するような仕組み。


Gufu_proto032.jpg
さらに右腕用のマニピュレーターも付属。


Gufu_proto033.jpg
手首は平手と武器保持用のものの2種類が付属。いずれも肉抜き穴がちょっと目立ちます。
なお左腕にも装着可能ですが、手首が右手のものしかないので実質右腕専用。


Gufu_proto034.jpg
手首の接続部はポリキャップの3mm穴。いろいろ改造とかに使えるかも?


Gufu_proto043.jpg
このマニピュレーター状態であればヒート・ホークを保持可能。


Gufu_proto042.jpg
腰にマウントするタイプのものも付属します。


-Bundodo!!-


Gufu_proto035.jpg
兵器の試運転のためにいざ戦いへ。


Gufu_proto048.jpg
こういう太いデザインだとガワラ立ちも絵になる…ならない?


Gufu_proto036.jpg
フィンガーバルカン!正規版グフに比べると砲径が大きいですが、威力も高いんでしょうか。


Gufu_proto037.jpg
それともあくまでも「指」として使うために細くせざるをえなかったとか? ロマンが溢れますなぁ。


Gufu_proto039.jpg
ヒートロッド。グフR35のものと比べると自由度が高く、ポーシングもとりやすくなりました。


Gufu_proto040.jpg
ちなみに設定上は先端部が開閉するようになっているそうですが、キットでは実装されず。


Gufu_proto045.jpg
盾と斧。正直斧を持ってるんじゃグフじゃなくてザクだよなぁ。


Gufu_proto044.jpg
グフの象徴の1つであるヒートサーベルは試運転されなかったのでしょうか。ますますロマンが深まります。


Gufu_proto047.jpg
アタッチメントで前腕部を外せるので、「整備中」だとか「ダメージを受けて沈黙」だとかシチュエーションを選んでもよさそう。
プロトタイプなりの遊び方をしたいところですな。


Gufu_proto050.jpg
以上、HG 1/144 プロトタイプグフ(戦術実証機) のレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&色分け


◆不満点
・マニピュレーターが右腕しか付属しない


総合オススメ度:★★★★★

一言で言ってしまえばものすごーく「地味」「シブい」プラモです。流石はプロトタイプ。
個人的に細かい至らない点は少なくないものの、「プロトタイプ」だと思えば許容できてしまったりw
そのシブさに如何に惹かれるかでこのプラモの評価がガラっと変わりそうですね。
外伝機体のリリースは近年では少し珍しくなってきたので、そういうものに興味がある方は持っていて損はなさそうです。
後日発送される機動実証機もポチってあるので、比べて遊ぶのが楽しみですな。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/18 15:39 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(8)

激渋ですね!

アタッチメントというのが斬新というかコア向けっぽいというかですね。
私は好きですが、たしかに評価の分かれそうな部分ではあります。
マニピュレーターは試験機ということを考えればないほうが自然な感じもしますが、
やはり両手とも付けてほしいという需要はいつでも存在するので仕方ないかなーと思ったり思わなかったり。

オリジンのマンガやアニメのファンなら欲しくなってしまいますね!
漫画の方には登場してなかったような気もしますが、
ランバ・ラルの出番が多かったのでアニメのみの登場でもさほど違和感がないです。
[ 2015/09/18 21:30 ] [ 編集 ]

レビュー乙です。
やっぱりグフ系はパイプのせいで腰可動が死にますね…、スプリングか何かに変えればいいんでしょうけど。
口元が長いのはリバイブグフでもそうみたいですね。要望が多かったのかな?
機動実証機は自分もポチってます。ぶっちゃけ色とかはあっちのほうが好みだったりw
こっちも買いますけどねw

HGAGEはサイフォスが一向に再販されなくて辛い・・・。
[ 2015/09/18 21:48 ] [ 編集 ]

Re: 激渋ですね!

(´・ω・`)様、コメントありがとうございます。

果たして(´・ω・`)様のハートにこの戦術実証機は響きましたかな?

>マニピュレーターは試験機ということを考えればないほうが自然な感じもしますが

機体設定を完全に知っているわけではありませんが、
機動実証機の素体を使いまわしているのであればマニピュレーターを接続できることも納得できるかと。
きちんと拡張性にも富んでるような設計になってるんですねぇ。
[ 2015/09/19 00:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます。

>口元が長いのはリバイブグフでもそうみたいですね。要望が多かったのかな?

このタイミングでグフがリヴァイブ化されるとは驚きです。
恐らくこのオリジングフとは全く異なる設計になるのでしょうが、
出来栄えによってはどちらかのグフに売り上げが偏ってしまうのではないでしょうか。ちょっと不安が大きいですな…
あと口元が長いのはあんまり好きじゃないですな… R35やグフカスくらいのがいいです。

>HGAGEはサイフォスが一向に再販されなくて辛い・・・。

あの時買っておいてよかった… とはいえここ最近は殆どイジってませんがw
[ 2015/09/19 00:15 ] [ 編集 ]

こうして見ると、このプロトタイプはこれまでの「フォルムを野暮ったくすればいいや」から踏み込んでディティールにまで言及が言ってるのが分かりますね。
指マシンガンだけじゃなくヒートロッドもむしろ威力がありそうなのが面白いです。
[ 2015/09/20 07:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

ただ単に野暮ったくするだけではベストメカコレクションに逆戻りするだけですからね。
スタッフのオリジンに対する並みならぬ熱意を感じ取れます。

>指マシンガンだけじゃなくヒートロッドもむしろ威力がありそうなのが面白いです。

プロトタイプ故のロマンというヤツですな。児斗玉文章も一品買ってみてはいかがでしょうか…?
[ 2015/09/20 09:46 ] [ 編集 ]

機械獣か戦闘獣…?

AGE系キットはエビちゃん&ガッキーデザインって時点で価値がありますね。なんでもGサイフォスとAGクロノスがかなりのプレ値だとか。余談ですが最近、二個目のサイフォスをゲット、容赦なく黒いGバウンサーに組みました♪


キットの方なんですが何故にこのデザインで出した?って感じです。近々でるモビルワーカーとの連動でしょうがちょっと滑り気味な気がします。昔からのユーザーはMSV版の茶色いプロトタイプのが需要あると思いますし純粋にオリジン版でよかったんじゃないかと。


それに近年、グフカスタムのリメイクにグフR35のキット化、さらに初代グフのリバイブ化決定と…(汗)
[ 2015/09/21 19:40 ] [ 編集 ]

Re: 機械獣か戦闘獣…?

Raynex様、コメントありがとうございます。

>AGE系キットはエビちゃん&ガッキーデザインって時点で価値がありますね。

デザイナーをあたかもアイドルっぽく呼ぶとは… 流行っているのですかな?
Gサイフォスを手に入れられたのは幸運でしたね。私も所持しているGサイフォスはサイドアーマーをビームサーベルのものにしてたりします。

>それに近年、グフカスタムのリメイクにグフR35のキット化、さらに初代グフのリバイブ化決定と…(汗)

仰るように、この段階でのグフのリヴァイブ化アナウンスは早すぎると思います。
1つの機体に対してユーザーの関心があちこち向いてしまっては売り上げもバラバラになってしまいそうですし。
そもそもリヴァイブもオリジンキットも発売アナウンスが少々早すぎる気がします。
普通のガンプラって模型誌などで告知されて、早ければ2ヶ月くらいで発売されるじゃないですか。
オリジンのシャアザクとかいつからアナウンスされてましたっけ…(--;)
[ 2015/09/21 20:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1024-0fc32e51