S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーキバーラ レビュー

Natsumikan001.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーキバーラ
メーカー小売価格:5184円

キバーラのアクションを確認するためにツタヤで映画借りて観ようとしましたが、
PCを新調したせいかDVDが何故か見ることができず、結局PS3で見ることになりました。操作性イマイチなんだよなぁ…
そして見終わった後に新調前のPCで見れば良かったのだと後悔。なにやってんだ。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーキバーラをレビューいたします。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Natsumikan002.jpg
仮面ライダーキバーラ

光夏海がキバーラの力で変身した本作オリジナルの仮面ライダー。
基本カラーは白・紫。夏海が持っているキバーラと共に「変身」と声を合わせ、
キバーラが「チュ」と呟きをする事で夏海の額・回りに無数のハートに包まれて変身する。
魔皇力を注入する動作は噛み付く動作は無く、キバーラは直接ベルトに一体化した形になる。
素手による格闘スタイルで戦う他、細身の剣・キバーラサーベル武器とし、華麗な剣技を駆使して戦う。
持ち手の柄の部分はパワーアップ及びミックスした光家秘伝「笑いのツボ」も使用可能。


9月初発売のライダーアーツがまさかの女性アーツ。
基本的にライダー・戦隊モノの女性アーツはプレバン送りがデフォであり、なおかつキバーラは劇場版1度きりしか登場せず、
ゲームなどの客演回数も殆どありません。選出理由が深い謎に包まれております。
しかしまあ発売してしまったものは仕方ないのでキッチリ見ていきましょう。


-Design-


Natsumikan003.jpg

Natsumikan004.jpg
フロント&リアビュー。
実際のスーツほどムッチリしているわけではありませんが、細い四肢や括れた腰は女性アーツそのもの。
スリムでプロポーションも高いレベルで纏まっているかと。


Natsumikan005.jpg
顔。ツインアイはきちんとクリアパーツを使用しています。複眼仕様なのはちょっと懐かしいですね。
塗装もとくにムラなくきれい。


Natsumikan008.jpg
紫色の部分はグラデーション加工されているのか、光の当て方によって若干色の質が変化します。


Natsumikan006.jpg
胴体。腰つきがセクシー… エロいっ!


Natsumikan007.jpg
横から。こちらの紫色の部分もグラデーション加工がされている模様。


Natsumikan009.jpg
肩アーマーは無骨なシルバー。内側は紫色ですが、グラデーション加工はされてないみたい。


Natsumikan010.jpg
腕。ちょっとツヤのある白色塗装。


Natsumikan011.jpg
腰ベルトにはキバーラマークが。ちょっとブカブカです。


Natsumikan012.jpg
太ももの部分はパールが吹かれているのか、少しキラキラしています。


Natsumikan013.jpg
逆に脹脛の部分は腕と同様に白塗装。


Natsumikan014.jpg
足は小さく、カカトの部分はハイヒール仕様に。


Natsumikan023.jpg
とりあえずディケイドと並べてみましたが、身長は殆ど一緒です。設定上はキバーラの方が少し小さいはずですが。
まあライダーの身長設定ってあってないようなものですからね…


-Movable-


Natsumikan015.jpg
首可動に特に問題なし。


Natsumikan016.jpg
肘もよく曲がり、肩は水平以上に上げられます。肩アーマーが邪魔にならないようスイングできるのが嬉しい。


Natsumikan039.jpg
引き出しは並程度。


Natsumikan019.jpg
腰は一回転可能ですが、ベルトがブカブカなので回しすぎると不格好になるかも。


Natsumikan017.jpg

Natsumikan018.jpg
前屈後屈も自由自在。


Natsumikan020.jpg
膝立ちも問題ないですね。


Natsumikan021.jpg
開脚も180度全開。

総じて本当の可動は十二分に優秀と言えるでしょう。


-Items-


Natsumikan022.jpg
付属品。キバーラサーベルと手首のみ。キバーラくらいは付けてほしかったな…


Natsumikan024.jpg
キバーラサーベル。塗装・造形ともに問題なし。
取説には紫色のグリップを持つよう指示されてますが、保持の安定度はちょっとユルめ。
劇中では根元の部分を持ってましたが、そうすると手首が歪んで紫色のグリップが更に待ちづらくなるので注意。


-Bundodo!!-


Natsumikan025.jpg
仮面ライダーキバーラ… いきます!


Natsumikan032.jpg
発売前の宣伝ではひたすら素体の艶めかしさをアピールしたものが多かったですね。実際エロいんですが。


Natsumikan026.jpg
ですが劇中での活躍は色気とは関係なしのマジメそのもの。変身シークエンスはギャグっぽかったけど。


Natsumikan027.jpg
あざとさなしに硬派な活躍を見せる彼女は戦乙女と言うに相応しいかもしれない。


Natsumikan033.jpg
というかまあ、夏美の性格から考えてあんまりエロいポーズとは相性がよくない気がするのですがw


Natsumikan037.jpg
間違ってもこんなポーズはとらせたくないものです。ネタ的にはアリかもしれませんが。


Natsumikan028.jpg
両手持ちをする場合は必然的に片手を付け根に持たせる必要があるので、手首が歪んでしまうかも。
長時間放置はしたくないところです。


Natsumikan030.jpg
士くんとも絡ませてみる。


Natsumikan031.jpg
と言っても大きなドンパチはせず、一方的に攻撃与えるだけな内容でしたが…


Natsumikan029.jpg
笑いのツボ! ショッカー隊員のアーツ買っとけば良かったと後悔。


Natsumikan035.jpg
力をこめて光の翼を発現!


Natsumikan036.jpg
ソニックスタッブで敵を切り裂け! 劇中では爆発演出でごまかされたけど…


DSC07178.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーキバーラのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&可動&塗装


◆不満点
・武器保持用手首が少しユルめ
・腰ベルトがややユルい


総合オススメ度:★★★★★

シンプルイズベストを地で往くようなフィギュアですね。
付属品はやや寂しいですが必要なものは揃っており、ポーシングにも不自由はありません。
何より忠実に再現された魅惑なプロポーションは見事の一言。女性アーツも1つの節目に入ったところでしょうか。
キバーラの立体物としては十分なクオリティを誇る一品と言えるでしょう。
ただし本当にシンプルな商品内容なので、定価だとやや割高に感じてしまうかも。お財布とは要相談です。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/19 14:36 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1025-a77fa9e3