今週のバトルスピリッツ 烈火魂 25話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第25話 『勝ち抜け、昇級バトル!』

烈火ep25 0

ムネピーの中の人はまだぼっちバトルやってるんでしょうか。
杉田氏ならホイホイ誘ってそうですが。
筆者の心配をよそしに、チーム編成はあっさり決まってしまいました。
佐助の「赤属性最強チーム」という台詞が気になっていましたが、これに関しても本人があっさり諦めてくれました。
何だか物凄く拍子抜けな感じがしますが、当人たちが納得してるようなのでこれで良しとしましょう。
あんまり尺を使われても困りますからね。

しかし幸村たちのチームは揃いも揃ってS級バトラーということで実力は確かなのでしょうが(1人だけ黒星の多い姫さんがいますが)、
いまいち互いの仲が良くなさそうなのが心残りです。少なくとも佐助と一緒にいた頃の方が明るそう。
実力は認め合ってるんでしょうが、3人とも(というか幸村以外)ちょっとツンデレといいますか、口に出したがらない性分だからなぁ…

さて、そんな影の薄い主人公はさておいて佐助のA級バトラー昇格バトルですが、
基本的にベースは「軽量スピリットによる速攻」を主体としており、
さらに相棒のセンゴク・グレンドラゴンを武将転生で復活させるという、かつての幸村を彷彿とさせるプレイの傍ら、
きちんと勝ち筋を通すために相手の軽量スピリットを一掃させるサジッタフレイムも使用するという、
過去とは比較にならないほど賢いプレイングを発揮しておりました。
カードの内容的にも「バースト」と「フラッシュ」を使い分けるという、今までの集大成という内容。今までの積み重ねを感じさせます。
ちなみにムネピーが使っていたトワイライトファンタジアは、センゴク・グレンドラゴンにブレイヴしても大活躍できるカードですね^^

何より「スピリット同士のバトルで削りあう」という幸村のプレイングと、
「スピリットは効果で除去してライフをかすめ取る」という利家のプレイングのどちらも使い分けるというのは、
今まで幸村の腰巾着としてバトルを見守ってきた佐助だからこそできることです。
そして単なる模倣に終わらず、トドメは今までバトルを支えてきた軽量スピリットで刺すというのが如何にも佐助らしい。
派手さと質実さ、更にキリの良さを兼ね備えた良いバトルでした。ありがとうございました。
重点的に注視すると様々なものが見えてくるというのは、脇役ならではとも言えるかもしれませんね。

なんか今の佐助なら連敗続きのS級バトラーである早雲ちゃんに勝てそうな気がするんですけど
そもそも最近のS級バトラーってなんか大したことなくね?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1030-2174ed5c