今週の手裏剣戦隊ニンニンジャー 31話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの31 『ニンジャ逃走中!』

ニンニンep31 0

昨日の夜中からやたらネットに繋がりにくい状況が続いていました。
どうなってんだコレ
今まで影も幸も薄かった凪の回です。
メンバーの個性を奪って無力化し、場合によっては異なる人物同士の個性を当てはめてしまうという、
比較的ギャグ向きなエピソードではありましたが、話自体はそこそこ真面目。といってもギャグ要素も忘れていないような、バランスのとれたお話だったと思います。
十六夜流忍者が登場してからのエピソードのギャグ演出は、登場する敵忍者にちなんだギャグを盛り込んでくるので中々楽しいです。
凪の活躍自体も、今までに比べればきっちり目立っていたことでしょう。
凪と風花の個性が奪われなかったは2人に大した個性がなかったから…というのは流石に筆者の偏見ですが、
裏を返せば今回のようなエピソードの舵をとれるのは2人しかいなかったということでしょうな。

ただ今までの魔法同様、忍術を割と都合よく解釈している節があるのがちょっと気になります。(異なる忍術を組み合わせるメカニズムがいまいち飲み込めない)
似たような例ではトッキュウジャーの「イマジネーション」という概念がありますが、あちらは「想像力の強さ次第で何でもできる」みたいな説明はされてきましたし、
そういった説明の上で行われるイマジネーションの所為も許容の範囲内でしたので、特に問題はないように思えました。
打って変わって今回のニンニンジャーは割といきなり「上級忍法」なんて概念が生まれてますし…
ただまあ、気にならない人なら大丈夫だと思います。ようは好みの問題ですね。本当に人を選ぶ作品ですこと…

今回のラストでカラクリキュウビが登場。ララァの娘もファンネルを動かすロボットに乗ることになるとは。
ただ次回で新ロボが登場するみたいなんで、早速噛ませ犬(噛ませ狐?)にされそうな気もします。
ここ最近の下山さんの脚本は改善の一途を辿っているので、きっちり見応えのある展開を期待したいところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1033-dd759ac6


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの31「ニンジャ逃走中!」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第31話を見ました。 忍びの31 ニンジャ逃走中! 「気をつけて、凪ちゃん。なかなか手強そうです」 「大丈夫だって!」 忍者ムジナとの戦いの中、調子に乗って戦う凪を庇った霞が十六夜流忍法“イイトコドリの術”を受けてしまう。 イイトコロを取られた霞はいつもとは違って軽い感じになり、敵を分析する気が全くなくなってしまう。 「確かに普段の霞お嬢...
[2015/09/27 12:46] URL MAGI☆の日記