今週の手裏剣戦隊ニンニンジャー 32話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの32 『ゲキアツ忍者!アチャー!』

ニンニンep32 0

好天爺ちゃんのアクションシーンが全部背中向きでにわかに草が生える
笹野さんも結構なお歳だけど、生身だとどこまでアクションできるんですかね。
ニンニンジャーもようやく戦隊テイストに染まってきたというべきでしょうか…
新ロボであるゲキアツダイオーの登場を前に、カラクリキュウビもあっさりぽっくりやられてしまいました。
戦隊ロボのルーツの1つでもある、「憑依型」と「搭乗型」のロボを別々に出すとは中々に斬新な試みではないでしょうか。
そもそも中途参戦ロボにメンバーそれぞれのロボを割り当てる方式も今となってはかなり珍しいです。
(思いつく限りで1番新しいのは、ゲキレンジャーのゲキファイヤーかな?)
追加戦士含めた6人に新しいロボが与えられるという方式は、もしかしたら初めてでしょうか。
必殺技で6人全員をリボルバー形式で撃ちだしていくのも斬新ですね。
ただ基本はステゴロのみのバトルのようなので、やや迫力に欠ける面もあるかも。子供たちは振り向いてくれるでしょうか。

しかし「中華ロボ」をコンセプトとするにあたって、四神をモチーフとするには結構なのですが、鯉とパンダは少々意味不明です。
鯉は滝を登れば龍になるというそれらしい言い伝えはありますが、パンダ…パンダって…w
それだと「中華」っつーより「中国」だよなぁ… 麒麟とかじゃダメだったんですかね。
(一応中国内にはパンダのそれらしい言い伝えとかあるみたいですが、あまり浸透してないみたい。)

話の方はギャグのテンポもよくスムーズに進んでいた印象でした。
天晴も初期(というか2クール途中まで)のマンセーな風潮は鳴りを潜め、ギャグもシリアスもそつなくこなしている印象です。
ただ基本的に「爺ちゃんを目指す!」を地で往っていた天晴がいきなり好天とは違う道を示したのは少し違和感を覚えました。
あそこまで思慮深くなるにはそれだけの過程が必要だと思うのですが、それを踏まえて過去エピを振り返っても…う~ん。
好天本人は確かに変わりつつあるものの、天晴の方は相変わらず「忍ばずワッショイ!」を繰り返してるだけな気がします。
何にしても前半の天晴マンセーな展開が長く続きすぎたかな。今や3クール目も大詰めですし。

でもキンジの「オトモ忍製作も魂注入も業者任せ」という台詞に違和感を感じなくなってきたので、
多分私もニンンニジャーの世界観にようやく慣れてきたのだと思います。これからはもう少しスマートに見れるかも?
感覚がマヒしてるとか言ってはいけない。
関連記事
スポンサーサイト

自分は違和感ありませんでしたがね。

誰よりも爺さんを目指している天晴だからこそ、爺さんと同じでは…と本能で理解していたんでしょう。実際、本人もよ~分かっていなかったし、まあ、前回の霞さんのいいとこの影響があったと考えればおかしくないかと。

>カラクリキュウビもあっさりぽっくりやられてしまいました。

カラクリキュウビの敗因
・カラクリキュウビの強みは抗体による攻撃無効であったのに抗体が無い相手に単身、挑む。
・何れ邪魔者になるからとムジナを斬る。一緒に戦って、ニンニンジャーもろととか勝った後に傷ついたムジナを斬ることもできただろうに。

ヌエはデータに無い相手には深入りせず、冷静に撤退したのに対してパワーアップなどをしたのに対してこちらは搭乗者の慢心、危険視が敗因でしたな。
忍者には三禁というものがあって、「敵をあなどるな」「恐れるな」「思い悩むな」と堕ちた忍らしいこれらが敗因というのはある意味、皮肉で納得できる展開でしたな。

>鯉とパンダ

ほんと、なんでなんでしょうね?

>天晴の方は

自他ともに認めるバカですからね、実際は彼も成長しているのですが、変わらぬバカさで変わっている感が分かりづらいと思うのではないでしょうか?

>多分私もニンンニジャーの世界観にようやく慣れてきたのだと思います。

テコ入れ、開き直りがテーマですからね。考えるおめぇがバカみたいなとこもありますし、開き直ってみるのが一番でしょうね。
それでは、
[ 2015/10/05 19:15 ] [ 編集 ]

Re: 自分は違和感ありませんでしたがね。

:様、コメントありがとうございます。

>誰よりも爺さんを目指している天晴だからこそ、爺さんと同じでは…と本能で理解していたんでしょう。

なるほど。そうなると天晴は現在進行形で好天爺さんのことを尊敬していることになりますね。
ですが現実の好天爺さんは天晴が理想を描いているほど聖人君子ではありません。そのことはライオンハオーの一件から理解しているはずです。
個人的ではありますが、「好天を尊敬してるからこそ戦う」ではなく「好天とは違い、皆と一緒に戦う」という別離の描写もあったもよいのではと思います。

>忍者には三禁というものがあって、「敵をあなどるな」「恐れるな」「思い悩むな」と堕ちた忍らしいこれらが敗因というのはある意味、皮肉で納得できる展開でしたな。

まあ要するに九衛門の敗北は若さゆえの過ちといったところでしょう。
忍びなれども忍ばないと開き直ったニンニンジャーだからこその勝利ですね。

>テコ入れ、開き直りがテーマですからね。考えるおめぇがバカみたいなとこもありますし、開き直ってみるのが一番でしょうね。

個人差はあると思いますが、そういった風潮に任せて無茶苦茶やりまくるのはあまり好きではないです。
「何でもアリ」と「何をやっても許される」というのは似て非なるものだと思いますし。
近年の脚本の改善から個人的には楽しんで視聴はしていますが。
[ 2015/10/05 22:51 ] [ 編集 ]

はあ?と思った。

>天晴が理想を描いているほど聖人君子

あの、すいませんが天晴がいつ、爺さんを聖人君子みたいに思っていたのでしょうか?というかそんな場面、無かったはずですが。
天晴は爺ちゃんとしてもラストニンジャとしても尊敬し、憧れていますがオオカミオトコ回では爺ちゃんが恐れていることを指摘しています。
聖人君子みたいな完璧な人ではないということは天晴は知っています。ですが、彼はそれを込みで爺さんを尊敬しているのではないでしょうか。
ラストニンジャというのもありますが、家族というのもあるのだと私は思います。
いいところもわるいところも全てあって、尊敬し目指しているのだと私は思います。
聖人君子じゃなきゃ、尊敬しきゃいけないなんてルールはないでしょう。

それでは、
[ 2015/10/06 00:57 ] [ 編集 ]

Re: はあ?と思った。

:様、コメントありがとうございます。

聖人君子というには語弊がありましたね。失礼しました。
しかし三世代で牙鬼に対抗していくことを謳っていた割には旋風父さんが空気ですね…
[ 2015/10/06 01:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1039-ecb1fb3c


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの32「ゲキアツ忍者!アチャー!」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第32話を見ました。 忍びの32 ゲキアツ忍者!アチャー! 「もうおしまいかい?伊賀崎の忍達。もっと頑張るかと思ってたけどね」 十六夜九衛門のカラクリキュウビにより、オトモ忍達がみんなやられてしまい、天晴達が絶体絶命となる中、好天が十六夜九衛門に立ち向かう。 一方、天晴達は鉄之助に相談し、自分達で新たなオトモ忍を作ろうとするのだが、どうし...
[2015/10/04 11:49] URL MAGI☆の日記