今週の仮面ライダーゴースト 1話

今週の仮面ライダーゴースト 第1話 『開眼!俺!』

ゴーストep1 0

宮本武蔵の伝承である「二天一流」の教えの中には、
「武士は2本の刀をぶら下げてるんだから、1本を腰に残したまま死ぬのは情けない(意訳)」という言い伝えがあります。
なおこの度の継承者は既に死んでる模様
はい、遂に始まりました仮面ライダーゴースト。
初回というだけあって安定と安心の説明回です。良くも悪くも無難な仕上がりといったところでしょうか。
ただ説明回故か、キャラクターの魅力に関してまでは行き届いてなかったと思います。
主人公のタケルは「ゴーストハンターとして人々を守る」という設定は良くも悪くもテンプレであり、
演者である西銘さんの拙い演技も相まって、意志の強さよりもナヨナヨした感じが強かったです。
自身が死んだ身である、ということに翻弄されているのであれば納得はできますが。
反面、ヒロインであるアカリと脇役の御成はハッキリ言って「うるさい」という印象しかありませんでした。
終始タケルのことに関してガーガー喚いてばかりで正直好感が持てません。
近年のライダーヒロインは何かと鬱陶しいキャラクターが多いですが、今回も例に漏れなさそうで不安です。少なくとも第一印象は失敗してるよなぁ…
何れも説明会故に描写がガタガタになってしまった可能性が高いので、これからに期待したいところです。
ユルセンと仙人に関しては安定してるかと思います。どちらの演者もかなりの実力派ですしね。

アクションシーンも可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
フォームごとにガンガンセイバーの使えるバリエーションが異なっているようなので、
少なくともドライブのように全フォームでアクションが似通ってしまうようなシチュエーションは減ってくれると思います。
ゴースト自体のデザインもカッコイイですし、パーカーを着ることで「憑依」をイメージさせるのも上手い演出だと思います。
ただバイクが何の前触れもなくいきなり出てきたことにはビックリしました。
近年は当たり前のようにバイクを乗りこなす主人公が多いですが、いくらなんでも唐突すぎますってこれは。

何ぶんドライブの反動が強いもので、あまり大きな期待はしないよう心がけています、
スタッフも多くの方々が初メイン起用というのが殆どで、特に脚本担当の福田卓郎氏は特撮初脚本という出で立ちです。
特撮初脚本の方を起用した過去の例でいうと、仮面ライダー剣の初期担当であった今井詔二氏が記憶に新しいですが、
その結果は「お察しください」としか言いようがなく、後半からは會川昇氏に変更することになりました。
あれから10年経って現在。前例を知ってる側からすれば、やはり期待よりも不安の方が大きいというのが本音です。
ニューフェイス揃いの制作サイドの導く結果は吉とでるか凶とでるか。それはこの1話からでは何とも判断できません。
主人公はともかく、どうか番組までは死なせないであげて!

(筆者にとって)期待と不安の入り混じる新シリーズの開幕。1年間よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/04 12:05 ] 仮面ライダーゴースト | TB(2) | CM(10)

武蔵は刀以外も棒とか手裏剣とかありとあらゆる武芸を使えたらしく、コレもう仮面ライダームサシでいいんじゃないかな…

ここ数年のライダーヒロインに問題がなかったとは言いませんが、しょっぱなでここまできっっついのは初めてなんでは。
言動のウザさは仙人とユルセンもなかなかですが、竹中大人と悠木ネキの演技のおかげで不快感ないんだよなあ…
[ 2015/10/04 20:10 ] [ 編集 ]

コーエーテクモに偉人の力を宿して戦う狩りゲーがあってぇ・・・

 早速武蔵が出てきたゴーストですが、場所が海岸で敵が侍風の刀眼魔(一刀だから佐々木小次郎?)ということで巌流島の決闘をモチーフにしたものと思われます。ゴーストのデザインに関して特に顔のデザインが面白いと思います。刀を交差させた武蔵や電球のエジソンなど、それぞれの人物を象徴するもので顔を形成しており見ていてとても感心します。
 眼魂が形成されるプロセスもある程度出てましたし初回の説明回としてはさほど内容に不足は無かったようですが、この先どうなるかはバッチリ見ておかないと分かりませんね。
[ 2015/10/04 22:31 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドーガ様、コメントありがとうございます。

>武蔵は刀以外も棒とか手裏剣とかありとあらゆる武芸を使えたらしく、

それは初耳です。現代では二刀流ばかり一人歩きしてますが、戦いのカリスマ的存在だったんですね。
剣聖というより兵法者といったところでしょうか(分かる人には多分わかるネタ)

>ここ数年のライダーヒロインに問題がなかったとは言いませんが、しょっぱなでここまできっっついのは初めてなんでは。

アカリはタケルよりも年上の人物ということで、従順なキャラクター路線は歩まないようにしているようですが、正直裏目に出ましたね。
年下キャラなら「生意気な育ち盛り」と受け止めることもできますが、年上だとただただイタい人のような…w
[ 2015/10/05 02:56 ] [ 編集 ]

Re: コーエーテクモに偉人の力を宿して戦う狩りゲーがあってぇ・・・

いくら仙人様、コメントありがとうございます。
>コーエーテクモに偉人の力を宿して戦う狩りゲーがあってぇ・・・

えっ何それは… 気になる…気にならない?
詳細教えてください何でもしますから!

>場所が海岸で敵が侍風の刀眼魔(一刀だから佐々木小次郎?)
眼魔が小次郎モチーフであることは間違いないみたいです。ツバメの飾りとかあしらってましたし。
槍眼魔は宝蔵院胤舜をモチーフにしてるとか。チビッ子には分かりそうにないですね…

とはいえゴーストのフォームバリエーションの偉人たちはちゃんと説明してくれるみたいですし。その点は大丈夫ですね。
とりあえず1話の内容にアレコレ言いすぎるより、落ち着いて視聴を続ける姿勢が大事そうです。私も精進せねば。
[ 2015/10/05 03:08 ] [ 編集 ]

>>コーエーテクモに偉人の力を宿して戦う狩りゲーがあってぇ・・・
>えっ何それは… 気になる…気にならない?
>詳細教えてください何でもしますから!
ん?今何でm(ry
なんて冗談はさておき、『討鬼伝』の事だと思います。

ゴースト1話は何とも言えない出来でしたが、個人的にはむしろ(仮面ライダーに限らず)中盤の中だるみでガッカリするタイプなのでこの位ハードル下げてもらった方がいいかなと思っています。

キャラクター玩具に近いシフトカーとは違って、
アイコンは劇中どうりのコレクションアイテムですね。
遊ぶにはシフトカーの方が上に感じますが、アイコンはあくまでコレクション玩具と見れば悪くなさそうです。
ただパーカーになるゴーストの玩具的な面白さから考えると、名称バレの時にあった『人形を使って変身』でも悪くなかった気もします。

ガンガンセイバーはむしろ他フォームでも様々な形態を出してくれると思っています。
パーカーは鎧武のアームズとは違い『能力変化』に特化してるらしいので。
(ムサシの能力は……動きやすい?)
次回のエジソンは『電気使いフォーム』なので、銃を使うのが得意でも中盤には電気攻撃の剣や二刀流をやってもらいたいです。
[ 2015/10/05 12:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

宮藤椿様、コメントありがとうございます。

>なんて冗談はさておき、『討鬼伝』の事だと思います。

なるほど。名前は知っていましたが詳細までは知りませんでした。ありがとナス!

宮藤様にとってゴースト1話の評価はボチボチみたいですね。
ハードルが低く感じたのは、所詮1話故の説明回だったことと、メイン脚本の方がまだ慣れていないせいもあるもしれません。
右肩上がりで盛り上がってくれればいいんですけどね。

>ガンガンセイバーはむしろ他フォームでも様々な形態を出してくれると思っています。

さまざまなガジェットを使って強化されるみたいで。「ガジェット」と聞かれるとWを思い出しますね。
標準では4形態のバリエーションがあるようですが、電王のデンガッシャーの
ブーメラン&ハンドアクスのような変化球のバリエーションもあると面白そうです。
[ 2015/10/05 14:00 ] [ 編集 ]

一応見返してみたら、バイクが変身と同時に変わっていました。けっこうわかりづらかったです。
こちらを参照↓
http://akkinews.net/archives/113319
[ 2015/10/06 14:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ノーネーム様、コメントありがとうございます。

情報提供していただいて恐縮ですが、バイクの変身については既に存じ上げております。
それに関してタケルが無反応だったのは気になりますが…
[ 2015/10/06 14:26 ] [ 編集 ]

やっと見る時間が取れました。
オレンジに黒い目がスズメバチっぽくて、シンプルながらちゃんと昆虫をイメージした改造人間になっているのは好感が持てます。
それにしてもアカリは勿体ないですね。
幽霊を否定する知性派なら逆に思い切り落ち着いたキャラにすれば格好のサポートキャラになれたのに…。
まぁ、Wの所長のように賑やかキャラなのにとても好感が持てた例もあるんで、見守ることとします。
[ 2015/10/06 20:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます。

>オレンジに黒い目がスズメバチっぽくて、シンプルながらちゃんと昆虫をイメージした改造人間になっているのは好感が持てます。

あ、それは盲点でした。
幽霊イメージだけが際立っていますが、そう考えるときちんと昆虫のイメージも落とし込んでるんですね。

>まぁ、Wの所長のように賑やかキャラなのにとても好感が持てた例もあるんで、見守ることとします。

所長の中の人は当時18歳(設定上は20歳でしたが登場キャラからも子供っぽく扱われていました)でしたので、
騒ぎ立てられても一種の「微笑ましさ」のようなものを感じていましたが、
アカリの中の人にはそういったものを感じられなかったので、やっぱり不安が強いです。
ちなみにどちらの中の人も名前が「ひかる」繋がりですね。
[ 2015/10/06 20:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1040-0193acdd


仮面ライダーゴースト 第1話「開眼!俺!」

仮面ライダーゴーストの第1話を見ました。 第1話 開眼!俺! 亡き父・龍の後を継ぎ、ゴーストハンターになろうと修業に励むタケルは肝心のゴーストが見えないでいたが、18歳の誕生日を迎えたタケルのもとに亡き父から荷物が送られてくる。 「父さんからだ!」 「先代から!?」 「もう10年も前に亡くなってるのよ!?」 「10年前の日付だ…」 小包の中に入っていた眼魂を手に...
[2015/10/04 12:21] URL MAGI☆の日記

仮面ライダーゴースト 第1話「開眼!俺!」

第1話「開眼!俺!」 10年前に父を亡くしたタケルは父と同じゴーストハンターになるべく修行中。 しかし肝心のゴーストが見えないんじゃ話にならない。 街で不可思議な事件が発生。 ゴーストの仕業だと騒ぎまくる住職代理の御成。 ゴーストなんて絶対に信じないと頑なな幼馴染。 物理学やってる人は頭が固い。みたいな描写はどうかと思うぞ。
[2015/10/04 19:24] URL いま、お茶いれますね