HG IBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機)レビュー

DSC07413.jpg
HG IBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機)
メーカー小売価格:1080円

ガンダムバルバトス、早くも各店舗で売り切れ続出のようですね。
主役ガンダムですから出荷が途絶えるなんてことはなさそうなのが一安心といったところですね。
グレイズやオプションセットはどうなるかな…

というわけで、HG IBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて(フレーム状態)
・本体のデザインについて(グレイズ)
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評


-Design- (フレーム状態)


DSC07415.jpg
HGのグレイズくん。バルバトス同様、今回も基礎となるフレームを引っ提げて立体化しました。


DSC07418.jpg

DSC07419.jpg
フロント&リアビュー。全体のカラーリングはグレー。
バルバトスのものと比べると胴体が太めでややアンバランスな感じがしますね。
少し人間離れした、ロボットっぽい感じ?


DSC07420.jpg
頭部。印象的なモノアイはホイルシールで色分け。


DSC07421.jpg
胸部。


DSC07422.jpg
及び背面。どちらの黄色いラインもホイルシールで色分け。


DSC07423.jpg

DSC07424.jpg
バルバトスと比べるとモールドは全体的にやや控えめで、パーツを装着させる為だけの骨組みの意味が強いかと。


DSC07425.jpg
なお足にあたるフレームパーツはなかった為、完成版の足をそのまま使用しています。


DSC07426.jpg
片側だけパーツを付けてみた。
整備中とか考えて組み立てると楽しいかも。


-Design- (グレイズ)



DSC07427.jpg
EB-06 グレイズ

最新鋭の主力量産型MS。多彩な武装・オプションを換装することで、高い汎用性を発揮する。
地上型は腰、宇宙型は背中に2基のメインブースターが設置されている。
指揮官機は頭部に小型のブレードアンテナを持つ。基本武装は、ライフルと接近戦用のバトルアックス(斧)。


バルバトスに負けず劣らず、こちらも印象的な活躍(とやられっぷり)を残してくれた恒例の量産機が早くも立体化。
連邦所属のモノアイMSといえばハイザックを彷彿とさせますね。何の因果かカラーリングも同じですし。
ちなみに組織内部での評価は異様に高く、ベタ褒め状態なんだとか。


DSC07428.jpg

DSC07429.jpg
フロント&リアビュー。
フードを模したようなヘルメットに、ズボンのようにフレームを覆うような大きめの脚装甲。
「鎧」や「装甲」というよりも、兵士が着用するような「衣服」のような柔軟さを感じ取れます。


DSC07430.jpg
頭部。顎の部分にあるセンサーはホイルシール。
当キットにおけるホイルシールは全て黄色いので、塗装も楽そう。


DSC07431.jpg
頭部ヘルメットの位置をずらせばモノアイ部を開閉可能。くぱぁ。


DSC07432.jpg
胸部。フレームに吸い付くような最低限の防具がはめられている感じ、色分けも問題なし。


DSC07433.jpg
背面はフレームをほぼ露出状態。「敵に後ろは見せるな」ということか。


DSC07434.jpg
肩装甲。後述するバルバトスとの連動ギミックあり。


DSC07435.jpg
腕。こちらもフレームをほぼ露出してますね。可動範囲を得る為でしょうが。


DSC07436.jpg
腰。フロントアーマーは今では珍しい、ボールジョイントタイプではなく軸接続タイプ。


DSC07437.jpg
脚。前面はこんな感じでほぼ全てのフレームを囲っていますが…


DSC07438.jpg
後ろからみると、可動範囲を確保する為かフトモモの部分は露出しています。


DSC07484.jpg
バルバトス第一形態と比較。バルバトスの方が人間的なラインを描いてますね。
パーツの互換性があったり、どちらも腰フレームが露出してたりと、構造の共通性はあると見てよさそう。


DSC07483.jpg
なおグレイズの肩パーツを一度分解し、フレームから外してやればバルバトス第一形態に装着可能。
逆は無理です。


-Movable-


DSC07439.jpg
首は全方位柔軟に可動。


DSC07440.jpg
腕・肩ともに90度より少し上がる程度ですね。


DSC07441.jpg
引き出しはフレーム構造が引き出せるような造りになっており、柔軟な可動を再現。


DSC07442.jpg
腰はやや動かしづらく、捻る程度にしか可動しません。
無理に回そうとするとサイドアーマーを保持するフレームパーツが外れます。


DSC07445.jpg

DSC07446.jpg
バルバトス同様、腰を前後に動かす機構も実装。
バルバトスと比べると少し保持力が高め?


DSC07443.jpg
膝関節もよく曲がります。バルバトスより脚を大きく前に出せるので膝立ちも余裕。


DSC07444.jpg
正座も余裕。作法は大切。


DSC07470.jpg
開脚はこの程度。接地範囲はバルバトスほどではないですが、かなり優秀。(比較対象が凄すぎるだけですが)

総じて可動は全体的に優秀…なのですが、腰だけが非常に惜しい!それさえ何とか出来れば…


-Items-


DSC07457.jpg
指揮官用ヘルメットパーツ。安定と安心のアンテナが生えています。


DSC07458.jpg
くぱぁ。


DSC07449.jpg
ライフル。下部から伸びるジョイントパーツに腕ごと固定されるので、保持は安定しています。


DSC07450.jpg
両手持ち可能。


DSC07454.jpg
ちなみにマガジン(?)とジョイントパーツを取り外すとこんな感じ。
これはこれで武器として持たせてもよさそう。


DSC07455.jpg
バトルアックス。安心と安定の一体成型パーツです。
鍔にあたる部分にある、腰への接続ピンが人によっては気になるかも。


DSC07456.jpg
左右のサイドアーマーどちらにも装填可能。


DSC07451.jpg
地上用ブースターユニット。腰に装着します。
アームの部分は上下に可動。


DSC07452.jpg
宇宙用ブースターユニット。背中の3mm穴に装着します。
どちらもきちんとパーツが不足することなく用意されているので安心。


DSC07453.jpg
ちなみに地上用も宇宙用も同時に装着することは可能。高機動仕様かな?


DSC07459.jpg
地上用仕様でフル装備。


DSC07462.jpg
続いて宇宙用仕様でフル装備。
どちらかと言えばこちらの方が見栄えが纏まっているかと。


-Bundodo!!-


DSC07463.jpg
地上仕様はとりあえず角無しの一般機で。


DSC07464.jpg
とりあえず可動は安定してますし接地も優秀なのでポーシングも楽に決まります。


DSC07465.jpg
引き出し構造もフレームの時点できっちり組み込んでいるおかげか、ポロリの心配もないですね。


DSC07466.jpg
ハンドアックスは少しユルい感じもします。手甲パーツをギュウギュウに押し込んで固定してあげたいですね。


DSC07467.jpg
地味にですけどどちらの武装も手甲をいちいち取り外す必要がないのは遊び易くてステキ。


DSC07468.jpg
くぱぁ。中々グロテスクなモノアイです。
機能は不明ですが、恐らくフォーカス機能とかあるんでしょうね。


DSC07469.jpg
ひょっとするとモノアイを開いた状態でライフルを狙撃…なんてシーンもあるかも。


DSC07475.jpg
続いて宇宙仕様は指揮官ヘッドで。


DSC07476.jpg
細身の身体なので種撃ちっぽいポーズもありっちゃあり。


DSC07478.jpg
今のところ目立ったビーム兵器はないみたいですが、今後装備が普及していくのでしょうかね。


DSC07485.jpg
初陣。


DSC07486.jpg
そして初撃破。ちなみにIBO世界においてMSには質量のある実態武装が有効みたいです。


DSC07482.jpg
以上、HG IBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機)のレビューでした。




◆評価点
・優秀な造形&色分け
・腰以外優秀な可動
・地上用/宇宙用ブースターユニットのどちらも組み立て可能
・バルバトス同様に比較的安価


◆不満点
・腰が少し動かしづらい
・平手はなかった…


総合オススメ度:★★★★★

デザインを振り返ってみると、中々面白いMSです。
一見スマートでシンプルかつ機械的な外装に見えますが、頭部のモノアイがかなり生々しく生物的で、
そのアンバランスさから「化け物」「悪役」というような印象を植えつけられます。正にやられ役にぴったり。

プラモ自体はバルバトス同様に優秀。フレームから作りこまれたデザインは非ガンダムMSでも健在です。
腰の回し難さは残念ですが、捻る程度でもそこそこポーシングに幅が利くのが幸いなところです。
バルバトス同様安価なので、量産機らしくガッツリ揃えたくなるような一品ですね。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/08 18:23 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(6)

ダミープラグ搭載?

ハイザックから始まりゾロアットにリーオー、ティエレンに続いてまたしても06ナンバーなんですね、一種の呪縛ですな♪


大口は某量産機を連想しましたわ~(笑)
[ 2015/10/08 21:25 ] [ 編集 ]

この量産機感、大好物です

グレイズはまず手首周りの角張ったデザインに惚れたものですが第1話で戦慄したくぱぁギミックも再現されていてこれだけでも欲しくなる…
行きつけのマイナー店舗で珍しく素組みのキットを展示してあったのでまじまじと観察してきましたが結構細かく作り込まれてるんですね
量産機故のコスト削減の為もあるのかフレームの露出が多くてまたgood。というか背面にリアクターが露出してるのってけっこう危険なんじゃ…
バリエーション機も色々出ますが基本的にビームが出てこない世界観なのでやはり泥臭く実弾なのかな?実にたまらない。
[ 2015/10/08 22:18 ] [ 編集 ]

Re: ダミープラグ搭載?

Raynex様、コメントありがとうございます。

そういえばリーオーもティエレンも地球軍所属のモノアイMSでしたね!
振り返ってみれば色々あるもんですね。

>大口は某量産機を連想しましたわ~(笑)

ちょっとグロいところも一緒かな?W
[ 2015/10/08 22:44 ] [ 編集 ]

Re: この量産機感、大好物です

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます。

>量産機故のコスト削減の為もあるのかフレームの露出が多くてまたgood。というか背面にリアクターが露出してるのってけっこう危険なんじゃ…

キットの内容から察するに、シールドは標準装備ではないみたいなので「当たらない」戦い方が推奨のmsなのかもしれません。
そもそもナノラミネートアーマーという装甲が非常に高いそうなので、そちらに依存しているのかも。
ストライクガンダムと似たような特性でしょうか?

>バリエーション機も色々出ますが基本的にビームが出てこない世界観なのでやはり泥臭く実弾なのかな?実にたまらない。

シュヴァルベ・グレイズがランス持ちみたいなので、実弾だけでなく鈍器や実体剣も欠かせませんね。
[ 2015/10/08 23:14 ] [ 編集 ]

レビュー乙です。
フレームの作りがバルバトスとまた違ってて面白いですよね。
海老さんデザインなので可動もお墨付きだし。
ヘッドカバーがあんまり開けないので「グェェー!」できないのはちょっと残念ですがw

平手はバルバトスのも武器セットや輸送ブースターに付かないみたいですね…。今回はコストダウン徹底してるんでしょうか。
[ 2015/10/09 01:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます。

仰る通り、今回のHG IBOシリーズはフレームから設計されているので、
今まで以上にプラモ同士を比較することが面白いですね。

>平手はバルバトスのも武器セットや輸送ブースターに付かないみたいですね…。今回はコストダウン徹底してるんでしょうか。

そうですか… 残念です。
G-セルフのパーフェクトパックの時のような事態を望んでいるのですが。
[ 2015/10/09 12:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1044-19e7b243