ROBOT魂 ユニコーンガンダム&バンシィ・ノルン ファイナルシューティングVer. レビュー

DSC07609.jpg
ROBOT Ver.
販売価格:15120円 ※プレミアムバンダイ限定販売

バンダイさん、そろそろフルアーマーユニコーンを再販してくれませんか?
デストロイモードの再版数に対してユニコーンモードの方が明らかに少なすぎる気がするんですが…

というわけで、ROBOT魂 ユニコーンガンダム&バンシィ・ノルン ファイナルシューティングVer.をレビューいたします。
・本体のデザインについて (ユニコーンガンダム)
・付属品について(ユニコーンガンダム)
・本体のデザインについて(バンシィ・ノルン)
・付属品について(バンシィ・ノルン)
・可動範囲について
・ブンドドについて
・総評
・総評


-Design- (ユニコーンガンダム)


DSC07611.jpg
ep7終盤時をイメージして立体化されたユニコーンガンダム。
本体はフルアーマー仕様のものを準拠にしてあります。


DSC07612.jpg

DSC07613.jpg
フロント&リアビュー。
想像以上に緑色でちょっとビックリ。少なくとも見本とは印象が異なりますね。


DSC07614.jpg

DSC07615.jpg

DSC07616.jpg

DSC07617.jpg

DSC07618.jpg

DSC07619.jpg

DSC07621.jpg
全身の装甲は薄緑色のパールコートが吹かれてあり、質感は重塗装版に近いです。概ね劇中通りと見て良さそう。
サイコフレーム部はいつも通りのメタリックカラー。過去のシールドファンネル装備版との違いはなさそう。


DSC07622.jpg
色合いが近い個体と比較。左側がシールドファンネル装備版、右側が重塗装版。
とにかくメチャクチャ緑色がかっていることは一目瞭然です。


-Items- (ユニコーンガンダム)


DSC07623.jpg
付属品。基本的にはシールドファンネル装備版と同じ内容です。


DSC07642.jpg
シールドファンネル装備版に付属したディスプレイスタンドも付属。


DSC07641.jpg
魂SATGEは宇宙空間を模したような、クリアブラックに軽くホロ加工されたデザインに仕上がっています。

武装に関しては塗装以外過去のものと同一品です。
もう再三にわたって紹介してきているので、既存品との違いを指摘するだけにとどめておきます。
(以降、今回の商品のものは「FS版」、シールドファンネル装備版は「SI版」と表記)

DSC07625.jpg
ビームマグナム。左奥がFS版、右手前がSI版。
FS版のものは全体的に緑がかっています。


DSC07627.jpg
ビームガトリングガン。左側がFS版、右側がSI版。
こちらもFS版が緑がかったデザインに。


DSC07680.jpg
シールド。左側がFS版、右側がSI版。
本体同様、全体に薄緑のパールコートが吹かれています。


DSC07628.jpg
サーベル刃は市販のものと特に変更なし。パールとかも吹かれてません。


DSC07681.jpg
一応フル装備。何だかんだでこのスタイルが1番安心する。


-Design- (バンシィ・ノルン)


DSC07646.jpg
続いてバンシィ・ノルン。


DSC07647.jpg

DSC07648.jpg
フロント&リアビュー。
どういうわけか全体的に茶色っぽい、錆びついたような色合いです。やはり見本とは大きく印象が異なる。


DSC07649.jpg

DSC07650.jpg

DSC07651.jpg

DSC07652.jpg

DSC07653.jpg

DSC07654.jpg

DSC07655.jpg

DSC07656.jpg

DSC07657.jpg
サイコフレーム部はメタリックブロンズといったところでしょうか。アームドアーマーXCのゴールド塗装は従来と同一の模様。
…どう見ても本体の装甲色は茶色にしか見えないです。綺麗といえば確かに綺麗なのですが。


参考画像
参考までに、OVAのワンシーンの画像。ご覧のように、バンシィは本体がサイコフレームの光で黄色っぽくなってるんですね。
ROBOT魂の方はどちらかというと赤みがかってるといった方が正しい気がします。


DSC07665.jpg
所持しているバンシィ・ノルンと比較。左側が通常版、右側が重塗装版です。
どれも装甲の色の質感が異なっているので、比較するのが結構楽しい。


-Items- (バンシィ・ノルン)


DSC07658.jpg
付属品。
こちらは重塗装版に準じた内容となっております。


DSC07677.jpg
魂STAGEはスタンドとアームだけ。スタンドのデザインはユニコーンと同一。


DSC07659.jpg
ビームマグナム。左奥がFS版、右手前が通常版。
FS版のものは全体的に茶色がかっています。


DSC07660.jpg
アームドアーマーDE。左側がFS版、右側が通常版。
FS版のものは本体に準じたカラーデザインに。


DSC07661.jpg
右脚膝破損パーツ。左側がFS版、右側が通常版。
関節の色が異なる以外は全て一緒。パイプの塗装部も全く狂いがありません。


DSC07662.jpg
交換用マガジンとリボルビングランチャー。奥がFS版、手前が通常版。
こちらも色が茶色がかっています。


DSC07663.jpg
ビームジュッテ。左側がFS版、右側が重塗装版。
FS版はビームが全体的に水色で、重塗装版は青と白のグラデーションカラー。微妙に異なっているのが意外。


-Movable-


本体が一緒なので、可動は過去の物と同じです。


-Bundodo!!-


DSC07682.jpg

DSC07683.jpg

DSC07685.jpg

DSC07687.jpg

DSC07688.jpg

DSC07636.jpg

DSC07678.jpg

DSC07679.jpg

DSC07645.jpg
ユニコーンは散々動かしてきたんで流石にネタ切れ気味。というか既にネタ切れ。
せっかくだからバズーカも付属してほしかったところ。


DSC07638.jpg
やはり覚醒ユニコーンと言えば徒手空拳での戦闘がイメージしやすいですかね。


DSC07640.jpg
身体の芯から温まるとご好評のソフトチェストタッチ。


DSC07667.jpg

DSC07670.jpg

DSC07669.jpg

DSC07672.jpg

DSC07673.jpg

DSC07674.jpg
バンシィは重塗装版と同じくビームジュッテが付属するので、プレイバリューは過去最高クラス。
完全版と言って差し支えない内容です。


DSC07675.jpg
ただこちらはステゴロバトルでは大して見せ場がなかった。


DSC07689.jpg
レッツ、ファイナルシューティング!


DSC07690.jpg
…からの2回目。誰もファイナルとは言ってない。


DSC07676.jpg
そしてラストのコロニーレーザー中和バリア。
今のところ覚醒バンシィは重塗装版のみなので、近いうちにプレバンで新仕様のものが受注されるかも。


DSC07691.jpg
以上、ROBOT魂 ユニコーンガンダム&バンシィ・ノルン ファイナルシューティングVer.のレビューでした。



◆評価点
・安心と信頼のプロポーション・可動域
・塗装精度は優秀。はみ出しも特に見受けられない。


◆不満点
・バンシィの塗装彩色がちょっとコレジャナイ感


総合オススメ度:★★★★☆

とりあえず内容は過去商品のカラバリ品ですのでその辺は優秀そのもの。
今回の商品で評価すべきは「ファイナルシューティング仕様」の彩色でしょう。

個人的にはユニコーンガンダムのものは許容範囲内ですが、バンシィがちょっとコレジャナイです。
見本品では劇中に近い色合いでしたが、実際手に取ってみるとどちらもかなり異なる印象だったのが残念。
塗装の出来自体は優秀であり、パールコートも煌びやかなので「これはこれでOK」と許容できるのが救いです。

また記事では言及しませんでしたが、ちょっと今回はパーツのバリやゲート跡がちょっと酷いです。
過去のユニコーン関連の商品でもバリ跡は少々目立っていましたが、今回は輪にかけて目立ち、
一部パーツがえぐれている部分も見受けられました。
恐らくは個体差があるのでしょうが、見事にハズレ商品を引いてしまったということですな…

ユニコーンシリーズも長く続いてきますが、多分ですけどまだまだ続くんでしょうね。
参考出品されたネオ・ジオングは商品化されてませんし、この調子だと結晶体ユニコーンなんかも発売しそう。
「それでも」と買い続けるしかないですな。




おまけ


DSC07692.jpg

DSC07693.jpg

DSC07694.jpg
とりあえず自分の持ってるROBOT魂ユニコーンを大放出。
計13種類。(重塗装版は2つ持ってます)1種類を除けば全て同じフォーマットっていう。
これじゃ可能性の獣じゃなくて課金制の獣だ…

ユニコーン&バンシィ共々かなりのバリエーションが展開されてますが、フェネクスは種類だけ。
そろそろ違うバージョンのフェネクスも欲しいお…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/25 22:03 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(6)

カラバリ戦略はもう疲れました……
バンダイさんってばプラモでもフィギュアでも同じことやってるんだもん……
[ 2015/10/26 11:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

(´・ω・`)様、コメントありがとうございます。

カラバリ戦略はバンダイにとって大事で姑息な商法です。これからも未来永劫続くことでしょう。
「それでも」と言い続けられるのはどれほどの購入層なのでしょうかね?
[ 2015/10/26 22:53 ] [ 編集 ]

レスありがとうです

バンダイさんからしたら「それでも守りたい商法があるんだーっ!」という感じでしょうか……

主人公機ですらプレバン送りにする最近のプレバン商法に比べたら
カラバリ商法なんてかわいいものなんですけどね……

でも、続けているということは商売として成立しているってことですよね?
儲かってはいるんでしょうけど、なんだかなあって思ってしまいます
そのせいでキャラクターや機体が変な恨みを買ってたりしないかと考えると気の毒になります
[ 2015/10/27 00:24 ] [ 編集 ]

Re: レスありがとうです

(´・ω・`)様、コメントありがとうございます。

何やかんや文句は言っているものの、私はカラバリ品の存在を完全には否定しません。
古来から敵の主要メカは色分けによって性能などを差別化していたものですし、
パールコートやメッキ加工など、塗装の質感の向上も見ものです。今回のユニコーン&バンシィもそうですね。
パールグロスのウイングゼロEWなんて、一度手にしたら通常版なんて見向きできないくらいの魅力があります。
私のような素組み派にとってはカラバリ品は時に言いようのない魅力を出してしまうものです。
きちんとした住み分けが重要ということですね。
[ 2015/10/27 01:00 ] [ 編集 ]

おほー、やっぱり塗装が凄いことになってますね。神々しさ全開です。
自分も買ったのですがまだ届いていないのでこちらのレビューを見つけました。さらに楽しみです。
あとユニコーンの量が凄いですね、自分は通常のユニとデストロイそれにFAとシールドファンネルしか無いので圧巻です。
[ 2015/11/01 23:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かるた様、コメントありがとうございます。

神々しさは確かにありますね。シールドファンネル版のシンプルさと良い対比になっているかと。
バンシィのは栗羊羹にも見えなくないのですがw

>あとユニコーンの量が凄いですね、自分は通常のユニとデストロイそれにFAとシールドファンネルしか無いので圧巻です。

正直な話、拘りが無ければここまで集める必要もないと思います。出費もかかりますし。
けどFAユニコーンはもう1体くらいほしいです。通常時とFA形態を飾りたいので…
[ 2015/11/02 14:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1062-7e51b32e