HGBF 1/144 すーぱーふみな レビュー

DSC07893.jpg
HGBF 1/144 すーぱーふみな
メーカー小売価格:1944円

なに? こんなガンプラ、お店のレジに持っていくのは恥ずかしいだと?
そういう時はグレイズ改と一緒にレジに運んでしまえばいい話です。
無骨でガチムチな昭弘くんは華やかなすーぱーふみなを上手いこと中和してくれると話題沸騰中です(大嘘)

というわけで、HGBF 1/144 すーぱーふみなをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

DSC07894.jpg

SF-01 すーぱーふみな

全国大会後のメイジン杯でミナトが出品した機体。
フミナをモデルにしたメイドフィギュアに、パワードジムカーディガンに似せた外装と武装を施したMS少女的作品。
観賞用としてもバトル用としても高い完成度を誇るが、肝心のフミナからの承諾を得ておらず、会場で大恥をかいた彼女の怒りを買う。
審査員を務めたタツヤからも、人として守るべきルールを外れていると叱責を受ける。
攻撃を受けるとキャストオフ(衣装が脱げる)するギミックがあるが、作中では未登場。


とうとう発売してしまった我らがすーぱーふみな。
アニメ放送終了後やら立体化アナウンスの時やら、とにかく何らかの動きがある度に話題沸騰となった罪作りなガンプラです。
こんなガンプラがBFT最後の一般販売品(たぶん)となるのを果たして誰が予想できたでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ちなみに、人型のプラモデルは過去にバンダイが「Figure-rise 6」というブランドで
仮面ライダーやタイバニなどを発売していたので、凄く珍しいというわけではないです。
美少女モノを作るのは初めてだとは思いますけどね。

-Design-


DSC07895.jpg

DSC07896.jpg

DSC07897.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
背中が重たいので自立はかなり困難。なのでスタンド使って無理矢理立たせてます。
プロポーションとしては頭がデカく、大腿部と下腿部のバランスが悪く見えます。
設定画のような女の子らしいフォルムとは正直かけ離れた出来栄えかと。立体化する上では仕方なかったのでしょうが…


DSC07898.jpg
パワードジムカーディガンと比べて。
とにかくデカい。設定身長24.5m。普通のガンプラと比べて2周りくらいは大きいです。


DSC07971.jpg
で、肝心の顔。瞳の部分はシールの上からクリアパーツを貼るタイプ。
似てる似てない以前にまつ毛のシールが悪い意味で目立ちすぎ。
一応、瞳のシールのデザイン自体は良好。
(写真では光の当て方が極端なので、実際見てみるとまつ毛のシールの違和感は20%くらい減ります。20%くらい。)


DSC07973.jpg
横から見たりするとクリアパーツの厚みとかも目立ってくるような…
何よりまつ毛シールが肌の色と微妙に合わない。光の当て方も相まって非常に悪意の塗れた写真に…


DSC07861.jpg
パーツ構造としてはこんな風に、後頭部と顔面のパーツの間に瞳のパーツを挟み込むようなもの。
瞳のパーツは予備のも含めて2つ付属します。


DSC07862.jpg
ちなみに瞳パーツを挟まないで組むとこんな感じ。怖い。


DSC07901.jpg
カチューシャの部分は軟質ゴムパーツでできています。


DSC07902.jpg
ポニテのリボンは普通の硬質プラ。ポニテ自体は2つのパーツから成りたっています。


DSC07903.jpg
左耳にはインカム型のアンテナを装着。耳の部分はホイルシールで再現。


DSC07906.jpg
胸部。リボンは何故かクリアグリーンのパーツ。設定画では薄い水色だったはずですが…
また左右の灰色の部分も色分けされていません。


DSC07907.jpg
横から。バストサイズはきっちり造形されているかと…


DSC07908.jpg
肩にはサーベルラック。基部完全固定なので、柄を抜くのは結構苦労します。
そもそもこのキットにサーベル刃は付属してないんですが。


DSC07910.jpg
関節部は白いポリキャップパーツを使用。
所謂ポリ丸出し状態ですが、質感がそれなりなので違和感はあまりありません。


DSC07911.jpg
腕にはパワードジムカーディガンで見慣れた形状のパーツが。
設定上はガトリングガンが仕込まれているはずなのですが。


DSC07912.jpg
左がパワードジムカーディガン、右がすーぱーふみなの腕パーツ。
御覧のように内部の仕組みが全く異なっており、無改造ではバルカンを仕込めないような形状に。


DSC07913.jpg
「じゃあパワードジムカーディガンのものを流用すればいいんじゃね?」と思ったあなた。
接続部がまるっきり正反対の形で異なっているので流用は不可。あんまりだァァァァァ


DSC07914.jpg
腰から下のエプロンとスカート。エプロンは軟質素材。


DSC07915.jpg
黄色いスカートの装甲部は軟質素材のスカートに引っ掛ける形でつり下がっています。


DSC07916.jpg
脚の関節部も構造自体は腕とほぼ一緒。
ただしカバーが付いているのでポリキャップが丸出しになることはありません。


DSC07917.jpg
足はパワードジムカーディガンを小型化したような形状。
凄く小さいので安定感も悪いです。


DSC07918.jpg
バックパック。


DSC07919.jpg
アームはパワードアームズパワーダーのものを使用していますので。パワードジムカーディガンとほぼ同じ。
ただしシールドのアームは非常に短くなっています。


DSC07920.jpg
シールドそのものも非常に小さく、パワードジムカーディガンのものをそのまま縮尺したようなデザイン。


DSC07921.jpg
比べるとこんな感じ。腕パーツと違ってこちらは流用可能。


DSC07923.jpg

DSC07924.jpg
バックパックを外すとこんな感じ。これなら自立も安定します。
女性型アンドロイドのフィギュアに見えなくもない…?


DSC07925.jpg
なおパーツの構成上、スカートはキャストオフ可能。


DSC07926.jpg
ヘソもちゃんと造形されてます。こういう小ネタは無駄に仕込んでくるバンダイ。


DSC07927.jpg
スパッツはピンクとブラックの部分が完全にホイルシール。
「いつも以上に貼り方が汚い!」と思うかもしれないが、どうか弁明させてほしい。
このスパッツ部、曲線や折り目など゛をふんだんに含んでおり、ただでさえ貼るのが難しいのに、
シールが馬鹿でかいもんだからどうしても粗が目立ってしまうのだ。
これから買う方は是非ともガンマカピンクとブラックを使って塗ってあげてください。


-Movable-


DSC07930.jpg
首は普通に一回転可能。前後に傾けることもできますが、あんまりいじくりすぎると外れます。


DSC07931.jpg
肘関節はこの程度。人として常識的な範囲内です。


DSC07932.jpg
肩はメチャクチャ上がります。ラストシューティングに差し迫る勢い。


DSC07936.jpg
肩の引き出しはこの程度。標準的なフィギュアーツ程度と言うべきか。


DSC07933.jpg
腰は一回転可能ですが、前後可動はほぼなし。


DSC07934.jpg
膝関節はそこそこ曲がるものの、スカートが邪魔してあまり前に出せません。


DSC07935.jpg
開脚も同様。おまけに足が小さいもんだから接地も安定性も悪い…

総じて本体の可動は悪くはないものの、主に下半身がデザインの干渉を受けていまいち動いてくれません。
まるでプリキュアーツみたいじゃないか…


-Items-


DSC07937.jpg
付属品。


DSC07938.jpg
Gポータントなどに付属していたランナーレスの透明スタンドも付属。


DSC07939.jpg
軸の部分は新規パーツ。星のデザインがあしらわれた特別製に。


DSC07940.jpg
ビームマシンガン。パーツ自体はパワードジムカーディガンと同じものですが。


DSC07941.jpg
何故かセンサーのシールが付属しません。


DSC07942.jpg
シールドのビーム刃。2枚付属しており、保持自体も十二分に安定しています。


-Bundodo!!-


DSC07944.jpg
初登場シーンがまさかのストライク撃ちポーズ。個人的にはもうちょっと脚を広げさせたい。


DSC07966.jpg
そして飛翔。


DSC07968.jpg
今回のすーぱーふみなの3mm穴はバックパックに内蔵されています。流石に股下は自粛した模様。


DSC07964.jpg
なお筆者にはこういった立体物を可愛らしくポーズとらせるセンスがちっともないので、


DSC07965.jpg
本編のアニメ映像を参考にしてます。パクってるわけじゃないです。参考にしてるだけです。


DSC07951.jpg
このままじゃ埒があかないので普通の戦闘っぽいポーシングを。


DSC07950.jpg
基本的に武装はパワードジムカーディガンと一緒なので、動かし方も似通ります。
ああ、あの頃が懐かしい…


DSC07952.jpg
でもずっと同じ表情なのはちょっと怖くなってくる。
生身の人間型フィギュアには大抵表情パーツが付いてくるけど、こいつにはそんなものないし…


DSC07970.jpg
アームの自由度は高いものの、長さがややイマイチ。


DSC07953.jpg
なのでビーム刃を生かしたい時はファンネルとして動かしたいところです。
余剰パーツはあるのでアームを増設させるのも手ですが。


DSC07954.jpg
サーベル柄に手が…届かない。
せめて基部が可動してくれたら。


DSC07955.jpg
サーベル抜刀。刃はウイングゼロあたりから拝借しています。


DSC07956.jpg
ずーっとほほ笑んだままサーベルで切り付けるホシノ先輩のそっくりガンプラ。怖い。


DSC07958.jpg
なおアームとシールドはパワードジムカーディガンと流用が可能なので、
せっかくですからシールドをアームごと移植してみる。


DSC07961.jpg
ポーシングに幅は広がりますが、パワードジムカーディガンのシールドにはビーム刃は取り付けられないのでご注意。


DSC07969.jpg
以上、HGBF 1/144 すーぱーふみなのレビューでした。



◆評価点
・両平手付属
・可動は悪くない
・パケ絵は可愛い
・きちんとHGBF企画で開発し、発売まで漕ぎ着けた


◆不満点
・好みの分かれそうなプロポーション
・素組みじゃ微妙すぎる顔造型
・そもそも表情が1つだけ
・ガトリングガンが再現されていない
・ビームマシンガンを左手で持てない
・サーベル刃未付属
・まつ毛シール


総合オススメ度:下記の後書き参照

(擬似)フミナの立体物としてはプロポーションや顔造型に粗があり、
アニメで見せていたバラエティ豊富な表情も、キットではたった1つだけです。
武装面も腕に仕込んでいるはずのガトリングガンは未実装かつ、ビームサーベルも単体では使用不可。
以上のことから、商品としての完成度は低いと言わざるを得ません。
もちろんコストや技術力不足の面から考えれば仕方のないことですが、この仕様で発売されてしまったのも事実です。

ですのでこのキットは素組み派の方にはオススメできません。
きちんと手をこめて塗装してあげて、初めて「すーぱーふみな」というキットとして完成するものだと思っています。
せめてまつ毛だけでもきちんと塗ってあげましょう。あのシールは正直素組み派の方でもオススメできませぬ。
で、技術のある方は表情差分のパーツも作ってあげるとか。

とにかく「手を加えてナンボ」のキットかと。それが面倒だと思う方には向いてないかも…
そもそもこのキットの購入を考えているような方はきっとそっち系の知識や技術も持っている…はず。
え、俺? あー、そろそろバルバトスの塗装でも始めようかな…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/05 22:40 ] ガンプラ(HG) | TB(1) | CM(18)

レビュー乙です。
自分もフラゲしてきまして先ほど組み終わりました。
やっぱり顔がそのままだとお面感バリバリなので、目はクリアパーツの上から、睫毛は手描きしてみたらかなりマシになりましたね。
表情はいくつか欲しいですよねえ。叫び顔、ウィンク顔、目閉じ笑顔等々・・・。
プレバンでもいいので出して欲しいですね。
そしてゆくゆくはAGPでも・・・部署が違うんで無理そうですが(笑)
[ 2015/11/05 22:55 ] [ 編集 ]

造形のダルさといい対象年齢8歳以下で低価格なHGの影響がモロに出てますね。
子供には向いてないキットの内容なので値段を高くしてでもクオリティの高いものにしてほしかったです。
あと個人的には盾ビーム刃を付けるコストがあるならガトリングとサーベル刃つけて欲しかったなと思います。
[ 2015/11/05 22:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます。

表情に関しては、わざわざサカイ君「目パチもできる!」と豪語していただけに残念です。
表情が固定されちゃうと、やっぱりポーシングが固くなっちゃいますね。
AGP基準で考えると、「ガンダムっぽさ」が足りてない気がするので、商品化するとしたら魔改造されるかも…
[ 2015/11/05 23:24 ] [ 編集 ]

これまでとは思いっきり違う路線なのでどうなるのやら…

ども、グレイズ改でカムフラージュする予定の(´゚д゚`)(仮)です。
キット化が決まった時にはかなり驚きましたが実際のキット、かなりの大きさのようで…
本体としてはさながら塗装を強いられているようですがそこはモデラーとしての腕がそこそこあればなんとかなるのか。
というか腕アーマーがパワードジムカーディガンのものと別な仕様になっているというのは意外。まさかの凹…
最終話勢といえばどうやらウーンドウォートのキット化企画も進んでいるようですがここまで来ればそろそろΞも来そうなのではとか思う今日この頃。
[ 2015/11/05 23:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ゴリラ様、コメントありがとうございます。

>対象年齢8歳以下

すっかり忘れていた… どう考えても子供向け玩具とは思えませんぜ!
我々としては、やはり1944円の壁を振り切ってオプションを豪華にしてほしいというのが本音ですね。
サーベル刃は他から流用できる分まだマシですが、ガトリングガンはどうしようもありませんし。
[ 2015/11/05 23:51 ] [ 編集 ]

Re: これまでとは思いっきり違う路線なのでどうなるのやら…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます。

モデラーの腕次第では確かに化けそうですが、事実上、それが前提となっているのがどうも…
まあまつ毛程度なら塗るのにそこまで難しくなさそうなのが幸いでしょうか。

>ウーンドウォートのキット化企画も進んでいるようですが

なんだって!それは本当かい?
もしリリースされるとしたらHGUCなんですかね。
最近では現在進行しているアニメのキットかリヴァイブ枠くらいしかリリースされていないので、
完全新規のHGUCキットが発売するというのは久々なことになりそうです。
[ 2015/11/06 00:12 ] [ 編集 ]

そう思っていた時期が拙者にもありました

G-セルフパーフェクトパックを作り終えたらすーぱーふみなを買う、そしてG-セルフではアンバランスだったメガスラッシュエッジを持たせる、そう思っていた時期が私にもありました。さすがにでかいんや…予想以上をいきすぎる。一応噂というか、写真で見てでかいかなー、くらいには思ってましたが。なお、行く当てのなかった購入意欲はガンダムバルバトスに向けられ、ふみな発売前に購入してしまいました。現在製作中です。

しかし本当にでかいな…通常のHGサイズならまだしも、さすがにこの大きさだと手が出ないのが残念。
[ 2015/11/06 00:42 ] [ 編集 ]

Re: そう思っていた時期が拙者にもありました

ユウ様、コメントありがとうございます。

バルバトスは誰が作っても安定する、屈指の良ガンプラです。
対してすーぱーふみなはその筋の技術がなければ真価を発揮できない難解プラモ(なんだそりゃ)です。
コスパ的にも先にバルバトスを買っておいて正解でしょう。
ふみなはよーくよーく考えて購入なさってください。
[ 2015/11/06 00:56 ] [ 編集 ]

うん……AGPの顔コウカーンはなぜ採用しないですかバンダイさん?
フミナセンパイ「私そんな怖い顔してない!」
ある意味スターウイニングの方が表情豊かですねコレ…
[ 2015/11/06 01:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

S様、コメントありがとうございます。

パーツの構造的には表情の交換が可能なだけに、差分が用意されていないのは残念ですね。
スターウイニングはSD特有の寄り目だったり笑ってる目があったりしましたから表情もつけやすかったですが…
[ 2015/11/06 09:15 ] [ 編集 ]

寄り目にするといいらしいよ
[ 2015/11/06 19:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ルーニィ様、コメントありがとうございます。

すーぱーふみなに関してはシールの位置を変えるなりパーツを削るなりして改修している方が多いみたいですね。
気が向いたらやってみようかと思います。
[ 2015/11/06 23:58 ] [ 編集 ]

塗装派でも試されるキット

買おうか迷いましたが、これは厳しいというよりも無理に近いキットです・・・(素組み派なので
ミニシールドは他のキットでも使えそうな気がします。あとすーぱーふみなのカラバリなどがプレバンで出そうな感じがしますね・・・
リアルで化粧ができる人がこのすーぱーふみなをメイクしてどれくらいの化け物になるか楽しみですw
[ 2015/11/07 15:10 ] [ 編集 ]

買われたんですね♪

比べるのも何ですがブキヤのスティレットちゃんと雲泥の差、あちらの3割程度の価格分の内容ですね。表情は複数欲しかった…。

ウーンドウォートのキット化ってマジですか?電ホが死亡した現在、厳しい感じですが…(汗)ウーンドちゃんそのものより、原作終盤及びGジェネに登場したハイゼンスレイIIラーのキット化を希望します。
[ 2015/11/07 18:52 ] [ 編集 ]

Re: 塗装派でも試されるキット

レグルス様、コメントありがとうございます。

お察しの通り、とても素組み派の方にはオススメできないキットです。
ミニシールドの武装目当てで買ったとしても少々お高いですねw
そもそも現在では色んな店で在庫がスカスカの状態のようですし。まったく罪作のなキットです。
[ 2015/11/07 23:21 ] [ 編集 ]

Re: 買われたんですね♪

Raynex様、コメントありがとうございます。

すーぱーふみなの表情は複数欲しかったです。
現在素顔に手を加えている方は結構多いみたいですが、他の表情の作成に手をつける方はいませんかね?

ウーンドウォートの立体化についてですが、正直マイナー機の立体化ということで、もしかしらRE/100で発売するのではないかと思っています。
もしそうなら正直やめてほしいです。何故かというと私の部屋に1/100サイズのプラモを置くスペースがもう残されてないからです(笑)
[ 2015/11/08 01:05 ] [ 編集 ]

これでも8歳は対象です

ある意味ではv-114ですねwww
なんかバストサイズはパテで大きくしてしまおうと思いますwww
まあ、いろいろと手を加えると自分好みのすーぱー◯◯が出来ますね!
[ 2015/11/08 21:26 ] [ 編集 ]

Re: これでも8歳は対象です

通りすがりの名無し様、コメントありがとうございます。

早くも様々な作例が上がっているようですね。
パテ盛りとかはやったことないんで自分では無理ですね。顔の化粧くらいにとどめておきます。
[ 2015/11/09 16:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1070-122dbdf1


HGBF 1/144 すーぱーふみなレビュー

ガンダムビルドファイターズトライ最終回で登場し、話題となった「すーぱーふみな」がHGBF 1/144で発売されました。 予約開始した当初、Amazonの送料無料分はあっという間に売り切れ、 ...
[2015/11/08 08:52] URL ガンダムFWブログ