迫真写真部 撮の裏技 その5

DSC08051.jpg

カメラ新調&コメントでのバイクアクションの指南をしてもらったので、せっかくなので撮影練習。
まだカメラの扱いには慣れておらず、写りの悪い物もあるかと思いますが、
そこは練習ということでご愛嬌を。
DSC08026.jpg
今回の主役であるトライチェイサー2000くん。
後々乗り換えるビートチェイサーと並んで、筆者が平成ライダーの中でも最も気に入ってるバイクの1つです。
この頃は昭和ライダーと平成ライダーの転換期ということで、まだバイクは「相棒」という側面が強く、
1台のバイクにもきちんとスポットが当てられていた時代でもあります。
今では専ら移動手段もしくはギミックの1つという扱いが拭えませんが。


DSC08025.jpg
コメントにて教えてもらった、バイクに乗る上での基本的な姿勢である「ニーグリップ」。
指南文とネット上で見つけた写真を参考にして、やっとこさ再現。きちんと綺麗な姿勢を保てていると思います。
言い換えれば筆者は今までバイクの乗り方のイロハも知らずにライドマッハーやライドチェイサーをレビューしていたことになる。
なんたることだっ!

DSC08027.jpg

DSC08028.jpg

DSC08029.jpg
写真の写り方とか色合いも問題ないですね。サイレンサーの光沢もいい感じ。
そういえば劇中では激しいバイクアクションも相まって、サイレンサーがビョンビョン動いていた印象が強いです。


DSC08035.jpg
魂エフェクトのWAVEを使って走行シーンを再現。
筆者が今までバイクのレビュー記事を敬遠しがちだったのは、こういったエフェクトパーツを持っていなかったことも原因の1つ。


DSC08036.jpg
「これでブンドド写真が撮れるぜヒャッホォ!」とぬか喜びしたのもつかの間。
こういうエフェクトの扱いに慣れてないから、使い方が単調になりがち…


DSC08032.jpg
バイクを傾ける為にウィリー用のディスプレイジョイントを使ってますが、
これだとディスプレイ用の軸が不自然に目立ってしまいますね。まだまだ練習が必要そう。


DSC08045.jpg
浮かせてジャンプシーン。つい最近のゴーストの放送でもお披露目されていましたが、
クウガではこういうアクションをシームレスに映してくれるのが凄くワクワクしました。


DSC08044.jpg
とんでけ~


DSC08037.jpg
そしてクウガのバイクアクションの目玉とも言えるウィリー走行。


DSC08041.jpg
前輪をパンチとして使うアクションも、今ではめっきり見られなくなりました。
そもそも今はバイクで敵に突撃すること自体、規制の対象になってしまってますからね…


DSC08039.jpg
後輪キック。
こんな風にバイクを手足も同然の如く動かす様を見せつけられれば誰だって惚れちまいます。
やっぱりライダーは車よりバイクに乗るべき。そもそもドライブのトライドロンは私有地しか走れないし…


DSC08042.jpg
ちなみにバイクスタントを調べてみたらこんな風にアクションしている方もいるそうで。
現実で見ることになったらヒヤヒヤして直視できなさそうである。


DSC08052.jpg
というわけで何枚か写真撮ってみました。
映り方はそんなに悪くないですね。今までのカメラとは勝手がかなり違いますが、慣れてしまえば今まで以上に綺麗に撮れるかも。
エフェクトの使い方は要練習。そもそも白い背景に白いエフェクトを使うこと自体無理がありそうですが…

フィギュアーツの写真はとりあえず何とかなりそうですが、問題はガンプラ。あっちだと本当に慣れない。
何故精密機器というのはバージョンアップすればするほど使いにくくなるのだ。コンチクショー!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/10 19:05 ] その他 | TB(0) | CM(4)

いいですね~♪

いいですね~。

コメント参考いただきどうもです

BGM「突撃」が脳内再生されました(笑)乗り方も様になっててカッコいいです。ニーグリップも良く出来てますね


お節介ながらクウガとトライチェイサーのオススメショットとどうでもいい蘊蓄がありますので参考までに


基本ライディングフォームから尻を一個分後ろに下げて体を更に前屈させて肘と肩を限界まで落として首を前に向けるとクウガが首都高を疾走している感じになります
因みに何でこんなフォームかというと実はクウガ、ライダーでもトップクラスにニーグリップがしっかりしているライダーなんです。というのもTRCSのベースマシン、パンペーラ250というマシンが2ストロークエンジンという加速が凄まじく車重はCRF250Xより軽いのに公道走れるおかしい(当時は割と普通な)バイクなんですがコレ基本林道なんかがメインなので高速とかかなり厳しいんです(笑)その為舗装路でブン回して走るとエンジンが凄まじい振動を起こす為触角(?)がビョンビョン震えるんです。風で揺れてるとかじゃないんですね(笑)
それに伴い、オフロードマシン故に空気抵抗が凄まじく振動も凄まじい為全開走行の際はニーグリップしっかりして体を縮こませて車体を安定させています


それと右斜め後ろからのアングルありがとうございます。出来たら更に寄って更に煽りで撮ってみて下さい。めっちゃカッコよくなります


あと右正面煽り寄りでウィリー状態で片足着いてるショットなんかもオススメです!崖で方向転換する時に使ってた技ですが迫力出ます。因みに実際のトライアルは足着くと減点です(笑)


最後に、バイクはライダーの視線の方向に進むという絶対的な法則があります。バイクが進んでいる方向に視線を合わせるとより人馬一体感が増しますので参考までにどうぞ!

これだけしっかりフィギュアーツのバイク写真が撮られてるのは滅多にないので良かったです

さぁバンダイさんよ!とっととプレバンでバダー&バギブソンセットを出すのだ!

長文失礼しました
[ 2015/11/10 23:06 ] [ 編集 ]

Re: いいですね~♪

TAKE様、コメントありがとうございます。

お気に召したようで何よりです。
クウガのバイクアクション、完成度の高さも相まって奥が深いですね。とりあえず再び写真を載せてみました。
フィギュアーツでは色々と制約はありますが、試行錯誤しながらポーズを考えるのが楽しいですね。
[ 2015/11/11 15:42 ] [ 編集 ]

こんにちは~

クウガのバイクアクションは、今までの作品では無かったアグレッシブなシーンが多いのが特徴ですよね(^^)
そういった意味ではフィギュア化されて、卓上で再現できるのは良いもんですね。

カメラやバイクの乗り方、エフェクトに関しては特に問題無いように見えますよ。 
私のブログでもフィギュアバイクレビューしてますので、参考として使っていただくとありがたいです(^_^;)
[ 2015/11/11 22:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

75system様、コメントありがとうございます。

ポーシングもそうですが、今はカメラの扱いに早く慣れたいものです…
ズームとかだと言うことを聞いてくれないんで。なんでだ…
[ 2015/11/12 02:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1077-daa0eaeb