今週のバトルスピリッツ 烈火魂 32話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第32話 『フィールドの支配者』

烈火ep32 0

石川てつや監修の作画ってマジで分かりやすいっすね
むむむ、勝家の口から「信長様」という言葉が… まさかこれが幸村の言う信兄さん!?
まあ伏線の張り方があまりにもあからさますぎるので、ミスリードを呼んでると言えなくもないのですが。
しかし今の公式の「CV:諏訪部=ヒロイン」みたいなノリなら正直やりかねないと思ってるんですよね。
今のアニメはニチアサ時代とスタッフがやや変わっている為、それらの伝統は打ち切ったと考えられなくもないですが、
「新弾カードお披露目の為に過去カードが噛ませになる」という展開はタチを悪くして継続しているんで…
だいたい第六天魔王と信長って歴史上では同一人物じゃねーか…

とはいえ今回のお話は、まあそれなりに見れるお話でした。
緑須賀孤六戦ではS級バトラーらしく(?)バーストや神速を使った攻防の駆け引きは中々見ものでした。
一応、サムライドラゴン天の弱点も明確に提示されてわけですし。
紫華原神次郎と白銀謙信との戦いは妙な歪さを感じました。相変わらず十二宮Xレアの扱いはアレです。
ロクに効果も使ってもらえずにただアタックするだけってどうなのよ… 単にフィールド上にスピリットを集めて、次ターンでのソウルドライブの噛ませになりにいってるとしか思えませんでした。
ただ演出のおかげか、謙信の「バトルを操る」という感じは中々ヒシヒシと伝わってきました。
後はただ単に噛ませ扱いになっていう割には神次郎の描写がやけに濃く描かれていることが気になりましたね…
ここまで描かれると再登場くらいしてほしくなるんですが、無理だよなぁ… 噛ませ十二宮使いなんだし…

それにしても今のところ登場した3体の戦国六武将のアルティメットって、全員「フィールド内のスピリットを一掃する」という点では変わりないんですね。流石に既視感が強くなってきました。
他の緑・青・黄色はそんなことないようですが、好き勝手するという時点では同じなんだよなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1078-3e093426