HG IBO 1/144 百里 レビュー

DSC08071.jpg
HG IBO 1/144 百里
メーカー小売価格:1296円

新カメラの扱いに慣れないので、とりあえず現状ガンプラの撮影は旧カメラのままで。
なおパッケージの写真だけ新カメラ使ってます。君に違いが分かるか!?
私には分かりません。

というわけで、HG IBO 1/144 百里をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【11/12 追記】
足りてなかった画像追加

・本体のデザインについて(フレーム形態)
・本体のデザインについて(百里)
・可動範囲について
・付属品について
・飛行形態への変形について
・ブンドドについて
・総評


-Design- (フレーム形態)


DSC08083.jpg
毎度おなじみ「完成品から外装をできる限り引っぺがしました」形態。
今回はバルバトスやグレイズと違い、少々特殊なことになっております。


DSC08086.jpg

DSC08087.jpg
フロント&リアビュー。
首はフレームにあたりそうなパーツが存在しないので外してます。


DSC08088.jpg
上半身…特に両腕のパーツ構成は従来のものに準じており、基本的に基部や軸などは外装パーツに存在します。
その為フレームにあたる部分は関節のみ。よって両腕にはフレーム形態というものが存在しません。


DSC08089.jpg
それに対して、下半身…特に脚は付け根から足先まで完全にフレームの状態を再現しています。この差は一体何なのか…
そもそも同時発売の百錬の出来栄えからして、このテイワズMS2機にはフレーム形態という概念は重視されていないのかも。


-Design- (百里)


DSC08091.jpg
STH-14s 百里(ヒャクリ)

大型ブースター内蔵のバックパックを持つ高機動型MS。両腕をバックパックに収納した巡航形態に変形する。
主武装は2挺のライフルや炸裂弾を装填している輪胴式グレネードランチャーで、
バックパック下部はナックルガード兼シールドとなる。


というわけでテイワズのMSが本編の登場に先駆けて立体化。
丸みを帯びたフォルムはGレコのMSのデザインを彷彿とさせますが、その出来栄えや如何に。


DSC08092.jpg

DSC08093.jpg

DSC08094.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
見ての通り肩らへんから後方にググッとバックパックが突き出ている為、自立は恐らく不可能。
幸いにもディスプレイスタンドは付属するので飾る分には問題ありません。
MS本体の方も、腕が長細かったり太腿がデカいと思いきや足はメチャクチャ小さかったりと、かなり異質なデザイン。
こんな風に後ろ側が突き出たデザインのメカがフルメタか何かにあったような…(うろ覚え)


DSC08090.jpg
ちなみにバックパックを取り払うとこんな感じ。ただの坊主になってしまった…


DSC08096.jpg
頭部。つるっぱげなデザインに、5つのセンサーアイという、これまた異質なデザイン。
シールなどは付属しない為、素組みだとちょっと貧相。


DSC08097.jpg
胸部。デザインに関しては何とも言えません。
色分けはパーツの時点で完璧。


DSC08098.jpg
肩…はバックパックと合体状態だと、カバーに包まれている形に。


DSC08099.jpg
カバーは少しだけ上に開くことができます。
本体肩の側面の黒い部分はホイルシール。


DSC08101.jpg
腕。構造は従来の二重関節。前腕部も上下からパーツを挟み込むというGレコとかでお馴染みの構成。


DSC08102.jpg
肘の部分のクリーム色の部分はホイルシールで色分け。


DSC08103.jpg
腰の部分にはパイプのパーツを造形。


DSC08104.jpg
太腿。かなり大きな形です。


DSC08105.jpg
なお股関節の部分にはパイプの部分も再現されています。


DSC08107.jpg
脹脛から足にかけてはスマートな造形に。


DSC08109.jpg
そして一番目を引く箇所であろうバックパック。


DSC08110.jpg
中央のレドームみたいな部分は2枚のホイルシールによって色分け。
その周囲のブラウンの部分も4枚のホイルシールで色分けされています。


DSC08111.jpg
両側のコンテナみたいな箇所は後述するギミックの為、普段は空洞。


DSC08112.jpg
後ろ側には3つのバーニアが造型されています。


DSC08140.jpg
ちなみに両側コンテナの中央付近にあるパーツを外せば3mm穴が2つ。
ここにMSオプションセット2に付属したジョイントパーツを接続可能です。


DSC08141.jpg

DSC08142.jpg
こうして輪胴式ライフルとミサイルランチャーをラック可能。
接続箇所はいくつかあるのでお好みの場所に。


DSC08159.jpg
ちなみにレドームの部分も取り外し可能で、内部には3mm穴があります。


DSC08108.jpg
バルバトスと並ばせて。
プロポーションは異なるものの、全長や身体の各部位の場所などは意外にも一緒。


-Movable-


DSC08113.jpg
頭部は小さいので、可動面は小回りが利きます。
左右に振る時はバックパックとやや干渉してしまいますが。


DSC08114.jpg
肘関節は前腕と上腕がくっつくレベルまで曲がります。
ただバックパックと接続していると、ここまで曲げさせることは殆どなかったり。


DSC08115.jpg
肩も水平よりほんの少し上まで上がります。


DSC08145.jpg
引き出しも結構可動します。が、腕が妙にすっぽ抜けしやすい…


DSC08116.jpg
腰はパイプがある都合上、このくらいまでしか捻れません。


DSC08117.jpg
膝関節もそれなりに曲がります。フロントアーマーがないおかげで膝立ち姿勢も余裕。


DSC08157.jpg
「Gのれっこんぎすたぁ~」
脚もこの程度まで上がります。


DSC08118.jpg
反面、開脚は殆どできません。接地も微妙。
そもそもバックパック有りだと自立できませんが。


DSC08119.jpg
太腿の形状からも分かりますでしょうが、脚の接続はボールジョイントで、ロール軸は備わっていません。


DSC08146.jpg
後述する変形機構の為、つま先は折りたためるようになっています。


総じて本体の可動はややクセが目立つものの、概ね高可動といったところ。
元々クセのあるデザインなので、可動にも支障をきたしてしまっていると考えれば仕方ないと言えば仕方ないです。


-Items-


DSC08120.jpg
付属品。


DSC08121.jpg
先述したように、ランナーレスタイプのクリアディスプレイスタンドが付属します。


DSC08122.jpg
ライフル。そこそこに長い形状。
グリップから後ろ側の、いかにも肉抜きしてます感のデザインがやや気になる。


DSC08128.jpg
コンテナの下側のパーツは、ジョイントパーツを使ってナックルシールドとして装備ができます。


DSC08129.jpg
ちなみに下側のパーツを取り外したコンテナ部は、こんな感じでスカスカ。


DSC08208.jpg
フル装備。


-Transforme- (飛行形態)


DSC08147.jpg
飛行形態への変形。
まずはコンテナ部の下側のパーツを外し、本体の腕を後ろに下げてコンテナの中に入れてしまいます。
この時手首の角度を少し傾けておくのを忘れずに。


DSC08148.jpg
ライフルを折りたたみ、専用のモードへ変形。


DSC08149.jpg
手首にライフルを保持させて角度を整えたら、コンテナの下側パーツを装着して完全に腕を密閉状態に。


DSC08150.jpg
後はつま先を折りたたみ、角度を整えれば完成。


DSC08151.jpg
これが飛行形態です。


DSC08152.jpg
……………


DSC08153.jpg
…はっきり言ってダサくてカッコ悪いと思います。スタイリッシュさも感じられない。
こればっかりはアニメでの活躍に期待せざるを得ませんね。


-Bundodo!!-


DSC08155.jpg
敵を発見! 飛行形態で高速突入!


DSC08156.jpg
手首の部分はそれなりに遊びがあるので、ライフルを機銃みたいに動かしてやるのも面白いかも。


DSC08124.jpg
続いてMS形態で。


DSC08127.jpg
2丁拳銃タイプのMSは割と久々。腕の可動範囲はそこそこ広いのでポーシングの幅も広め。


DSC08125.jpg
反面、脚の可動域は狭めなので、そちらのポーズは固定されがち。
宇宙戦仕様だと割り切ればそこまで不満もないか?


DSC08130.jpg
お馴染みのシールド構えつつライフルで射撃…
縦に構えさせた方が良かったかな。


DSC08131.jpg
両腕ナックルシールド。先端の部分がクローに見えなくもない。


DSC08132.jpg
バックパック付けたままだとシールドが干渉しがちなので、向きとかがちょっと制限されがち。


DSC08133.jpg
肩全体を動かしてポーシングするせいか、イジっているうちに肩のポロリも気になってきました。
瞬着コーティングしてあげなきゃ…


DSC08134.jpg
バックパックが邪魔なのでいっそのこと取り外してみた。これなら自由にポーシングできますぞ。


DSC08136.jpg
しかし丸坊主ヘッドとシールドナックルが相まってゲテモノ感が一層引き立っているような。
なんかエヴァっぽいと思うのは私だけだろうか。


DSC08211.jpg
がおおおお~
最早背負いものをしょってた頃とは完璧別物。


DSC08212.jpg
キャストオフ後みたいに軽快なアクションをとれます。
劇中でもこんな活躍しませんかね。


DSC08143.jpg
MSオプションセット2でも少しだけ。


DSC08144.jpg
見事に過去のものとポーシングが被ってるけど気にしない。
本編に登場したらまたゆっくり遊ぶ予定です。


DSC08158.jpg
以上、HG IBO 1/144 百里のレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&可動
・差し替えパーツ無しで飛行形態を再現可能


◆不満点
・肩がすっぽ抜けしやすい
・脚を広げると、ちょくちょく股関節のパイプが外れる


総合オススメ度:★★★★★

何とも奇抜なMSでこざいます… これで設定上は女の子が乗るんだからなぁ。
とりあえずキットとしてはプロポーションの破綻もなく、可動はクセがあるものの元デザインのことを踏まえれば十分です。
太腿とかは構造的にロール軸を仕込みようがないですからね。
ただポリキャップと肩のボールジョイントのはめ込みの相性が悪いのか、少々ポロリが目立つので瞬着コーティング推奨。
つまるところ、デザインさえ気に入れば十分良いキットだと言えるのではないでしょうか。
アニメで激しく暴れてくれることを期待して…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/12 19:58 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(12)

レビュー乙です。
個人的には一番好みのデザインなので、可動良さそうで安心しました。
パイロットも意外と可愛いので本編の活躍に期待したいですね。
[ 2015/11/12 21:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます。

そういえば過去にも女性ばかりで編成されたMS隊がありましたねぇ~
デジャヴじゃなきゃいいんですが。
[ 2015/11/13 00:45 ] [ 編集 ]

スケールが違えばなんとなくメタルギアに登場しそうな機体

フレーム構造に関してですが各部のシリンダーや背部のレール等、この勢力の機体もフレームを意識したデザインになってますが
キット的にはガンダムではない点と、量産機でもグレイズのような各所の装甲を変えてのバリエーションの予定が無いためにフレーム構造を採用しなかったという単純な話だと思います
もともとHGバルバトスやグレイズもフレームと言っても「キットの構造体としてのフレーム」を採用してはいましたが「設定どおりのフレーム」の再現はしていませんしね
1/100では設定に準じたフレームのそこそこ再現してるようですね
[ 2015/11/13 22:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

私が個人的に気になっているのは、
何故脚部にのみ簡易フレーム機能を残しているのか、という点です。
前例から考えると、脚の部分のみ別の機体にも流用するということなのでしょうか。
それとも単なる偶然なのか。気になるところです。
[ 2015/11/14 01:08 ] [ 編集 ]

昔、HGや1/100のストライクが出た頃のイベントで担当者に聞いた話ですが
プラのボリュームだけでなくパーツ数も価格への影響がそれなりにあって
色分けや可動等と天秤にかけて設計するわけですが
フレームが各所に露出してる機体で色分けをしたい場合に、その部分が中で繋がってる構造=フレームにして、プラの体積が増える事によるコスト増よりもパーツ点数減によるコスト減の方が効果的だったりするそうです
[ 2015/11/14 12:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

なるほど、簡易フレーム構造はコスト削減の要因にもなっていたと。
確かに百里・百錬の腕のフレームは関節しか露出してませんから、わざわざフレーム構造にする意味が薄いということですね。
お話を伺ったのは1/100ストライクの時代ですから技術的にはまだまだ未熟な頃でしょうが、
それが1/144サイズにも採用できるようになったということは、やはり技術の進化をうかがい知ることができますな。
[ 2015/11/14 15:51 ] [ 編集 ]

あ、ありのままあったことを話すぜ!

グシオンでのコメントへの返信を読んだ後ヨドバシやらを散策し、グレイズ改とOPセット2を買おうとして気がついたら百里を買っていた…な、何を言ってるか分からねえと思うが俺も何を言ってるか分からねえ…ラフタちゃん可愛いとかOPセット2が売ってないことへの絶望でファントム化とかそんなチャチなもんじゃ談じてねえ…もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

フルアームド百里を作ろうと思ったけど、こうなるなら4日前に出かけた時に1個だけあったOPセット2を買っておくべきだった。

(#0M0)<アンタガナ!アンタガスベテワルインダヨォ!(記事で意欲をそそられるから)
(#0M0)<モアイ!トニカクオレノ(百里製作の)ジャマダテハサセナイ!オレノジャマヲスルトイウノナラタトエコノポッポデロ!
( 0M0)<トコロデ、ペドロクンのメシ、コレクッテモイイカナ?
[ 2015/12/26 19:35 ] [ 編集 ]

Re: あ、ありのままあったことを話すぜ!

ユウ様、コメントありがとうございます。

>グレイズ改とOPセット2を買おうとして気がついたら百里を買っていた…

欲望に負けてしまったようですね… しかしその選択や良し。
さあ、アジーとアミダ姐さんも購入されるのを待ってますよ。
ラフタちゃんを愛するには、きっと名瀬さんのような大器さが必要だと思いますぜ。
ちなみにOPセット2は屈指の人気商品なので見つけたらさっさとカゴに入れてホラホラ

>( 0M0)<トコロデ、ペドロクンのメシ、コレクッテモイイカナ?

ヒューマンデブリですら食糧を与えられてるのに、パズルのピースを飲み込む橘さんときたら…
[ 2015/12/27 09:04 ] [ 編集 ]

百里完成の巻

( 0M0)<みんな!(俺の購入予定に)OPセット2があるぞ!グレイズ改もだ!

とりあえず百里完成しますた。ニッパーで切り離す前にモールドに詰められるだけ墨入れを詰め込み、一部の「ここにはいらないんじゃね?」な部分でも墨入れ。また、頭部の五つ目部分はつまようじにガンダムマーカーのメタレッドのインクをつけてちょいちょい。目玉部分のみならず、周囲にまではみ出たのは秘密。

できることならフル装備がいいなと思いつつも、戦闘モードにした時点で余剰パーツが出るんですよね…クローシールドに使うジョイントとか、ライフルとか。行動範囲内どころか、いつもは行かない場所にまで出張ってあOPセット2を探しに行ってますが、どこにもないんですよね…いっそアマゾンかなーと思いつつも、せめてグレイズ改(または独自設定で流星号)と一緒に買いたいので、まずは流星号発売と一緒で再入荷を狙ってます。
[ 2016/01/15 21:56 ] [ 編集 ]

Re: 百里完成の巻

ユウ様、コメントありがとうございます。

百里完成おめでとうございます。
自分は、シールド用のジョイントをクロー内部に装着させたままバックパックに収納させ、
両手にライフルを持たせた状態で立たせてます。確かこれで余剰パーツが出なくなった…はず。
目玉の塗装は気を使いますな… 自分には到底無理な話です。

ちなみにお探し中のOPセット2ですが、13日にキマリス達と一緒に再入荷してますよ。
逆に流星号の発送日には入荷予定はないそうです。買うなら今ですよ!
日を置いて店を回ってみれば置いてあるかもしれませんよ。
出荷・再販日に関してはこちらを参考に↓
http://gunpla.jp/jgoc/kensakug/shipment_plan/
[ 2016/01/16 23:53 ] [ 編集 ]

なんだって!それは本当かい!?

>ちなみにお探し中のOPセット2ですが、13日にキマリス達と一緒に再入荷してますよ。
ここに書き込んだのが15日、しかし県庁所在地に行ったのはさらに前、そして15日にヤマダやコジマに回ってもなかった…
周辺の店の規模が微妙に小さいor大きいけどガンプラにあまり力を入れてない可能性が高いですねえ。今度ヨドバシと近くのプロショップに行ってみよう。
[ 2016/01/17 13:52 ] [ 編集 ]

Re: なんだって!それは本当かい!?

ユウ様、コメントありがとうございます。

私の通っている大手家電店では少数ではありましたが置いてました。
キマリスの山も結構減ってましたし、やはり皆さんお買い求めしていたんでしょうね。
[ 2016/01/17 19:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1080-820c0a40