HG 1/144 プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.) レビュー

DSC08354.jpg
HG 1/144 プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)
販売価格:1944円 ※プレミアムバンダイ限定販売

ガンプラEXPO限定商品の記事を上げていくと宣言したばかりでありますが、
プレバンから贈り物が届いてしまったので急遽予定変更。新規キットの方が組立意欲高いからね…^^;
EXPO限定商品は翌日から再び上げる予定です。
ちなみにターンエーシンはモタモタしてたら受注終わってました。チクショオオオオオ!

というわけで、HG 1/144 プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

DSC08355.jpg
YMS-07A-0 プロトタイプグフ 機動実証機

オリジン版MSVである『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery 』(MSD)に登場。デザインはカトキハジメ。
オリジン版グフのプロトタイプ。駆動部・動力系のテストのために試作された機体。両腕がザクIIと同型のマニピュレーターになっており、
オリジナル形状のマシンガンと、ヒート・ホークを収納したシールドを装備する。
ダーク・コロニーでの試験後、重力下での最終試験のために地球に降ろされた。
カラーリングはMSV版と同様のカーキ系のサンドカラータイプと、青・白に塗り分けられた機体の2種類が存在する。


戦術実証機と対を成す機動実証機がプレバンにて立体化。
前者の方は良くも悪くもジオンMSらしいシブさに満ち溢れた機体。
こちらは動力系の試験機ということで更なるシブさが期待されますが、さて。


-Design-


DSC08356.jpg

DSC08357.jpg
フロント&リアビュー。
キット内容は戦術実証機のカラーリングを変更し、両腕を専用のものに差し替えたもの。
肝心のサンドカラーの色彩ですが、見本と比べると少し薄めに感じます。人によるかもしれませんが…
プロポーションはグフらしく無骨ですが、新たに差し替えられた両腕が少し細めに感じてしまうかも。


DSC08359.jpg
顔。いつものお鼻の長いプロトタイプグフ顔。


DSC08360.jpg
肩。いつものスパイク形状。


DSC08361.jpg
腕。こちらは新規造型。通常のMSと同じタイプの形状になっています。
上腕はクリーム色、前腕は肩や頭部と同じブラウンカラー。


DSC08362.jpg
肘の部分にはシールドジョイント用の穴が開いています。


DSC08363.jpg

DSC08364.jpg
腹から背中にかけてパイプがランドセルにつながってます。
要するにいつものグフ。腰を動かしたいでござる。


DSC08365.jpg
下半身はまんま戦術実証機と一緒。
ただしカラーリングは腕と同じくクリーム色とブラウンの2色で構成されています。


DSC08358.jpg
戦術実証機と比較。
個人的には両腕にボリュームのある戦術実証機の方が好みです。
カラーリングの鮮やかさでは機動実証機の方が上ですかね。


-Movable-


戦術実証機と同じです。そちらを参照に。


-Items-


DSC08366.jpg
付属品。
今回付属の手首は従来のものと同じなので、変な肉抜き穴とかはありませんよ!


DSC08368.jpg
専用マーキングシール。
ホイルシールは付属しません。


DSC08369.jpg
マシンガン。実在するミリタリー調のデザインがイカします。


DSC08370.jpg
ストックとフォアグリップが可動します。
本体のグリップには左右どちらの手でも持てるようにジョイント軸が付いてますが、銃の持ち手は右手のみ。


DSC08371.jpg
ヒートホーク。いつものタイプです。


DSC08367.jpg
なお戦術実証機の記事で説明が抜けていましたが、ヒートホークはシールド内部に装填可能。
なんで取説に載ってないんですかね…


DSC08372.jpg
なお腕の造形が違うのでシールドジョイントも新規造型。
シールドを接続する軸が1つしかないのが残念ですが。


DSC08373.jpg
フル装備。マシンガンが地味に似合ってます。


-Bundodo!!-


DSC08374.jpg
機動実証機なのでとりあえず動かします。


DSC08380.jpg
平手を使ってストックを動かし、


DSC08387.jpg
射撃!腰をひねりたい衝動に駆られる。


DSC08378.jpg
何はともあれ上半身はよく動いてくれるので、両手持ちのポーシング自体はスムーズ。


DSC08379.jpg
グリップ自体も可動の幅がそこそこあるのが嬉しいですね。


DSC08381.jpg
盾越しに射撃。
地味に左手はマシンガンに添えてたりするけど見事に盾で隠れてる。


DSC08382.jpg
シールドに手を入れて、


DSC08384.jpg
斧を抜刀。脚がそこまで開けないのが惜しい。


DSC08383.jpg
ザクやらグフやらのHGは年月とともに進化を辿ってますが、ヒートホークの造形って殆ど変わりありませんよね。
もうちょっと手首に安定してフィットするタイプが欲しい。


DSC08385.jpg
謎決めポーズ。


DSC08386.jpg
なお手首のジョイントが全く異なるので、戦術実証機のアタッチメントにマシンガンの持ち手は取り付けできません。(画像は無理矢理持たせてます)
戦術実証機と絡ませたければ、素直に青い方の機動実証機を買いましょう。


DSC08388.jpg
以上、HG 1/144 プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.) のレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&色分け


◆不満点
・銃の持ち手が右手のみ
・成形色が見本と比べてややコレジャナイ感


総合オススメ度:★★★★☆

本体は良くも悪くもプロトタイプグフらしい激シブ仕様。
ただ個人的に気になったのが素組みの成形色。もっと重厚感があるのを期待していたんですが…
なまじ戦術実証機の方の成形色はかなりいい感じだったので、どうにも差が目立ってしまいます。
癖のある可動性能も相まって、やや人を選びそうな仕様ですが、それは戦術実証機も同じ。
たぶん戦術実証機が気にいった方なら普通に馴染めるかと思います。

現在は青い方の機動実証機がプレバンにて受注中。
正直この内容ならコンパチ式にして一般販売しても良かったと思うゾ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/22 21:43 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(8)

いつも楽しく見て参考にさせてもらっております。
ご存知かと思いますがターンエーシンも12月発送ならまだ予約できるようですよ。
自分はプロトタイプグフも12月発送なのでもうしばらく我慢です…
[ 2015/11/23 00:11 ] [ 編集 ]

マシンガン、何か見覚えがあると思ったら
陸戦ガンダムとかが持ってるヤツに
そっくりだな・・・
[ 2015/11/23 09:40 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ザクリッチ様、コメントありがとうございます。

ターンエーシンは既に予約済みです。
最近のプレバンキット(特に新規造型を含むもの)は受注数が多くなってしまうので、油断禁物ですね。
[ 2015/11/23 14:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

GMⅣ様、コメントありがとうございます。

ストックが可動するあたりそっくりですね。
ザクマシンガンと違ってシンプルな造形なのが良い印象です。
[ 2015/11/23 14:18 ] [ 編集 ]

いつもレビュー参考にしています。
ターンエーシンですが12月3日までなら2次受け付けているのでまだ間に合うと思います
[ 2015/11/23 22:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

abain様、コメントありがとうございます。

既にターンエーシンは注文完了しております。ご忠告ありがとうございました。
[ 2015/11/23 22:22 ] [ 編集 ]

モビルフォートレスと化したゾック先輩

サンダーボルトのロングムービーが公開されましたが中々楽しみです。
音楽もプロのジャズミュージシャンによるものですしピバップみたいにバトルシーンとマッチ出来れば良いのですが。
このプロトタイプといい、グフ連発状態ならショーンカスタムが出てほしい所です。

カトキ氏のデザインとはいえ、このPグフは元のMSVの雰囲気を残していてジオン系MSが好きな人なら十分満足なキットですね。
陸戦型ガンダムっぽいマシンガンはオリジン原作のMS-04も装備してましたから元々はジオンが開発した物なのかも。
ジムを量産する以前の連邦は鹵獲したザクを解析してザニーを開発して研究してましたから
陸戦型の100㎜マシンガンはこれをコピーした物でも不思議ではありません。
[ 2015/11/26 13:05 ] [ 編集 ]

Re: モビルフォートレスと化したゾック先輩

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

私がサンダーボルト(第一部)を読んでいた時は、「ラジオから流れるBGMを片手間に戦闘を繰り広げる」というより、
「広い宇宙で一筋の稲妻が走ってるだけのような、孤独で虚ろな戦い」のようなものを感じました。
イオとダリルの戦いなんて、所詮の歴史に埋もれてしまう存在なのだと実感させられました。
映像作品だとどう感じるかが気になります。

>ジムを量産する以前の連邦は鹵獲したザクを解析してザニーを開発して研究してましたから
陸戦型の100㎜マシンガンはこれをコピーした物でも不思議ではありません。

その100mmマシンガンは数多くのザクを葬ってきました。
もし敵からデータを奪ったものであれば、ジオンにとってかなり皮肉な結果と言えますね…
[ 2015/11/26 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1096-ffff01c2