ネコ嬢に話しかけると大抵ハンターの身体が邪魔になってネコ嬢が見えない

IMG_1389_2015120203574539f.jpg
モンスターハンタークロス、とりあえず村クエのエンディングまで終わりました。

ポータブルシリーズを意識して作られたせいか、難易度は非常に易しかったです。めっちゃ簡単。
弓オンリーで進めましたが、序盤の敵は強撃ビンを使わず適当に戦っても5分行くか行かないか程度。ドスファンゴとか瞬殺もいいところ。
中盤の敵も、ちょっと小突いた程度ですぐに足を引き摺っていましたので、体感的にはかなり狩猟時間が早く感じました。
メインモンスターである四天王も同様でしたので、正直強敵と戦ってる感覚は薄かったです。
また、今回の敵は全体的にすぐエリア移動をしようとするので、そちらに時間を奪われることもしばしばありました。


IMG_1391_20151202035747967.jpg

装備は脚以外ラングロシリーズ、脚のみマギュル。
村5までは気力回復の装飾品が作れないので手軽に作れる溜め短縮装備がこれくらいしか考え尽きませんでした。ペピプパンプキンはちっとも入手できないし…
武器に関しては、正直入手できる弓の矢レベルが低いものばかりで、村5までは役に立たないものばかりでした。
四天王モンスターを倒してからはようやくまともな武器が揃ってきますが、エンディングは目前。遅すぎるわ!
とりあえずタマミツネの弓だけ作ってディノバルドに挑みました。村5の段階で溜め3連射Lv4とか優秀すぎやで…
狩猟スタイルは最初のみギルドスタイルでしたが、村2あたりからブシドースタイルに変えてからずっとそのままです。
ジャスト回避のおかげでフレーム回避の安定性が増したことで非常に戦いやすかったです。剛射も使えるとか便利過ぎ。

総じて遊んでみた感覚としては、良くも悪くも普通のモンハンです。
過去シリーズに比べて無駄の要素は減ったように思えますが、同時にかなり淡泊な感じもしました。
1番そう感じたのはストーリー面ですかね。いつも通り「モンスター出たから倒して来い」のお使いをこなすだけで、
MH4や4Gのような壮大なストーリー比較するとずいぶんと肩すかしを食らいました。
遊び易いといえば遊び易いのですが、正直限界が見えてきている感じです。
そしてまた余計な追加要素を入れると叩かれる… という定番の流れが目に浮かびます。
何だかんだでクセの少ない大人しめな今作こそ最もモンハンらしいのかも。

まあ、モンハンというのは上位になってからが本番。気を引き締めて行きましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/02 03:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1110-491cde6b