ネクスエッジスタイル ガンダムアストレイ レッドフレーム レビュー

DSC08723.jpg
ネクスエッジスタイル ガンダムアストレイ レッドフレーム
メーカー小売価格:2700円

モンハンが一段落ついたんでボチボチ余ってた玩具の記事書きます。
G-セルフのリフレクターパックは何だったんだとか気にしてはいけない。

というわけで、ネクスエッジスタイル ガンダムアストレイ レッドフレームをレビューいたします。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評
・おまけ

-Design-


DSC08724.jpg
RGに続いてネクスエッジスタイルでも立体化されたアストレイレッドフレーム。
今後はメタルビルドも控えているので忙しい機体であります。

当初は付属品の少なさで批判を食らい、ダブルオーライザーにて付属品を増やしたところ、
「増やせばいいという問題ではない」ということで迷走を続けてきたネクスエッジスタイル(主にMS関連)ですが、今回は少ない武装をエフェクトで補うという方向性に。遂に方針は定まるのでしょうか。


DSC08726.jpg

DSC08727.jpg
フロント&リアビュー。体系はいつものデフォルメ3頭身。
過去にリリースされたMSと比べて比較的標準体型なので、アレンジは控えめで凄く小ぶりに見えます。


DSC08728.jpg
顔。いつも通りのアンテナでかめ。ツインアイはイメージ通りの細さ。


DSC08729.jpg
イーゲルシュテルンはやはりと言うべきか判別不可能クラスに小さいです。
最近の立体化ではあまり重要視されてないように思えます。


DSC08730.jpg
胸部。従来のデコボコ造型が殆どなく、いかにも普通な出来栄え。


DSC08737.jpg
バックパック。サーベル柄は残念ながら着脱不可能。


DSC08738.jpg
なおバックパックは赤いアームパーツを介して固定されているので、


DSC08739.jpg
アームをひっくり返せばご覧のようにフライトユニットを接続する時のギミックを再現できます。


DSC08731.jpg
肩。こちらも造型はHGクラスかと。
ただし後ろ側の赤い装甲部は内部まで赤く塗られてません。


DSC08732.jpg
腕。上腕部の白い装甲部は色分けされていない様子。


DSC08733.jpg
裏側。肘の部分には3mm穴が。


DSC08734.jpg
フロントアーマー。左サイドアーマーのボールジョイントがちょっと目立つ。


DSC08736.jpg
リアアーマー。こちらにも3mm穴が。


DSC08735.jpg
脚部。足はもう少し大きくても良かったかも?


-Movable-


DSC08750.jpg
首はシリーズ共通で下に大きく動かせます。左右にもそこそこ。


DSC08751.jpg
肘はほぼ90度。肩は90度より少し上にあがるくらい。


DSC08752.jpg
引き出しは標準程度。


DSC08753.jpg
腰は余裕の一回転。


DSC08754.jpg
膝関節もほぼ90度。フロントアーマーが動かないので脚の出せる範囲は少々狭め。


DSC08755.jpg
開脚はこの程度。接地もまあそこそこといったところ。

総じて本体の可動は、可もなく不可もなくシリーズの標準程度といったところです。


-Items-


DSC08741.jpg
付属品。
シリーズでは珍しく両平手完備。


DSC08744.jpg
シリーズ共通のディスプレイスタンドも付属。


DSC08743.jpg
エフェクト保持用のクリアアーム。差し替え無しで軸を可動できます。
ただし本体保持用アームが相変わらず差し替え必須の出来栄えなので、一緒に使う分には少し不便に感じるかも…


DSC08745.jpg
ガーベラ・ストレート。刀身はシルバーのメッキ塗装がされているので非常に綺麗。バランスも問題ありません。
ただし着脱を考慮してか、柄頭の造型がカットされてしまってます。ダブルオーみたいに着脱式にはできなかったのかな…


DSC08746.jpg
鞘。こちらはMGやRGとほぼ同一デザインの模様。


DSC08747.jpg
ただし裏側はスッカスカ。何故そこでベストを尽くさんのだ!?


DSC08748.jpg

DSC08749.jpg
斬撃(ソニックブーム?)エフェクトは大小2つのものが付属。
見本に比べて若干水色がかっており、パール塗装がされていて煌びやかです。


-Bundodo!!-


DSC08756.jpg
柄と鞘に手をかけて…


DSC08757.jpg
いざ抜刀!


DSC08766.jpg
両手持ちは可動範囲の都合上、かなり厳しいですね。


DSC08758.jpg
頑張ってHGの箱絵とかで有名なポーズとか。


DSC08764.jpg
専用の突き用の手首が付属するため、ポーシングの幅は中々広いです。


DSC08760.jpg
もちろん通常の持ち手でもブンドドは十分可能。今まで散々立体化してきた甲斐がありますな。


DSC08759.jpg
何より平手の存在が大きい。RGでは左手しか付きませんでしたからなぁ…


DSC08761.jpg
凛々しく大人しめなポーズも。刀持ちMSってやっぱカッコイイ。


DSC08762.jpg
エフェクトでも遊ぶ。うーんカッコイイ。


DSC08763.jpg
2つあるのでクロスさせてもいいですね。


DSC08765.jpg
シメは光雷球! どっちかと言うとこっちのエフェクトの方が欲しかった。


DSC08767.jpg
以上、ネクスエッジスタイル ガンダムアストレイ レッドフレームのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形
・両平手&エフェクトパーツ完備


◆不満点
・武装造型の詰めの悪さ


総合オススメ度:★★★★☆

色々至らない点は少なくないものの、今までのMSシリーズの中では十分な出来栄えだと思います。
元々レッドフレームはガーベラ・ストレートを中心に戦闘を行っているため、武装面もそこまで大きな不満はありません。
それだけにガーベラ・ストレートの造型はきちんと最後まで作りこんでほしかったのですが。
丁度よいサイズのエフェクトもあり、手首も左右3つずつ付属するので、ネクスエッジスタイルらしくアレンジされた遊び易いフィギュアだと思います。
ただ2700円は少し割高気味かも。筆者は約2000円で買ったので、それくらいが適正価格かな…?

-おまけ-


DSC08768.jpg

DSC08769.jpg
背中の3mm穴がHGと同じなので、HGからフライトユニットを拝借したところ、思いのほかピッタリ装着できました。
大きさのバランスも、浮かせて飾る分には問題ないかと思います。


DSC08770.jpg
武装面はシールドが少し大きいと感じるくらい。ライフルは奇跡的に(?)大きさのバランスが一致しているかと。
ただし造型やディテールはHGとネクスエッジスタイルとでは異なる為、できればちゃんとネクスエッジスタイル仕様のフライトユニットが欲しいところです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/02 15:34 ] ネクスエッジスタイル | TB(0) | CM(2)

一刀両断!

装備に関してはコレで充分な反面、商品としてはちょいと割高感があるかもですね。タイガーピアス付けてもって気がしました。

最近、マジンカイザーとジェネシックGGG買ったんですけど充実感ありました。これらは背負い物(翼)の分かもですが。


刀の鞘に関しては一部のBB戦士の付属品を思い出しました。
[ 2015/12/04 19:53 ] [ 編集 ]

Re: 一刀両断!

Raynex様、コメントありがとうございます。

割高感は否めませんね。エフェクトで差別化しようとしている試みは評価したいところですが、
元々「安価でお求めしやすい」こともコンセプトの1つでしたので、少々本末転倒な気もします。
来年になったら原材料の高騰とかでさらに高くなるかも…

>刀の鞘に関しては一部のBB戦士の付属品を思い出しました。

要するに進化してないってことじゃないですかー! やはり練りこみ不足ですか…
[ 2015/12/05 15:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1111-8bb14a11