キングダムハーツ3D クリティカルLv1クリアへの道 part12

キングダムハーツ3D クリティカルLv1縛り part12です。

この記事にはゲーム本編に関するネタバレしか含んでいません。
未プレイの方はご注意お願いします。

・今回の目標
 ソラ編・リク編シンフォニー・オブ・ソーサリーをクリアする


さあワールド探索もいよいよ大詰めです。
今回のワールドはシンフォニー・オブ・ソーサリー。
発売直後、バグ騒ぎが多発したところでもあります。

そのバグというのがソラやリクがこのワールドでは一切喋らないというもの。
無言で宝箱を開けたり、敵の攻撃で昇天したりする姿は中々シュールです。
今では色んなサイトで解説されてはいますが、一応言っておくとこれらはバグではなく全て仕様です。
というのも、原作である『ファンタジア(1940年)』というディズニー映画では、ミッキーを含め、
全てのキャラクターが喋らず、ひたすらBGMのクラシックやオーケストラが流れる映画だからです。
ですからソラもリクも雰囲気を壊さない為に敢えて喋らないんですね。




え? 何でこんな世間に知れ渡っていることを今更説明しているのかって?
そりゃあ、まぁ… 尺稼ぎしてるなんて一言も言えませんよ~^^; 語ること無いもん!(キリッ

なので今回もソラ編・リク編合同でやらせてもらいます。

一応言うことがあるとすれば、このワールドは敵も精鋭揃いで、中でもリュウドラゴンは全ザコナイトメアの中でも1、2を争う強敵だと筆者は確信しています。
そんな連中がそこら中歩けば狙いすましたかのようにゴロゴロとドロップするのでたまったもんじゃありません。
オマケに1つあたりのワールドが広く、攻略するのに長い為簡易セーブがし難いのも問題。
マップ最後の仕掛けを解いて出口に向かった矢先にやられてしまえば、最初からやり直しです。
これのせいで何回コンティニューしたことか…^^;
ここで挫けなかったのも、前々回のコンボリーヴ騒動のおかげでしょう(笑)


BOSS スペルカン



ソラ編のボスは以前トラヴァースタウンで対峙したスペルカン。今回で決着をつけます。
最初はレールの上で追いかけっこをし、追いついたところで本格的なバトルが始まります。
レールシーンではインフォメーションで「Yを押して高速スライド!」と書かれていますが、
Yボタンは押す必要はありません。自然とスペルカンに追いついてくれるので回避に専念します。
バトルシーンでは今度こそバルーンガ巨匠の汚名返上の機会です。
スペルカンはボスの中でも珍しく怯みやすく、またゼログロビラ系魔法が効くため、
敵を追尾してくれるバルーンガ巨匠でフルボッコにできます。スピリットロアの効果もあって大ダメージ!

実はこの後いくらか戦っていくうちに再びレールゾーンに戻されるのですが、
今回は1ループで倒すことが出来ました。これはリハでも成し遂げられなかったので、想像以上の出来栄えです(笑)
単にいつもの俺がヘタレなのかもしれませんが。


BOSS チェルナボーグ



リク編のボスは初代KH以来のチェルナボーグさんです。
このバトルは従来のものとは違いダイブモード形式なので、レベルは関係ありません。
チェルナボーグに近づいて3回攻撃すればこちらの勝ちです。
なので今回はLv1縛りの意味がないので、ノーダメ動画にしてみました。
楽勝かなー? と思ってはいましたが、15回ほど撮り直しを迫られました(笑)
特に苦戦したのが3周目の悪霊の憑りつかれるところ。ここの回避が上手くいきませんでした。
試行錯誤の末に、動画のようにひし形にリフレクトドッジすれば上手くいくことが判明。
これさえ分かれば楽勝でした。最後はヤケになってリフレクトドッジ連打ですがw
そこ、リフレクトドッジだけしてれば楽勝だったんじゃねとか言わない。


次回は遂に最後のワールドです。
恐らくボス戦の為の準備にかなり時間が掛かると予想されます。
どうか気長にお待ちください~
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/13 23:30 ] 番外編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/112-4c437d7e