HG 1/144 ガンダムグシオン レビュー

DSC08857.jpg
HG 1/144 ガンダムグシオン
メーカー小売価格:1296円

バンダイホビーサイトの出荷予定リストの商品名確認してみたら、IBO表記がなくなってました。
というかIBO表記になっていたのはバルバトスだけだったんでしたね。うわー自分の早とちり。
とりあえず以降はIBO表記を無くさせていただきます。

というわけで、HG 1/144 ガンダムグシオンをレビューいたします。

【12/11 追記】
一部表現を修正
※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

・本体のデザインについて(フレーム形態?)
・本体のデザインについて(ガンダムグシオン)
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評


-Design- (フレーム形態)


DSC08811.jpg
もはや需要があるのかないのか分かりませんが、とりあえず撮っておく装甲引っぺがし形態。


DSC08812.jpg

DSC08813.jpg
フロント&リアビュー。
御覧のように上半身は装甲無しでも組み立て可能、下半身(というか脚)は装甲必須という構成。
とりあえず中までパンパンに詰まっているので、中の人とかは入ってません。画像から学べるのはこれくらいか。


-Design- (ガンダムグシオン)


DSC08858.jpg
ASW-G-11 ガンダム・グシオン

宇宙戦用を想定した改修が施されている重装甲・高出力型のガンダム・フレーム機。
高密度のデブリ地帯で発見され、以後その宙域で活動する海賊によって運用されてきた。現在はブルワーズの所属機として、クダル・カデルが運用する。
2基のエイハブ・リアクターが生み出す高出力を最大限に活かすことを目的とした超重装甲が装備されており、対空機銃をものともしない堅牢さを誇る。装
甲内部には燃費の悪さを軽減するための大型推進剤タンクが搭載されている。反面、単独での飛行距離は短く、長時間の戦闘は困難となっている。
武装は質量15トン以上の質量破壊武器グシオンハンマーとサブマシンガン。追加兵装としてハルバードや鉈、フレイルがついた戦斧を装備する。


おめでとう! マン・ロディは ガンダムグシオンに しんかした!▼
そんな正統進化っぷりが伺える、ガンダムフレーム搭載機の第2弾が遂に立体化。
公式サイトのキャラクター紹介の更新から、そのパイロットに関して様々な声が挙がっているようですが、
肝心のキットの方はどうでしょうか。


DSC08859.jpg

DSC08860.jpg
フロント&リアビュー。
マッシヴ・ザ・マッシヴ。マン・ロディをさらにずんぐりとさせた肥満体プロポーションが何とも魅力的。私は重装甲MSが大好きなのです。
設定画のずんぐりさを全く殺さずに立体化を実現させたことは賞賛に値するでしょう。


DSC08861.jpg
顔。マン・ロディと違ってこちらはツインアイ。造型自体は平べったいドラ焼き形状。


DSC08862.jpg
横から。だんだんカエルらしか見えなくなってきた。
目の上からピョコっと生えた小さな角が妙に愛らしい。でもパイロットが…


DSC08863.jpg
胸部。メガ粒子砲に見えなくもないですが、武装紹介に載ってなかったので恐らくスラスターなのでしょう。
先ほど紹介したフレームの上に装甲を被せるので、色分けはほぼ完ぺき。


DSC08864.jpg
ただし一部の装甲部はホイルシールで色分け。


DSC08865.jpg
背面。こちらもスラスターがたくさん。バックパックの類は存在しません。


DSC08866.jpg
肩。丸く、角ばったスパイクのようなものが造型されています。
前面にある白いマーキングのような部分はホイルシール。


DSC08867.jpg
腕。関節の成形色はマン・ロディと一緒ですが、あちらと違って設定に問題はありません。
というかもしかすると、グシオンとマン・ロディの関節の成形色を一緒にしちゃったが故にマン・ロディであんなことになってしまったのでは…


DSC08868.jpg
フロントアーマー。こちらはマン・ロディとそこまで形状が変わりありません。
フロントアーマー中央部の下部分はきちんと色分けされています。


DSC08869.jpg
右フロントアーマーに描かれているフォーク模様はホイルシール。
ブルワーズのパーソナルマークか何かでしょうか。


DSC08870.jpg
リアスカート。上半身に隠れて正直目立ってない。


DSC08871.jpg
脚。マン・ロディと違ってちゃんとした足が造型されています。一応宇宙戦特化のようですが。
ムッチリした形状がクセになる。


DSC08872.jpg
裏側。関節部のパイプがチラ見できるのが何か嬉しい。


DSC08873.jpg
脹脛の周囲には3つのスラスターが。足裏はそれなりに肉抜きされています。


DSC08874.jpg
ちなみに上半身で隠れて確認することができませんが、
上半身と下半身の接続パーツはガンダムフレームでお馴染みのパイプが造型されています。細かい!


DSC08882.jpg
マン・ロディと比較。全長はだいたい一緒。
進化前と進化後、部下とボス。風格な違いが一目で分かりますね。
なんかダンジョンの奥にいるボスキャラとして構えててもおかしくないぞ、グシオン。


-Movable-


DSC08875.jpg
首はマン・ロディに比べるとやや可動域が狭くなりました。左右の振れ幅とか。


DSC08876.jpg
肘関節は90度。肩も90度水平まで上がります。


DSC08877.jpg
引き出し機構も実装されていますが、マン・ロディに比べるとジョイントが固く、思うように動いてくれません。


DSC08878.jpg
腰は一回転可能ですが、サイドアーマーに上半身が被さるようにしないとサイドアーマーが吹っ飛びます。


DSC08879.jpg
膝関節も少々特殊な構造。うまく曲げてやらないと脹脛がポロリします。
ドムR35の関節部の接続を思い出してもらえれば光栄です。


DSC08880.jpg
膝立ちはサイドアーマーとフロントアーマーの間から脚を出すようにすれば可能。


DSC08881.jpg
開脚は御覧の通り。水平まではいかないものの、安定性は結構あります。

総じて可動はそこそこ優秀と言っていいものの、スルスル動かせていたマン・ロディと違ってだいぶ動かし辛いです。正にプロ仕様。


-Items-


DSC08883.jpg
付属品。この手のキットでは珍しく、左平手が付属。


DSC08884.jpg
グシオンハンマー。この世界では珍しく、使用者の名前を冠している武装。
保持の兼ね合いとかは後述のブンドドでご説明。


DSC08886.jpg
背中にラックする時は、背面にあるフタを開けて、ボールジョイントのラックパーツをはめこみます。


DSC08887.jpg
後は挟んであげればラック完了。


DSC08888.jpg
前から見るとこんな感じ。チョンマゲだ!デカいチョンマゲが生えたぞ!

DSC08885.jpg
サブマシンガン。こちらはマン・ロディに付属していたもののカラバリ品になります。
ブルワーズの連中はどうあってもトリガーに指をひっかけたくないようだ



-Bundodo!!-


DSC08890.jpg
デブリの中から発見されたデブなガンダム。何かの因果か運命か。


DSC08891.jpg
サブマシンガンのポーシングとかの感覚はだいたいマン・ロディと一緒。


DSC08893.jpg
ただ平手があるのと膝立ちがそこそこ安定することで、ポーシングの幅はだいぶ広がります。


DSC08894.jpg
肩が水平に開けるから、種のOP撃ちっぽいシーンも。うん、似合ってない。


DSC08895_20151210223102dd9.jpg
背中からハンマーを取り出し。


DSC08896.jpg
抜刀。肘関節が上に向いている状態だと、ハンマーの柄とアームガードの装甲がうまくかみ合ってくれるので、
ヘタれを気にせず片手持ちできます。


DSC08897.jpg
ただし肘関節を横にすると一気に不安定になります。主に手首が。


DSC08900.jpg
時間が経ってくると手甲パーツもだんだん保持が不安定になってきます。
片手保持の時は柄を短く持ちましょう。


DSC08906.jpg
どうしても長く持ちたいときは肘関節を上に!これ絶対。
え、瞬着塗ればそれで済むって?


DSC08899.jpg
ちなみに両手持ちも可能ですが、胴体がデカすぎるのでいまいちとれるポーズが限られがちです。


DSC08898.jpg
光にな~れ。筆者の場合は放っておくと肩パーツの接合も怪しくなってくるので、
とにかくハンマーでブンドドしたい方はパーツを丈夫に組みましょう。


DSC08902.jpg
白い悪魔VS緑の悪魔。販促バトルを勝ち抜くのは一体どちらだ。


DSC08904.jpg
以上、HG 1/144 ガンダムグシオンのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&色分け
・若干動かし辛いものの優秀な可動
・左平手付属


◆不満点
・腰が少し回し難い


総合オススメ度:★★★★★

組みやすく遊び易かったマン・ロディに比べて、こちらは中級者向けといったところでしょうか。
とにかくあらゆる部分を強調しすぎたクセのあるデザイン、使い辛い武装(というかハンマー)が揃っています。
遊びにくさはあるものの造型面での再現度は素晴らしく、キットとしての完成度も十分な内容に仕上がっていると思います。
なんやかんやでこのボリュームで定価1296円はそれなりのコスパを発揮してくれることでしょう。
マッシヴなボディと無骨な武装(と妙に愛らしい顔)に惚れた方は是非とも手に取ってみてはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/10 22:41 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(16)

ガンダムというよりも・・・

まるでデブガエルですね、でも可愛いw(となるとマンロディはオタマジャクシ?
しかし見た目によらず可動ができるのは優秀ですね(まさに動くデブといったところか
改造必須ですがグシオンの頭をCGSモビルワーカーに変更したらモビルワーカーがかなりかっこよくなるかなと思いました
[ 2015/12/11 14:29 ] [ 編集 ]

こりゃまた大層なボリュームで…

宇宙に放り出されたかと思えば今度はガンダムになってデブリ帯で発見されてるグシオンさん、キットではかなり理想的なプロポーションなのかな?いかんせんこういう体系のガンダムのキット化も珍しいのでこれまでとはまた違った感覚ですな。
それにしてもこのハンマー、モックアーミーセット付属のものにそっくりな気がする…
まぁモックアーミーセット付属のハンマーも当時はムジョルニア感あるなーと思ってましたしよくあることなのかも。
そんでウイングガンダムの倍以上の重量があるハンマーを振り回すんだからさぞかし豪快な戦い方なんでしょうなぁ。
可動面も装甲の干渉に気を使えば普通によく動くようですし一安心。
ところで膝可動のラルさんが1歳ほど年とってませんかね…?
[ 2015/12/11 15:24 ] [ 編集 ]

サベージ!フルメタのサベージじゃないか!

両目の部分をふさぐかして目の上にあるカエルの目のような部分を強調させ、あとはそのままor銀とダークブルーに塗ればサベージやアル2世に早変わりしそうですね。

そういえばアミダ姐さんの百里が出てましたっけ。あれはあれでかっこいい、が前に出てた百里もかっこいい…だがパイロット的にはラフタちゃんの百練が好きなんだよなあ…ハッ、待て待て、(プチッガイと一部パーツを除いて)ガンダムタイプしか買ってない自分がガンダムタイプ以外に気を取られるとは…というかガンダム・グシオンよ、ガンダム・フレームとはいったい…うごごご
[ 2015/12/11 23:01 ] [ 編集 ]

Re: ガンダムというよりも・・・

レグルス様、コメントありがとうございます。

実物を手に取ってみて分かりましたが、実に愛らしいです!
ツインアイもよく見たら細目でジトーっとしているように見えて、一層愛らしさが増しているように思えます。

>改造必須ですがグシオンの頭をCGSモビルワーカーに変更したらモビルワーカーがかなりかっこよくなるかなと思いました

モビルワーカーですか。改造もそうですがモビルワーカーは色分けされていないので塗装が大変そうです。
[ 2015/12/11 23:32 ] [ 編集 ]

Re: こりゃまた大層なボリュームで…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます。

>それにしてもこのハンマー、モックアーミーセット付属のものにそっくりな気がする…

私もそう思いました。そもそも深緑色の外見がハイモックと重なります。

>ところで膝可動のラルさんが1歳ほど年とってませんかね…?

これが若さか… 修正しておきました。ご指摘ありがとうございます。
[ 2015/12/11 23:43 ] [ 編集 ]

Re: サベージ!フルメタのサベージじゃないか!

ユウ様、コメントありがとうございます。

ザベージと比べると流石に四肢が短すぎると思います。
とはいえ妙なファンシーさが出ているのはどちらも同じですね。

>(プチッガイと一部パーツを除いて)ガンダムタイプしか買ってない自分がガンダムタイプ以外に気を取られるとは…
プチッガイに現を抜かしている時点で気をとられても仕方ないんだよなぁ…
さあ、グレイズを買うのだ…

>というかガンダム・グシオンよ、ガンダム・フレームとはいったい…うごごご
全長が明らかに違う時点で同じフレームを流用しているということはなさそうですね。
2つのエイハブ・リアクターを使ってたり、フレームの素材が同一のものであればガンダム・フレーム扱いされるのでしょうか。
[ 2015/12/11 23:53 ] [ 編集 ]

先のコメントにあるようにハンマーが武器なのでサベーシの親玉にも見えますね。
そういえばフルメタはアニメの4期が決まりました、スパロボに先を越されたレーバテインもやっとアニメで動きますか。

ドムと言えばサイサリスやリックディアス(γガンダム)もドムの技術を導入したガンダムの一種ですから。
このグシオンを「ガンダム」と呼んでも問題ありませんねw

今回の放送で判明しましたが頭部の銃口は信号弾の発射装置として使われてました。
AGE同様バルバトスは頭部バルカンを持たないガンダムですが冷静に考えればセンサーが詰まった頭部に
60㎜以上の機関砲弾が装填出来るとは思えません、アレックスの腕部ガトリング然り。
ゲームのムービーでジムコマンドの側面ハッチからバルカンの弾を給弾するシーンがありましたが直ぐに撃ち尽くしてしまいそうでした。
Gセルフの頭部バルカンもビームになっていますからリアリティを考えるとグレポン的な単発実弾武器の方が自然ですね。
[ 2015/12/13 20:35 ] [ 編集 ]

ちくわぶドロボーさんへの

返信が自分宛になってますよ(笑)

自分もグシオン買いました。ずんぐりボディがいいですね。

しかし固い機体だけに対処法悩みますが、ひょっとしたらグシオンハンマーひったくってぶっ叩けばかなり効くのかも(笑)

ちなみに自分のは今、膝下をスパローと取り替えてもう許せるぞオイ!な感じにしてます
[ 2015/12/14 20:56 ] [ 編集 ]

内容修正につき再投稿

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>ドムと言えばサイサリスやリックディアス(γガンダム)もドムの技術を導入したガンダムの一種ですから。
このグシオンを「ガンダム」と呼んでも問題ありませんねw
ガンダムの定義なんざGレコでぶっ壊れましたから、ヘーキヘーキ!

>AGE同様バルバトスは頭部バルカンを持たないガンダムですが冷静に考えればセンサーが詰まった頭部に
60㎜以上の機関砲弾が装填出来るとは思えません

確かに。言われてみればどこに弾を仕込んでるのやら。
私はエクシアや00ガンダム、ガンダムAGEシリーズなどで頭部バルカンが実装されていないことに不満を抱いてましたが、
もしかしたらデザイナーの海老川さんなりにリアリティの考証を試みていたのかもしません。奥が深いですな。
[ 2015/12/14 21:04 ] [ 編集 ]

Re: ちくわぶドロボーさんへの

TAKE様、コメントありがとうございます。
返信の件に関しては修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

>しかし固い機体だけに対処法悩みますが、ひょっとしたらグシオンハンマーひったくってぶっ叩けばかなり効くのかも(笑)

真面目な話、破壊するとしたら重量級の武器でたたくしかないですよね。
もしくは太刀で関節部を上手いこと狙ってみるとか。


>ちなみに自分のは今、膝下をスパローと取り替えてもう許せるぞオイ!な感じにしてます

こマ?
[ 2015/12/14 21:18 ] [ 編集 ]

あ、マジですw

くさそうですけど参考までに(笑)

http://l2.upup.be/f/r/BmFlR9JeLr.jpg
[ 2015/12/14 22:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとナス!

原作でのポーズを再現とか誇らしくないの? 妙に様になってて草不可避
こりゃ連さん役のMS(グフかエピオン辺り?)が必要になりますね…
エピオンを選ぶとなると旧キットかROBOT魂しか1/144スケールは販売してないので、頑張って購入して、どうぞ。

KBTIT先生は斬魄刀の使い手なので、バルバトスから太刀を拝借させても良さそうですね(提案)
[ 2015/12/14 22:17 ] [ 編集 ]

百里と百錬を逆に覚えていた

だが私は謝らない、失敗を次の成果に生かす。それが大人の特権だからだ

作中でも言っていた通り、足が長い(航続距離が長い)=百里、と覚えるのが正解?13話のバレ時点で双方に死人が出ると聞いていたし、まさかオルフェンズ最可愛キャラであるラフタちゃんが死ぬとか気が気でならない状態で12話見てましたが…死んだのは鉄華団の中ではモブに限りなく近い少年たち、ブルワーズではヒューマン・デブリの子供たちでした。いやひいき以外が死んだからいいや、ってわけでもないですが…

あとクダル・カデル絶対許さねえ!変身!!\フルーツバスケットォ/ オカマキャラは泉京水やら凰連さんやらドーナツ屋の店長やら魔法少女ビーストを見習うべき。そういえば、オカマつながりということで「凰連・ピエール・アルフォンゾがグシオンのパイロットだったら?」というSSもありました。読んでみたら「どうしてこうならなかった」としか思えないくらいに役がハマってた…そういえばああいうキャラだったよ凰連さん。
[ 2015/12/25 14:35 ] [ 編集 ]

ロボにハンマーと聞くと、ゴルディオンハンマーしか思い浮かばない自分は発想が貧弱ですかね?

巷では「ガンダム…?」と散々な言われようのグシオン=サンですが、歴代でももっとぶっどんだものがいっぱいいるんですけどねえ。
Gガンはデザインとあらすじくらいしか知りませんが、マタドールガンダムとかネーデルガンダムみたいな、開発者の頭がどうかしているとしか思えないデザインもありますからねwwwまあ、ガンダムに限った話じゃないんですけどね。ライダーとかスーパー戦隊とか
ところでグシオン=サンにナドレのような真の姿があるとか言われているんですけど、本当にありそうだから困りますw
[ 2015/12/26 11:03 ] [ 編集 ]

Re: 百里と百錬を逆に覚えていた

ユウ様、コメントありがとうございます。

>作中でも言っていた通り、足が長い(航続距離が長い)=百里、と覚えるのが正解?

それもいいですが、やはり印象を強くするには実物に触れるのが一番だと思います。
さあ、ラフタちゃん大好きならプラモ買ってホラホラホラ。
どうでもいいですけど、脚といえばラフタの太腿もなかなか魅力的ですねぇ。

>そういえば、オカマつながりということで「凰連・ピエール・アルフォンゾがグシオンのパイロットだったら?」というSSもありました。

なんてこった! ハンマー二刀流させなきゃ!
一応凰蓮は従軍経験者なので、海賊組織であるブルワーズよりはギャラルホルンの方が似合ってるかも…?
[ 2015/12/26 11:10 ] [ 編集 ]

Re: ロボにハンマーと聞くと、ゴルディオンハンマーしか思い浮かばない自分は発想が貧弱ですかね?

七シン様、コメントありがとうございます。

>ロボにハンマーと聞くと、ゴルディオンハンマーしか思い浮かばない自分は発想が貧弱ですかね?

むしろロボットに強力なハンマーを装備させ、強い印象を残したコルディーマーグの残した功績が大きすぎると見ていいでしょう。

>ところでグシオン=サンにナドレのような真の姿があるとか言われているんですけど、本当にありそうだから困りますw

私としては微妙だと思います。ああゆうネタは一発ネタだと思いますので…
ナドレには「トライアルシステムという秘密兵器を備えている」「本来は別々の機体として隠匿しなければならない」という、
単なる装甲パージした軽量化版ではないという説明がなされていましたが、
ビーム兵器が発達しておらず、トンデモ兵器の類も殆ど見られない鉄血ワールドではそういった設定を求めるのは難があると思います。
ある意味、パージ形態になるのであればどんな設定が盛り込まれるか気になるところですが…
[ 2015/12/26 11:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1120-a2eb4164