今週のGO!プリンセスプリキュア 44話

GO!プリンセスプリキュア 第44話 『湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!』

プリプリep36 0

ワタシハウミ…
ってこのキャプ画1回使ったことがある気がするゾ
・視聴中の筆者の心境の流れ↓

( ´・ω・) < 今日も楽しく見るよ

( ´・ω・) <なるほど、予想通り今後進路に悩んでるわけだ…

( ´・ω・) < しかしびっくりするほどみなみの家業について触れられないな

( ´・ω・) < 戦闘始まったけど、弱体化してコントみたいだな

( ´・Д・) < あれ? なんか吹っ切れちゃった?

( ´゚Д゚) < なんかシメの話になっちゃった! これでオシマイなの!?

エンディングがスカーレットパートだということを確認

( ´・ω・) < なんだ… 前後回か…
そして案の定でした。

というわけで全体的にハラハラしながら見た44話でした。いやハラハラしてたのは後半部分でしたが。

自分はてっきり、「家業と自身の夢をどちらも理解した上で進路に迷っている」のかと思っていましたが、
本人はどうやら見て見ぬフリをしていたようです。そ、そうだったのか…

前後回の割には、主題とも言えるはずの「みなみの夢」に関してはびっくりするほどアッサリ答えが出てしまいました。
みなみにとっては家業も幼少期からの大切な夢であり、それを守りたいという意思はあったはずなのですが、殆ど顧みることもなく…
見方によっては家業の方が貶められたとも言えなくもないです。このスルーのされようは何なんだ。
36話での船上の式典でみなみが家業を継ぐ宣言をしたことは、はるか達も目の当たりにしたはずなのに…

「家業か夢か」という課題は創作品ではよく取り沙汰にされることもありますし、現実でも絶対にあり得ない展開ではありません。
大抵の創作品では家業の方は「周囲から無理強いされてる」と描写されることが多く、自身の心に素直になって夢を選ぶことがありますが、
みなみの場合は今までのエピソードで「家業を継ぐのは大切な夢」ときちんと描かれてきましたので… 無理強いされてるシーンも特に見当たりませんし。
何より今回すでに方針を定めてしまったことで、次回がクリスマスパーティということもあって物凄く消化試合臭い
やる内容にしたって「家族に夢を認めてもらってオシマイ」ぐらいしか考えられんのですが…
各エレメントの城を開放するという目的が視聴者には伝わっているので、不満が大きいとエピソード消化がどうにも作業的になってしまいます。

ついでに指摘すると、生徒会の仕事中に嘘ついて呼び出すのは流石に非常識じゃないでしょうか。仮にも子供向けアニメですぜ。
関連記事
スポンサーサイト

仰るように36話の重い引きからの続きと考えるとアッサリというか、みなみの一人相撲だったかのような落ちですね。
急に力を発揮できなくなったマーメイドは変身不能まで追い詰められたフローラと比べるとスケールダウンというか…
はるかもきららも夢に大きな障害が立ちはだかり超えるというドラマがありました。
対してみなみは「自分自身が壁」と言うことにしたのでしょうが…もう少しジレンマに苛まれる描写があれば…

一応次回のクリスマス回で両親に思いを打ち明ける様ですが予定調和に終わりそうですね、尺も少ないですから。
みなみが獣医という新たな夢をすんなり目指せるのはわたるお兄さんが居るからでしょうから。
彼が大怪我をするとか、突然ガンプラバトルに嵌るとか、体を吸血鬼に乗っ取られるとか、監獄学園に収監されるとか…
と、一波乱欲しい所なのですがw
[ 2015/12/13 20:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>一応次回のクリスマス回で両親に思いを打ち明ける様ですが予定調和に終わりそうですね、尺も少ないですから。

大変残念です。はるか回を見たときは「これが4人分あるのか!」とワクワクしたものですが、
せっかくのクリスマス回なのにいまいち見応えが欠けそうです。
まあそもそもはるか以外のキャラ回は悪い物ではないものの、良くも悪くも「順当」な内容でしたが…

>突然ガンプラバトルに嵌るとか

すーぱーみなみとか作り出したら治療しなきゃあきませんな…
[ 2015/12/13 22:25 ] [ 編集 ]

言われてみればそうですね…ならば、貴方はどんな展開を望むんですか?2話かけて悩んだ結果〜という展開ですか?それじゃああまりにもワンパターン。そういうのはきららでやったじゃん。今回はみなみが今まで気づけなかったことを、きららや周りの人が気づかせ、夢へとつなぐ。それを脚本は見せたかったはずです。でも、家族のことの夢も同時に大切なのでまだ、心の中に若干迷いは残っていると思いますよ。
[ 2015/12/14 20:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

のほのほぷろぶ様、コメントありがとうございます。

>2話かけて悩んだ結果〜という展開ですか?それじゃああまりにもワンパターン。そういうのはきららでやったじゃん。
その展開で結構です。前後回というメタ的な観点から見れば、「前編で出てきた課題点を後編で解決する」という方向性がベタだと考えています。
事実、はるかもきららもこの法則に則っており、どちらも「ダメージから立ち直る」というワンパターンな展開です。しかしどちらもきちんと差別化が図られています。
夢も性格も置かれている状況も、何もかもが異なっているみなみと他のキャラの話で差別化ができないとは思えないというのが、私の考えです。

>今回はみなみが今まで気づけなかったことを、きららや周りの人が気づかせ、夢へとつなぐ。それを脚本は見せたかったはずです。
その周囲の反応に関しても少々疑問に思っているのです。
記事にも書いたように、式典でみなみが家業を継ぐことをはるか達3人は目撃しています。
はるかときららは、11話で「家族の役に立ちたい(うろ覚え)」という意思の力でクローズを撃破していることも体験しています。
そうであるなら、みなみが「新しい夢ができた」という話を受けた際に、「でもみなみさん、家族の役に立ちたいって、幼い頃の夢なんじゃ…」と指摘しても良いと思います。
はるかは「プリンセスになるという幼い頃の夢」を今に至るまで守ってきているので、猶更スルーしたのが不自然でなりません。
尺の都合と指摘されたらもうそれまでなのですが。


>でも、家族のことの夢も同時に大切なのでまだ、心の中に若干迷いは残っていると思いますよ。

迷いとは、少し違うものだと思っています。少なくとも家業を継ぐ夢に関してはスッパリ断ち切っているのだと思います、
事実、劇中ではしっかりと「もう迷わない、私は自分の信じる道を進む」と断言していました。
今みなみが悩んでいるのは、「自分の夢と家業」の悩みではなく、「どうしたら家族を傷つけずに説得できるだろうか?」というものだと私は思っています。
[ 2015/12/14 21:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1125-689621d1


Go!プリンセスプリキュア 第44話「湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!」

Go!プリンセスプリキュアの第44話を見ました。 第44話 湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ! 海でイルカのティナ達と楽しく泳ぐ夢を見たみなみは今、自分が本当にやりたいことは何なのか思い悩んでいた。 そんなみなみの姿を見たきららは、一計を案じてみなみを緊急事態だと偽って呼び出す。 「緊急事態というのは嘘なのね。どういうつもり?」 「嘘じゃないよ、みなみんが悩んで...
[2015/12/13 22:16] URL MAGI☆の日記