超MOVIE大戦ジェネシス観に行った結果wwwwwwwwwwwww

IMG_1393_20151215230221c61.jpg

『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』を観に行ってきました。
あとついでにガンダムフロント東京で限定プラモのお買い物。
デルタガンダム2号機の在庫が残りわずかって聞いたからちょっと焦ってましたが、
普通に山積みされてて思わずズコーってなりました。新しく入荷できる分がもうなくなってるんでしょうけど。

以下、追記分が映画の感想になります。ネタバレしかしてないのでご注意。
結論から言えば、面白くなかったです。多分MOVIE大戦史上最低の作品
戦闘もギャグもストーリーも、何もかもが雑でした。
終始ダラダラとした進行で起伏もなく、それでいてキャラクターたちは脚本の都合と言わんばかりにスルスル動くので違和感バリバリです。

ネット上では「ギャグが面白かった」という意見もあるようですが、あくまでもこの映画はMOVIE大戦です。
私にとってのMOVIE大戦は、「過去と現在のヒーローがクロスオーバーして巨悪に挑む痛快ヒーロー劇!」という、まっすぐなヒーロー作品です。
それを「ギャグが面白かった」だなんて評価するのは、MOVIE大戦に対する的外れな評価でしかないと思います。製作側だってギャグがやりたくて撮ってるわけじゃないでしょう。
ギャグが見たいんじゃないんです。仮面ライダーが見たいんです。

以下、気になった点に関してツッコミを入れていきます。

◆予告の時点で提示された伏線

この手の映画のお約束として、予告映像では視聴者の気になるシーンをちょくちょく挿んできます。
今回の超MOVIE大戦ジェネシスだとこんな感じ↓

1.何故ベルトさんが10年前の世界にいるのか?
2.何故ロイミュード3幹部は生き返ったのか?
3.何故チェイスは生き返ったのか?
4.そもそも何故進ノ介とタケルは10年前の世界に迷い込んだのか?


本編で明かされた解答は以下の通りです。

1.バタフライ・エフェクト(過去の些細な変化のせいで、現在に大きな影響を及ぼしてしまうことの例え)
2.バタフライ・エ(ry
3.バタフ(ry
4.天空寺龍の仕業(ただし理由は不明)


我が目と耳を疑いました。
謎を盛り込むどころか、種も仕掛けも何も考えられてないんですもの。要するに脚本のご都合設定です。
「上層部から色々盛り込むよう指示されたけど、理由が思いつかなかったのでテキトーにしました」という脚本担当の心の声が聞こえてくるようでした。

「クロスオーバー作品である以上、ある程度整合性がとれないのは仕方ないのでは?」という意見もあるでしょうが、
過去のMOVIE大戦では、多少無理矢理でも設定との整合性を図ってきたのです。
MEGAMAXでアンクが復活したのも、天下分け目でコヨミが復活したのも、フルスロットルで斬月が再び変身を遂げたのも、曲りなりにもきちんと理由が示されていました。
理由も考えずに、単なるシナリオの都合で呼び出されるだけなんて、過去のMOVIE大戦の面汚しです。
(初代MOVIE大戦はディケイドそのものの出来栄えがアレなのでスルー)

◆ドライブ側の観点から見ると…?

脚本担当の林氏によれば、「劇場版の脚本を書いてる当時はドライブの終盤の脚本がまだ完成していなかった」とのこと。
そんな状態でドライブ放送後の話を書けば、当然矛盾が頻発します。というか、矛盾しかありません。

ドライブの本編最終話の時点で、ベルトさんもマッハドライバー炎もシフトカーも全てドライブピットの地下に封印されましたが、
本編では何の脈略もなく登場。それどころかハーレー博士が進ノ介用にマッハドライバー炎を新造してます。
そもそも進ノ介用マッハドライバー炎が出た時点では、ロイミュードはまだ出現報告すらされてないので作る必要がそもそもないのですが…
ちなみに進ノ介用マッハドライバー炎は最初に出たっきり、後の出番すらなければ誰も気にすることはありません。
ベルトさんはベルトさんで中盤は空気です。本編でもそんな感じでしたから、クリス・ペプラー氏のスケジュールが合わなかったのでしょうか。

ハート・ブレン・メディックの3人は先述した通り、何の脈略もなく登場。
それだけならまだいいものの、この3人は登場した理由すら不明。ロイミュードの大群を率いてやってきたかと思えばアジトに戻ってたり、
そもそも何のために大群率いてやってきたのか本編では明かされません。世界征服が目的なのであれば何も考えず暴れまわればいいと思うのですが。
結局3人は、進ノ介とタケルが過去を変えたことで存在が抹消されてしまいます。登場してから退場するまで特に台詞もなく、何の成果も残しません。

チェイスも同様です。突然何の脈略もなくゃってきたかと思えば、多少戦ってこちらも過去改変で退場します。
ちなみに戦闘時はステゴロでテキトーに戦うだけで、シンゴウアックスすら持たせてもらえませんでした。
どちらも単なる客寄せパンダとして呼ばれたとしか思えないぐらい酷い扱いでした。せっかく本人キャスト使ってるのに…

良かった点としては、タケルに対しての進ノ介に凄く先輩らしいオーラが漂っていたことです。
竹内氏が1年間ドライブを演じたことで演技力の方も身に付いてるのが分かりますし、
タケルと進ノ介は設定年齢上も、実際の年齢でも進ノ介(竹内氏)の方が年上なので、相応の貫禄さを感じました。
霧子との絡みも癖が少なかったので、ラストの締めくくりにも特に不満はないです。


◆ゴースト側の観点から見ると…?

こっちもこっちで酷いです。
先述した通り、脚本を書いてる段階ではゴーストは簡単な設定くらいしか出来上がってないはずです。当然、矛盾は生まれます。

ゴースト本編では、ゴースト自身はその名の通り幽霊であり、不知火もしくはクモランタンを使わなければ視認できないという設定でしたが、
どうやらこの頃は設定が練り切っていなかったらしく、ゴーストの身体は誰でも視認できるようです。
それだけならまだ許容できますが、問題は10年前の過去編。
ここでは何故か一般人であるはずのドライブが眼魔を視認できてしまってます。
一方現代に戻ると、不知火を使わなければ眼魔を視認できなくなっています。もちろん理由は明かされません。
ちなみにビリー・ザ・キッド魂が出てくるのでバットクロックがあることは分かりますが、クモランタンは登場しません。

マコト兄さんは不自然なまでに綺麗でした。多分、映画を作ってる時点では「口の悪い兄貴分」くらいの設定しかなかったのでしょう。それはそれでどうかと思いますが。
「ダブルヒーローのご帰還だな!」はライダー界屈指の迷言だと思います。

事実上のゲストキャラである天空寺龍はよく分からない存在でした。
西村氏の貫禄のある演技のおかげで存在感は確かにアピールできていましたが、事の発端であるワームホールの開通に関しては理由が不明です。
そもそも本編ではワームホールを危険視していたような気がするのですが。
ゴーストハンターとはいえ超常現象であるワームホールをいとも簡単に開通できるのにも疑問符が浮かびます。
多分、脚本の都合的に時空移動させられる人物がいなかったからお父さんに白羽の矢が立ったんでしょうけど。

タケルとお父さんの絆に関しては特に言うこともないです。取り立てて酷いとも思わなければ、特別良いという印象もないです。


◆全体的なストーリー

全体の流れとしては、レオナルド・ダ・ヴィンチの眼魔が過去時代にアカリを通じて出現し、
ラファエロとミケランジェロの眼魔を従えて何かの目的の為に動いている…とのことでした。

肝心の目的なのですが、話を聞く限りでは「タケルの持っている眼魂を狙っていた」そうです。
(厳密に言えば、15個の眼魂を揃える為にタケルの眼魂を狙っていた)
その為に10年間待ってたんですって。流石世紀の大天才は違うな!

過去の眼魔やゴーストハンターの設定が良く分かりませんが、10年も待つくらいなら手当たり次第眼魔の媒体となる人物を探して眼魂を生成する方が楽に決まってます。
そもそも10年前の時点で18歳のタケルに出会ってるのですから、その時に戦って眼魂を奪えばいいだけの話です。
やってるスケールの割りに、あまりに行動理由がテキトーすぎて萎えました。逆転裁判4の最終話をやり終えたかのような気持ちです。


◆バトルについて

ラストに控えていた特大CGのバトルは確かに迫力がありました。
言い換えれば、ラストのCGに金を使いすぎたために、他のバトルが割を食らってしまった気がします。

ドライブは過去編にて、ベルトさんがまだ完成版じゃなかった(?)せいか、ゼロドライブという仮の姿に変身しました。
が、はっきり言ってタイプスピードと外見が殆ど変らなければ戦闘スタイルも大して差別化されてませんし、
何よりさほど長い時間戦ってない(ちょっと小突いたらライダーキックしておしまい)ので、特に印象に残ってません。
ちなみに使用したシフトカーは黒いシフトスピードのようなものでしたが、出自は全くの謎です。
ゴーストも得意のゴーストチェンジは殆ど行わず、やったのはムサシ魂、ビリー・ザ・キッド魂、トウサン魂(闘魂ブースト魂)の3つだけです。

スペクター・マッハ・チェイサーの活躍に関しては最早論外なんとこの3人、まともに敵を倒してません!
スペクターとマッハはロイミュードの大群と交戦したかと思えば数秒映っただけでいつの間にか撤退してるし、
ロイミュードのアジトに潜入した際はチェイサーも加勢しましたが、やったことは眼魔コマンド相手にステゴロで戦うだけ、
ハート・ブレン・メディックの3人とダヴィンチ眼魔には手も足も出せないという噛ませっぷりでした。
最終的にロイミュード幹部の3人は過去改変で消滅してしまったため、スペクター達3人にはマジでいいところがありませんでした。
最終決戦ではノブナガ魂とデッドヒートマッハで戦ってましたが、別に大した戦績き上げていませんでした。
巨大CGバトルでは空気扱いでした。

御成・アカリ・霧子・ゲンさん・りんなのバトルに関しては蛇足に感じました。
あれ映すくらいならライダーのバトルに重点を置いて欲しいです。本編では何ら戦ったことのない御成やアカリに暴れられても薄ら寒いだけです。

◆片岡鶴太郎氏と竹中直人氏のモノマネコントについて

論外です。 他所の映画でやってください。


◆総評

脚本や演出の不出来さは、過去作品と比べても歴然です。
ですがそれ以上に、この映画を作るにあたって下地となる材料が全く揃ってないことに最大の疑問を感じました。

先述したように、脚本担当の林氏に仕事を頼んだ当時は、ドライブは終盤の脚本が未完成で、ゴーストは撮影すら始まってない時期です。
あるのは中途半端に消化されたドライブの設定と、殆ど設定の固まってないゴーストという企画だけ。
そんな状況でライダー作品初登板の方に脚本を任せるなんて、正気の沙汰じゃないですよ
今回の映画でゴーストの設定が練り固まってないことは明らかです。いかに見切り発車だったのかがよく分かります。
材料が致命的に足りてないのに、パート構成をカットして1つの映画にするという新しい試みを取り入れるなんて、失敗して当然です。

春のオールライダー映画の質が例年悪くなっている中、MOVIE大戦だけは安定したクオリティを保っていると安心して視聴していたのですが(申し訳ないが天下分け目はNG)、
ハッキリ言って今回の映画は春のオールライダークラスに出来栄えが悪化してます。
今後こんなクオリティのMOVIE大戦は出してほしくないです。
見切り発車するのではなく、もう少し設定や時期を吟味してから製作に取り掛かるべきではないのでしょうか。
(それはゴースト本編にも言えることなのですが… 販促ってつくづく邪魔にしかなりませんな。)

できることなら、この映画をバタフライ・エフェクトとして誰か過去を改変してなかったことにしてくれないかな…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/15 23:03 ] 仮面ライダーゴースト | TB(0) | CM(10)

仮面ライダー純の出てきた意味って何かありましたっけ(本編と今作含めて)

このシリーズの中で自分の中で今一だと思った作品はMOVIE大戦COREだったんですけど、まさかそれ以下が出てくるとは…
前作に登場したバロンなんてはっきり言って今作のチェイスより出番は少なかったのに、割と優遇されていた印象はあったと思います。
ただタケルは本編よりもわかりやすく共感できるキャラになっていたと思います。
それとゴーストとドライブが本編では知り合っている設定が全然なかったことにされているのが驚きでした。
後ネクロムが前作のマッハより出てこなくてがっかりでした
[ 2015/12/16 14:38 ] [ 編集 ]

失望した
プリキュアの映画観てきます
[ 2015/12/17 00:33 ] [ 編集 ]

Re: 仮面ライダー純の出てきた意味って何かありましたっけ(本編と今作含めて)

七シン様、コメントありがとうございます。

>仮面ライダー純の出てきた意味って何かありましたっけ(本編と今作含めて)

ないです(キッパリ

>このシリーズの中で自分の中で今一だと思った作品はMOVIE大戦COREだったんですけど、まさかそれ以下が出てくるとは…

COREはスカル編が特に秀でてましたね… パート構成にしていたのが功を制したと言いますか。
今回はパート制を全て破棄してしまったので、最後までいいとこなしだったです。

>ただタケルは本編よりもわかりやすく共感できるキャラになっていたと思います。

父親がいずれ死んでしまうと分かっているからでしょうかね。
個人的にはテレビ版での理解が深まってないので、あまり感情移入はできませんでした。

>それとゴーストとドライブが本編では知り合っている設定が全然なかったことにされているのが驚きでした。

これはもう、映画そのものが本編とは切り離されたパラレルものだと割り切る他ないでしょう。
もしテレビ版にトウサン魂とか出てきたら絶句しますが…

>後ネクロムが前作のマッハより出てこなくてがっかりでした

先駆けライダーですし、しゃーないと思います。
[ 2015/12/17 22:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

パンプルル様、コメントありがとうございます。

プリキュアの映画は面白いのですかね。3部構成故に尺がキツキツという話を聞きましたが。
[ 2015/12/17 23:08 ] [ 編集 ]

評価点はポストカードぐらいかな(笑)

よくライダー映画の中でも底辺と言われるNEXTや大ショッカー、GSLあたりでもそこそこ楽しめた僕がここまでつまらないと感じるのは逆にすごい…この手の映画は上映中や上映後に子供が騒ぐのが恒例だがうちの見た劇場はそういうの一切なかったなぁ…
というか設定が練り込まれてないはずのゴースト側よりドライブ側の方が違和感感じる構成なのはどうかと…いや僕がゴーストに乗り切れてないのが問題なのかもしれませんが…
とりあえずこれがドライブのラストラップだと思うとほんとやるせないです。今までフルスロットルで飛ばしてたのに最後は徒歩でノロノロって感じで……はぁ
[ 2015/12/19 04:17 ] [ 編集 ]

Re: 評価点はポストカードぐらいかな(笑)

DAYC様、コメントありがとうございます。

仰るようにドライブの違和感が凄まじかったと思います。だいた最終回と繋がってるとは思えない杜撰っぷりですし。
終盤の展開が不明慮のまま後日談のエピソードを書くなんて前代未聞です。
いくら販促などの予定が詰まっているとはいえ、その辺のスケジュールはきちんと整えてほしいですね。
[ 2015/12/19 15:27 ] [ 編集 ]

すごくどうでもいいですが

シラクラ大聖堂は結構ウケましたwww
[ 2015/12/21 17:44 ] [ 編集 ]

Re: すごくどうでもいいですが

七シン様、コメントありがとうございます。

白倉さんネタは… 何と言いますか、特に感想はないですね。
そういう小ネタを盛り込むくらいなら、もっとやるべきことがあるだろう、と言いたくなります。
[ 2015/12/22 00:51 ] [ 編集 ]

スタッフが知らなかったがために存在消滅した映画玩具があるようで……

MOVIE大戦は昨年の鎧武×ドライブが実質初めてでしたが、その時は個人的に楽しめました。
今回もそうだろうと期待して先週の月曜日に行く予定でしたが(ユナイテッドシネマのメンズデーで1100円になるので)、
家族で使ってる愛車の点検があったのでまた来週とその日は我慢しました。
行けなくて良かったと思ってます。
浮いた1100円で玩具買う事にしました……が、いつもなら出るはずなのに今年は映画アイテムが出ていません……。

>御成・アカリ・霧子・ゲンさん・りんなのバトルに関しては蛇足に感じました。
バトル映えしそうな御成や霧子はともかく後の3人が蛇足なのは同意だと思います。
ライダーの武器を使っていれば多少の販促にはなると思いますけど。

>できることなら、この映画をバタフライ・エフェクトとして誰か過去を改変してなかったことにしてくれないかな…
いつもならブラックジョークとして笑えますが(失礼)、今回はその方がいいと思っています。
(主に映画アイテム登場的な意味で)
映画にダヴィンチが登場してるのでダヴィンチゴーストアイコンは出せそうですね。
あとドライブと共闘してるのでドライブゴーストアイコンもアリだと思います。

バタフライ・エフェクトで映画用アイテムが発売されたらいいなぁ……。
[ 2015/12/22 12:13 ] [ 編集 ]

Re: スタッフが知らなかったがために存在消滅した映画玩具があるようで……

宮藤椿様、コメントありがとうございます。

もし視聴するのであれば映画館で見るのはオススメできません。(費用的に)
DVDレンタルが開始してセールの時とか、思い切って旧作になるのを待って思い出した時に見るのがベタだと思います。
それくらい、ライダー好きとしては人様に勧められるような作品ではないことを宣言できます。
珍しいもの見たさであるのならば拒否はしませんが…

>バトル映えしそうな御成や霧子はともかく後の3人が蛇足なのは同意だと思います。
私としては御成も霧子も蛇足だと感じました。
まず御成は劇中で戦ってすらいません。基本的にコソコソしてゴーストの戦いを見守っているだけです。
実際に映像を見れば分かるのですが、ゴーストハンターばりの謎の力を使って敵を蹴散らしてますw それができるなら本編でやってほしいです。
霧子はドライブ本編でもどちらかと言えばメソメソしていた印象が強いので、こちらもあまり好意的には見れません。
一応、対ロイミュード用装備とかあったはずなんですけどね…

>バタフライ・エフェクトで映画用アイテムが発売されたらいいなぁ……。
一応、販売はされていますよ。ただしプレバン限定です↓
http://p-bandai.jp/gashadepa/item-1000100925/
プレバン限定ですから商品の造形などはこだわっているのでしょうが、
ゴーストドライバーと連動できないうえに、何よりべらぼうに高い価格設定です。
ファンアイテムとしても、映画事体の出来栄えがアレなので、私としては食指がピクリとも動きません。
ご購入の際は、くれぐれもお財布と要相談を…
[ 2015/12/22 14:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1127-04e1c08b