HGUC 1/144 キュベレイ レビュー

DSC09151.jpg
HGUC 1/144 キュベレイ
メーカー小売価格:1944円

正直、HGUCのナンバリング的にガンキャノンの次はギャンなんだから、
キュベレイとギャンの順番を逆にしてほしかったよ…

というわけで、HGUC 1/144 キュベレイをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。

【12/19 追記】
写真を追加。

・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

DSC09152.jpg
AMX-004 キュベレイ

小惑星アクシズに逃げ延びたジオン公国軍残党(ネオ・ジオン軍)が、一年戦争時のNT専用モビルアーマー(MA)「エルメス」の発展機として開発した機体。
グリプス戦役以前より開発が行われたとされ、MSに搭載可能なサイズにまで小型化されたサイコミュ機器を搭載し、
同じくエルメスのビットを小型化した遠隔誘導攻撃端末「ファンネル」の運用を可能とした。
さらに、機体制御自体もサイコミュを通じて行うことができる。
仕様上のファンネル搭載数は10基とされているが、実戦ではそれを超える数のファンネルを使用しており、
正確な搭載数は明らかになっていない。エルメスの持つ12機のビットは、それ自体がモノアイや核融合炉を搭載し継戦能力に富んでいたが、
ファンネルは小型化の代償にこれらを省略しているため、定期的に母機のファンネル・コンテナに収容してエネルギーの再充填を行う必要がある。
ただし、動作精度はサイコミュ技術の発展により向上している。


ハマーンの強さと妖艶さの象徴でもあるキュベレイがHG-REVIEにて復活。
旧版はHGUCブランド第4弾というスーパー古参キットであり、REVIVE版に期待していた方も多いかと思います。
果たしてその出来栄えや如何に。


-Design-


DSC09153.jpg

DSC09154.jpg
フロント&リアビュー。
最初見たときは「キュベレイってこんなのだったっけ?」という違和感が。主に頭が小さいのと手足が長いのが原因か。前腕もデカい。
どちらかと言えばキュベレイって丸っこいイメージがあるのですが、こちらは標準的なMS体系に近づいてると思います。
好みが分かれそうですが、REVIVE版特有の「これはこれでOK」的な感じはしなくもない。


DSC09155.jpg
で、その肝心の頭。ちょっと横幅足りてない気がするゾ。
ツインアイの部分はピンクのものとグリーンのもののシールが付属しますが、今回はピンクのものを選択。


DSC09157.jpg
お下げ頭も忠実に再現。


DSC09158.jpg
胸部。旧版と同等の色分け。


DSC09213.jpg
コクピット部は差し替え無しで開閉可能。


DSC09167.jpg
背面にはエルメス2の文字が彫られてます。


DSC09159.jpg

DSC09160.jpg
両バインダー。ピンクのストライプ模様も、青丸の模様も全て色分けされています。
肩に近い部分の水滴模様の部分はホイルシール。


DSC09161.jpg
内部はこんな感じ。本当は裏側もピンク色のばすですが、流石に色分けはされず。


DSC09162.jpg
ちなみにバインダーを取り払うと肩はこんな感じ。スベスベでモールド無し。


DSC09166.jpg
腕。前腕部がデカいというか、少し長すぎる気がします。


DSC09164.jpg
前腕部内部の色分けはきっちりパーツ分けされてます。


DSC09165.jpg
サーベル柄もちゃんと内臓。


DSC09168.jpg
フロントアーマー。ピンクのストライプはちゃんと色分けされてます。


DSC09169.jpg
リアアーマー。同上。


DSC09170.jpg
裏側にはちゃんとファンネルが10基搭載。


DSC09209.jpg
全て取り出し可能ですが、単体ではディスプレイに関しては考慮されてない模様。
後述プレバンでエフェクトが発売されるそうです。


DSC09171.jpg
太腿横の青い模様もきちんと色分け。


DSC09172.jpg

DSC09173.jpg
太腿のストライプ模様、裏側の紫色の部分もきちんと色分けされています。


DSC09174.jpg
またHGでは珍しく、足裏は肉抜きされていません。これは朗報。
ただし踵の部分は色分けされてないので注意。


-Movable-


DSC09175.jpg
首は後ろに大きく引き出すことができます。
この状態であれば左右にある程度振ることも可能。


DSC09176.jpg
腕はライトニングZよろしく、丸軸接続なので回転が可能。


DSC09211.jpg
肘は前腕部の軸を引き延ばすことでこれくらいまで曲げられます。


DSC09178.jpg
肩は90度ちょい。REVIVIE版お馴染みの肩上げジョイントも搭載。


DSC09187.jpg
平手マニピュレーターは親指・4本指・手首の部分がそれぞれ自立して可動。


DSC09181.jpg
引き出し機構はボールジョイントの範囲内まで。
もっともキュベレイとは無縁な感じがしなくもない。


DSC09179.jpg

DSC09180.jpg
お馴染みの前後可動は、今回は後ろ側に大きく引き出せるように。


DSC09212.jpg
腰自体も余裕の一回転。


DSC09182.jpg
膝アーマーが自立可動するので、立ち膝姿勢も可能。


DSC09183.jpg
開脚はこの程度。接地性は微妙ですが、元々宇宙で戦ってた機体なのでそんな気にしないかも。


DSC09184.jpg
つま先は自立して可動。


DSC09185.jpg

DSC09186.jpg
バインダーは2つの可動軸が仕込まれており、
前後に開くことも、上下に倒すことも可能。自由度は非常に高いです。

総じて可動面は非常に優秀。純粋に旧版の上位互換と言えるでしょう。


-Items-


DSC09188.jpg
付属品。…と呼べるものはサーベル刃と手首のみ。


DSC09198.jpg
ビームサーベル。柄は前腕部から取り寄せ。
サーベル刃は恒例のSB-13ランナーのものですが、クリアイエローのものが付属するのは多分初めて。


-Bundodo!!-


DSC09189.jpg
死にに来たか、俗物が!


DSC09190.jpg
バインダーの自由度は凄いですね。正直動きすぎて閉じさせるのが大変くらいです。


DSC09191.jpg
撮っておいてアレですが、何させたかったんだろう、このポーズ。


DSC09208.jpg
ファンネル展開! 満足にディスプレイできるジョイントパーツが欲しい…


DSC09193.jpg
ビームガン発射。俗物め!


DSC09195.jpg
平手の表現度は凄いですが、はっきり言って劇中の出力だとマニピュレーターが焼けそうである。


DSC09197.jpg
書いてて思いましたが、バインダー内部は肩を上げるときとかに頻繁に露出するので、意外と目立ちますね。


DSC09199.jpg
サーベル抜刀。保持する腕側のサーベル柄を浮かせてから握るので、地上だと使い辛そう…


DSC09203.jpg
保持自体は前腕部にロックをかける為のダボがいい感じにはまってくれるので、柄を落とす心配は無し。


DSC09202.jpg
恥を知れ、俗物! 切り払う姿は力強くも美しい。


DSC09204.jpg
RGゼータと。久々に持ち出したせいか、凄く動かし辛い…


DSC09207.jpg
ゼータも百式も、REVIVE予定は現段階ではナシ。
早いとこ立体化して、同ブランド同士で絡ませたいものです。


DSC09210.jpg
以上、HGUC 1/144 キュベレイのレビューでした。



◆評価点
・優秀な可動&色分け
・貴重なSB-13クリアイエロービーム刃


◆不満点
・好みが分かれそうなプロポーション
・大型ビームサーベル未付属


総合オススメ度:★★★★☆

色分けは非常に優秀で、可動もよく練りこまれており、キットとしての完成度はよくできていると思います。
少々歪に感じたプロポーションですが、動かしてみると長めの手足が可動とよく噛み合って意外と映えてくるような。
何よりバインダーがよく動いてくれるので、キュベレイとしての遊び勝手は凄くいいと思います。
ただ素立ちさせるとね、うん… 小さい頭と長い手足がどうにも邪魔になってる印象が拭えない…
ガシガシ動かして遊びたい方ならオススメできる一品です。
プロポーションが気に入らないという方も、動かしているうちにもしかしたら慣れてくる…かも?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/18 15:39 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(10)

ファンネルのディスプレイについては先月のEXPOにてプレバンでの販売が発表されてますよ。
ついでにプルツ―機も。
あと肘の可動は軸が長めで引き出せるのでそれでもっと曲げられます。
[ 2015/12/18 16:00 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

ご指摘ありがとうございます。
EXPOではMk-IIに気をとられていてエフェクトのことを失念しておりました…
[ 2015/12/18 16:11 ] [ 編集 ]

レビュー乙です。いいキットらしいですね。僕も作りたいです。僕はまだ作ってないですが、他所様のレビュー(作ってないのにすいません…)コックピットハッチは開くと書いてあった気がします。
[ 2015/12/18 16:49 ] [ 編集 ]

ああっハマーン様!!

ナンバリングの件は今年のゼータ30周年に間に合わせたんだと思いますよ。来年にはダブルゼータ30周年に合わせたかのようにプルツー機出ますし。プル機は出ますよね?(笑)


大型サーベルの件は本当にガッカリしましたわ。今回もですがリバイヴシリーズって付属武器が毎回残念ですね。78のコアファイター削除、マークIIのライフルトリガーガード削除にフリーダムの盾が腕マウント不可と。詰めが甘い気がします…。
[ 2015/12/18 21:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ムーソ様、コメントありがとうございます。

>コックピットハッチは開くと書いてあった気がします。

ご指摘ありがとうございます。いつも詰めが甘くてすいません。
[ 2015/12/19 15:20 ] [ 編集 ]

Re: ああっハマーン様!!

Raynex様、コメントありがとうございます。

>大型サーベルの件は本当にガッカリしましたわ。今回もですがリバイヴシリーズって付属武器が毎回残念ですね。

今回のキュベレイは、付属品の少なさが功を制したところはあると思います。
手持ちライフルとかあったら多分色分とかされてなかったでしょうね。
グフやフォースインパルスは大丈夫でしょうか…
[ 2015/12/19 15:24 ] [ 編集 ]

大型ビームサーベルなんてあったっけと調べたら劇場版での追加装備だったんですね。劇場版は未視聴なのでそりゃ知らないわけだ。
再現したことがあるのはHCMproだけとかで、立体物的には標準装備の認識ではないのかも。
[ 2015/12/20 00:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KW様、コメントありがとうございます。

確かに認知度は高いとは言えないでしょうね。
劇場版限定武装だとZのシールド内ランチャーがRGにて実装されていたので、もしかしら… と思っていたのですが。
RGとHGの差だと言ってしまえばそれまでなのですが。
[ 2015/12/20 09:02 ] [ 編集 ]

直立ポーズを見たときは無いわーと思ってましたがポーズ取らせるとアレ、旧HGより良いんじゃね?と思いました。
[ 2015/12/21 09:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みかづき様、コメントありがとうございます。

ご指摘の通り、HG-REVIVEというジャンルは可動重視の設計をしているようです。
旧版とは比べ物にならないほど可動域は良くなってますし、実際動かしてて楽しかったです。
プラモのコンセプトが変わるのであれば、ユーザーの目線も変わるべきなのかもしれません。
難しいことだとは思いますが… 特にガンダムにおいては…
[ 2015/12/22 00:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1130-47c82636