今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 12話

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』

鉄血ep12 0

鉄血ep12 1


あぐらで空中浮遊するのはマズいですよ!
予告あらすじから何らかの犠牲者がでることが予想されましたが、
幸いにも鉄華団及びテイワズ側の名有りキャラの犠牲者の発生は免れたようです。
その代わり、昭弘にとっては他の誰よりも大きな大きな犠牲を生み出してしまったようです…

生き別れてしまったアルトランド兄弟。
鉄華団の中で家族の温かさを取り戻した昭弘とは裏腹に、昌弘は悲惨なブルワーズの環境に揉まれ、あらゆる意味で人間をやめてしまった模様。
昭弘が鉄華団で家族さながらの仲を築いていることが最終的なトリガーとなり、昌弘を裏切ってしまうことになるとは。
彼も心の奥底では家族の温かみに飢えていたんでしょうが、自分を救ってくれるはずの兄貴が実の家族を放って楽しい思いをしてることを知って、生きる希望を見失ったのでしょうか。
昌弘は陰鬱なヒューマンデブリの運命から逃れることはできませんでした… 悲しいなぁ。
昭弘にとっちゃ人生最大のトラウマだろうなぁ、こりゃ。

とはいえ昭弘だってヒューマデブリとして生きることに精一杯だったし、決して楽していたわけではありません。それは我々視聴者にも伝わっているはずです。
前回も言いましたが、ぶっちゃけ鉄華団の運が良すぎたんだよなぁ…
人生は配られたカードでやりくりしなきゃイカンという意見もありますが、アルトランドの兄弟は互いのカードの質が段違いすぎである。
2人とも恨めません。ヒューマンデブリと言う名の世界の歪みを呪うほかありません。

ちなみに鉄華団に所属している名有りヒューマンデブリのうち、
昭弘は言わずともグレイズ改のパイロット。チャドはブリッジのオペレーターであり、ダンテはハッキングもできるというかなりの技巧派。
はっきり言って並の人間よりスキルが秀でてると思います。これも鉄華団の運が良すぎる所以か…

何やかんやでヒューマン・デブリ達のマン・ロディは殆ど撃破されてしまったみたいです。
どうでもいいけど三日月、昌弘を救うのを手伝う台詞を言ってながら、いざ戦闘になったら手当たり次第マン・ロディを撃破しすぎである。一応正当防衛だけどさ…
ブルワーズには虎の子であるグシオンくらいしか残されていないように思えますが、さてどうなるか…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/20 18:12 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(2) | CM(12)

まさかその写真がこんなところにでるとはwwwwwww

確かに運が良すぎると思います。
以前の火星外でのギャラルホルンとの戦闘やタービンズとのいざこざに比べると鉄華団側にも被害は出てますが、あまり悲壮に描かれてないんですね、第一話のダンジやクランク二尉(後コーラル総司令)もそうなんですけどこの作品って死がかなりドライに描かれていますね。
ところで撃破したマン・ロディってグレイズ改みたいに回収されて利用されるんですかね。
昭弘からすれば気分がいいものじゃないんでしょうけど
[ 2015/12/20 18:26 ] [ 編集 ]

Re: まさかその写真がこんなところにでるとはwwwwwww

七シン様、コメントありがとうございます。

>第一話のダンジやクランク二尉(後コーラル総司令)もそうなんですけどこの作品って死がかなりドライに描かれていますね。

確かにみんなアッサリ死んじゃってますね。
一応ガンダムというのは戦争を描く話ですし(今作はまだそんな規模に達してませんが)、一人ひとりに構ってる時間もそうそうないでしょう。
仰る通り今のところ大きな被害を受けていない鉄華団ですが、今後大きな戦闘に挑んでいくとなると流石に不安になってきます。
団長のオルガはまだまだ未熟な点がありますが、どこまで団員の死を背負っていけるのでしょうかね。


>ところで撃破したマン・ロディってグレイズ改みたいに回収されて利用されるんですかね。

残骸の破損が結構酷いので、再利用は難しいのではないでしょうか。
何よりフレームの大きさとかかなり違うと思うので、流用できるかどうかも…
パーツを分解して業者に売り払うのが1番の落としどころじゃないでしょうか。
[ 2015/12/20 18:57 ] [ 編集 ]

※手当たり次第にマン・ロディを撃破~
見た感じ、三日月達はどのマン・ロディに昌弘が乗っているかを把握してるっぽいんですよね。
恐らく、機体のエイハブリアクターの固有パターンで判別してるんじゃないかと。

1/100……。メイス……。
[ 2015/12/20 18:59 ] [ 編集 ]

戦闘シーンの描写はいいですね。
また今までのガンダムに比べて頭脳戦を展開しているという感じが強いですね。
後、今までのガンダムに比べて食事シーンが多いですね。
ブルワーズの少年兵と鉄華団の差に涙が・・・・
[ 2015/12/20 19:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます。

>恐らく、機体のエイハブリアクターの固有パターンで判別してるんじゃないかと。

なるほど、エイハブ・リアクターから判別する手がありましたか。
量産機のマン・ロディでも一機一機違うんですかね。似通った周波数とかがあったら判別が大変そう… とか勝手に妄想してみたり。
そして違うと分かったや否や容赦なく撲殺を試みる三日月、流石ですね…

>1/100……。メイス……。

アナハイム静岡にはHGストフリしか作れないような呪いを届けなければ…
[ 2015/12/20 20:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>また今までのガンダムに比べて頭脳戦を展開しているという感じが強いですね。

ライフルが決定打にならず、確実に仕留めるには敵に近づいて打撃武器を使わなければいけませんからね。
ただし一度敵に有効打を与えればほぼ確実に敵は死にます。思慮深く、かつ大胆といったところでしょうか。

>後、今までのガンダムに比べて食事シーンが多いですね。

ヒロインが炊事係ですからねw

ブルワーズの少年兵と鉄華団の差に涙が・・・・
彼らには、鉄華団には起こった変化が起きませんでした…
何かの巡り合わせでブルワーズのヒューマンデブリの人たちもCGSに入っていたら… …と妄想しても仕方ありませんな…
[ 2015/12/20 22:23 ] [ 編集 ]

まさひろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

メイス「おい撮影はオールアップじゃなかったか!バンダイはこれからHGストフリしか作れないぞどうしてくれるんだよおおおお!」

ハンマーヘッドやっばりこういう使い方か(とあるトロンベ戦艦見ながら
今回のクタン参型はバルバトスとリングしたみたいけど、分離したあとはオートパイロット?

昌弘は「自分や親を『捨てた』昭弘と一緒に『人間らしい生き方をする』ぐらいなら死んだほうがましだ」って考えたのか、その結果は兄貴を無意識に助けたのか
[ 2015/12/21 17:55 ] [ 編集 ]

ゼノグラ(監督 長井龍雪)がスパロボ参戦とはたまげたなぁ

奇しくもサンダーボルト同様にデブリ宙域での戦いになりましたが。
こちらは『ヒューマンデブリ』と蔑まれるアルトランド兄弟を象徴する悲劇が待ってました。
ここ数話「家族」というキーワードの下、甘い一時を過ごしていた昭弘でしたが。
この言葉は弟の昌弘に対しては禁句でした、彼の最期は兄を助ける為の自己犠牲ではなく、拒絶であり。
ヒューマンデブリの末路を昭弘に見せつける「復讐」とも見て取れます。

仰るように「世界の歪み」を正さなければこの様な理不尽が永遠に続く事は現実でも同じです。
クーデリアを地球に送り届けて総てが解決する世界観でもないでしょうから、今後の展開と鉄華団の行く末はどうなる事か?
ブルワーズに情報が筒抜けなのは明らかに内通者が居るからなのですが…
フミタンはクーデリアから貰ったプレゼントを身に着けず、しかし目の付く所には置いていました(意味深)

所でクーデリアとフミタンの中の人、「ドキドキ プリキュア」のラケルとダビィですねw
[ 2015/12/21 19:48 ] [ 編集 ]

いつも一歩踏み込んだ感想を楽しみに見させてもらっています。

三日月もエイハブウェーブがどうこうと言っていたのでマンロディの個体識別はエイハブリアクターから出来るみたいですね。

今回メイスを持ちだした理由はてっきり対グシオン用と思っていたので肩透かしを食らった気分です。
前回刀が弾かれたから打撃でいくのかーとわくわくしてたらマンロディに刺してそのまま捨てちゃうんだもの…
次回予告じゃ普通に腕の装甲斬ってたのでだったら(1/100の販促でも兼ねて)刀オンリーで良かったんじゃねとか思いました。
[ 2015/12/22 00:46 ] [ 編集 ]

Re: まさひろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

S様、コメントありがとうございます。

>メイス「おい撮影はオールアップじゃなかったか!バンダイはこれからHGストフリしか作れないぞどうしてくれるんだよおおおお!」

実は材質が変わっているので、正確にはメイスじゃありません。…とか言い訳したりして。

>今回のクタン参型はバルバトスとリングしたみたいけど、分離したあとはオートパイロット?

どうなんでしょうね… キットの取説によれば、格納時にパイロットからの遠隔操作を受け付けるらしいので、
バルバトスを収納した時は三日月側から指示したんだと思います。パージした後は多分回収待ちかと…

>昌弘は「自分や親を『捨てた』昭弘と一緒に『人間らしい生き方をする』ぐらいなら死んだほうがましだ」って考えたのか、その結果は兄貴を無意識に助けたのか

これは視聴者の判断に委ねられるかと。
最後の最後で昭弘を手放したのは最後の良心とは言えなくないですが、意図して自分の死に様を見せつけるなんて尋常ではないです。
1つ言えることは、ブルワーズの中に放り込まれた彼は人間に戻ることができなかったということでしょうな。
[ 2015/12/22 01:03 ] [ 編集 ]

Re: ゼノグラ(監督 長井龍雪)がスパロボ参戦とはたまげたなぁ

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>彼の最期は兄を助ける為の自己犠牲ではなく、拒絶であり。
ヒューマンデブリの末路を昭弘に見せつける「復讐」とも見て取れます。

実の兄弟にこんなトラウマを植えつけさせるとは、尋常な覚悟ではないですね。「あんたなんかと一緒に死にたくない」といったところでしょうか。
如何に昌弘がブルワーズ内部でヒューマンデブリとして悲惨な目に遭ってきたかが目に浮かぶようです。
昭弘はCGS時代でもガチムチな体格を維持していた一方で、昌弘なんてヒョロガリですもんね。(生まれつきの体格もあるでしょうが…)

>ブルワーズに情報が筒抜けなのは明らかに内通者が居るからなのですが…

そこで気になるのですが、もし本気でクーデリアをギャラルホルンに引き渡したいのであれば、
今回の鉄華団の作戦もブルワーズに流しているはずなのです。(フミタンとか横で作戦ガンガン聞いてましたし)
今回は内通者の特定がされることを恐れて、ブルワーズに情報を流すことを避けたのでしょうか? いまいち積極性に欠ける内通者ですね…
それとは他に何か目的でもあるのでしょうか。
[ 2015/12/22 01:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みみみ様、コメントありがとうございます。

>今回メイスを持ちだした理由はてっきり対グシオン用と思っていたので肩透かしを食らった気分です。

アニメ映像を見た限りでは、バルバトスの使っていた太刀はHGクタン参型に付属していた、柄が新造された太刀でした。
解説によれば「運動エネルギーを損なわないよう設計された=火力が少なからずアップしている」ということらしいので、
「新しい武器を試してみるか!」みたいな感覚で三日月は使用を試したのかもしれません。
彼、歳星に行った時に初めて見た漢字文化に興味を持っていましたので、同じ感覚で新たな武器である太刀にも同じ気持ちを抱いてるのかもしれません。
そういう部分だけは年相応な(?)少年なんですよねぇ…
[ 2015/12/22 01:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1134-2c562c50


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #12「暗礁」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第12話を見ました。 #12 暗礁 「ブルワーズの船はまだ見つからねえのか?」 「うちで一番足の長い百里で何度も哨戒してるけど、影も形も見えないね」 「一方的に捕捉されているってことですか?」 ブルワーズのMSパイロットの中に昭弘の生き別れの弟・昌弘がいることを知った三日月とオルガは 昌弘を取り戻すべく、ブルワーズに立ち向かう...
[2015/12/20 21:00] URL MAGI☆の日記

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.11.15バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング: 85Amazon.co.jpで詳細を見る  (ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。  もう今週は、これ(↑)に尽きる、ただそれだけです(涙)  それに伴い鉄血の...
[2015/12/21 18:57] URL 新・00をひとりごつ