今週の仮面ライダーゴースト 13話

仮面ライダーゴースト 第13話 『豪快!自由な男!』

ゴーストep13 0

トッキュウジャーVSキョウリュウジャーのラストの尻切れトンボみたいな終わり方が凄かった(こなみ)
尺の都合仕方ないとはいえ、ああゆう映画モノを地上波で流すのは一長一短だなぁ。
「新たなステージに突入!」と銘打たれた13話目。
その名に恥じぬ、1クール目とは全く異なる方向性で進められたお話でした。

依頼人からの頼みで騒ぎを起こす(だいたい偉人の名前を連呼してる)人物をなだめるケースとは違い、
依頼人そのものが偉人の眼魂を吸収し、偉人本人になって話を進めていくスタイルでした。
一見唐突な描写ではあるものの、眼魂が人間に吸い込まれていくケースは過去に何度もありましたし、
11話で眼魂そのものに意志があるみたいな描写(これ自体は唐突でしたが…)もありましたので、理に適った設定だと言えます。
というか今までの話が、単純に偉人の名前を叫びながら危ないことをしようとする人問答無用で抱き着くという意味不明な話でしたので、
こういった形に軌道修正するのは英断だと思います。

バトルも工夫されていて面白かったと思います。
「刀のような金属の武器を持った敵には電撃が通りやすい」という過去の経験を生かしたような戦法が描写されたのもそうですし、
俊敏な敵には、同じく俊敏な動きを得意とするゴエモン魂を活用するという戦法も実に理に適ったものです。
ゴエモン魂の戦法は盗賊というか歌舞伎そのものですね。これは石川五右衛門そのものというよりも、後世での後付け設定ですが…
とはいえ夜空をバックに、俊敏に動くゴエモン魂と燕返しで連撃を与える刀眼魔の戦いは中々の見ものでした。
ただ正直、ベートーベン魂と同じくゴエモン魂に今後の活躍を期待するのは難しそうです。
逆手持ちとはいえやってることはサングラスラッシャーで敵を切り付けるという闘魂ブースト魂と同じものですし、演出の問題もあるでしょう。
初登場補正で何とか頑張った感じですかな。

個人的に今後のことで気になるのは、今回が公式で「新章突入」と宣言されていることです。
特撮においてこの時期の新章突入というのは、主人公の強化形態のお披露目でもありますが、何より敵も順当にパワーアップする頃合いです。
なにせ敵が強化されなければ、せっかく強化形態を手に入れた意味が薄くなってしまいますから。(ウィザードはその辺の匙加減が下手くそに感じました)
今回の話では特に敵が強化された感じはありませんでしたが、1話で倒した刀眼魔が復活するという他にない展開が見受けられました。
復活怪人の設定を取り入れるのは、仮面ライダーではちょっと珍しい展開です。今後どう生かされていくのでしょうか?
文句を言っているのではなく、あくまで今後に期待するという意味合いで。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/10 11:08 ] 仮面ライダーゴースト | TB(1) | CM(7)

まずはお誕生日おめでとうございます。

タケルはゲストの人間関係に悩んだり、龍馬の無理難題に愚痴をこぼしたりなど若干人間臭い描写も増えてきたように思えます。
マコト兄ちゃんもただ突っかかっていくのではなく、ピンチの時に駆けつけたり、タケルと普通に会話したりとまともになったように思えます。ただマコト兄ちゃんは前にも言ったようにマイナスからゼロになったにすぎないので今後プラスになることを期待しています。アランとの関係とかマコト兄ちゃんの言うケジメのこととか
アランと言えば、今回初めて眼魔の世界が少しではあるものの描写されていましたが、今後眼魔側のドラマもあるのでしょうか。これまでの描写では西園寺の暗躍の方が目立っていましたので。
ゴエモン魂に関してなんですが、後半になるにつれて鎧武のジンバーチェリーやジンバーピーチみたいに使う機会が減りそうです。
チェリーやピーチも高速移動や超聴覚などバトル以外の部分で有効に使われていたのに、めっきり使われなくなりました。使う機会なんていくらでもあったんでしょうけどね…
[ 2016/01/10 12:01 ] [ 編集 ]

P.S.

今更なんですけ今回の話の流れは1クール目でやるべきだったと思います
[ 2016/01/10 15:11 ] [ 編集 ]

Re: まずはお誕生日おめでとうございます。

七シン様、コメントありがとうございます。

>まずはお誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます。

>マコト兄ちゃんは前にも言ったようにマイナスからゼロになったにすぎない

マコトは1クールで残した傷跡が本当に痛すぎますね。
タケルは良くも悪くも薄味なキャラに収まっていた反面、マコトはとにかく支離滅裂な言動しか印象がありません。
イメージの払拭とかそう簡単なことではないと思いますが、路線変更を試みている以上は期待するほかないですね。

>アランと言えば、今回初めて眼魔の世界が少しではあるものの描写されていましたが、今後眼魔側のドラマもあるのでしょうか。

なきゃ困りますね。今回で兄の存在も明かされましたが、どう動くかは予想できません。
というより、予想できるほど情報が用意されてないので…

>ゴエモン魂に関してなんですが、後半になるにつれて鎧武のジンバーチェリーやジンバーピーチみたいに使う機会が減りそうです。

そうですね。今回のバトルは初登場時故の待遇だったと思います。
ジンバーアームズはレモン以外目立った活躍が薄いですね。何よりメロンの存在が…

>今更なんですけ今回の話の流れは1クール目でやるべきだったと思います

今回の話は1クール目からの流れとはかなり毛色が異なってますからね。
立て直しを試みるのは結構ですが、できることなら1クール目から方針を定めてほしかったと思います。
[ 2016/01/10 16:42 ] [ 編集 ]

あまり2号ライダーに魅力を感じないですね。
Wのアクセルやオーズのバース、ウィザードのビーストみたいに、時には主役を食う活躍を期待したいものです。
[ 2016/01/11 16:21 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

魅力どころか、1クール目でやったことがタケルに支離滅裂なちょっかい出してばっかでしたので、それ以前の問題だと思います。
主役回でもやって魅力を出してほしいですね…
[ 2016/01/11 20:49 ] [ 編集 ]

今回再登場した刀眼魔は、以前登場した個体とは別個体らしいです。

ウィザードのファントムって、まったくと言っていいほど魅力がありませんし、正直フェニックスの造反以外では特に大きな動きをしてませんね。前にも言ったように絶望のさせ方がワンパターンな上、しかも全然結果を出せていない(むしろ自分たちの数を減らしている)様に見えたので、ワイズマン含めた幹部たちがボンクラにしか見えませんでしたし後彼らにも特にドラマがなかったように思えます(メデューサやソラには掘り下げがあったように思えますがはっきり言って印象に残りませんでした)。今作の眼魔もそんな彼らと同じようにしか見えないので何とかしてほしいところです
[ 2016/01/15 14:31 ] [ 編集 ]

Re: 今回再登場した刀眼魔は、以前登場した個体とは別個体らしいです。

七シン様、コメントありがとうございます。

確かにファントムの敵役としての存在感はいまいちでしたね。
ソラに人格を乗っ取られてたり、ワイズマンが人造ファントムで全ては笛木の描いたシナリオに過ぎなかったりと、
どちらかと言えば人間側の悪意を引き立たせるような、言わば噛ませ的存在だったと思います。
ゴーストにおいては、ゴースト側にも社会が形成されてたりと、完全に人間VS眼魔の形に成り立っているように見えるので、
敵役の印象としては、まだそこまで不安は感じなくても良いかと思います。
[ 2016/01/16 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1151-bd95e8cd


仮面ライダーゴースト 第13話「豪快!自由な男!」

仮面ライダーゴーストの第13話を見ました。 第13話 豪快!自由な男! 父・龍のおかげで消滅を免れたタケルはもう一度、眼魂を15個集めなければ、生き返ることはできずにいる中、リョウマ眼魂が青年の身体に入り、坂本龍馬が現代に蘇る。 「そいつに入ってるのはただの眼魂じゃない、リョウマ眼魂だ」 「え!?リョウマ眼魂が!?」 「リョウマ眼魂!?」 「では、坂本竜馬殿の魂が...
[2016/01/10 11:15] URL MAGI☆の日記