今週のGO!プリンセスプリキュア 48話

GO!プリンセスプリキュア 第48話 『迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!』

プリプリep48 0

ケニー・マコーミックかな?
みんなの夢がプリキュアを救う! そんな48話。
展開そのものは納得のいくものでした。ぶっちゃけ「いつかはやるだろうな」とは思っていたので、その時が満を持して訪れたというところですな。
実際は皆の絶望が敵の力になり、その供給源が絶たれたわけですからぶっちゃけプラマイゼロみたいなものと受け止める私は視聴者の屑
結局トドメもいつもの実家攻撃だったわけですからね。「皆の希望で各種ロッド・バイオリンが復活!」とかあっても良かったんじゃないでしょうか。
次回も敗北→復活の流れをやるみたいですし、その時までにお預けなのかな?
それでも、皆が絶望の檻から解放される流れはが展開としては良かったと思うんだ。良かったと思うんだけど…

でも結局… ロックって何だったんだろう…?
一介の妖精に憑依し、ディスピアに対して謀反を行うも失敗し、挙句の果てに出てきたその姿はかつてのキャラクター性を投げ捨てるかのような洗脳状態。

「パーカー状態でも動けるのであれば、何故妖精に憑依する必要があったのか?」
「何故ディスピアに謀反を起こしてまで『絶望の王』になりたかったのか?」


私の疑問は… 1つとして… 晴れませんでした… どれ1つ晴れることはなかったです。残念ながら…
それどころか今までの人格を無かったことにして単なる再生怪人として復活させるなんて、私からしてみれば出さない方がまだマシでした。
無難にクローズorストップ&フリーズにその役目を担わせてはダメだったのでしょうか?

同じニチアサのよしみとして、キョウリュウジャーに登場した敵幹部の1人であるドゴルドは、
その本体が「他人に憑依する鎧」というロックと似たような出で立ちがあり、
「他人の身体を拠り所にしなければ強くなれない」というコンプレックスを抱いているが故に強さを追い求めていました。
それらの苦悩や意地が導き出した最期も実に壮絶なもので、多くの視聴者を魅了しました。
ロックもそういう類いなのかなと思いましたが、その答えはグラン・プランタンの向こう側に葬られました。
推測は可能ですが、作中で説明されているのとされていないのでは大きな違いです。

話もいよいよ残すところあと2話。残された課題と予告映像的に内容を察するに、

49話:新たなる輝き!グランプリンセス誕生
50話:プリンセスプリキュア大勝利! 希望の未来へレディ・ゴー!!


こんなところでしょうか。個人的に気になるのはクローズ・ストップ・フリーズといった幹部が未だ健在なところです。
過去作ではプリキュアと明確に敵対する幹部たちは最終決戦前に既に敗れ去っているケースが多かったですが、
今作の場合、3人が未だピンピンしているのは意外な展開だと感じています。ひょっとすると彼らにも「救い」が残されているのでしょうか?
初期から登場していたクローズさんには愛着のようなものはありますが、ストップ&フリーズは無機質すぎて何の印象も感じてないのですが…
まだまだ、先の事は分かりませぬ。
関連記事
スポンサーサイト

今回はプリキュアよりもサブキャラが活躍する話でした。
ゆいを破嵐万丈とか言ってたら本当に絶望の檻を破壊してしまった…そして終盤になって滑り込みで目立ちまくるらんこパイセン…
シャットも遂にディスピアに反旗を翻しましたが、プリキュア達に浄化されたり直接的に説得されたとかでは無く。
プリキュア始め夢に向かいひた向きな人々を見て自らの意思で立ち上がった点が良かったですね。
ディスピア最大の誤算はノーブル学園を標的にしたことでしょう。

>でも結局… ロックって何だったんだろう…?
ディスピアが「失敗作」と言っていた以外の背景が希薄ですね、強化し過ぎたのか?
シャットとクロロが同情を向けていましたがそこまでのキャラとは言い難いのが残念です。

とはいえ、男同士だからできるシャットVSクローズの殴り合い(倒れたシャットの口元が笑っていたのも芸コマ)
やラストカットとそれに合わせた並びのドレスアップキーとか演出も良かったですね。
残りは2話ですから後はガッツリバトルになりそうです、小林幸子が何故『ラスボス』と呼ばれるのか?
コレを観れば今までピンとこない人も理解できるでしょうw

それにしても「まほプリ」の番宣で本格的に喋っているモフルンが居ましたがまんまルビーですね。
プリキュアの妹→長らく他社のマスコット→プリキュアの妖精に出戻りとは齋藤彩夏さんの経歴がスゴイ…
[ 2016/01/17 20:16 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

サブキャラの活躍ぶりは見ていて楽しかったですね。どこまでも自己主張をやめないらんこパイセンは微笑ましかったです。

>ディスピアが「失敗作」と言っていた以外の背景が希薄ですね

この辺は本当にテンプレ悪役っぽい言動でちょっと萎えました。
彼女は最初期から登場している割に、今の今まで威厳を保ちつつある珍しいタイプのボスキャラだと思っていますので…

>小林幸子が何故『ラスボス』と呼ばれるのか?

元々は『検索してはいけない言葉』扱いだったのがウソみたいな広がり方だぁ…
[ 2016/01/18 13:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1158-28ebfe9e


Go!プリンセスプリキュア 第48話「迫る絶望・・・!絶体絶命のプリンセス!」

Go!プリンセスプリキュアの第48話を見ました。 第48話 迫る絶望・・・!絶体絶命のプリンセス! ディスピアが夢が浜に現れ、ノーブル学園を絶望の鋳薔薇で覆ってしまい、はるか達は学園のみんなを守るために正体がバレるのを覚悟で変身して戦うのだった。 「春野がフローラ…!?七瀬、もしかしてお前知ってたのか?」 ユウキ達から状況を説明を求められたゆいはプリキュアのことを明か...
[2016/01/17 19:38] URL MAGI☆の日記