今週の仮面ライダーゴースト 15話

仮面ライダーゴースト 第15話 『苦悩!頑固な脱出王!』

ゴーストep15 0

緊縛された姿で出てくるかと思ったらそんなことなかった
フーディーニ魂お披露目回。その為だけのお話といった感じでした。
眼魂を使いこなすには、偉人の魂と仲良くなればいいなど、今後の方向性を匂わせる描写もありましたが、
そもそも今まで手にしてきた眼魂は問題なく使えていたので、何でフーディーニ魂だけこんな目に遭わされているのか分かりません。
やはり、偉人と対話して関わっていくというスタイルは1クール目から進めていくべきではなかったのでしょうか。

そもそもマコトはフーディーニ魂をいつ頃手に入れたのでしょうか?
タケルと違って、彼には眼魂を生成させる力はありません。そんな彼がどうして眼魂を持っているのか、前々から気になって仕方がなかったのです。

シナリオ中に、偉人の眼魂を生成できると描写されているのはタケルと西園寺の2人だけ。
ノブナガ魂をタケルから奪った以上、ツタンカーメン魂とフーディニ魂は西園寺から奪ったと見るのが最良でしょうか。
ただフーディーニ魂は他の眼魂と違い、マシンフーディーがゴースト本体という珍しいゴースト。
つまりはフーディーニ魂の生成とマシンフーディーの登場は同時期ということになりますね。
一体どのような経緯でフーディーニ魂は誕生したのでしょうか。バイクという相棒として連れ添っていれば、自然と愛着は沸きそうなんですが…
掘り下げればすごく面白そうなんですけど、そういった気になる経緯というものは、何も説明されませんでした。
こういった肝心な部分の説明不足というのは、最初期から現れている福田さんの悪い癖だと思います。結局2クール目でも直らないんでしょうか。

今回は本当にフーディーニ魂のお披露目だけに用意された回という印象が強いので、それ以外の感想が思いつきません。
ジャベルはただ単にマコトにリベンジの機会を与える為に用意されたような扱いでしたので、かなり不憫に思いました。
開始時に言及されていた「ドラゴン(グンダリ)が現れた不可思議事件」というのも結局何か悪影響を出したわけでもなく、後半でジャベルに使役されるだけでした。
そもそもグンダリはジャベルの指示で自由に出せるはずですから、わざわざ最初に出す必要はなかったのでは…?

また、ムサシ魂との対話は今回の話ですべきではなかったと思います。
宮本武蔵はタケルが初めて手に入れた眼魂であり、父親との絆を繋ぐ大切な偉人のはずです。
やるのであれば一話を丸々費やして描くべきではなかったのかと。

あとあのたこ焼き屋のおばさんは何だったんだ…?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/24 13:42 ] 仮面ライダーゴースト | TB(1) | CM(12)

久しぶりのコメントになります


バイクというのは現実世界でも面白いもんで、「相棒」と意識を持たないと相棒にはなってくれないんですね。バイクが求めてくる走りとバイクに求める走りの両方の意思を通わせないと「相棒」としては走ってくれない訳です


で、恐らくマコトは今までバイクを「道具」として使っていました。妹を取り戻す為の足としてとタケルを妨害する為の「道具」として。

それが今回、フーディーに魂が宿っている事も相まって真に「相棒」としての力が必要になり、試練(速度的にアレ足がもげるw)を与えて相棒になるというプロセスは割と王道的で良かったです

来週はネクロムの登場ですしもっと眼魔サイドの描写が深まるのにも期待したい所ですが
[ 2016/01/24 15:54 ] [ 編集 ]

何故予告は今更ネクロムの正体について隠す必要があるんでしょうか

そう言えばジャベルが復活した理由については特に語られていませんでしたね。
再登場した刀眼魔は姿形の似た別個体でしたし、今回のジャベルもそんな感じかとおもっていたんですけど、全然違うみたいです。
[ 2016/01/24 17:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

お久しぶりです。
マコトはマシンフーディーに愛着を持っておらず、相棒として分かち合うことで変身を可能にしたということですね。
確かに王道的でベタながらも熱いと思います。

ただ私が思うに、マコトが「マシンフーディーを道具として扱っていた」とは思えないんです。少なくとも本編にそんな描写はありません。
むしろ(CG頼みとはいえ)回転アクションをこなしている辺り、バイクの扱いには慣れているのだと感じていました。
記事でも指摘したように、フーディーニ魂は他の眼魂と異なり、バイクが本体という珍しいゴーストです。

マコト「俺にはフーディーニの眼魂が使えないんだ」
タケル「頑固な眼魂なんだな。一体どんなゴーストなんだろう…?」
マコト「ああ、それなんだが… 実はフーディーニはアイツなんだ(と言ってマシンフーディーを指さす)」
タケル「ええっ!? マコト兄ちゃんのバイクがフーディーニ!?」
(以後、マコトとマシンフーディーとの出会いの過去について語る)

こんな話にすれば、マコトとマシンフーディーの掘り下げもできますし、両者の関係がどんなものだったのかも分かると思いませんか
ゴーストライカー共々、制作陣はバイクの描写の肝心な部分を軽んじていますね…

ところでTAKE様はバイクの知識についてかなり詳しいようですが、ご自身もバイクを乗り回しているのでしょうか。
そろそろビートチェイサーが届くころですし、また写真撮りたいですね。
[ 2016/01/24 18:41 ] [ 編集 ]

Re: 何故予告は今更ネクロムの正体について隠す必要があるんでしょうか

七シン様、コメントありがとうございます。

ジャベルが復活させられたのは、単にマコト兄ちゃんにリベンジの機会を与えることと、
フーディーニ魂の噛ませ役が必要だったからでしょう。本当に不憫です。
[ 2016/01/24 18:43 ] [ 編集 ]

返信ありがとうございます。

ちょっと道具というのが極端でしたかね。その、例えがアレで申し訳ないんですが、所謂現実でいう所の趣味ライダーと仕事ライダーの違いといいますか、現実でも「仕事でバイクに乗る関係、かなり運転は慣れてるけどバイク自身にそんなに興味は無い」人と「プライベートでサンデーライダーでスキルまだまだ未熟だけどバイク大好き」みたいな人もいるんです。特に郵便配達員なんかは前者が顕著ですかね

上手く説明出来なくてすみません。極端ですが今まで持っていた「仕事」のみのライディングスキルに今回の件で「想い」が加わったライダーになった様な感覚…とでも言いましょうか…うーん説明下手で申し訳ない…

上記の「仕事ライダー」が「プライベートもバイク好きで仕事もライダー」になった様な感覚です。現実だと教習所の教官や白バイ隊員さんなんかが当てはまりますかね


あとわざわざお尋ね下さってありがとうございます。
えぇ。その、素人ですが教習所に行かずに二輪免許を取りに行く位にはバイクバカだと思いますw


BTCS楽しみです!真骨彫アルティメット来たしバダー&バギブソンセット来ないかな~
[ 2016/01/24 19:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>うーん説明下手で申し訳ない…

いえいえ、こちらは理解できていますよ。
私が言いたいのは、マコトが仕事ライダーであれ何であれ、マシンフーディに関して何の感情も示してない点が気になっているのです。
そもそもフーディーニ魂が登場するのも、マシンフーディーがフーディーニのゴーストであることも今回明かされたばかりなので、
マシンフーディーがマコトを試すかのように突撃し、マコトもそれに応じた時には、
「え、マシンフーディーってフーディーニだったの? マコトはそれを知ってたの?」と困惑してしまいました。
マコトとマシンフーディーとの出会い、並びに互いにどういった感情を持って接しているかどうかは、前話までに描写しておくべきだったと思います。

>えぇ。その、素人ですが教習所に行かずに二輪免許を取りに行く位にはバイクバカだと思いますw

教習所行かずに二輪免許取れちゃうのか… たまげたなぁ。
いいですね~ バイク乗りとか羨ましいです。

>BTCS楽しみです!真骨彫アルティメット来たしバダー&バギブソンセット来ないかな~

ライジングマイティも発売決定しましたから是非とも欲しいですね、バダー&バギブソン…
真骨彫シリーズをプレバンで初めて販売するあたり、クウガシリーズの人気がうかがい知れますね。
お布施を続ければバダー&バギブソン立体化も夢ではないかも…?
[ 2016/01/24 20:47 ] [ 編集 ]

あぁ~描写不足の点ですね。それは納得です。

本当に前話までに一回位 フーディー二眼魂見る→バイクチラッ→何故だ…みたいなのはやっとけとは思いますね。タケルの新眼魂と違って既所持眼魂ですし尚更です


本免一発試験と言って免許センターで受ける実技試験なのですが実は本来の免許の取り方と言いますか、合格率10%弱の試験なのですが、教習所って実はその試験を免除するために教習所内の教習と卒業試験を受ける仕組みなんです。お金掛かりますが確実ですしハードル低めに設定してありますし。
で、まぁ原付で成田匠さん(クウガの中の人)っぽくなれたらと練習してたアホな自分は謎のライディングスキルの自負を持ったまま三倍以上の車重の試験車(ゴーバスニックバイクモードのベースマシンです)での試験を受けたら何故か一回で受かってしまった次第です。(10回目で落ちたおじさんが少し可哀想でした。割とザラらしいですが)
ただまぁ安全意識も無くては受からない試験で、何よりそういう運転をすればバイクは凄く楽しい乗り物なので、お節介ながら興味を持たれたら嬉しいです


とりあえずクウガ怪人はダグバ、ガドルと来てバダーの流れが来てくれたら…

長文失礼しました
[ 2016/01/24 21:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>フーディー二眼魂見る→バイクチラッ→何故だ…

シンプルですがその描写もいいですね。思わし気な伏線として機能していると思います。

>本免一発試験と言って免許センターで受ける実技試験

一応、ペーパーではありますが自分も自動車の普通免許は持っているものの、教習所無しで免許を取得できた例があるなんて初耳です。
教習所では「一応ここ行かなくても免許はとれるよ~ まず落とされるけどw」みたいなことを言われてましたので。
バイクは一度で乗ってみたいですね。免許とる時間がないですけど(涙)
仮面ライダーと共に育ってきた世代ですから、憧れはあります。そういった思いをフィギュア集めに費やしてるんですがw
[ 2016/01/24 21:41 ] [ 編集 ]

その思いだけでもずっと持っていて下さい。多分「その」タイミングはいつか訪れますから


教官さんは皆言いますね。実際言う通りですが教官であると同時に教習所を売り込むセールスマンでもありますからw

その発言に反抗して意地でも受かってやろうとしたバカだと思ってて下さいw

スレチ失礼しました
[ 2016/01/24 22:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>その思いだけでもずっと持っていて下さい。多分「その」タイミングはいつか訪れますから
(ノ´д`)ラジャ!
[ 2016/01/25 11:52 ] [ 編集 ]

鉄血に出てくるガエリオと違ってマコト兄ちゃんには嫌悪感を感じません(個人的には)。
同じ『お兄ちゃん』キャラなのに何故でしょうか。

フーディーニ魂の考察(もとい描写不足の視聴者補完)は色々と考えれますね。
特にバイク、
自分は『マコトがフーディーニ魂を生成したが、フーディーニは眼魂に入ることを拒んで、マコト所持のバイクに取り憑いた』
と考えていました。
インチキ霊媒師や超能力者のトリックを見破る『サイキックハンター』として活躍した彼は、まさか自身がパーカーゴーストとして幽霊になる事に納得いかずバイクに取り憑いた……のは実際どうなのか分からない考察ですが、
背中の飛行ユニットがグライダーとして分離可能な点からも、元々はバイクとフーディーニ魂は別々だったと考えられます。
[ 2016/01/25 13:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

宮藤椿様、コメントありがとうございます。

>鉄血に出てくるガエリオと違ってマコト兄ちゃんには嫌悪感を感じません(個人的には)。
同じ『お兄ちゃん』キャラなのに何故でしょうか。

ガエリオは「お兄ちゃん」キャラという感じはしませんね。妹との仲はそれほど良くないみたいですし(少なくとも表面上は)
妹に対する愛情の表現方法が、嫌悪感を抱く原因ではないでしょうか。

>自分は『マコトがフーディーニ魂を生成したが、フーディーニは眼魂に入ることを拒んで、マコト所持のバイクに取り憑いた』
と考えていました。

それも面白い考察ですね。回想シーンがあればなお一層良かったですね。まあ実際はなかったわけですが…
「視聴者の補完に委ねる」とはよく言いますが、それは製作側が考察に必要な描写をやり切ったからこそ成立するもので、
ゴーストはところどころ「ここは描写すべきじゃないの?」と思う部分が多々存在しましたので、あまり好意的には受けとめられないです。
そもそも私自身、「考えオチ」というのが生理的に気に入らないという理由もありますが…
[ 2016/01/26 12:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1165-1eec3031


仮面ライダーゴースト 第15話「苦悩!頑固な脱出王!」

仮面ライダーゴーストの第15話を見ました。 第15話 苦悩!頑固な脱出王! 兄のマコトが自分に黙って何かやろうとしているとカノンから相談を受けるタケルはマコトが「けじめをつけたら全てを話す」と言っていたことを思い出す。 「けじめ…」 「うん、それにマコト兄ちゃん達がいたっていう眼魔の世界のことも気になるんだよな」 マコトの前に現れたアランがその気になれば、君は妹...
[2016/01/24 14:57] URL MAGI☆の日記