ROBOT魂ストライクノワール届きました 肩可動修正方法もあるよ

DSC09577.jpg

今までのROBOT魂シリーズと比べるとかなり薄っぺらい箱でちょっと驚き。
あと他規格の商品と違って名前に「ストライクノワールガンダム」名義なのに、何故こっちだとガンダム名を省いてるんだろう?
DSC09578.jpg

DSC09579.jpg
GAT-X105E ストライクノワール

「アクタイオン・プロジェクト」において生産された5機のG兵器のうちストライク再生機は、
I.W.S.P.を装備した「ストライクI.W.S.P.」としてスウェン・カル・バヤン中尉により運用された。
そして、その搭乗実戦データに基づいて改修を加え、「ストライクE」にI.W.S.P.を改良合理化した専
用ストライカー「ノワールストライカー」を標準搭載とした機体がこのストライクノワールである。
パワーエクステンダーの改良でPS装甲が黒化したこととストライカー装備の関係から
「ノワール」(フランス語で「黒」の意)と呼ばれる。


てなわけで我が家にも届きました、ROBOT魂ストライクノワール。
HGは人気商品でしたが、こちらは発売してからというものの、各所で不満の声が挙がっているという始末。
一体どういうことなのでしょうか。


DSC09581.jpg
まず目につくのがこの顔。ツインアイがアンテナに隠れて殆ど見えない上に、細目すぎます。


DSC09580.jpg
相対的にマスク部が大きくなり、ちょっとブサイク気味ですね。フリーダムはかっこよかったのに…


DSC09582.jpg

DSC09583.jpg

DSC09584.jpg

DSC09585.jpg

DSC09586.jpg

DSC09587.jpg

DSC09588.jpg
それ以外は特に気になる点はないですね。
メタリック塗装されてる部分が存在せず、ほぼ全面つや消し加工されているので印象は非常にシック。
しかしこのノワールくん、可動フィギュアとして重大な問題点が。


DSC09589.jpg
なんと肩が45度しか上がらない。これは酷い!
ストライクの時はきちんと水平まで上げることができましたよ!?


DSC09590.jpg

DSC09591.jpg
肩を取り外して胴体の受けジョイント部を見てみると、どうやら下から上に盛り上がるような構造になっている様子。
この状態だと確かに肩が上がり切りません。生産時の組み立てミスと見るべきでしょう。

ネット上ではこの問題点が指摘され、既に多くのサイトで肩可動の修正方法が載せられています。
そういうわけで、私も各所を訪ね回って、方法を纏めて実践してみました。


DSC09592.jpg
まずは胴体だけの状態にするために、頭・肩・下半身を外します。


DSC09593.jpg
背中から襟元にあたる部分のパーツを外します。
ブースターの方から斜め上に持ち上げるようにすれば簡単に外せます。


DSC09594.jpg
次に肩のボールジョイント受けを覆っている左右のパーツを外します。
下側と前側に接続ピンがあるので、まずは外側に思いっきり引っ張って、前側に付いているピンは思い切って折ってしまいましょう。


DSC09595.jpg
前側の接続ピンを折った跡が結構グロいですが、本体の構造的には何ら問題なし。
この時胸部パーツも外れると思うので外します。

DSC09596.jpg
あとは肩のボールジョイント受けを外すために、青丸で囲ってる部分をニッパーか何かで切断。


DSC09598.jpg
そうすると、あれまー簡単に外せちゃいました。


DSC09601.jpg
後はボールジョイント受けを接続している金属の細いピンを外して左右の受けジョイントを入れ替えます。
ピンの上から力を入れれば簡単に外せます。ニッパーで掴んで引き出してもOK。


DSC09602.jpg
左右の受けジョイントを入れ替えたら、後は元通りにパーツを戻してあげるだけ。


DSC09603.jpg
全部戻した時の胸部画像。
胸部前面のパーツの接続がゆるくなってるはずなので、瞬着か何かで固定してあげましょう。


DSC09604.jpg
そうすると… なんとぉ!水平とまではいかないまでも、80度くらいまでには可動が改善されました! やった~!
これ以上可動させるには、肩の可動部そのものを削ってやる必要がありますね。


DSC09611.jpg
というわけで早速遊ぶゾ~!


DSC09605.jpg

DSC09606.jpg
ビームライフルは黒一色でちょっと見た目が寂しいですが、HGには付属しなかった貴重な武装。
造型はカッコイイのでバリバリ遊べますね。


DSC09621.jpg

DSC09623.jpg
リニアガン展開。ドラグナー2カスタムみたい。


DSC09607.jpg

DSC09608.jpg

DSC09610.jpg
ビームライフルショーティー。拳銃タイプのコンパクトな造形がイカします。
ラック用の出っ張りが少々目立つかも。


DSC09612.jpg

DSC09613.jpg

DSC09614.jpg

DSC09617.jpg

DSC09616.jpg
ビームブレイド。保持が少々ゆるめです。
中々カッコイイですが、刀身がモールドの類が一切彫られてないのでちょっと寂しい…ここはアレンジいれても良かったのでは。


DSC09618.jpg

DSC09619.jpg

DSC09620.jpg
アンカーランチャー。保持が思いのほかしっかりしていて遊び応え抜群。
しかし足や手のひらの形的に、アンカー先端を収納しているとは思えないお…


DSC09624.jpg
というわけでROBOT魂ストライクノワールでした。


全体的に造型は良好、武装も一通り付いてきて遊び応えは抜群ですが、
ロボットフィギュアとして致命的な、顔造型の不出来と肩ジョイントも組み立てミスの不満は決して小さくないですね。
せっかく新規造型を引っ提げて販売されたというのに、これじゃ台無しです。
肩ジョイントのミスは交換対応してもいいと思うのですが、バンダイはこのままだんまりを続ける気なのでしょうか。
せめて再販する時は直してほしいですね。
これから買う方は肩をあらかじめ直すことも視野に入れてから購入を検討した方がいいですね。
流石に45度可動だとポーシングにも色々と幅が狭まっちゃうんで…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/25 22:05 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(6)

レビュー乙です。
新年から忙しくてコメできてませんでしたが(^^;

自分も買いましたが、ロボ魂ディスティニーの悲劇再び……といった具合ですね。
種系も色んな担当がいるようで……評価の高い商品の担当にだけ任せとけよ!とw
プロヴィデンスはハルクバスターのせいで予約できませんでしたが、そういう時に限って出来良かったりするんですよねー(遠い目)
[ 2016/01/26 11:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます。

デスティニーの場合は明らかに設計に悪意を感じられるものでしたが、
こちらは単に設計ミスという情けないオチが待っていましたので、非常にタチが悪いです。交換対応してないみたいですし。
プロヴィデンスは予約済みですが、案の定お金はすごくかかってます。1月発送品はやばいすなぁ…
[ 2016/01/26 12:51 ] [ 編集 ]

こちらのおかげで不器用な私も肩の入れ替えが出来ました。
ありがとうございます。
[ 2016/01/27 20:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さぼてん様、コメントありがとうございます。

お役に立てたようで何よりです。
[ 2016/01/28 00:01 ] [ 編集 ]

ノワールの肩修正記事参考にさせてもらいました(^^)
ただ、首のボールジョイント引っこ抜いたら切断無しで肩ブロック取り外しできたのでご報告を
[ 2016/01/31 19:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カカオ仮面様、コメントありがとうございます。

参考にしていただき、何よりです。

>首のボールジョイント引っこ抜いたら切断無しで肩ブロック取り外しできた
なるほど、そういうやり方もあったんですね。
自分も最初は首を取り外そうかと思いましたが、固定がキツそうなのと、「力入れたら折れるんじゃ」と思って断念してしまいました。
[ 2016/01/31 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1168-eb668411