キングダムハーツ3D クリティカルLv1クリアへの道 part15

キングダムハーツ3D クリティカルLv1縛り part15です。

この記事にはゲーム本編に関するネタバレしか含んでいません。
未プレイの方はご注意お願いします。


p.s
だれでもわかる! ゼアノートのいちらん

マスター・ゼアノート

禿ノート

若ノート

若ノート

アンセム

ゼアノートのハートレス

ゼムナス

ワカモート

全部覚えれば君もゼアノートマスター!

・今回の目標
 地獄の連戦・後半を突破しゲームをクリアする


リク編も遂にラストとなりました。ここまで来れば迷うことなどありません。
デッキを新たに整えて、正真正銘の最終決戦に臨みます。

IMG_0457.jpg

というわけでデッキがこちら。
今回のボスを超すには巨匠先輩の2人の協力が無ければほぼ無理です。
二つの力を一つに合わせ、いざ決戦の場へ!


BOSS ゼアノート



今作最強のボスキャラにして実質のラスボス。
その桁外れな実力で多くのプレイヤーが泣きを見たことでしょう。
特に近距離攻撃のラッシュは凄まじく、しかもコンボリーヴの効果が切れる間隔を狙って攻撃してきます。
通常プレイでもこんな感じなのにLv1で挑むなんざ狂気の沙汰です。

そしてこのボス戦で特筆すべきなのは、少々特殊なクリア条件。
ステップごとに説明すると、

STEP1 ゼアノートのHPを1まで減らす。

STEP2 フィールド中央に時計が現れるのでリアリティシフトで攻撃。

STEP3 その後、約90秒以内に時計のHPを0にすればクリア。

STEP2でリアリティシフトを発動しなければゼアノートが元のHPの30%の状態で復活し、再度バトル
STEP1からやり直しです。
STEP3で時計を破壊し損ねればやはりゼアノートが元のHPの30%の状態で復活し、再度バトル
2回目以降、時計に挑む時は時計自身のHPもゼアノートの元のHPの30%の状態になります。
運が悪ければSTEP1と3を無限ループすることになります。

STEP1ではとにかくゼアノートにバルーンガを当てます。
敵の攻撃は大抵動きのパターンがあるので多少は予測が可能。多少は。
なので隙をついてとにかくバルーンガを当てます。
一撃でも当てれば怯んでくれるので、後はバルーンガやファイガバーストでフルボッコにします。
油断すればタコ殴りにされる相手ですが、上手く立ち回れば逆にこっちがフルボッコすることだって可能なのです。

次はSTEP3。1回目の時計戦ではHPが高すぎる為、Lv1での撃破は不可能です。
なので2回目以降の時計撃破を狙っていきますが、この時もスピリットロアが発動しなければやはりループします。(一応スピリットロア無しでも撃破してる動画はありましたが、厳しいのは確か)
運良くスピリットロアが発動することを祈ってひたすら攻撃します。
要するに運ゲー。大阪チームは大変なものを残してしまいました。


LASTBOSS ナイトメア・アーマーヴェントゥス



泣いても笑ってもこれが最後!
素早い攻撃と立ち回りでこちらを圧倒してくる、流石ラスボスといったところですが、
ここまで来た方ならそう苦戦するような相手ではありません。
大まかなパターンは2種類存在し、エリア全体が白く染まるのが「白モード」、逆に真っ黒に染まるのが「黒モード」です。公式での呼称ではありませんが、筆者はそう呼んでいます。
白モードではスピリットの援護が受けられない代わりに常時敵が姿を現し続け、
黒モードでは敵が地中に隠れながら攻撃してくるのに対しスピリットの援護が受けられます。
白モードの攻撃の激しさ、スピリット援護の有無などでこちらが攻撃するのはほぼ「黒モード」の時です。
戦い方はただ単にバルーンガを置きつつダブルフライトしてからファイガバーストするだけです。

こちらもHPが1まで減ると強制イベントに移行。敵の突進攻撃「ダークチャージ」に対してこちらも突進攻撃「ナイトメアチャージ」で応戦します。
Lv1なので被弾が痛いところですが、敵の突進音に合わせてAボタンを押せば無傷でダメージを与えれます。
敵のHPを再び1にした状態でAボタンを押せばフィニッシュ。お疲れ様でした。


次回はプレイ後の感想などを含めた後日談でこの縛りに別れを告げたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/21 21:26 ] 番外編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/117-7a27f06f