ROBOT魂プロヴィデンスガンダム届いたけどどこに飾ろう

DSC09655.jpg

既にグシオンリベイクと流星号は組み立て済みですが、
せっかくアニメの放送が間近に迫っているので、活躍を確認次第写真撮りたいと思います。
それまでプレバン発送商品で遊びます。
DSC09656.jpg

DSC09657.jpg

ZGMF-X13A プロヴィデンスガンダム

人型機動兵器「モビルスーツ(MS)」の1機種。スペースコロニー国家「プラント」の軍事組織「ザフト」が開発した試作機で、
兄弟機である「フリーダムガンダム」「ジャスティスガンダム」と同じ核エンジン搭載の高性能機という設定。
円盤状の大型バックパックが特徴で、宇宙世紀系作品に登場する「ファンネル」に似た、遠隔操作式ビーム砲「ドラグーン」を多数装備している。
劇中終盤でザフト指揮官の「ラウ・ル・クルーゼ」が搭乗し、主人公「キラ・ヤマト」が搭乗するフリーダムと最終決戦を繰り広げる。
ZGMF-X09A ジャスティスやZGMF-X10A フリーダムと同時期に開発された機体。『SEED』に登場するMSの中でも最強クラスの戦闘性能を誇る。


我が家にも届きましたー、天帝ことプロヴィデンスくん。
バックパックと股関節が若干ゆるめのせいでちょっと自立バランスが悪いですが、概ね自立できました。


DSC09658.jpg

DSC09659.jpg

DSC09660.jpg

DSC09661.jpg

DSC09662.jpg

DSC09663.jpg

DSC09664.jpg

DSC09665.jpg

DSC09666.jpg

DSC09667.jpg

DSC09668.jpg

いやぁ、カッコイイですねぇ。
ボスキャラらしく横幅があるおかげで、フリーダムのようなスリムさこそないものの、体格のバランスはとれてると思います。
ただツインアイが小さめなせいか、ちょっとラブリーっぽさを感じるような…w ボスキャラのような怖さは感じられません。
ストライクノワール共々、最近のSEEDシリーズはツインアイの造型が独特すぎます…


DSC09669.jpg
ROBOT魂では珍しく、3mm穴は股下の内蔵されているもののみ。
通常だとジョイントパーツを装着してディスプレイするものが多かったので、これは意外。


DSC09671.jpg
ユーディキウム・ビームライフル。
取り回し的にはバズーカですが、アニメの描写的に威力は常識的なビームライフル。


DSC09673.jpg
とにかくデカすぎるんでとれるポーズは限られます。軽いので保持の安定性は高いんですが。
尤もアニメでも正面向いてバシャバシャ撃ってた印象しかないんですけどねw


DSC09674.jpg
フォアグリップもきちんと動きますが、保持用手首がライフル用のものしかない上に、
左手は常にシールドで埋まっているので使用されることはほぼないですね。
それでもプレイバリューを少しでも増やそうという試みは感じられてグッド。


DSC09675.jpg
タイトル撃ちっぽく。筆者は困った時は大抵こういうポーズをとらせたがります。


DSC09676.jpg
複合兵装防盾システム。
ビームサーベルが悲しいほど短い… しかも銃口からビームが伸びているのではなく、
何故か「銃口の周りをビームが覆っている」という不思議な仕組みに。


DSC09677.jpg
サーベル刃は銃口にはめるだけなので、遊び易いといえばそうなんですが。
とにかくこのプロヴィデンス、遊ぶ際の余計なストレスはかからないような親切設計に仕上がっている。


DSC09678.jpg
やはりロックバスターとして活用させるのが1番か?


DSC09679.jpg

DSC09680.jpg

DSC09681.jpg

DSC09682.jpg
ドラグーン発射!
内蔵されている11個のドラグーンは全て取り外し可能。エフェクトを付けて発射シーンを再現できます。
凄まじい壮観っぷりですが、この状態で飾るスペースが筆者の部屋には存在しないのが残念。

しかしこうやって垂直にドラグーン飛ばしてると思い出すなぁ、HGストフリ。


DSC09683.jpg
エフェクトパーツには3mm穴があるので、魂STAGEのアームに装着することも可能。
ただし本セットにアームパーツを付属せず。
11個全部を浮かせるには魂STAGE(1つにつき3つアームが付属)を4つ買う必要がありますな…


DSC09684.jpg
ストライクと対峙。そういえばこっちもサーベルが短かった…orz
リニューアルした暁には長いサーベル刃が欲しい。そろそろストライクもプロポーションが古くなってきたし…


DSC09685.jpg
それでも守りたい世界があるんだぁ!


DSC09687.jpg
長い時を経て、ROBOT魂でも最終話の決戦が再現ずきるように…
でも部位破損までは再現できない。アクションフィギュアの悲しい定めである。


DSC09688.jpg
てなわけでROBOT魂プロヴィデンス遊びました。

手に取って感じたことは、とにかく「遊び易い設計だな」ということですね。
3mm穴は本体に内蔵されているので余計なジョイントパーツもなく、武装もシンプルが故に全て本体に持たせて飾ることが可能。
ドラグーンエフェクトは11個のうち6つは専用のハンガーがあるので管理も楽々。
遊ぶ際も3mm穴にはめられるので、表現の自由度も高くとっつきやすい。
クシャトリヤのファンネルエフェクトなんかは、表現度は確かに高いものの、ポロリとかの関係で遊び辛く、細かいパーツも多かったので管理とか大変でした。
余計なパーツが殆ど出ず、ストレスフリーな設計に落とし込まれているプロヴィデンスは正にいじり甲斐のあるフィギュアです。

フリーダムを持ち出した辺りで「そういやコイツにもマーキングシールがあった」と思い出しので、
近いうちにシールを貼ったものの記事も上げたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/30 02:04 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(4)

ビームサーベルについての提案

はじめまして。
いつも楽しく拝見してます。
プロヴィデンスかなりかっこいいですね。
値段高めなのが少々痛いですが、それに見合った商品だというのが
触って動かした感想です。
ビームサーベルは確かに短いし、若干迫力に欠けますね。(他が良いだけに)
そこでうちはある方法を思いつきました。
この方法を使えば、簡単にサーベルを長くさせられるし、商品に入ってる元のサーベルもそのまま使用できます。(改造個所もほとんど気にならない)

1 シールドの先端(銃口部分)をピンバイスなどで開け、板状の部品が差し込めるようにする。(やすりでキレイにします)
2 ガンダムトライオン3に付属のでかいサーベル(鳥の口から出てるもの)を余分に一個用意する。
3 でかいサーベルはそのままでは1の先端には入らないので、余分な個所を切り落とす。(部品を見ればどこを切るか分かって頂けるはずです)
4 必要に応じて2のでかいサーベルをやすりで削ったりカッターで削って、先端を尖らせる。(ここはお好みで。あえてそのままでも、味があって良いかもしれません)
5 1と2を嵌め合わせて長いバージョンが完成です。

所持してないので試してませんが、旧MIAのビームサーベル部分も取り付けられます。

すごい下手な説明でしたが分かって頂けたら幸いです。


また素敵なレビューを見れる事を楽しみにしています。
[ 2016/02/15 23:00 ] [ 編集 ]

Re: ビームサーベルについての提案

宮武様、はじめまして。コメントありがとうございます。

トライオン3のビーム刃を使ったビームサーベルの自作方法ですか。
こういった加工は私はあまり得意としてないのですが、大丈夫ですかね…?
機会と勇気があればやってみようかと思います。

>また素敵なレビューを見れる事を楽しみにしています。

最近は内容が簡略的となり、「他人に見られることが前提」というより単なる自分語りになってしまっているのですが、
それでも楽しんでいただけるのであれば光栄です。
[ 2016/02/16 20:04 ] [ 編集 ]

返信ありがとうございます。
ちょっと自己責任になりますが、やってみる価値はあると思います。
[ 2016/02/16 20:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

宮武様、コメントありがとうございます。

プレバン限定という特殊な販売方法故に替えが効かないという欠点はございますが… 面白そうではあります。
分かりました。近いうちに実践したい…と思います。
[ 2016/02/16 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1172-b9e64508