今週の仮面ライダーゴースト 16話

仮面ライダーゴースト 第16話 『完璧!白い仮面ライダー!』

ゴーストep16 0

久しぶりにバイクの生のウィリーが見れて、ちょっと嬉しかったです。ほんのちょっと。
でもBTCS2000の写真を撮るにあたってクウガの映像を見返していたので、「もうあの頃には戻れないんだな」という切ない気持ちにも浸りました。
…うん、ゴーストって切ないライダーですね。間違いない。
Q.眼魔の世界って何?
A.教えません

Q.個人の命に意味がないってどういうこと?
A.教えません

Q.アランとマコトが親友ってどういうこと?
A.教えません

Q.どうしてカノンは眼魂だったの?
A.分かりません

いつにも増して実りのないお話でしたなぁ…(´・ω・`)
ネクロム登場が話のキモだったとはいえ、ここまで収穫のない話というのも珍しいのでは。
というか販促的な大丈夫だったんですかね? 今回の話…
次回からまた新しい眼魂の話するみたいですし、これらの謎が明かされるのは当分先になることでしょう。
いつまで引き伸ばすつもりなんだろうなぁ。

新仮面ライダー・ネクロムが登場した今回の16話。
変身者はアラン。彼は最初期から登場しているキャラクターでもあり、通常なら「あのアランが変身か!」とか思うところなんでしょうが、
アランに関して初期から殆ど説明がされていないので、全然感情移入できません。
精々彼に纏わる情報は、「眼魔界の王子」「眼魂について探っている」「マコトと関係があった」くらいです。彼ら行動目的とかは片鱗も明かされてません。
そんな状況でいきなり「人間の世界を支配する」とか言われても、「あーそうですか、それはお疲れ様です」としか言いようがないです。

びっくりしたのは彼の「人間同士いがみあってばかり」という台詞です。
ゴーストに人間同士がいがみ合った描写なんてありません。精々西園寺が龍を裏切ったくらいですが、明確な描写はされてません。
むしろ眼魔によって利用されていた人間たちが協力しあうような、人間賛歌的な描写が目立ちました。
こんな有様ですが、脚本担当の福田さんにとっては恐らく「人間同士いがみあってきた」と表現してきたのでしょうね。
視聴を続けて「要点の説明不足」が目立つ作品だなぁとは思ってましたが、「説明した気でいる」とは驚きです。
1度福田さんの頭の中を勝ち割って中身を拝見したいところです。下山さんの次に。

アクションに関しては…良くも悪くもゴーストライカーのアクションに全てを注いでた感がありますね…
ネクロムはその名の通り、ネクロマンサーの如く眼魔コマンドを指揮・憑依するのは面白かったですが、
アクションに関しては完全にステゴロでした。ライダーキックも極々普通のものです。特に凄いとは思えませんでした。
どうやらネクロムはアランによって勝手に持ち出されたらしいので、もしかしたら未完成なのかも?(=武器がまだない) と勘ぐってはいますが。
闘魂ブースト魂のリョウマ魂の扱い・アクションの差別化に関しては早くも疑問符が上がってきた感じです。

せめて次回からは眼魂以外にも実りのある情報が欲しいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/31 13:51 ] 仮面ライダーゴースト | TB(1) | CM(6)

アラン「人間同士いがみあってばかり」←ジャベルと小競り合い起こしてました

個人的に気になったのは、ネクロムが「倒されても別の眼魔に憑依すれば生き返る」ってギミックをいきなり明かしたことです。普通なら数話後で「ようやく倒したぞ」→ネクロム復活→「何!?復活した!?」って感じで絶望感を出す演出として描かれるでしょうが、あれだと後数話で倒されて退場するみたいでかえって情けなく見えてしまいます。
後グリム魂もGペン状の触手が攻撃手段なのはどうかと思いました。例えばフォーゼのペンモジュールは書いた文字で敵の攻撃を防いだり、墨で目潰しをしたり、姿を消した敵の姿を浮かべあがらせたりなど、多彩な使われ方をしていました。あれだとグリム兄弟をモチーフにした意味がないと思います。
[ 2016/01/31 14:55 ] [ 編集 ]

タイムリーですねw

自分もとある理由で「障害」のチェイスを昨日見た所でしたが、まぁコレばっかりは言い方悪いですが爆発の中を走る全体の画を重視するカースタントマンさんとテクニック一つ一つを魅せる「個」の画を重視する本職のトライアルライダーさんの違いですね。

最近のジャンプはジャンプ台基本ですがクウガはジャンプ台無しで両足両輪浮かせて足着かずに着地してますからねwやっぱ日本チャンピオンは化物ですよ

でもゴーストライカーのアップでCM引いたり、ウィリーも攻撃でなく「ただの」ウィリーですが見せようとするあたりは期待というか、タイヤを怪人にブチ当てられない時世で足掻いてる感がまだ残ってるのは良かったです


アランは掘り下げが深くなれば役者さんの芝居は上手いですし、いいキャラになりそうな気がするのでとっとと眼魔サイドの描写を深めてくれと思います
[ 2016/01/31 16:27 ] [ 編集 ]

Re: アラン「人間同士いがみあってばかり」←ジャベルと小競り合い起こしてました

七シン様、コメントありがとうございます。

ネクロムの憑依ギミックは、ネクロマンサーらしく「死霊を活用する」ことに関連していると思いますので、
「肉体を重視しない」という主張をしているアランとはマッチしていていいと思います。

>グリム兄弟をモチーフにした意味がないと思います。

そもそも「グリム兄弟をモチーフにした攻撃ってなんだよ!?」って話ですよね。
単に武器を2つ使えばいいというわけではないですし… なんか表現の難しい眼魂だけ敵に回してませんか、東映さん…
[ 2016/01/31 22:38 ] [ 編集 ]

Re: タイムリーですねw

TAKE様、コメントありがとうございます。

>最近のジャンプはジャンプ台基本ですがクウガはジャンプ台無しで両足両輪浮かせて足着かずに着地してますからねwやっぱ日本チャンピオンは化物ですよ

認めざるを得ないですね… ちなみに私はジャラジの追跡シーンを重視して見ていました。
足元の不安定な岩場をジャンプを活用して手足のようにバイクを動かす技術にはもはや言葉も出ません。
「魅せる」ってこういうことを言うんだなぁって思いました。

>ウィリーも攻撃でなく「ただの」ウィリーですが見せようとするあたりは期待というか、タイヤを怪人にブチ当てられない時世で足掻いてる感がまだ残ってるのは良かったです

少しは頑張ってくれましたね。今じゃバイクのひき殺し描写はNGですから、
敵にダメージを与える以外の部分で頑張ろうとしてくれたところは評価したいですね。

>アランは掘り下げが深くなれば役者さんの芝居は上手いですし、いいキャラになりそうな気がするのでとっとと眼魔サイドの描写を深めてくれと思います

本当にそれに尽きます。新しい眼魂よりも、今は眼魔関連の事が知りたいです。
[ 2016/01/31 22:48 ] [ 編集 ]

アランのキャラと恐ろしさが描かれてないんでネクロムに変身してもあんまり強そうに見えないんですよね。

鎧武のシドやザックは、初期のころは「単なる錠前ディーラー」「戒斗の取り巻き」程度の描写しかされておらず、アーマードライダーに変身するまではさして重要なキャラではありませんでした。(特にシドは序盤で退場する予定だったらしいです)

ただアランに関しては、明らかに物語的には重要なキャラと立ち位置であるはずなのに、掘り下げが少ないうえに「人間たちを支配する」とのたまうのであまりにも魅力不足です。
[ 2016/02/04 20:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

アランの描写が少なすぎる点には私も同意します。
感情移入しようにも情報が足りませんし、今回の話からして話自体もキャラクターと歩調が合っていないように思えます。
製作サイドは一体何を考えて彼の描写を薄くしたんですかね。

>鎧武のシドやザック

どちらも後付け設定でライダーに選ばれましたからね。ザックなんて初期だと割と卑怯な手を使っていたのに、
ある時期を境に物凄く真っ当なライダーに様変わりしました。現在でこそ人気はあるものの、当時はちょっと困惑しました。
[ 2016/02/05 00:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1175-f274178c


仮面ライダーゴースト 第16話「完璧!白い仮面ライダー!」

仮面ライダーゴーストの第16話を見ました。 第16話 完璧!白い仮面ライダー! 「カノン」 「何?お兄ちゃん」 「お前も元気になったし、俺はけじめをつけようと思う」 「けじめ…まさか!?」 タケルと同じように龍の意志を継いで戦う決意を固めたマコトはタケルに“けじめ”をつけるため眼魔の世界へ戻ると告げる。 「俺が向こうに行ってる間、カノンのことを頼みたい」 「俺...
[2016/01/31 18:31] URL MAGI☆の日記