今週のGO!プリンセスプリキュア 50話(終)

GO!プリンセスプリキュア 第50話 『はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!』

プリプリepfin 0

最後までキャプ画の保存名は「プリプリep○○」でした。プリプリって脱糞してるみてぇな名前だな
クローズとの決着、夢と絶望の折り合い、仲間との離別、そしてその先に待つ一筋の夢ヘの道。
良い意味で後日談では済まされない、全てが凝縮された最終回の50話でした。
道は違えど、心から願えば絆は断ち切れない。同じ空の下、「夢」という絆で彼女たちはこれからも繋がり続ける。
本作のテーマをきちんと描きながら、最終的には「友達」というプリキュア元来のテーマに収束するとは秀逸な構成です。

ただ一部気になる箇所がありました。クローズとの戦闘時のことです。

絶望の化身となったクローズはフローラに熾烈なまでの攻撃を仕掛けました。
そこでフローラは現在に至るまでの失敗経験を思い出します。
しかし失敗があったからこそ目標も達成できた。それらの経験を全て有耶無耶にすることはできない。
そんなフローラが出した解答は要約すると、
「夢と絶望は表裏一体。だからこそ向き合っていく」
というものでした。

この作品では、「夢」と「絶望」は対極するものだと描かれていました。
プリキュアたちが「夢を叶えようとする力」で戦っているのに対し、ディスダーク側は常に夢を否定してきました。
このことから、ディスダークの持つ「絶望の力」のソースというのは、「叶えようとする力」の対極、つまりは「叶わずに散った夢」なのだと思っていました。

ところが今回の話から察するに、作中における絶望とは、「夢を叶える上で経験する失敗」のような描かれ方をしていました。
そ、それは絶望というよりむしろ「挫折」と言うのでは…? スケールがあまりにも違いすぎるような。
絶望って、もう少し取返しのつかないこととか、先の未来が絶たれてしまうような、もっと壮大な事態のことを言うと思ってんですが。
ディスダークは何度も夢そのものを否定してきたんですから、表裏一体で済んじゃダメだと思うんですが、どうでしょう?
絶望の対義語は、あくまでも希望。個人が抱く夢とは、少し違うと思うのですよ。
夢を叶える過程で挫折することは承知ですが、絶望はしたくないです。そんなもの、両立したくないです。

正直かなり面喰いましたが、先述した絶望の定義を仮定とすると、過去の気になってた描写も納得がいってしまうんです。
前回のディスピア誕生の経緯は「ホープキングダムから生まれた絶望が集まって誕生した」と説明されたわけですが、
この絶望が挫折と同意義のものであるならば、ホープキングダムに絶望が集まるのも頷ける話です。
なるほど、製作側は絶望のことをそのように思って描いてきたんですね。俺には全然分かりませんでした。
つーか、「絶望は夢を叶えるうえで生まれる」なんて定義しちゃったら、夢がなくなる=絶望もなくなるわけですから、あんまり夢を否定したらディスダーク無くなっちゃいますよ!?

最後の最後で意識や価値観のズレを感じることになりましたが、それ以外は概ね楽しめました。
先述した違和感も、「失敗あってこその夢」という主張に対して異議はありません。
事実、はるか達は何度もくじけては立ち上がってきたわけですから、説得力は物凄かったです。ニンニンジャーとは大違い。
最終回に相応しく、メリハリのある綺麗な終わり方に仕上がっていました。


プリプリepfin 1

さて、今週で終わってしまいましたGO!プリンセスプリキュア。
過去の例からは信じられないほど安定した作画、ストイックに追及されたテーマ、
徹底的に管理されたキャラ設定などなど、褒めるべき点は沢山あります。
でも1番評価すべきは、この作品がプリキュアシリーズの中でも『愛情』というテーマから脱却できたことだと思います
何せこのテーマはシリーズが始まって以来… 特に近年では呪いのように纏わりついてきた設定でした。
前々作のドキプリは表現方法がアレすぎてはっきり言ってクドかったですし、前作のハピプリは最早哲学の領域に片足突っ込んでました。
おまけに敵組織の出自が、家庭内や恋愛関係のゴタゴタや痴話喧嘩を延長させたものばかりでした。これはいただけません。

そんな中放映されたこの『GO!プリンセスプリキュア』は、「愛」という言葉を一切使わずに、プリキュアや友情を描いてみせました。
もう、これ以上ない大快挙だと私は思っています。散々纏わりついてきた設定を、ここまでスッパリ断ち切れるとは。
過去作ではサブ脚本を担当していたシリーズ構成の田中さんが「これはマズい」と思っていたのか、それともスタッフが流石に頭打ちだと感じたのかは不明ですが、
ここまで話全体に「あざとさ」を感じさせないのは新鮮通り越して驚愕でした。

また、今までの作品とは所謂「日常回」の捉え方も違っていました。
過去作であれば、日常回は次の起点となる話までの継ぎ足し・捨て回のようなもので、「面白ければそれでいい」と思っていましたが、
今作はほぼ全ての話にまんべんなく「夢」というテーマを散りばめていましたので、中だるみすることなく確かな見応えを感じました。
今回の話を見ても分かるように、何気ない日常回もきちんとラストの展開に収束してるんですよね。
反面、テーマ性を追求したせいか過去作と比べてギャグ描写がかなり収め気味になってしまいましたが、
その場限りのギャグをやられるよりは、地味でも真面目に話を進めてもらった方がこちらも嬉しかったので、これはこれで満足です。

ただし悪役の描写の補完とかは相変わらずガバガバな面も散見されました。
前半のクローズも、クロロも、トワイライトも、思わせぶりな描写が多かった割には明確な答えが出ませんでした。
トワイライトに至っては本当に持論を振りかざすばかりなので、「言いたいことは分かった。して、その根拠は?」と脳内で突っ込むことが多々。
(尤も彼女は洗脳された身であり、「根拠なんて最初からない」というのが模範解答なのでしょうが、正直モヤモヤは晴れない)
つまるところ悪役の行動理由は「全部ディスピアが悪い」ということになるので、ディスピアの出自がハッキリしていれば納得もできていたのですが、
その結果は… お察しください。彼女は所詮テンプレ悪役に過ぎませんでした。何だかなぁ。


プリプリepfin 2

1年間色々ありましたが、とにかく今までとは比較にならない、「これぞGO!プリンセスプリキュアだ!」と唸らせる魅力に溢れた作品でした。
私がリアタイで視聴を続けてきたプリキュアシリーズの中で、最も穏やかに視聴を終えられた作品かもしれません。
特に「愛」を徹底廃止した作風はこれからも続けてほしいけど、次回作はまた2人路線。難しいかな。でも教訓は生かしてほしいな。
それでは番組スタッフ・キャスト並びに、最後まで当記事をご覧になさって下さった方々、ありがとうございました。
オツカーレ!




プリプリepfin 3
関連記事
スポンサーサイト

ついにエンドカードにまで見切れる一般通過パイセン

最終回は丸々エピローグかと思いましたが、クローズが最後に立ちはだかるとは…
とはいえ、復活以降フローラのライバルとしてキャラ立ちした彼を最後の敵にするのは納得です。
本来1クールで退場の予定だった彼をこのポジションに据えたのは筆者様の仰るようにディスピアの様な概念的な存在では
フローラの敵として釣り合わないからかもしれません。
前回のおさらいですが、今までのプリキュアはバトル物として敵との決着はしっかりつけて来ました。
しかし本作は「夢と絶望は表裏一体なのでどちらも消し去ることはできない」としてクローズは倒される事なく。
かといって浄化され改心する事なく身を引く形で戦いは終わりました、最終回にして「ごきげんよう」という決め台詞が正しい意味で使われました。
従来作のカタルシスを求める視聴者には物足りないでしょうが、私個人としてはプリプリらしい終わり方だなと満足です。

オールスターズは別の世界線と考えて除外しますが、Cパートで夢に向かい各々の道を行くはるか達を見れたのは最後まで観た視聴者へのサービスですね。
ゆいが絵本で一山当てるのは大体想像がつきましたけどw
今まで、妖精や異世界との離別はぼかされたりご都合主義で見送られたりしますが、はるかとカナタのお別れをしっかり描いたのは好感が持てます。
一期一会、出会いに別れは付き物ですし悲しいだけではありません、未来の夢に向かいサブキャラ含め皆が前向きなエピローグは素晴らしかった。

近年のプリキュアは設定やキャラの性格がブレたりシナリオのテーマが右往左往したりでトータルバランスが悪い印象でした。
しかし、GOプリンセスプリキュアは文字通り「初志貫徹」で夢を叶えるべく戦う少女達を描き切ったと言えます。
制作スタッフの皆様の健闘を称えたいです、そして声優、嶋村侑さんの代表作は「リーンの翼」でも「Gのレコンギスタ」でも無く。
このアニメの主人公、春野はるか=キュアフローラって事になるんでしょうねぇ…富野発掘声優って皆こんな感じですね…
[ 2016/02/01 09:20 ] [ 編集 ]

Re: ついにエンドカードにまで見切れる一般通過パイセン

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

話の締め方は十分良いものだと思います。
ただ、はるかが経験してきた挫折などは確かなものですが、それを全て「絶望」という概念に一纏めして、
更にそれを「夢と絶望は表裏一体」というあたかも一般論かのように語るのは、流石に論理を飛躍しすぎているのではないかと思いました。
夢を叶える為に挫折することは仕方ないことですが、流石に絶望までしてしまうというのはスケールが違うのではないかと。
Cパートのエピローグは私も「おお!」となったので、ただその一点が気がかりでした。
それにしてもプリンセスを目指すはるかの大人の姿って、一体どんな経験を積んできたんですかね…
[ 2016/02/01 23:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1176-8078e2ad


Go!プリンセスプリキュア 第50話「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」

Go!プリンセスプリキュアの第50話を見ました。 第50話 はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア! ディスピアとの戦いが終わり、学園の生徒達からの歓声が沸く中、地上に舞い降りるはるか達に黒い羽が放たれる。 「…!?そんな…クローズ!?」 「一体、何故…!?」 「知ってるだろ?ディスダークは何度でも蘇るぜ!ディスピア様は最後に俺に全てを下さった。あらゆる夢を閉ざ...
[2016/01/31 18:16] URL MAGI☆の日記