今週のバトルスピリッツ 烈火魂 44話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第44話 『天と海の狭間で』

烈火ep44 0

ゴッド・ゼクス-破ノ型-のCGの動き方が、これまでサンライズが培ってきたロボアニメのノウハウが生かされてるようでニヤニヤできる
ちくしょう、バトルが面白いじゃねぇか…!
結果は分かっているというのに、中々燃えましたぞ…!

大筋だけ見れば、大六天魔王の「天魔王ゴッド・ゼクス-破ノ型-」のお披露目回なのですが、
重要なのは、決してゴッドゼクス-破ノ型-が勝負の明暗を決定づけたということではないこと。
いつもまら「キースピリットの登場→逆転勝利!」という流れが通例ですが、
今回早雲の敗北を決定づけたのは、あくまでもジーク・ヤマト・フリード。およそ5年前に登場した古参カードです。(もうそんなに経ってたのか…)
かつて制限を受けるほどの強力カードだった(今は制限解除)ジーク・ヤマト・フリードを最後の最後で登場させるとは、度胆を抜かれましたとも!
一方の早雲も、ゴッド・ゼクスを倒すために新ソウルバーストを盛り込んだ着実な戦術や、
破ノ型登場直後も必死に食らいつこうとするその姿は、かつての連敗時代を払拭させるような活躍っぷりでした。

次回以降はいよいよ大会編もクライマックスの準決勝。
「幸村VS利家」「謙信VS大六天魔王」となるのは簡単に予想できますね。
前者のバトルでは、バーニング・ソウルドラゴンとレオンランサーという2大キースピリットの一騎打ちに期待がかかります。

レオンランサーのソウルドライブでバーニング・ソウルドラゴンが破壊

武将転生で復活

バーニング・ソウルドラゴンでブロックし、レオンランサーを撃破


という以前の流れがそのまま再適用可能ですが、大丈夫でしょうか。
BPに関しても、武将転生のフラッシュ効果を含めば、バーニング・ソウルドラゴンLv3の時点でレオンランサーの最大BPを超えることは可能です。
流石に以前と同じ展開ではグダグダになってしまうので、良い方向で予想を打ち破ってくれるといいのですが。

一方後者の大六天魔王のバトルですが、謙信のセンリュウカクはゴッド・ゼクスの天敵とも言える【超装甲】持ち。
この壁をいかにして攻略するかが見どころになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

ゴッドゼクスは現実では出そうと思うとちょっと大変そうですね。
でも、バトスピの敵のスピリットのデザインは好きですね。
個人的にはジ・エンド・ドラゴニスが好きでした。
[ 2016/02/11 20:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>ゴッドゼクスは現実では出そうと思うとちょっと大変そうですね。

ゼクスもそうですが、破ノ型を普通に召喚しようとすると苦労しそうですね。各種シンボルで1コずつしか軽減できないとは…

>個人的にはジ・エンド・ドラゴニスが好きでした。

いかにも悪役らしい、漆黒のドラゴンデザインでしたね。
バトスピアニメではそういったスピリットの全身が見られるので、本当に貴重な機会ですね。
[ 2016/02/11 23:06 ] [ 編集 ]

毎回感想楽しみにしています。
最近のバトルはフラッシュやバースト、マジックを多彩に使った戦術がおもしろいです。やっぱバトスピはこうでなくちゃ。烈火魂も前半からこうしてほしかった。

準決勝の組み合わせは意外な組み合わせになりますよ。利さんに期待大です。
[ 2016/02/12 14:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

早雲!!!!様、コメントありがとうございます。

烈火魂のバトルは、この準々決勝から本気を出してきた感じですね。
割とルール説明とかは丁寧だったのでスロースタートだったのは仕方ないのですが、
あの大会1回戦のグダグダ&過去カードsage展開はどうにかしてほしかったです。

>準決勝の組み合わせは意外な組み合わせになりますよ。

なんですと! 幸村と利家が直接対決しないということですかね。
しかしどう転んでも面白そうな展開になりそうです。楽しみですなぁ。
[ 2016/02/12 15:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1186-d3d9f36e