【正解さえも】 今週のニチアサ 44週目 【間違えさえもない】

前書き。

報告してませんでしたが、メダロット7買いました。カブトverです。
初回生産版だったのでARカードも付属。やったね!
3DSの綺麗なグラフィックがメダロットとすごくマッチしてますし、バトルのテンポもすごくいいですし、自分の好きな機体が復活してくれたこともあって大満足な出来です。
ただ現在はある場所で行き詰まり中…(-"-) ゴリ押しだけじゃあうまくいきませんな。
また色々とメダロット業界に動きがあるといいんですけどねー。

以下防衛軍3Pのペイルウィングの使用が条件付きということに少しガッカリな気分でお送りします。



バトルスピリッツソードアイズ 3話 『兄と弟 白夜の宝剣ミッドナイト・サン!』

ソードアイズep3 4

今週のバトスピは全体的に筆者の不安要素をある程度解消してくれた回でもあります。
まず嬉しいのがOP映像が変わったこと。
今までのOP映像は全体の9割が第1話のシーンをそのままもってきてるだけというOPとしては実に手抜きな出来栄えでして、「このままの映像でいくの!?」と実に不安でした。
それが今回ちゃんとOP仕様の映像に差し替わったため一安心。まあバトスピも4年間続いてるんですからスタッフもバカではないでしょう。

ソードアイズep3 3
ソードアイズep3 5

今回のお話の中心はずばりツルギとヤイバ、兄弟バトルの正面衝突!
ヤイバの切り札、『闇皇ナインテイル・ダーク』とそのソードブレイブ『白夜の宝剣ミッドナイト・サン』もバトルにて初披露です。九尾の狐が剣を加えて攻撃するのは中々様になりますな。
バトル内容はかなりシンプルで、ひたすら上記に挙げた2枚のカードに翻弄され、ツルギは負けました。
一定のBPまでのスピリットを一掃するシャイニング・ドラゴンに対し、敵スピリット1体を手札に戻し、追加効果「ラッシュ」で更に敵スピリット1枚を疲労させるなど、確実に攻撃を決めていくスタイルのナインテイル・ダーク。
一方的なバトルでしたが、ナインテイル・ダークやラッシュなどの効果を説明するには十分な内容かと。

ソードアイズep3 1
ソードアイズep3 2
ソードアイズep3 6

更に今回は待望の登場人物、キザクラが初登場!
光のソードアイズの持ち主ですが、ソードブレイブは未所持。本人の興味は専らお菓子のようです。
声の担当は大好き堀江由衣さん。ご活躍についての説明は不要でしょう。
出番自体は最初の方にちょこっと出てきただけで以後はツルギVSヤイバのお話に展開していくのですが、
如何せん中の人の効果で今回スレ住民が集めた画像リストはキザクラ塗れ。どこを見てもキザクラです。
先日、公式サイトの告知でキザクラが登場することを知ってこうなることは大体想像できていましたが…
うん、できればこうなってはほしくなかった(笑) キザクラ以外の画像はないんかい!
大して活躍の無かったキザクラですが、ヒロインらしくフラグは建ててくれましたので今後の展開に期待です。




特命戦隊ゴーバスターズ Mission31 『宇宙刑事ギャバン、現る!』

ゴーバスep31 1

亜空間を制圧し、とりあえず一段落のゴーバスターズ。
そんな彼らを待っていたのは…前世紀のメタルヒーロー、宇宙刑事ギャバンとの夢の共演!
誰もが期待と不安を抱いたことでしょう。まあ制作側に一番の目的は映画宣伝でしょうが。強いられてるんだ!

ゴーバスep31 2
ゴーバスep31 3

全体的な出来栄えは結構良かった方じゃないでしょうか?
オーズの1000回記念のような「ヒーロー」としてのメタ展開はなく、いつものお話の延長線上という展開にしてくれたのはとても見やすかったので非常に嬉しかったです。
新ギャバン役の石垣拓磨さんもアクションのキレがすごい! 特撮ヒーローに恥じない活躍であります。
相棒のシェリー役の森田涼花さんは3年前の『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンイエロー役も演じられていた方です。世代が違うと言えど、同じイエロー役としてヨーコと絡むシーンはあって正解ですね。

ゴーバスep31 4
ゴーバスep31 5

戦闘シーンもいつものようにキビキビ動いて好印象。
まさか戦隊シリーズでバイク対決が見れるとは中々胸アツ。
串田アキラさん歌う主題歌をバックに必殺ギャバン・ダイナミックをお見舞いするシーンもカッコよかったですね!

ゴーバスep31 6

実にコラボの王道を往ったような出来なのですが、
2話続きな上に作中不自然に登場シーンを連発したエンターさんといい、もしかしたら結構本編の重要なストーリーの箇所なのかもしれません。
このコラボの中、シナリオをどう動かしていくのか。気になりますね~
とりあえずコラボ面に不安は無くなってきたので、純粋に期待してます。




仮面ライダーウィザード 4話 『人形とピアニスト』

ウィザードep4 1
ウィザードep4 2
ウィザードep4 5

ウィザードは3話目に突入!
今回は晴人と共に日食の日の儀式から逃れたミステリアスな少女、コヨミが中心のお話のようです。
新たに晴人の元へやってきた凜子や瞬平に対しては非常に冷たく、その思いは晴人に一途。
人間に擬態したファントムを見抜く力を持ち合わせていますが、原理は不明。
ある種晴人以上に謎に包まれた彼女ですが、今回でそのベールが少しずつ明らかになりました。
明確な答えは今回では提示されませんでしたが、どうやら人間でもファントムでもない様子。(コアチャイルドか)
タイトルにもあるように、晴人から魔力を分け与えてもらって生き続ける「人形」というのが正しい表現でしょうか。
それにしても魔力を定期的にあげなきゃいけなかったり他の仲間を差し置いて「私が!」と名乗り出たりと晴人は大変な子を預けられてしまいましたなw
どうも晴人自身も手を焼いてるようですし。魔力を分けたせいでドライバーがエラーを起こしてしまいますし。
おまけに一般人2人の面倒も見なきゃいけないという…w

ウィザードep4 3
ウィザードep4 4

今回のファントムはケットシー。中々狡猾的に瞬平を追い詰め絶望させたヘルハウンドとは違い、終始けだるそうな雰囲気で上司の命令にも消極的。
絶望に追い込む作戦も単純で少々投げやり気味。めんどくさい部下を持ってしまったもんですなんぁ、メデューサさん。キャラとしては面白いんですけどねw
対するゲートもコンクールを前に控えたピアノ演奏者というこれまためんどくさそうな人です。
芸術家って数ある職業の中でも特に気難しいですからね。一般人がこういう人とお付き合いするようになると何処かズレが生じたりしますw(経験者は語る)
おまけにスランプ中という最悪なコンディション。こういう人に下手にちょっかい出せばどうなるか分かったもんじゃありません。実際作中でも手を切ってピアノを弾けなくさせて絶望させようとするケットシーに対して「ピアノを弾けなくするんだろ! 早くしろ!」と応じてしまう始末。芸術家って恐ろしい。
もう今回はファントムもゲートもどちらも完璧な人選ミスだと思いますw メデューサさん、相手はちゃんと選びましょう。
しかしケットシーの擬態している人=本来の人間は実に陽気そうな黒人さん。
一体彼は何に絶望したのか…? 案外繊細な人なのかもしれないw

とにかく今回だけでは謎が謎を呼ぶばかりです。
それだけに次回にかかる期待も大きいということですが…果たしてどうなるかな?




スマイルプリキュア! 32話 『心を一つに!プリキュアの新たなる力!!』

スマプリep32 1

頼れる仲間は~ 皆目が氏んでる~

スマプリep32 2

バレーにかけた青春~ でも、

スマプリep32 3

みんな目が氏んでる~(泣)

・今回のまとめ
3月
ロイヤル女王「課金してくれたら起きる。」

7月
ロイヤル女王「バージョンアップしたんで再課金してください。そしたら起きる。」

9月
ロイヤル女王「課金アイテム増やしました。課金してください。そしたら起きる。」

最終回
ロイヤル女王「ロイヤルクロック(9240円)が売れ残ってる! 起きない。」

以上です。お疲れ様でした。


…やはり何かが足りませんね。すみません。真面目にやります。嘘ですけど真面目にやります。

タイトルのように、今回は新技バンク披露回です。
久々に単独変身したり、23話以来の黄色鼻のアカンベエが出てきたり、ピースが登場して以来初めてジャンケンが無かったりと色々と特別な回でした。
ですが語るべきはそこじゃないです。ええ、分かってますとも。

スマプリep32 4
スマプリep32 5
スマプリep32 6
スマプリep32 7
スマプリep32 8

今回はほぼみゆき/ハッピーのワンマンショーでしたね。福圓ボイスもここ一番の迫力でした!
とにかく熱い! どんなに傷つき倒れても自らが掲げるウルトラハッピーの信念を捨てないハッピーの姿勢には感動!
23話辺りでも同じことを思ったのですが、誰に教わったわけでもない、彼女達自身が感じ、学んだことだからこそ胸を張って言い切れるんですよね。例えその答えが辛く苦しく、絶望的なものであったとしても、全てを一身で受け止めた彼女達にはその答えを受け入れる強さが備わっていました。
ジョーカーさんのお説教も、ハッピーの主張も全てそういった過去を踏まえているからこそ響くものがあるんですね。
まあお前ら夏休みの間怠け放題だったけどな…


スマプリep32 9
スマプリep32 10
スマプリep32 11

そして待望の新技バンク! 開け、ロイヤルクロック!
力を一つにしたプリキュアとハッピーが生み出した新たな技、その名もロイヤルレインボーバースト!
その内容は… ぶっちゃけ言えばペガサスをフェニックスに差し替えただけのもの。
う、うう~む。星座をモチーフにして攻撃を変化させるアイディアは悪くないと思います。
でも何か! コレジャナイ感があるよ! いつも以上にコレジャナイ感が!
ですが12まで針が動く仕様上、もしかしたら他にも複数パターンがあるのかな。
でもポップの言葉を鑑みるに、フェニックスなだけな気がしないでもない…
つーかマジで鳳凰星座だったよ… 冗談のつもりだったのに。

独自の演出を期待していた新技バンクにはやや肩透かしな印象ですが、
中身となるお話が丁寧かつ非常に興奮な出来栄えだったので私としては大満足です(^^)/
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/23 15:04 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(2)

バイオライダー「プロレスという発想はなかった…」

どうも、昨日東京ゲームショウで色々収穫できたソバスチンです(^-^*)/
前回のコメントでの予告通り地球防衛軍4および3Pの体験版をプレイしましたよ!
4はかなりパワーアップしていました、倒した敵がバラバラになったり建物の崩壊がリアルになったりとヽ( ´¬`)ノ
3Pのペイルウイングも2と殆ど同じ感覚で操作出来ました、コチラの発売はもうすぐです。
 そして私のもう一つの目当てがD3パブリッシャーのお隣のバンナムブースで行われた
「GOD EATER2」のイベントです、発売日が延期してしまいましたがGE2ではなんと
PSP版とPSV版のクロスプラットフォームで発売されることが決定して別ハード同士でアドパプレイが可能だそうです。
さすが別名「バンナム最後の良心」。EDFと合わせて個人的にはPSV始まったなといった感じです
更に会場には出演キャラを演じた阪口大助さんや阿澄佳奈さん等、豪華なゲストも登場して大満足でした(^^)b
帰る前にSCEブースでPSV版の映像を見ましたが凄いです!PSP版でも十分なグラなのに(ノ゚ο゚)ノ

 だいぶ余談が長くなってしまいまして恐縮です(・・。)ゞ
昨日会った阪口さんも出演しているスマイルプリキュアですが
先週と今週とで「制作者が伝えたいこと」がハッキリしたと言えます。
スマイルプリキュアの「スマイル」とは困難や努力を経た上での笑顔ということです
「額の汗さえダイヤモンド。」とOPの歌詞にあるわけですから。
前作の対立軸がモヤモヤしたものでしたからここでシッカリテーマを提示したことは感心です
 やよいのポスターの件やなおのリレーでの失敗等、序盤のキャラ個別エピソードにおいて
失敗したり辛い経験をした事と絡めてジョーカーとの論戦を繰り広げたハッピーは正に主人公です(^^)b
福圓さんの熱演も役を掴んできたこともあって極まれといったところです。
 確かに構成や販促アピールに難がありましたがそういった短所を押し返せる長所を打ち出すのも
プリキュアシリーズの特徴といえますので長所を伸ばす方向で今後ともスタッフには頑張って頂きたいです(^-^*)/

 宇宙刑事ギャバン編が始まったゴーバスターズですが
映画宣伝用の全くの番外編かと思いましたが意外と本編とも絡んでいたのが好感触でした(^^)b
宇宙刑事も特命戦隊も同じ公僕ですし協力するという展開も自然ではありますし。
 ヨーコとシェリーとの和やかな絡みはイエローの共演としてもクロスオーバーとしても良い展開でした
支払いをダイヤモンドの件は原作にもあった気がしますσ(゚・゚*)
ニックとサイバリアンとの並走やソーガン&レーザーブレードでのフィニッシュ等
ハードウェアの面ではゴーカイよりも相性が良いアクションシーンでした。
個人的にお気に入りなダンガンロイドが再登場してくれたことも嬉しかったですね。再生怪人の例に漏れずアッサリやられてしまいましたがw
しかし魔空空間がメタロイドにも有効とはwヨーコとシェリーが吸い込まれたシーンで
「ネビュられたっ!」と思ってしまいましたwだってCGがコピペ(ry
 そしてラストシーンでやっぱり生きていたエンターさんに持っていかれてしまいましたw
ギャバンとマクーの登場を好機と睨んでいるようですが…
確かにWOLT様の仰るように結構今後の本編にも影響を与えるような気がしますねσ( ̄、 ̄=)
[ 2012/09/23 20:52 ] [ 編集 ]

U-MAXのことをウーマックサと呼んでた時代がありました。ごちゃごちゃw

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

東京ゲームショウお疲れ様です! 大興奮の結果だったようですね!
どちらの防衛軍楽しみですね!(^O^) 私もまとまった金が入ったら是非プレイしてみたいです!
なんと! GE2は次世代機と旧世代機で同時発売するんですね。同じようなものではガンダム無双2ぐらいしか聞いたことありませんなぁ。
GEシリーズがvitaで発売するのは中々大きいことだと思います。これから繁栄してほしいですね~

さてさてスマイルプリキュアですが、
ふと思ったんですけど、努力や困難を乗り越えた上で得た笑顔は、その結果の喜びを噛みしめることができるだけでなく、そこに至るまでの過程もひっくるめて全て笑顔で迎えることができるんですよね。
5人で楽しい時間を過ごしながらも、時に辛い思いをして、それでも笑顔になれることの素晴らしさを知ってるからこそ前に進み続ける彼女達にこれ以上マッチした言葉はないでしょう。
そういや自分にもみゆきのことを「ただ騒いでるだけのキャラ」と難色を示してる時がございました…^^;
次回でも大活躍の予感の阪口氏ですが、バトスピの方でもメイン出演が決定しているのでそちらも楽しみです(^^)/

ゴーバスターズとギャバンの組み合わせは意外なほどマッチしてましたね!
ゴーカイジャーは35作品目なだけあってお祭り要素が重視でしたが、こちらでは節目の後の新シリーズだけあって丁寧に作られているのがよく分かりました。
> 「ネビュられたっ!」と思ってしまいましたwだってCGがコピペ(ry
そ、それは気づいても口にしてはいけないのが特撮のお約束だっ!w
エンターさん復活は予期できてたことですが、今回のように一切台詞も無しで姿をチラ見させるだけとなると色々な意味で不安になってきます。メサイアも消されて、エンターさんは一体何を思っているのか…
やはり彼の目的はメサイア関連なのか、それとも…? コラボの方もストーリーの方も目が離せませんね~
[ 2012/09/23 22:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/119-939ef359