【遂に明日から】 今週のニチアサ 45週目 【違法DL刑罰化だよ^^】

前書き。

防衛軍3pいよいよ発売したなぁ… バイトの金が出たらvitaもろとも買おうかと思います。やっぱりプレイしたい。
10月に入って涼しくなりましたねー、と思いきや暑くなったり風が吹いたり雨が降ったり色々大変ですね。
バイトの時だけピンポイントで雨が振るのだけはヤメテホスィ…(´・ω・`)
あー、ゲームがしたい。そんな今日この頃です。

以下、最近ポケモンを再開してタッツーの3V厳選に悩んでいるテンションでお送りします。



バトルスピリッツ ソードアイズ 4話 『光の青き剣、戦輝神ゼルドナーグ』

いきなりで申し訳ございませんが、
今回のバトスピ画像はスレ住民が自重しなかったせいで拾える限りではほぼキザクラしかありません
そんな画像あってもどーすんねんってことなので今回バトスピのみ画像ナシでいかせてもらいます。
ご了承くださいm(_ _)m


バトスピは4話! 今回は新たなる光のソードアイズ、青デッキの使い手ソラ・リュウヨウが登場!
…名前が名前だけに、このブログで扱うとなると鍵剣の勇者とダブってどうも扱い辛い…
アルカディアのとある鍛冶屋を営む傍ら、弟のロンとバトスピを楽しむ一面も。
前回のいざこざで負傷したブリンガーを直してもらうようツルギは頼みますが、ソラは断固拒否。
ブリンガーは型番の古さ故に帝国のスパイと見られている模様。
ブリンガーの疑いを晴らすのと修理を頼むべく、ツルギはソラにバトスピ勝負を挑みます。

この時点で帝国製のドロイドは貧しい人々の職を奪ってたりしてることが判明。
うう、何だか2、3期以来の暗さが垣間見えたような…?

さてさて今回のバトルで、サブタイの通り「戦輝神ゼルドナーグ」及びソードブレイヴ「蒼海の大剣メイルシュトロム」が登場するのですが。
ゼルドナーグは自身の効果である粉砕とチャージを使い、青スピリットお得意のデッキ破壊を披露したのですが、ソードブレイヴの方は何ら効果を出さず、一度もブレイヴ状態で攻撃しなかったのであんまりな印象です。
デッキ破壊の方もツルギが「デッキが減った~ うわ~ん」と一人で気にしてただけで、その後はツルギの無双状態だったので結果としてデッキ破壊はさほど意味もなかったということです。
せっかくの初登場だというのに、かなりあんまりな活躍です。ツルギと勝負するんじゃなくて、敵ドロイド辺りとバトルさせればいいものを。
しかし次回ではまたゼルドナーグが活躍っするぽいので、汚名返上を期待したいところです。

ちなみにソラの担当声優さんは小野友樹さん。
かつて『遊戯王 5D's』で鬼柳京介役を演じられた方です。
今回はバトスピ界にもメイン役として登場! こういう小ネタを知ってると少し面白いですね。




特命戦隊ゴーバスターズ Mission32 『ギャバンとの友情タッグ!』

ゴーバスep32 1

ゴーバスターズはギャバンとのコラボ後編になります!
宇宙管理局と一時的に手を組むことになったゴーバスターズ。その成果は…?

ゴーバスep32 4
ゴーバスep32 5

結論として、コラボ回でありながらもゴーバス独自のネタも込められてて、非常に面白かったです。
何よりもライノダブラーを倒すまでのプロセスが分かり易い。
未知の力を使うのではなく、「武器が無いから勝てない」「ならどうにか武器を転送しよう」という流れはお子様にも理解がし易かったのでは。
ただし森下さんがいくらパソコンを所持していたとはいえ、地上と一切通信の繋がらない魔空間からどうやって武器の転送を可能させたのかは不明。
トドメの必殺シーンも中々カッコいい! ロボ戦で珍しくグレートゴーバスターが格闘シーンを見せてくれたのも良かったです。

ゴーバスep32 3

さてさて我らがお待ちかねのエンターさんがとうとう復活なさいましたが。
…どう見たって様子がおかしい! フランス語こそいつものまんまですが、全体的にフンションが低く口数も少なく、挑発的な笑みを浮かべることも殆ど無い。出てきていきなり戦闘も仕出かしますし…
これ…マジです! このエンターさんはマジになってます!
メサイアを亡くしてただ一人地上に降臨して、一体彼は何を望んでいるのか…?
地軸転換装置を亜空間に合わせるという作戦は上手いこと設定を利用していると思います。
しかしそういった用途に使用している辺り、まだ亜空間を使って世界を支配することを目論んでいるのでしょうか。
まだまだ謎は謎のまんまです。あ~、気になります。

ゴーバスep32 2

そして次回は遂に強化フォームが登場!
見た感じ3人専用っぽいけど、ビート&スタッグ分は無いのかな?
アイツら一応途中参加型のメンバーだけど、そこまで強くはないぞ!




仮面ライダーウィザード 5話 『決戦のコンクール』

ウィザードep5 2

ウィザードはもう5話目。早いもんだなぁ。
スランプに陥ったゲートのピアノ演奏家とコヨミちゃんの謎に迫るお話です。
晴人から魔力を貰って生き続ける不思議な少女コヨミ。その正体は何とファントムを生み出した後のゲート!
普通ならファントムを生み出したゲートは絶望に飲み込まれ死んでしまいますが、どういうわけかコヨミはファントムを生み出した後も自身の体を保つことができたという、正に特異体質。
ただし絶望に飲み込まれてしまったのは確か。この世に生きる為の力は全てファントムに持ち去られてしまったようです。そんな厄介な子をどうして例の白い魔法使いは晴人に押し付…いや、委ねたのでしょう。

ウィザードep5 1

当然晴人と会ったばかりの彼女は絶望まっしぐら。生きるなんてムリムリと自暴自棄に陥っていました。
しかし晴人の「何であろうと今を生きるしかない。その為には今を受け入れるしかない(要約)」と言われて改心。現在に至ります。
う~む、コヨミちゃんの謎もそうですが、何故晴人はそこまで絶望に屈しない力を持っていたのか疑問です。
コヨミ以上にアイツこそ特異体質なんじゃないだろうか。

ウィザードep5 3

そんなコヨミの自身の過去を踏まえた説得を受けた今回のゲート、高木さん。
あまりにも過去の栄光を築き過ぎた故にその栄光にしがみついて生きている…ということでしょうか。
これは悩ましい… 力や名誉を手にした人は何かとしがみついちゃいますからなぁ。今の政治家とか。
彼女の説得を受けてアッサリ改心した高木さんですが、まあこれはれこでヒーローモノとしては良いかと。
コンクールの結果もあんまりなものでしたが、これを期に一から修行するという、まあベタですが良い結果に落ち着きました。
同じ晴人から希望を貰ったもの同士ということでコヨミも凜子と瞬平ととりあえずは仲を保つことに成功しましたし、一安心ですね。

ウィザードep5 4
ウィザードep5 5
ウィザードep5 6

バトル内容は劇場版で活躍したコピーリングが満を持して本編でも登場!
劇場版では4人分身でしたが、今回は大胆に8人分身! 橘さんもこれにはビックリだ!
シメはハリケーンのスラッシュストライクで。竜巻を駆使して回転しながら飛び回る姿は何だかシュールw
ウィザーソードガンを逆手持ちして戦うのも印象的でしたね。今まで逆手持ちで戦ってきたのはカブトだけかな?
ただ今作は今までと違ってリング同士の組み合わせとかが無いのが残念ですね… 素材は面白いものばかりだと思うのですが。




スマイルプリキュア! 33話 『映画村で時代劇でござる!?の巻!』

スマプリep33 1

新八がイケメソになった!(゜∀゜)
え? 新八じゃない…? (´・ω・`)


スマプリep33 2スマプリep33 3
スマプリep33 4スマプリep33 5
スマプリep33 6スマプリep33 7

さあシリアスの後はどっぷり不条理な楽しさで包まれましょう!
というわけで今回のスマプリは映画村でカオスな映画を大撮影! というお話でごさいます。
何と今回の舞台となった映画村は実在する「東映太泰映画村」をモチーフにしたものとのこと。
いつかの道程といい、中々スマプリは挑戦的なこともやってくれますね(´・ω・`)
ちなみに去年のオーズの劇場版では実写の東映太泰映画村が舞台となりました。

スマプリep33 8
スマプリep33 9

とにかくネタ塗れ!
とにかく気の済むまでツッコミ切るか、流れに身を任せてアニメを楽しむかはアナタ次第!
ちなみに筆者は後者を選ばせてもらいました^^ 今回はいくらなんでもはっちゃけすぎだ!
ただ一つだけ言っておきたいのが、まさかブンピーさんが映画監督に転職なさっているとは…
いかなるカオス展開も「面白い」ということでOKしてしまうのは大物というか何というか^^;

スマプリep33 10
スマプリep33 11

バトルシーンも意外と見応えがありました。
カメラのアカンベエの効果で一時停止したり巻き戻ししてプリキュア達を惑わすのは映画撮影時に勝るとも劣らないカオスっぷり!
そして勝因はまさかのキャンディによるゾウデコル! 大活躍でしたね!
そしてシメはポップが持っていく…と、いやぁ、何から何までブッ飛んだお話でした!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/30 15:37 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(6)

新八のコスプレ嵌ってたときの阪口さんはもう…(※TGSで見たソバスチンの個人的な感想です)

どうも、遂に地球防衛軍3Pを手に入れたソバスチンです(^-^*)/
感想はまさにあのEDFが帰ってきたといった感じです(^^)b
箱版をプレイした人にはステージ自体はチョットアレンジされた程度らしいですが
初見のプレイヤーには問題ないでしょうしペイルウイングもありますし。
そしてなんといってもオンライン協力がおまけとは思えないほど快適且つ面白いです(^^)ぼっちの私歓喜!
開発のサンドロットもレギンレイヴ等でノウハウを蓄積してましたからね。
 あと、まぁ紹介しておいてなんですがWOLT様、PSVの購入は悔いの無いように。私にはGE2という目当てもありますから。
まだ代表作といえるものが初音ミクとP4Gぐらいですし、モンハンも様子見みたいですから(;^_^A
老婆心ながら申し上げますが学生時代はお金を無駄遣いできる最後のチャンスなので色んな方面で消費活動するのも一つの手ですよ。
PSVもいつか値下げされるでしょうし(・・。)ゞ

 さてシリアス回の翌週にいきなりカオスなギャグ回を差し込むのが恒例になってきたスマイルプリキュアですが
私も今回のゲストキャラ深澤監督役が高木渉さんだったことに爆笑しましたw
MHのウラガノス役の時や5のブンビー役の時も太秦的な撮影所に出撃していましたからねw
 バトル作品のギャグ回ではヒーローの活躍がまんま撮影されて放映されるなんてオチは結構定番ですけど
ポップの超編集には不意打ちでしたw彼は万能キャラですねwしかし、今回は浮かれていたのかバトルでは妹に持っていかれましたけどw
前作の嘘映画撮影のギャグ回はこのようなオチを付けなかったのが残念でした、しかも結局音符が奪われるという茶番(ry
 まぁ、それはともかく次回は久しぶりにクラスメイトにスポットが当たる回のようですし
文化祭でファッションショーというとハートキャッチを思い浮かべますけどどのようなエピソードになるのか興味深いです(^-^*)/

 宇宙刑事ギャバン編後半戦のゴーバスターズですが、意外と言ってはなんですが先週に引き続いて
二代目ギャバンの十文字撃の活躍は控えめであくまでGBの面々を立てる役柄だったのが返って好印象でした。
ギャバンの本格的な活躍は映画を見よ!といったと頃でしょうか?
 今回はオペレーターの森下くんが大活躍だったところがGBらしい展開でした。
GBのチームワークを不安に思う撃を見て自身に出来ることをしようと奮起するなど
「プロの誇り」というものがこの作品からは度々描かれますね。
 一同の前に遂に姿を現したエンターさん、ライノダブラーと手を組んだかに見えましたが
やはり目当ては地軸転換装置でしたかwせっかくのゲスト怪人でしたが残念な扱いになってしまいましたね
因みにライノダブラーの声の出演はSTA☆MENの鳥海浩輔さんですね、私は「デ・ジ・キャラット」のリク・ハイゼンベルク役が印象深いです。
あとつい最近まで某ガンダムで宇宙海賊になって強いられてもいましたがw(゚ー゚;A
 無事ギャバンも任務を果たし銀河連邦警察へと戻りましたが
エンターの新たなる野望は一体何でしょう?強化装備の登場も含めて盛り上がって参りました(^^)b
[ 2012/09/30 20:14 ] [ 編集 ]

フォーゼ&ウィザード「イナズマンはともかく、ポワトリンって!?」

 今週はウィザードのコメントもさせていただきますm(_ _)m今回はヒロインのコヨミの素性が判明しましたね。
ファントムが誕生した後の抜け殻になってしまったとは晴人以上に特殊な存在なようです。
彼女が晴人以外に頑なに心を開かなかったのはそんな事情もありますが
魔力の補充が必要な自身の存在が晴人にとって足枷にになるのが不安だだったのでしょう。
加えて瞬平はともかくそんなリスクの無い凛子が協力者として現れれば尚更でしょう。
 あらゆる状況に屈しない晴人の強靭な精神力は何処から湧くのかは確かに気になりますね
コヨミの本来の記憶もひょっとしたら取り戻したで何か一波乱あるような気もします「(ーヘー;)
 初回のアクションと比べれば大人し目ではありますがコピーリング等の独自の魔法バトルも中々です(゚∇^d)
ハリケーンスタイルは直球勝負なカッコよさですwタイバニでも風使いのスカイハイがトップヒーローですしw
 しかし今回のファントム、ケットシーはやっぱり退場するのは中々惜しいですね。
元芸人(塩コショー)のベルナールさんは私、結構好きな役者さんなので(・・。)ゞ
「わざわざ絶望させるのめんどくさいっすよー」という意見にフェニックスさんも何気意気投合してましたしw
もうファントム側の屋台骨はメデューサにかかっていますw
 ピアニスト高木の心を救い凛子&瞬平とも和解できたコヨミは今後ヒロインとして
どのような活躍をするのか?前作の反動か比較的古風なキャラ付けなので結構過酷な運命が控えている気もしますね「(ーヘー;)
[ 2012/09/30 20:44 ] [ 編集 ]

Re: 新八のコスプレ嵌ってたときの阪口さんはもう…(※TGSで見たソバスチンの個人的な感想です)

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

3pはやっぱりやりたいです~ 某電化製品店に設置されたPSVの画面みたらそれはもう一層w
お金の方ですがもう既に好き勝手使わせてもらってるので(笑)、あまり躊躇はありません。
今欲しいS.H.Fは大体揃えましたし、3DSのゲームも今は来年のMH4ぐらいしか視野に入っていないので、
次なる目標はPSV及び防衛軍というわけですw HD版のメタルギアもちょっとやってみたいですし。
ただPSP防衛軍2pも未プレイなので、迷うとすればそちらも気になっています。
いずれにしても最終的にはどちらも購入したいところです。待ってろ私のライサンダーZぉ!

さてさて前置きが長くなりましたが、
今回の映画撮影回は「真面目」に「カオス」なお話を仕上げましたからね。前作は土壇場のピンチを紛らわせるべく行った手段なので何もかも中途半端なわけですね。最初から何かしらの映画を撮る気マンマンだった今作にかなうはずありません。
ポップの超編集は私の中ではアカンベエに刀を打ち付けた瞬間のシーンをプリキュアがアカンベエを浄化するシーンに合わせて、さもポップがアカンベエを倒したかのように見せるシーンを期待していたのですが…
なるぼと、全シーンに渡って編集してきましたねw これもまあいいハッチャケでした。

ゴーバスでは久々に森下君が大活躍しましたね。ヒロムの主張同様、最近影が薄かったので冒頭の説明シーンを淡々と喋る様子は「森下君ってこんなのだっけ?」と首をひねってしまいました。
そんな彼も仲村さんの激を喰らって必死にゴーバスターズに尽くそうとしていましたね。
ゴーバスターズという大きな組織は多くの作業員達の手無しでは成し遂げられないと改めて実感させられるシーンだったと思います。
そういえばライノダブラー役の鳥海浩輔さんもSTA☆MENの方でしたね。このグループのメンバーもいよいよ大詰めになってまいりましたw
某宇宙海賊の首領兼スーパーパイロット(笑)の役も鳥海さんでしたか。演じられていたキャラは三世代の中でも嫌いではなかったのですが… ウーン、やっぱりあの脚本が… ウーン。
何はともあれ次回は強化フォーム回! 某雑誌の情報によりますとエスケイプも生存し、エンターさんも新たなる対抗手段があるらしいので期待が高まりますね。
[ 2012/09/30 22:06 ] [ 編集 ]

Re: フォーゼ&ウィザード「イナズマンはともかく、ポワトリンって!?」

さてさてウィザードのコメントの方ですが、
コヨミの正体にはちと驚きです。ファントムの抜け殻というのは予想できませんでした。
晴人の足枷になるのが不安ということですか。なるほど流石ソバスチン様です。
登場人物を深く考察するのは私も見習わなければなりませんm(_ _)m
何れにせよ晴人から魔力を受けねば生きられず、動いていても手が冷たいなど生気が感じられない彼女は自分のことを人間とは違う化け物だと思っていたところもあったのでしょう。
それが今回、凜子と瞬平に自分達は同じ晴人から希望を貰った者」という、少しでも仲間扱いされたことで、彼女自身が完全に理解されなかったとはいえ仲間扱いされたことで少なからず心の何処かで安堵を得られたのでしょう。

私もベルナールさん演じるケットシー退場は残念に思います。ハッキリ言ってKABAちゃんよりもこの人をメインメンバーに入れてほしい!
仮面ライダー作品数あれど、黒人のニイちゃん(といってもお歳40なんですね^^;)、それもあんなノリノリな役を演じられた人はそうそういないと思います。
間違いなく私の中で強く印象に残った悪役でしょうw

さてコヨミの正体も判明したことで、残るは彼女の正体に基づく伏線。
某所ではコヨミのファントム=メデューサでは? という意見もありますが…
こればっかりは流石に観進めていかないと分かりませんね。ミステリアスな風貌の彼女ですが、悲劇的なオチは避けたいところです。
[ 2012/09/30 22:24 ] [ 編集 ]

MGS3とサクラ大戦3の井上喜久子(17)こそ至高!

度々失礼しますm(_ _)mソバスチンです。
WOLT様は地球防衛軍2Pの購入も考えていらっしゃるようですが
難点といったら未だにUMD版しか存在しない、つまりPSVでのプレイが出来ないところですかね。
私は所持していませんが、モンハン3rdのDL版は方向キーでの視点操作をPSVの右スティックに割り当てられるそうです。
EDF2Pはモンハンタイプか4つのボタンでテクニカル操作の視点移動をするので評判はあまりよくありません、最適化したDL版をリリースすれば問題解決なのですが…。
[ 2012/09/30 23:04 ] [ 編集 ]

Re: MGS3とサクラ大戦3の井上喜久子(17)こそ至高!

ソバスチン様、わざわざコメント返答ありがとうございます!

2pは操作の面など色々問題があるようですね。
正直PSP末期に発売されたこともあってDL版が出るかは怪しいですが、一応様子見すべきですね。
本当にDL版が出ればPS2のテクニカル操作のような快適なプレイができそうですね。
それにしてもPSVはPSPのDL版ゲームもプレイすることができるんですね。それは知りませんでした。
色々と情報ありがとうございますm(_ _)m
[ 2012/09/30 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/120-bed2127c