今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話 『相棒』

鉄血ep20 0

某ガンダムの某監督の某奥さんである某脚本家がお亡くなりになったそうです。
ご冥福をお祈りします。
地球に着いたことで、ようやく話も大きく進みましたね。そんな20話目。
蒔苗氏と会談したら、彼の政界復帰のダシに使われるだけでした、という結果に。案の定といえば案の定の結果です。
そして一方ドルト・コロニーでは、泥沼化していた革命が成功しちゃったらしい。その代わりサヴァランは責任とって自殺。
奇しくも革命の成功はクーデリアの演説がきっかけとのことでしたが、それならもっと早くコロニーの事情を察知して行動に移っていれば余計に犠牲者も出なかっただろうにと悔やまれない。
尤もドルトコロニーはあくまでも鉄華団の仕事の影響で立ち寄っただけですので、クーデリアにそこまでの責任があったかと聞かれると微妙なところです。
しかし労働者側のトップが死んで、多くの犠牲者が出たというのにアッサリ和解してしまうなんて、話がウマすぎるとも思ってたり。

手ぶらで火星に帰るわけにもいかないクーデリアは蒔苗の話に合意。
一山当てる覚悟でオルガも了承する方針みたいですが、そこに待ったをかけたのがビスケット。
このまま地球を去ってテイワズの下で働くだけでも資金は潤うだろうし、十分やっていけるとは思いますが…
今のオルガは「進むか、退くか」の2択を選んでいるのではなく、とにかく「前へ進むしかねぇ!」と退路のことをそこまで深く考えてないような気もします。
「鉄華団団長の決定」ではなく、「オルガ・イツカ個人の決定」って感じ。リーダーであれば引き際も肝心かと思いますが…
何というか、オルガの雑草魂が激しすぎて、ちょっと子供っぽく見えてしまいます。ビスケットに文句言われて割とヘコんでたし(笑)
とはいえおやっさんが言ったように、どれが正解か不正解かなんて誰にも分かりません。
しかしもしクーデリアと蒔苗の交渉が上手く進んじゃったら、クーデリアは本人の手に負えないくらいの地位を手に入れちゃいそうです。
現在こそ鉄華団に守ってもらっているものの、元々フリーみたいなものですよね、彼女って。どうなるんだろう。

次回は権力だけは無駄にあるセブンスターズ筆頭のカルタが鉄華団を追いかけてくる模様。
戦闘が起こる話もそれなりに多くなってきましたね。製作途中でテコ入れが入ったのかな?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/21 20:53 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(3) | CM(8)

20年ぶりにテレ朝に現れた白い悪魔に完全敗北したブレイブビーツUC

http://www.nagoyatv.com/gundam-unicorn/
筆者様はブレイブビーツお気に入りだったようですが今期で終了とは残念でしたね、メ~テレ(旧名古屋テレビ)枠でガンダムだとZZ以来ですか。
再編集版ガンダムユニコーンは2クールの予定ですが新規カットとOP&EDはどうなる事か?
せめて、リディとロニの件は丁重に描写して欲しいです、ドラマパートは圧倒的に不足してましたから。
ついでに勇者シリーズも復活しませんかね?ブレイブビーツの『ブレイブ』は勇者シリーズを意識してたんですね。

やっと地球に辿り着いた一行が自然に驚愕するシーンが印象深いですね、ガンダムでは定番と言えば定番ですが。
宇宙世紀のスペースノイドは雷を連邦の新兵器と勘違いしたり、オーストラリアのクリスマスが真夏と知らなかったりしましたが。
屈強な昭弘たちが魚を恐れるとは…こう言ったカルチャーショックを描いてくれるのは丁重で好印象ではあります。

蒔苗の言葉を要約するとドルトコロニーの革命は成功した物のアフリカンユニオンの国力が落ちてしまったという事ですよね?
これに乗じて蒔苗はオセアニア連邦のトップに立ちクーデリアもその片棒を担げと…
つまり「強者を倒せば弱者が救われる」事は現実的には起きず新たな強者の糧にされる可能性の方が高いと言う事です、サヴァラン兄さんを始め多くの犠牲の下に…
クーデリアや鉄華団の前途を示唆しているようにも見えるのですが…

ここに来てビスケットの懸念が吹きあがってきたのも当然ではあります、アルトランド兄弟の時と違い遺言で死にゆく兄の胸中を知ってしまったのだから。
オルガ自身は周囲(特に三日月)の期待で自らを鼓舞して突き進んでいたわけですから団員自身が辞意を現されると弱いですね。
ゆくゆくは三日月も彼の元を離れそうな気がしますが…

次回は早速地上戦で確かに梃入れ感が出てきましたね、第6形態はまだ早そうですがバルバトスはどの様に地上戦に対応するのか?
そしてアインが瀕死になった遠因を作ったマクギリスが白々しくも親友に阿頼耶識手術を勧めるとは…
彼は最後まで邪悪なイケメンライバルとして君臨できるのかも見ものですね。
[ 2016/02/21 22:09 ] [ 編集 ]

ようやく出てきたOP2の地上用ブースターですが

バズーカとかで感覚が麻痺してたんで普通に相手が使ってくるとは…流星号はリアスカート換装しちゃってますから当然と言えば当然なんですけども


そして久々に戻ったと思ったら黒いよ、チョコの人…この状況だと新MSGがアインの機体に為りそうなフラグが立ちかけてるのもまた
[ 2016/02/22 16:34 ] [ 編集 ]

次回の地上戦ってテコ入れなんですかね。
円盤の収録話数は25になっていたので残り5話。
一応22話も戦闘はあるみたいですが、テコ入れするには残り話数少なすぎるし、その割には今回丸々一話戦闘無しと今まで通り丁寧な説明回挟んでたので。

新商品の大型MSが出る予定なので(魔改造されたアイン用?)、高確率で最終決戦で一話使用。
本当にテコ入れが入ってるなら余った二話も戦闘回になるのでしょうか。
個人的にここまできたら肝心の交渉と演説?は一話丸々使ってでも丁寧にやって欲しいです。
[ 2016/02/22 16:51 ] [ 編集 ]

まあ流石に終盤ですし、戦闘シーンが多いのは当然だと思いますがね

個人的にはアインが生きていたこととガリガリの人が意外と部下思いなところだったことが印象的でしたね。

ただガリガリさんの言動から思うに、彼はアインの気持ちを組んでいるように思えないんですね。殺された上司の敵を打つことを否定せず、彼を再び戦わせてやろうって気持ちは理解できるんですけど、もしそう思っているのなら「アインを化け物にする気かっ!?」なんて言わないとは思うんですよね。もしアインだったら、戦えるのならどんな身体にされようともそれを受け入れるでしょうし。

前にもWOLTさんが仰ったようにガリガリさんは、いい人ではあるんですけど人間的には結構問題がある人なんですよね。
クランク二尉にも言えることなんですけど、この作品のいい人って、善意がただ一方的で身勝手にも近いように思えます。
[ 2016/02/22 17:50 ] [ 編集 ]

Re: 20年ぶりにテレ朝に現れた白い悪魔に完全敗北したブレイブビーツUC

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>筆者様はブレイブビーツお気に入りだったようですが今期で終了とは残念でしたね

日曜7時枠はコンスタントにアニメを放送していく枠であることは重々承知してましたが、2クールでおしまいとは寂しいですね。
それ以上にガンダムがニチアサ枠に来ることに驚いているのですが… 俺の時代が来たようだ。
ちくわぶドロボー様もこれを期に、他のニチアサ番組視聴してみたい… してみたくなりません?

>「強者を倒せば弱者が救われる」事は現実的には起きず新たな強者の糧にされる可能性の方が高いと言う事です

悲しいですねぇ… それでもクーデリアやオルガは火星独立のために蒔苗の話に乗ることにしましたが、
結局強者の後を追いかけてばかりでは何も変わらないんでしょうか。

>オルガ自身は周囲(特に三日月)の期待で自らを鼓舞して突き進んでいたわけですから団員自身が辞意を現されると弱いですね。

火星を旅立って地球に降りるまで、彼はあまり成長してないんですね… 目の前のことに躍起になることでどうにか頑張ってると言いますか。
そもそも仕事に躍起になってるのも「子ども扱いされたくない」という彼のプライドによる部分も強いでしょうし。
彼が精神的に成長するのはいつなんでしょうねぇ。
[ 2016/02/22 18:49 ] [ 編集 ]

Re: ようやく出てきたOP2の地上用ブースターですが

名無しの風来坊様、コメントありがとうございます。

>そして久々に戻ったと思ったら黒いよ、チョコの人…

尤も、なんとしてでも上司の仇をとりたがっているアインに手術を促すのは理に適ってるちゃあ適ってる話なんですよね。
復讐のあまりに化け物めいた力を手に入れてしまうアインとか、ちょっと期待してしまいます。
[ 2016/02/22 19:16 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

>個人的にここまできたら肝心の交渉と演説?は一話丸々使ってでも丁寧にやって欲しいです。

テコ入れ云々は私の予想でしかないので聞かれても何とも答えられないのですが、
元々、一連の行動の目的がクーデリアと地球側の交渉である以上、きっちり描いて欲しいですね。
しかしガンダムらしくバトルで〆るとなると、どんな展開になるんだろうなぁ。
[ 2016/02/22 19:44 ] [ 編集 ]

Re: まあ流石に終盤ですし、戦闘シーンが多いのは当然だと思いますがね

七シン様、コメントありがとうございます。

>ただガリガリさんの言動から思うに、彼はアインの気持ちを組んでいるように思えないんですね。

そうですね。もしアインの意識があるのなら、阿頼耶識の手術を受けてでも仇を討つだろうと思っています。
今回のガエリオの主張は、アインの為を思ってのことというよりは、単に自分のエゴを押し付けているだけだと思います。

>ガリガリさんは、いい人ではあるんですけど人間的には結構問題がある人なんですよね。

監査官の地位であり、組織の腐敗っぷりを問題視するあたりはマトモですが、
火星の人々を差別したり、火星そのものの問題には無頓着なあたりはお察しですね。
[ 2016/02/22 19:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1200-c9ea9280


機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第20話 『相棒』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.01.31バンダイビジュアル (2016-02-24)売り上げランキング: 66Amazon.co.jpで詳細を見る  その真面目さと優しさから、いつか爆発するんじゃないかと案じていたビスケット。  身内の死も相まって、とうとうオルガと衝突することになってし...
[2016/02/21 20:54] URL 新・00をひとりごつ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #20「相棒」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第20話を見ました。 #20 相棒 「見ることができましたね」 「うん」 「え、あれが?三日月と同じ名前のやつ?」 「うん」 「へぇ…」 「着いたんですね、私達。地球に着いたんですね」 地球の三日月が輝く夜の海岸に辿り着いた鉄華団はアーブラウの代表・蒔苗東護ノ介とクーデリアを引き合わせることに成功する。 その頃、ガエリ...
[2016/02/21 21:29] URL MAGI☆の日記

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第20話「相棒」感想

サブタイトルの相棒って、ビスケットのことでしたか。 てっきり、オルガとミカの話かなと思ってました。 そして、今日はMS戦無し。 面白いことは面白い。 オルガとビスケッ ...
[2016/02/21 22:06] URL ガンダムFWブログ