今週のバトルスピリッツ 烈火魂 46話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第46話 『蘇れ!龍の魂!』

烈火ep46 0

ちなみに光速三段突は、かつて『覇王』に登場した芹沢イサミも使用していたカード。
そして芹沢イサミの担当声優は、謙信と同じ近藤隆氏。そういやハジメとイサミのバトルも燃えましたね…
お~いおい、どうしてこんなにバトルが面白いんだ~!? どうしてこんなに熱いんだ~っ!
強さを追い求める幸村と、秩序を全てとする謙信のバトルも、決して見逃すことのできない展開となりました。

早々とフィールドに呼び出されたバーニング・ソウルドラゴンに課せられたのは、かつて九尾フォックスを無力化した光速三段突
デッキボトムに送り込まれたバーニング・ソウルドラゴンを再び呼び起こすのに幸村が選んだ手段はただ1つ、「ドローソースを乱用してデッキを一周させる」こと。
デッキサーチなんぞに頼らん! 男はデッキを真正面から掘り起こしてこそナンボ! という正統派な幸村らしい戦術です。
そもそもデッキボトムに送られたカードを無理矢理掘り起こすなんて展開、バトスピじゃ初めてじゃないですかね? 他のカードゲームでもどれくらいあるのやら…

深い地の底より蘇りしバーニング・ソウルドラゴンは、ソウルドラゴンでさえ到達しえなかったLv4の大台に上り、宿敵センリュウカクを撃破するというノルマはきっちり達成。
(【真・連刃】を発揮しなかったのは、センリュウカクが【超装甲】持ちだったから。敢えて使用しなかったのかな…?)
しかし前々回の早雲VS大六天魔王のバトル同様、勝負の決定的な明暗を別けたのはキースピリットではない!
幸村を真に勝利へと導いたのは、かつて利家とのバトルに勝利をもたらした武将転生と、兼続との戦いでのキーカードとなったムラマサ・ドラゴン
武蔵での強者たちとのバトルでの軌跡と呼べるこの2枚のカードは、幸村に勝利をもたらしたのと同時に、幸村のこれまでのバトルの人生を物語る象徴とも言えるでしょう。
うん、早雲ちゃんは忘れよう…

封印されたはずのスピリットの復活、オーバースペックなLv4のBP、過労死寸前までの活躍を遂げたムラマサ・ドラゴンといい、
もう私のストライクゾーンを光速三段突されたような熱い展開ばかりでした。デッキの下に戻らなきゃ… イソイソ
次回はどうなることやら… 話によれば2話連続バトルらしいですが、面白いのは当然として、冗長にならないよう努めてもらいたいところです。
関連記事
スポンサーサイト

素晴らしいバトルでした。この一言に尽きます。

地味な点ですが、幸村の、防御マジックに乏しいなりに攻撃をセーブするプレイも見事でした。丁寧なバトルを見せてもらい、嬉しい限りですね。

他のカードアニメは切り札がメインデッキとは別の領域にあることが多いこともあり、今回のような展開はほとんど無いかと思います。バトルと並行してストーリーを大きく進めることも多いので、デッキのカード全てを引くほどの長いバトルは他アニメではとても珍しいです。

来週からの対決は両者とも好きなキャラなので、とても楽しみです!おっしゃる通り、良いテンポのバトルを期待したいですね。
[ 2016/02/26 22:24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

バトスピ大好き様、コメントありがとうございます。

本当に素晴らしいバトルでしたね。デッキを掘れるだけ掘り起こすなんて展開、初めてです。
きちんとターンをスキップすることなく、丁重に描いた甲斐がありましたね。

>他のカードアニメは切り札がメインデッキとは別の領域

なるほど。最近の遊戯王とかは見てないので分かりませんが、ブラク・マジシャンやネオスとかは確かに他とは違う待遇でしたね。
そう考えると、最強銀河もそっち寄りのアニメなのかなと思ったり。
次回も見逃せないですね。利家には幸村にない赤属性の戦い方を最後まで貫いてほしいです。
[ 2016/02/27 13:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1202-0eb027b2