今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 21話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話 『還るべき場所』

鉄血ep21 0

個人的な話ですが、午前7時から起きて、少し外出する用事を挿んだ後に記事を書く…
というような生活をしていると、午後5時頃ってちょっと眠くなる頃合いなんですよね…
なるほど視聴率が低迷しているのも頷ける… …まさかね。
バトル回です。販促的にも中々美味しいタイミング。
レンチメイスに腕の機関砲、グシオンリベイクの隠し腕などなど見どころはバッチリです。
何より地上戦だから凄く見やすい! 宇宙戦は画面が頻繁に振動してかなり見辛かったのよね…
ただ三日月に「使い辛い」と言われてしまった太刀が何とも… せっかくバルバトス用に柄を新造してもらったのに! メイスを差し置いて1/100には付属していたのに!
あとは欲を言えばショートバレルのグレイズ用ライフルの活躍が見たかったですね。
流星号が持ってたのって、両方とも通常サイズでしたよね? 接近戦ならショートバレルが活躍しやすいと思ったのですが。

しかし失った犠牲も大きかった…
作戦前に交わした男の約束と、順調に進行しすぎる作戦という2大フラグの前にビスケットが陥落しました。
まさかとは思っていたけど、古参メンバーであろうビスケットが死ぬことになるとは…
鉄華団メンバーは、鉄と血が混ざりし戦いの中で生きる存在。一時でも戦いから逃れようとした罰を彼は受けてしまったのでしょうか。
何はともあれ、オルガの貴重の理解者であり、鉄華団屈指の参謀役を失った痛みは何よりもデカい…
三日月は激昂して敵を倒すことに夢中になれば何とかなりそうですが、オルガは…
おおおるふぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇんず なみだあああああああああああああ
でもビスケットはオルフェン(孤児)じゃないんだよなぁ。(´・ω・`)

せっかくの新しい仕事だというのに、鉄華団は傷心状態で新天地を目指すことになりますね。
そしてギャラルホルンにつけ狙われている内は、いつ犠牲が出てもおかしくない状況に… 彼らに明日はあるのか。
細かい話ですが、もし仮にアーブラウに無事に辿りつけたとしても、つい最近までギャラルホルンと頻繁にドンパチしていたような連中を
交渉の場に参加させるって、私が他の権力者の立場だったら凄く胡散臭く思うところなんですけど、どうなんでしょう?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/28 19:00 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(2) | CM(18)

ビスケット追悼

カルタさんOPから出た時点で面白い人だとは思いもしませんでしたwww
それはさておき、いきなり何の前降りもなく新武器が出てくる流れは、某仮面ライダーを彷彿とさせたのは自分だけですかね。天井から武器が落ちてきたり、パワーアップアイテムが郵便配達で送られるところとかありましたね。懐かしい
[ 2016/02/28 21:10 ] [ 編集 ]

レンチメイスの活躍はよかったですね。しかし、こうも鈍器が似合うガンダムも珍しいですね。
個人的に驚いたのが、オルフェンズの涙がEDに流れた点です。
以前のガンダムだったらまずなかった点ですね。
ビスケットの死に反応し、彼を殺した相手に容赦なく攻撃するバルバトスはまさに名前に違わぬ悪魔そのものでした。
[ 2016/02/28 21:22 ] [ 編集 ]

Re: ビスケット追悼

七シン様、コメントありがとうございます。

今回コクピットに乗っていたカルタは、今まで以上に顔色が白くなっていて面白かったです。

>天井から武器が落ちてきたり、パワーアップアイテムが郵便配達で送られるところとかありましたね。懐かしい

カイザポインターとかパーフェクトゼクターの時は驚きましたね…
[ 2016/02/28 22:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>レンチメイスの活躍はよかったですね。しかし、こうも鈍器が似合うガンダムも珍しいですね。

普通のメイスと違った重量感漂う振り方や、それに見合うだけの威力など、違いが楽しめましたね。

>個人的に驚いたのが、オルフェンズの涙がEDに流れた点です。
以前のガンダムだったらまずなかった点ですね。

イントロ聞いて驚きましたね。ただ今まで通りの鉄血の絆を流していたのでは、確実にミスマッチだったと思います。
こればかりは製作側のナイスな采配としか言いようがないですね。
[ 2016/02/28 22:31 ] [ 編集 ]

昭弘「ま、多少(の弾道修正)はね?」

リベイクの隠し腕やバルバトスのレンチメイスとガンプラ民にとっては待望のギミック披露でしたから盛り上がりましたね。
そしてMS戦はギャグも挟まれて痛快なバトルの流れだからこそビスケットの死には油断してしまいました…
とりあえず主要な味方キャラが戦死したらMISIAさんに登場してもらうスタイルなようですね。
ビスケットの死は鉄華団全体にとって大きな損失と思われます、今後確実に用兵面で支障が出るでしょう。

今まで団員の死を割り切って見ていた三日月が何時になく激昂します、不公平に見える視聴者も居るでしょうが。
私個人としては、彼にもそういった人間関係の濃淡と本人も気付かなかった「贔屓」という人間性があるからこそだと納得しました。
ギャグ仕立てだったもののカルタ以下襲撃部隊は私怨を晴らすために結束してたんですよね、部下や弟の敵を討つために。
アインの事も合わせ生きるために戦った分だけ誰かの敵(かたき)になります。
ファースト初期でアムロが一番精神的に応えたのは母の事とイセリナに「敵」と呼ばれた事じゃないでしょうか?
主人公である彼もそろそろ自身の行いに対して因果が巡ってくる時期なのかもしれません。
[ 2016/02/28 23:12 ] [ 編集 ]

Re: 昭弘「ま、多少(の弾道修正)はね?」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>私個人としては、彼にもそういった人間関係の濃淡と本人も気付かなかった「贔屓」という人間性があるからこそだと納得しました。
>主人公である彼もそろそろ自身の行いに対して因果が巡ってくる時期なのかもしれません。

所詮悪魔は、聖なる騎士に滅ぼされる運命なのでしょうか。
三日月はあまりシナリオの中核を担ってないといいますか、引っ張ってるような存在ではないので、そろそろ心理描写とか欲しいですなぁ。
[ 2016/02/29 02:12 ] [ 編集 ]

今気づいたんですけど、何故あの時オルガとビスケットがあの場所にいたんでしょうか。
あのオルガがあそこまで迂闊な行動をとるとは思えませんし、あの場所にいなかったらビスケットだって死なずにすんだかもしれませんので納得できません。
[ 2016/02/29 12:44 ] [ 編集 ]

隠していた腕と隠された死

個人的に今回はグシオンリベイク
の隠し腕が見られてラッキーです
カルタ隊の名乗りの最中に横槍を
入れるシーンは、スーパー戦隊の
名乗りの最中にに妨害を加える
ようなものですよね。そこら辺は
戦争モノのガンダムらしいです。
にしてもビスケットが死ぬとは
本当に予想外でした。
兄弟を幸せにするという願望は
死亡フラグの一種にありますが、
まさかここに来て発動するとは…
兄貴が責任とって自殺したことも
あり、これ以上はないと思って
いました。残念です。合掌。
[ 2016/02/29 16:26 ] [ 編集 ]

孤児は狭義では生みの両親が死別したまたは行方不明となった未成年者を指すらしいのでビスケット達もオルフェンズっちゃあオルフェンズだったりします。


ビスケットェ…
[ 2016/02/29 16:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>今気づいたんですけど、何故あの時オルガとビスケットがあの場所にいたんでしょうか。
指揮官として、状況確認や見回りのために動いていたのかもしれません。
現にオルガの指摘がなければシノは自分たちの罠にかかってやられるところでしたし、その場に居合わせたことは間違いではなかったと思います。
結果オーライとも言えますが。
[ 2016/02/29 22:46 ] [ 編集 ]

Re: 隠していた腕と隠された死

メイジンレノン様、コメントありがとうございます。

ビスケットの死は本当に不意打ちでしたね…
私も、兄の死やオルガとの対立を経て、何らかの覚悟を決めるものだとばかり思っていました。
ここからどう立ち直っていくかが気になりますね。
[ 2016/02/29 23:07 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

>孤児は狭義では生みの両親が死別したまたは行方不明となった未成年者を指すらしいので

あら、そうでしたか。ご指摘ありがとうございます。
次回ではビスケットの死に対する、正真正銘の「オルフェンズの涙」が見れそうですね。
[ 2016/02/29 23:09 ] [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし

なるほど
他にもエイハブリアクターの通信妨害とかカルタに通信を聞かれないためにシノとの連携等も考えられますね。
それとMWを操縦していたのがビスケットなのも大きいと思います。もしユージンでしたら、即座に森の中に逃げ込むことができたと考えられます。
[ 2016/03/01 12:17 ] [ 編集 ]

Re: Re: Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>それとMWを操縦していたのがビスケットなのも大きいと思います。もしユージンでしたら、即座に森の中に逃げ込むことができたと考えられます。

「ユージンの方がMWの操縦に慣れてるから、適切な行動がとれた」ということでしょうか?
それは分からないと思います。少なくとも頭脳面ではビスケットの方が上ですし、彼が機転を利かせないとはあまり考えられません。
そもそも森の中は未整備で、スピードを出している状態では突入できなかった可能性も考えられます。
尤も退路とかは指揮官であるオルガが前もって考えて、きちんと指示を出すべきだと思うのですが。
[ 2016/03/01 14:55 ] [ 編集 ]

>「ユージンの方がMWの操縦に慣れてるから、適切な行動がとれた」ということでしょうか?
いいえ、全っ然違います。自分が言っているのはビスケットの操縦士としての技能のことです。むしろ今回頭脳面に関してはビスケットはオルガを生かすために適切な行動をとったと思います。
ただこれまでにビスケットがMWを操縦している場面がないのと、彼の立ち位置は参謀兼整備士ってイメージが強いこと、そしてオルガの基本無茶な作戦に彼がああいった形で参加したことなのもあって彼がMWの操縦が優れているイメージがないからです。

でも確かに「森の中に逃げる」は不適切だったと思いますし、MSとMWではいろんな部分で差があるからうまく逃げられる可能性は低いですし、何より今回の件に関しては言ったように他の要因があるため、これらに関しては正しいとは言えません。

それと自分が「もしユージンだったら~」といったのは、彼がこれまではオルガの足として活躍していたことと彼の操縦技術が優れていることはこれまでの描写でも描かれていたことなどもからそう思ったからです
[ 2016/03/01 17:59 ] [ 編集 ]

双子と三人組

書き忘れてましたが、クッキーと
クラッカーは2期で鉄華団入り
すると思います。
お兄ちゃんの意志を継ぐんだ!
みたいな感じで。立場的には
アトラの助手ですかね。
あとビルドファイターズにも
お約束のシーンで邪魔された
ことがありましたよね。
もっともあっちはバリアーで
防いでいましたが…

[ 2016/03/01 19:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

技能的な問題でしたか。それでもあまり話すことは変わらないような…
要するに、あの場面ではユージンだろうがビスケットだろうが、結果は変わらなかったと思います。
指揮官とはいえ、MSとは非にならないほど戦力の弱い彼は無防備な場所に出てはいけませんでしたね…
[ 2016/03/01 23:28 ] [ 編集 ]

Re: 双子と三人組

メイジンレノン様、コメントありがとうございます。

>書き忘れてましたが、クッキーとクラッカーは2期で鉄華団入りすると思います。
もしビスケットが存命であれば、家族想いな彼は2人の入団を認めないのでは、と思っています。
また、彼の思いを尊重してオルガが入団を断るケースも考えられるでしょう。
尤もこの作品が終わった頃に鉄華団がどうなってるかは想像もつかないのですが…
[ 2016/03/02 11:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1207-70c98cbb


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #21「還るべき場所へ」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第21話を見ました。 #21 還るべき場所へ オルガは鉄華団とクーデリアの身柄を引き渡せと ギャラルホルンがいってきたと蒔苗に呼び出される。 「島から見える距離にギャラルホルンの船を確認した」 「いくら指揮系統が違うとはいえ、ギャラルホルンの一部隊が独断でやって来るなんて…」 「いははや、やはりお前達は只者ではなさそうだわい。セ...
[2016/02/28 20:45] URL MAGI☆の日記

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第21話 『還るべき場所へ』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  予想してなかった分、今回の話は辛かった(;´Д`)  辛くて、なんだか全てに対してマイナスの目線で見てしまいます…。  今回の感想は、...
[2016/02/29 15:30] URL 新・00をひとりごつ