今週のバトルスピリッツ 烈火魂 48話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第48話 『猛虎、炎の一撃!』

烈火ep48 0

バトル中に起きた事故を全部対戦相手に責任転嫁するノブ兄はバトラーの屑
そもそもシステム作ったのアンタやろ!
利家VS大六天魔王のバトルを終え、誰もが分かり切っていた彼の正体が遂に明かされました。

バトルは特に面白くもなかったです。ひたすら外野の間延びした描写が鼻につきました。
内容もただ単にキースピリットを出し合うだけに留まっていたと思います。
キースピリットが必ずしも勝敗を別けたわけではない幸村VS謙信のバトルとは比べるまでもないでしょう。
そもそも利家がデッキから引いたカードをそのままフィールドに出した(=デッキから引いたのはセンゴク・タイガー)ということは、双光気弾は手札に最初からあったということですよね…?
ネクサス破壊マジックがあったんなら早く使いなさい! レオンランサーを生き延びさせれば、ゴッド・ゼクス破ノ型を殴り殺すチャンスもあっただろうに。
ついでにレオンランサーには「ソウルコアを所持しているスピリットを破壊した時、ライフを1つ削る」という美味しい効果もあったけど、披露するチャンスはなかったんだぜ!

バトル内容は全体的に満足のいくものではありませんでしたが、その後の大六天魔王の正体バレ、
並びに幸村と最終決戦を踏まえての因縁付けに関してはそれなりに描写されていたので好印象でした。
世界の強豪レベルとの戦いに敗れ、本気でバトラーを強くするために手段を選ばなくなってしまったようですね。
ただ彼の真意や幸村への思いを本当に掴めたとは言えませんし、市の考えることも不明瞭なままですが、
最終決戦前の絡みにしては必要最低限はやったかな、と思っています。その後の掘り下げは、次の話以降に期待しましょう。
「実はバトラーの質を高める為に狂言役を演じていました」とかいうズコーな落ちじゃないことを祈りますが…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1218-969dcb09