今週のバトルスピリッツ 烈火魂 49話

バトルスピリッツ 烈火魂<バーニングソウル> 第49話 『俺たちの絆』

烈火ep49 0

今回はちょこっとだけ更新が早いのじゃ。
ひょっとしてIBSAって無能組織なんじゃないだろうか? という疑いが濃くなる49話目。

大六天魔王及びIBSAの真意が明かされました。
案の定といいますか、「バトラーの質を高める為にあえて信長が憎まれ役を買って出た」とのことらしいです。
定番といえば定番な流れですが、だからと言って大六天魔王やその取り巻きの行動が許されるとなるとちょっと… というのが本音です。
今までの言動はDQNに片足突っ込んでるようなものだし、大会に至っては怪我人2人出してるし…

取り巻きの蘭丸と藤吉郎も、「かつてはぐれ者だったけど信長の使命に惚れこんで部下になりました」みたいなことを言ってはいましたが、
彼らが具体的に、どんなはぐれ者でどんな活躍をしてきたかっていうのが全然描写されてないんだから感情移入のかけらもできない。
そもそも信長が憂いていた「日本各地でバトラーがスタジアムを争い小競り合いをしている」というのは言い換えればIBSAがバトスピを管理し切れていなかったことの証明とも言えます。
妹も妹で(兄の思惑通りだったとはいえ)「大六天魔王はお前らが何とかしろ」というスタンスだし、兄妹揃って自分たちのツケを他所の人に責任転嫁するとは…

幸村は皆の期待を一身に背負って戦う覚悟を決めたけど、
結局勝とうが負けようが結局IBSA(というかあの兄妹)の思い通りってところが何か煮え切らないんだよなぁ。
幸村は信長の真意には気づいてないみたいだし。観客も言ってたけど、これ両者の試合が終わったところでどうシメるつもりなんですかね?
「俺たちは俺たちのバトルを貫く! 海外勢なんて蹴散らしてやるぜ!」みたいな根性論を幸村が言ってオシマイなんだろうか。
何れにせよ陳腐な結末しか想像できません。最後の最後まで予想の容易なストーリーは楽しみ甲斐がありませんぞ…!

唯一楽しめられそうなのは、幸村と信長のラストバトルの内容のみ。この一点に賭けるしかない…
関連記事
スポンサーサイト

どうも。
わりと王道な流れですが、どうまとめるのかが気になりますね。抑えるところは抑えてくれると期待しましょう。
魔王戦のあとトシさんとのバトルはあるのか。とりあえずそれが気になります。
[ 2016/03/17 20:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

バトスピ大好き様、コメントありがとうございます。

抑えてくれるところはしっかりしてくれないと、本当にガス欠みたいな終わり方になりそうです。

>魔王戦のあとトシさんとのバトルはあるのか。とりあえずそれが気になります。

多分「トシ、勝負だ!」「望むところだ幸村!」みたいな形でアニメが終わる…んじゃないかと思ってます。
[ 2016/03/17 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1225-e3fa9298