今週の仮面ライダーゴースト 23話

仮面ライダーゴースト 第23話 『入魂!デッカい眼魂!』

ゴーストep23 0

良い表情再び
福田さんって乱心してたり錯乱している支離滅裂なキャラクターを描くのが好きなんでしょうか。
作風として生かすには、ちょっと限定的すぎと言えなくもないですが。そんな23話目。

前回で眼魔の世界の真実(の一片)を見たせいで、恐怖に憑りつかれてしまったタケル。
傍から見て「酷い」としか言いようがない錯乱っぷりです。気持ちは分からなくもないですが、ちょっと情緒不安定すぎと見えなくもないかも…
確かに18歳という若造で、今までもしばしば感情的に動くケースは多かったと思いますが、23話に至るまであまり精神的に成長できていないというのも…
あんまり考えがコロコロ変わりすぎると、要所要所で語られる彼の告白とかの説得力にケチがついてしまうと思うのですが。
私は常々マコトの「1クール目のヒステリーが嘘のように消えている」ことに関して、彼のキャラクターの不安定さを憂いていましたが、
よく考えたらタケルの方が問題は深刻なのかもしれない…

しかしアランを必死こいて守ろうとするマコト兄ちゃんの活躍を見て、目が覚めたようです。
強化フォームを手に入れる段取りとしては結構王道展開ですね。
グレイトフル魂も黒と金を基調としたオシャレなデザインで、中々カッコイイです。どことなくガンキラーに似てなくもない気が。
ただ活躍がしょっぱすぎます。いくら時間が押していたとはいえ、あの薄さは記念すべき初変身回としてどうなんだ…
ジャベルがウルティマファイヤーに変身した意味はあったのでしょうか? あっけなく瞬殺されて全然脅威に見えなかったです。
アクション自体も少なかったですし、すぐに必殺技を使ってオシマイでした。ここ最近のゴーストのアクションって大体こんな薄さだなぁ…
ついでにジャベル生きてるし… 闘魂ブースト魂の時は倒せてたのに、シメとしてはイマイチだと思いました。
とはいえ、あそこで死なせてたらそれこと「闘魂ブーストの時と同じじゃん!」というギャグっぽい展開になってた気もしなくもない。

なおバトル後にグリム&サンゾウ魂がアランの下へと帰っていきました。
好意的に受け止めるのであれば、マコトの消失に打ちのめされたアランに何か思うところがあったのでしょうが、
個人的には「今タケルに15個の眼魂揃われると願い叶えることが出来ちゃうんでそれを阻止するため」という風に見えてしまいました。
こういったご都合的な展開は、それを感じさせない説得力のある展開で覆い隠すものだとは思いますが、いまいちその説得力に欠けていたと思います。
今後のタケルとアランの絡み次第ではその違和感も解消できる…かな?

そういや「眼魂揃えて願いを叶える」ことに関しては散々触れてたのに、タケルを生き返らせることに関してはビックリするほど誰も気にしてませんでしたね。
タケル自身は錯乱していて気にする余裕がなかったとも解釈できなくないですが、そうなると彼の情緒不安定っぷりがますます…

マコト兄ちゃんの霊体(?)が消えたことで仕切り直しも可能となりましたが、今後はどうなることやら。
アランはタケルよりもカノンの方が一緒にいた時期は長いはずだし、説得とかする時は彼女が大いに役立つといいな…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/20 14:12 ] 仮面ライダーゴースト | TB(1) | CM(6)

>23話に至るまであまり精神的に成長できていないというのも…
紘汰も成長しないタイプでしたけど、あっちはそう言うキャラだと描かれていたんでわりと納得のいく部分はあったと思います。舞とミッチから「昔から変わらない」と言われていたことがその表れです。
思えば彼の行動原理ってほとんどぶれてなかったような気がします。ただ実直すぎる(て言うかバカな)所も散見しましたけど、割と一貫していたと思います。

>グレイトフル魂
かっこいいことはかっこいいんですけど、ゴーストの主要モチーフであるパーカー要素が皆無なのはちょっと・・・
やっぱりライダーの強化フォームはモチーフを大事にしてほしいです。
[ 2016/03/20 19:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>思えば彼の行動原理ってほとんどぶれてなかったような気がします。ただ実直すぎる(て言うかバカな)所も散見しましたけど、割と一貫していたと思います。

そうですね。紘太はバカで甘々なまんまでしたが、何やかんやでそれが彼の全てであり、大きな特徴だったと思います。
彼の行動に理解を示すかどうかはさておいて、「そういうキャラ」だということはしっかり感情移入できたと思います。
ゴーストだとそういった一貫した部分が薄いから…

>かっこいいことはかっこいいんですけど、ゴーストの主要モチーフであるパーカー要素が皆無なのはちょっと・・・

そういえばパーカーじゃなかったですね。キングフォームみたいに全部載せ状態なので難しかったのでしょうか。
パーカーが憑依されていることをうまく表現できていたので、無くしてしまうには惜しいですね。
[ 2016/03/20 22:39 ] [ 編集 ]

>キングフォーム
全部載せでもちゃんとモチーフがデザインに組み込まれていたとは思います。オーズのプトティラもそうなんですけどライダーのフォームは間違いなくモチーフありきだと思います。

>ジャベル生きてるし…
前回のラストから思うに、今のジャベルは肉体が実在しているんですね。過去に登場したものは体が眼魔のものだったので倒されても問題ないと思います。
ただ今回のジャベルは肉体が生身な上「眼魔=元人間」説があるとしたら、もし倒したら「ライダーによる人殺し」になってしまう可能性があります。
ただ仰る通りシメはイマイチですし、何より「肉体は必要としない」と言うのが眼魔の定義なのに「肉体あったほうが強いじゃん。」と言う矛盾が発生してしまいます。
[ 2016/03/21 21:40 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>ライダーのフォームは間違いなくデザインありきだと思います。

まあデザインで目を惹かせるのは販促の大原則ですから…
グレイトフル魂の身体の紋様とかはモノリスのデザインをイメージしてるんですかね。パーカーから離れたのも何か意味があるといいのですが。

>何より「肉体は必要としない」と言うのが眼魔の定義なのに「肉体あったほうが強いじゃん。」と言う矛盾が発生してしまいます。

霊体より本体の方が強いというのは理屈としては正しい気がしますが、眼魔の世界の定義からしたらおかしいですね。
突き詰めれば突き詰めるほど設定の綻びが見えるとはこれ如何に…
[ 2016/03/22 00:06 ] [ 編集 ]

>突き詰めれば突き詰めるほど設定の綻びが見えるとはこれ如何に…
今更思い出したんですけど1クールで「眼魔に取りつかれた人間は99日経つと元に戻れない」って設定がありました。でも今考えるとこれも眼魔の定義からすると矛盾していると思います。眼魔の設定って当初は凄くあやふやだったんじゃ...

>タケルを生き返らせることに関してはビックリするほど誰も気にしてませんでしたね。
渡のこの世アレルギー、進之助の車好き設定、ゲンさんの子煩悩設定みたいにほぼ死に設定化しているようにしか見えません。でもこの設定はかなり重要な設定なのにおかしいです。死んだことをうまく活用していたりしていたのに最近は全然そんなことないですね。
でも毎回冒頭のナレーションで「残された時間はあと~日」って毎回言っているので決して忘れたわけではないようですね。でも仰る通り本編中じゃ一切触れられていませんね。触れられるとしたら終盤しか思いつきません。

>「今タケルに15個の眼魂揃われると願い叶えることが出来ちゃうんでそれを阻止するため」
そもそも英雄眼魂にはちゃんと英雄の意思があるのがこれまでに何度も描かれているんですね。それだったら彼らの意思でタケルの願いをかなえることができるはずだと思います。

それと次回から3クールに突入するんですけど、正直期待できる要素が少なすぎます。ぶっちゃけ現時点で残っていることってタケルの願いを除けば「マコト兄ちゃんの体を取り戻す」以外はないように思えます。
[ 2016/03/22 17:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>今更思い出したんですけど1クールで「眼魔に取りつかれた人間は99日経つと元に戻れない」って設定がありました。

そんな設定ありましたね… すっかり忘れてました。それほどまでに形骸化された設定ということなのでしょう。
マコトやアランの霊体が今の今まで普通に生きていたということは、恐らく彼らは人間の身体を使ったものではないんでしょうね。
それが何なのかきちんと明かされないと、本当に矛盾設定になってしまいます…

>死んだことをうまく活用していたりしていたのに最近は全然そんなことないですね。

余裕があるのかないのか分かりませんね。少なくとも主人公に纏わる重要な設定が半ば形骸化しているのはあってはならない展開のはずです…

>そもそも英雄眼魂にはちゃんと英雄の意思があるのがこれまでに何度も描かれているんですね。それだったら彼らの意思でタケルの願いをかなえることができるはずだと思います。

一応、西園寺は願いを叶える際に儀式みたいなことを行っていたので、眼魂本体の力ではダメなのかもしれません。
というか、そう捉えないと流石に整合性がおかしくなってきます。視聴者による補完が前提の作品とはこれ如何に…

>それと次回から3クールに突入するんですけど、正直期待できる要素が少なすぎます。ぶっちゃけ現時点で残っていることってタケルの願いを除けば「マコト兄ちゃんの体を取り戻す」以外はないように思えます。

そうですね。前編後編だけで終われそうな内容です。ここからどう引き伸ばしていくのでしょうか。
[ 2016/03/22 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1229-37cd783f


仮面ライダーゴースト 第23話「入魂!デッカい眼魂!」

仮面ライダーゴーストの第23話を見ました。 第23話 入魂!デッカい眼魂! 眼魔の世界で恐ろしい情景を目の当たりにし、恐怖に囚われてしまったタケルは今すぐにでも眼魔の世界とのつながりを断ち、人々を守らなければとの思いから冷静さを失い、アカリや御成達と共に険悪になる。 一方、アランはアデルに眼魂を砕かれ父暗殺の汚名を負い脆弱な肉体で追われる身となり、今まで信じてきたも...
[2016/03/20 16:53] URL MAGI☆の日記