今週の魔法つかいプリキュア! 7話

魔法つかいプリキュア! 第7話 『人魚の里の魔法!よみがえるサファイアの想い!』

まほプリEP7 0

まほプリEP7 1

同じニチアサ枠に放送予定の番宣をきっちり行うニチアサヒロインの鑑
相変わらず魔法はそんなに使わない7話目。そして危機感も非常に薄い…
映画での違和感が薄かったのは、まほプリの2人が一般的なプリキュアフォーマットに則っていたからだったのかも。
魔法と発声練習の因果関係とは・・・うごご。

その代わり世界観の掘り下げはきっちり行われています。この点は非常に重要。
シナリオの中核である「異種族と交流して友達になる」という流れは大いに結構。
サファイアスタイルへの伏線もきっちり張れていましたし、プリキュアの伝説たる存在意義にもちょっとだけ触れられました。
ただ正直、「身近にいる同僚たち(補修組)を差し置いて他の種族と友達になるのはどうなんだろう?」と感じました。
相変わらず補修組との関わりが薄いんですよね。今回は少しだけジュンと関わるという変化が見えましたが…
モフルンが飛び出した時にジュンも一緒について行っていたので、「ひょっとして正体がバレる?」とか考えてましたけど、そんなことはなかったんだぜ!
他の補修組は、あくまでも互いを競い合うライバル的な立ち位置なんでしょうか。それでも関わりが薄いことに変わりはないんですが…

そしてモフルンの常識人たる活躍っぷりは今回も輝いてます。
「はーちゃんのお世話係を担う」「異種族と自分から交流を試みる」「自身がプリキュア変身の要であることを自覚しており、きちんと行動している」と、他のキャラと比べて積極性が全然違います。
モフルン兄貴半端ないです。あなたの方が先生役似合ってるんじゃ・・・

本編でのサファイアスタイル初登場回でもありますが、相変わらず戦闘は控えめです。知性とはいったい… うごご。
ルビースタイル→とりあえず踏ん張らせる サファイアスタイル→とりあえず飛ばす というように、
スタイルごとの特徴を生した戦い方をするというより、とりあえず特徴だけ出しときゃOKみたいな空気を感じます。こんなんでも映画よりマシなんだから凄い

何やかんやで世界観の広がりには興味も沸き、2人の関係の描写も悪いようには見えませんが、戦闘要素が現在に至るまで残念気味なのが気がかりです。
もっと言ってしまうと、敵勢力との対立関係や戦う目的も薄い状態なので、プリキュア要素があんまりいらないとさえ思える。魔法も使わないし。
とりあえず今はリンクルストーンを集めるノルマがあるけど、それが終わったら一体何を目指すんだろうなぁ…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/20 16:55 ] 魔法つかいプリキュア! | TB(1) | CM(6)

下のバナージさんにワロタ。
そういえばプリキュアシリーズの声優さんもガンダムシリーズによく出ていましたね
[ 2016/03/20 18:09 ] [ 編集 ]

ジュアッグ腕が完全勝利するガンダムブレイカー3UC

今回は人魚の里という異世界冒険要素を描き、ゲストキャラの人魚三人組との絡みを経て。
異邦人との友情と絆を強調したのは良かったです。まぁジュウオウジャーに比べれば温いですけど…
リコの「花火」が怪我の功名で三人娘の気を引いた件は良かったです。
あと仰る様に、良い意味でも悪い意味でも空気が読める妖精ですねモフルン…

対してBパートになった途端グダグダになった印象です、ルビーの時同様に変身不能になってのイヤボーンというかNT-D発動というか…
しかも今回は敵にダイヤを奪われたと言うわけでなくモフルンを連れてくるのを忘れるという間抜さが際立ちます。
そして仰る通り手抜きな「舞空術」による省エネ作画、これならホウキを使って空中戦してた1話の方が空中戦足り得ます。

敵との戦いに緊張感が生まれないのはフレッシュ以降の不特定多数の人々を襲撃しない敵って事もありますけど。
かと言って鷲尾プリキュアが緊張感無いかと言われればそんなことは全くありません。
なぎさ&ほのかは確かに万人が認識するヒーローではありませんが、メップル&ミップルにとっては紛れもなく「伝説の戦士」でした。
少なくとも闇の魔法使いにリンクルストーンが悪用されるとどんなに危険か説明すべきです。でないと「伝説の魔法使い」のありがたみもありません。
それとも、気軽な気持ちでプリキュアをやっていたら取り返しがつかなくなったみたいな展開が今後あるのでしょうか?

まぁ次回も世界観を広げるべく、梃入れのようですからバトル以外は退屈にならないと思われます。
ユニコーン(ガンダム)の次はペガサスですか…
[ 2016/03/20 18:48 ] [ 編集 ]

うーむ…変身バンクに力入れてるのは分かるんだけど、バトルパートが適当なのは相変わらずなんだなあ。そしてやっぱりぞんざいな補修組。
一応人魚の里の描写や、ドロシー達との交流はそれなりに丁寧ではありましたけれど。もっと早くにやっていれば…。

毎回仰られてるように敵キャラの設定があやふやだけど、ガメッツはそれとは別ベクトルであやふやな気がします。
元々卑怯者設定のバッティとスパルダはともかく、ガメッツは「正々堂々とした武人」なわけでしょ?なのに二人が変身するのを待たずに襲ったり、劣勢になったら普通にうろたえたり、何のかんの言いながら結局ヨクバールに任せっきりだったり、小物臭バリバリなんですが。「待ってやるから早く変身しろ」みたいな台詞の一つでも入れれば、変身自体を封じてきたスパルダとの差別化にもなり、結構な個性になったろうに。
同年で同じ声優のアザルドが、ジュウオウゴリラに負けたときに「やるじゃねえか」と賞賛したり、復活しても案外カラッとしてた姿と全く逆。
[ 2016/03/20 20:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

プリキュアもガンダムも歴史が長いですからね。
特にプリキュアはメインキャラクターの声優が被らないように配慮されていますから、分母数自体が多いです。
一方のガンダムはというと…
[ 2016/03/20 21:50 ] [ 編集 ]

Re: ジュアッグ腕が完全勝利するガンダムブレイカー3UC

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

Bパートのグダグダ感は私も感じていましたが、「そういうもの」だと受け止めて流しました。
リンクルストーンを手に入れる流れ自体は王道でしたし、海の中の伝説と決まっているのであればそう受け入れるしかなかったかと…
ただプリキュアが伝説たる存在の所以の薄さはまだまだフォローされてませんね。多分次回もこのままなんだろうなぁ…
プリキュア側の戦う理由が薄いって、それ一番思ってるから…

>これならホウキを使って空中戦してた1話の方が空中戦足り得ます。

劇場版でもチラッとだけ出てきましたね、箒。サファイアスタイルがあるとなると今後は箒を生かした戦い方も難しそうです。
そもそもプリキュアの状態で箒使ってるシーンがちっともありませんね。魔法使いなのに…
それ以前にコスチュームと似合わないと思うのですが。
[ 2016/03/20 22:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つがな様、コメントありがとうございます。

>毎回仰られてるように敵キャラの設定があやふやだけど、ガメッツはそれとは別ベクトルであやふやな気がします。

多分、製作側はあまり深く考えてないんだと思います。
3人のうち2人が頭脳派であれば、1人ぐらい武人キャラがいてもいいんじゃないかとかそういう感じで…
逆にもし伏線だったとしたらこの作品を見る目が確実に変わります。
[ 2016/03/20 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1230-bec3b869


魔法つかいプリキュア! 第7話「人魚の里の魔法!よみがえるサファイアの想い!」

魔法つかいプリキュア!の第7話を見ました。 第7話 人魚の里の魔法!よみがえるサファイアの想い! 海の中で人魚のロレッタ先生の授業が始まり、“マール貝”に話しかけて、口を開くことができれば合格という課題をすることとなる。 無理やり抉じ開けようとしたり、大声で話しかけても、マール貝は全然口を開かず、ロレッタ先生は心の声が届けば口が開くとアドバイスをくれる。 そんな中、み...
[2016/03/20 19:36] URL MAGI☆の日記