HG バルバトス作りました。その3

DSC00216.jpg

バルバトスの製作記事を上げて、なんと今日でピッタリ1ヶ月。
ようやく完成しました。長かったなぁ。
DSC00172.jpg

DSC00173.jpg
まずはバルバトス第5形態。
シュヴァルベ・グレイズのブースターと迫撃砲、リアクティブアーマーを装備した形態です。
どちらかと言うと「第4形態(キマリス戦仕様)」と言うべきかもしれません。
はっきり言ってあまり好きではない形態です。主にリアクティブアーマーのせいで…

ちなみに以前指摘された手首の塗装漏れを修正し、肩アーマーも作り直したのですが、パッと見じゃ分からない…


DSC00174.jpg
ちなみに迫撃砲の弾丸のギミックを閉じている状態だと、腕装甲の合わせ目が丸見えがカッコ悪いです。
なのでガンマカブラックで塗りつぶしました。


DSC00176.jpg

DSC00177.jpg
フル装備。バルバトスがメイスと滑空砲を使った最後の姿ですね。
ゴテゴテしすぎててかなり動かし辛い…


DSC00178.jpg

DSC00179.jpg
リアクフィブアーマーは色分けがよく分からなかったので、とりあえず全身ジャーマングレーにしました。
一応スミは入れてます。


DSC00180.jpg
グングニル貰います。胸部と直角に掴むのは難しいです。


DSC00181.jpg
迫撃砲発射。弾丸は軍艦色(1)で塗りました。


DSC00183.jpg
グングニル返します。
この形態で1番塗装に苦労したのは間違いなくシュヴァルベのブースターですね。マスキングめんどくさかった…
ちなみにアニメの設定画だとキットにはないモールドが追加されてる。君はどれだけモデラーを泣かせる気だね、バルバトスくん…


DSC00184.jpg

DSC00185.jpg
無駄にスペースをとるブースターと迫撃砲おかげで、滑空砲の取り回しも悪くなりました。
せめてサブアームがもっと動いてくれる代物だったらなぁ。


DSC00186.jpg
サーフボード乗りに関しては、バルバトスの足をグレイズの右脚フレームにフィットさせるように載せれば自立しないことはないです。
きちんと安定させて載せたいなら、やっぱり補助アームは必須です。ちなみにアニメだと右足は股間の部分に載せてます。





DSC00188.jpg

DSC00189.jpg
続いて第5形態(地上戦仕様)。こっちが事実上の第5形態だと思う。
ヒールで全長が高くなり、ゴテゴテした装備もなくなって凄くスリムな印象。


DSC00190.jpg
フル装備… というかこの第5形態において、外付け武装はレンチメイスしか使ってなかったりする。


DSC00193.jpg
レンチメイスは全体を軍艦色(2)、黒い模様とチェーンソー部をジャーマングレーで塗りました。
重厚感が出るかな、と思いましたがアニメのものとはかなり違う印象です。もうちょっと普通のグレーで塗るべきでしたかね。


DSC00192.jpg

DSC00194.jpg

DSC00196.jpg

DSC00200.jpg

DSC00199.jpg
全ての写真で同じ向きというバランスの悪さ。何も考えずに撮影したらこうなりました。
分かっちゃいたけどレンチメイスが重すぎる!普通に持たせるだけでも手首の負担が半端ない…
前腕装甲が第4形態の頃から変わったせいで、ボールジョイントの遊びが少なくなっているのも、取り回しの悪さを際立たせています。


DSC00197.jpg

DSC00198.jpg
機関砲は安定のジャーマングレー。黒鉄色の次に好き。


DSC00201.jpg
キュアップ・ラパパ!メイスよ、飛びなさい!


DSC00203.jpg
落ちてないから~っ!





DSC00205.jpg

DSC00206.jpg
そして最終形態である第6形態。またの名をフルアーマー三日月。
追加装甲が意外にも塗るところが多く、時間がかかってしまいました。
特に胸部装甲はマスキングをしようにも塗装箇所が細かくて思うように進まず、ヤケクソで筆塗りしたら何だかんだでうまくいきました。
やってみなければ分からないことってあるもんですなぁ。


DSC00207.jpg
胸部の鉄華団マークは付属のホイルシールをそのまま貼ってます。
白い余白の部分は削ろうかと考えましたが、失敗が怖いのと、削ったら余計にバランスを悪くしてしまいそうだったので。
デカールが自作できれば良かったんですけど、私にそんな大層な技術はありませぬ…


DSC00208.jpg
フル装備。滑空砲があった頃が懐かしい…


DSC00209.jpg

DSC00212.jpg

DSC00215.jpg

DSC00214.jpg

DSC00211.jpg
レンチメイスの取り回しは依然悪いまま。そもそも第5形態以降、足を変えたせいで安定性が悪くなってないか…?
無理に両手持ちさせようとするとグリップがねじ曲がりそうで怖い。


DSC00218.jpg
一方の太刀は取り回しが楽ちん。最後に微笑むのはあんさんだったんや…


DSC00222.jpg

DSC00221.jpg

DSC00220.jpg
ただし手首の自由度が少ない点と、肩を前後に出しにくい点と、太刀の柄は持ち方の制限が激しい点が合わさって、
太刀の両手持ちは無理ゲークラスに難しいです。下手すれば柄が折れちゃうと思います。
両手持ちを安定して再現できる方はすごいと思う…


DSC00224.jpg

というわけで、約1ヶ月に渡って作ってきました、HGバルバトス。

本当に強敵でした… 元々モデラーというほど製作技術の高くない私には強大な壁でした。
素組みの時はそんなに気にしてなかったけど、いざ見直してみるとその色分け精度の悪さに愕然。
本体だけでもそんな調子なのに、他所からパクった武装も無駄に塗り直してるんだからたまったもんじゃありません。

とにかく作業量が多く大変でしたが、反面良い経験にもなったと思います。個人的にもそれなりに気に入ってます。
特に黄色と青の発色に関してはこれで正解だったと思います。素組みだと青も黄色も暗すぎると思っていたので。
良くも悪くも作り応え満点なキットでした。悪魔の名は伊達じゃない!

バルバトスも終わったことで、いよいよ予定していた次のキットの製作に取り掛かるとします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/14 22:04 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(18)

キマリスやグシオン(海賊の奴)は色分けもよくできているんですけどね。
安い上に色々と練習できるからオルフェンズ関連はいいですね。
[ 2016/04/14 22:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>グシオン(海賊の奴)

グシオンのキットとしての完成度は本当に凄いと思います。
地のカラーのおかげで素組みでもかなり見栄えのある出来ですし。

>安い上に色々と練習できるからオルフェンズ関連はいいですね。

本当にそれに尽きます。失敗しても予備パーツが比較的安価で供給できるのは嬉しいです。
[ 2016/04/14 23:20 ] [ 編集 ]

特に鷲尾メカ刑部メカはモールドが多いですから塗装すると引き締まりますね。

太刀ですが左肘に余裕持たせると幾らか楽に両手持ち出来ますよ

関係無いですがモンハンのほねほねザウルスオススメですw
[ 2016/04/15 16:24 ] [ 編集 ]

待ちかねたぞッ!管理人!

おおおおおお。凄いですね。自分に技術が無いので、尚更素晴らしく見えます。レンチメイスよく塗装できましたね……。自分は途中で心が折れますね、確実に。色分けがばがばなんですよねぇ……。次回作も楽しみに待ってます。……自分ですか?ぼちぼちグレイズアインをパチリつつ、鉄血のオルフェンズのスパロボ参戦を待つことにします。あ、録りためてるガンダムUC Re:96見なきゃ……。
[ 2016/04/15 21:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TAKE様、コメントありがとうございます。

>太刀ですが左肘に余裕持たせると幾らか楽に両手持ち出来ますよ
試してみましたが、やはりビシッと真っ直ぐ構えさせるのは難しいですね…
アニメとの落差ががががが

>関係無いですがモンハンのほねほねザウルスオススメですw

ジンオウガ亜種がかっこいいと思いました(こなみ
[ 2016/04/15 22:21 ] [ 編集 ]

Re: 待ちかねたぞッ!管理人!

スペシャルグラハム様、コメントありがとうございます。

細かいマスキングや塗り分けは本当に大変でしたが、同時に良い経験になりました。筆塗りの仕方とか…
次に作るガンプラはこれよりは簡単でしょうから、そんなに時間はかからないと思います…たぶん。
[ 2016/04/15 22:47 ] [ 編集 ]

塗装お疲れ様でした。バルバトスはほんとに塗装の難易度が高いキットですよね。私は今第四形態作っていますが、マスクのグレーとつま先の爪とふくらはぎのスラスターが難しかったです。レンチメイスはさらに難易度高そうですねww綺麗に塗れてて羨ましい限りです。レビュー見てたら欲しくなってきたので第6形態も購入してみようと思います。次の作品も楽しみ待っています!部屋の換気だけはしっかりしてがんばってください!
[ 2016/04/16 00:59 ] [ 編集 ]

今気づきましたが第6形態のサイドブースター、一部白塗りの部分あったような…
[ 2016/04/16 01:16 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Ryu@様、コメントありがとうございます。

>マスクのグレーとつま先の爪とふくらはぎのスラスターが難しかったです。

個人的には、そのような細かい部分は集中して作業できる+塗る部分が少ないのでムラも少ないので、
そこまで苦手意識はなかったです。苦労したのはシュヴァルベのブースターが1番でしょうかね。マスキング技術がまだまだ足りませんでした。

>レビュー見てたら欲しくなってきたので第6形態も購入してみようと思います。

ありがとうございます。でも新造版太刀はクタンの方にしか付属しないのであしからず。

>部屋の換気だけはしっかりしてがんばってください!

はっ。気を付けます。
[ 2016/04/16 02:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

とりあえず、今はこの状態を完成品とさせてください。
機会があったらメイス共々再チャレンジする予定です。
[ 2016/04/16 02:10 ] [ 編集 ]

いつも参考にさせて頂いております。
バルバドスの第六形態ですがガントレットの肘部分(<=>状の所)は青でなく白だったかと思います。
[ 2016/04/18 01:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ノリス様、コメントありがとうございます。

>バルバドスの第六形態ですがガントレットの肘部分(<=>状の所)は青でなく白だったかと思います。
ほんとだぁ… 俺の塗装ガバガバやん…
今は立て込んでるので、気が向いたら出直します。
と言っても予備パーツが残ってないので本当に手を付けるかどうかは分かりませんが。
[ 2016/04/18 20:23 ] [ 編集 ]

やったね管理人ちゃん!
バルバトス全形態再現可能なコンプリートセットが出るよ!


パーツ請求もうちょい我慢すればよかった…
[ 2016/04/22 23:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

>バルバトス全形態再現可能なコンプリートセットが出るよ!

新規成形色による発売ですか… できればもっと早く告知してほしかったものです。
まあ塗装の失敗などの予備パーツのことを考えれば、パーツ請求をすることが間違いだったとは思えません。
プレバン限定ということで送料諸々含めてそれなりの値段になりそうですし。
結局のところ、作り手が満足すればそれでいいかと。
[ 2016/04/23 02:18 ] [ 編集 ]

お疲れ様です

此処まで微妙に変化を繰り返したガンダムも中々いないですね


そして上の方も言われてるバルバトス全形態再現可能なコンプリートセットですが…どうもシュヴァルベの腰スラスターなどが新規造形になるそうで
[ 2016/04/24 09:31 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様です

名無しの風来坊様、コメントありがとうございます。

>どうもシュヴァルベの腰スラスターなどが新規造形になるそうで

セルフで色分けしてあるようになるんですかね…
その努力はシュヴァルベ発売時にやってほしかったです。
[ 2016/04/24 11:37 ] [ 編集 ]

4か月半置きのコメント

ワイ将、すでにHGバルバトスとHGバルバトス第6形態がある中にSDバルバトスを購入する。なお塗装技術はない模様。

オルフェンズマーカーに付属する白マーカーがいい感じとのことなので、慢性的な白不足の自分はSDバルバトスをさらにグレードアップさせるために購入を決意するのであった…はいいんですが。「そういえばWOLTさんのバルバトスの塗装はどうなったんだろう」と思い出して探してこの記事にたどり着きました。やはり筆とスプレーでしょうか。筆塗りできる環境が欲しい…。
[ 2016/08/29 01:03 ] [ 編集 ]

Re: 4か月半置きのコメント

ユウ様、コメントありがとうございます。

一応、自分もオルフェンズのマーカーセットは買ってます。
白マーカーは使ってるんですが、正直既存のものと違いはよく分からないです。単に使わな過ぎてるだけかもしれませんが。
それにしても若干塗装を間違えてるこのバルバトス、ルプス発売の暁には再挑戦したいですね。
[ 2016/08/29 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1256-d8784285