今週の仮面ライダーゴースト 27話

仮面ライダーゴースト 第27話 『決死!覚悟の潜入!』

ゴーストep27 0

本当にスーツ着て撮影したのかってくらい首とその下の違和感が凄い
27話目。アドニスの死など、全体的にシリアスな雰囲気を発したかったのは分かりますが、
ガンマイザーというアデルのコピー体(しかもCVは大原さやか)の存在感が異様すぎて、妙にシュールな空気を保っていたと思います。
新たな敵が生まれたというのに、恐れ威厳を感じとれないのはどうかと思います。製作側は何とも思わなかったのでしょうか。

今回明かされた情報を纏めますと、

・眼魔の世界で構成されているシステムは、人知を超えた未知の技術で作られている。
・大帝アドニスは眼魔の世界を作り、完璧な世界の創造を目指していた。
・アデルも同様のことを考えていたが、アドニスに迷いが生じていたらしく、結果謀反に繋がった。
・マコト兄ちゃんは過去にイーディスと共謀していた関係があった。


こんなところでしょうか。
眼魔の成分とかはどうでもいいので、気になる点についてはやはりアドニスとアデルの思惑についてですかね。
両者とも完璧な世界を理想としていたようですが、劇中の描写から察するに、アドニスは「心」や「感情」の大切さに触れた一方で、
アデルは感情を全て切り捨て、自分自身を絶対とした典型的なディストピアを目指している…といったところでしょうか。
アドニスが凄くいい人みたいな感じがしますが、息子であるアランが今まで「感情イラネ」という思考を持っていたのは、恐らく親の教育のものであると見るのが一般的だと思います。
と、なるとアドニスも最初は典型的なディストピアを目指していて、ある日を境にこっそり考えを改めたのでしょうか。
(御成がグンダリ無駄遣いおじさんにやった行為が伏線だとするなら、誰かに助けられて温かみを知ったということも無きにしも非ず)
一体なぜ? 具体的にいつ頃? 真相が明らかになるのはまだまだ先のことでしょう。
せめて死ぬ前に、「自分の目指す完璧な世界とは何なのか」ぐらい話してくれれば良かったのに…
イゴールの作戦絡みの描写は今回に限ってはどうでもいいので、眼魔の世界の描写に集中してほしかったです。

マコト兄ちゃんとイーディス長官の関係はよく分かりませんが、とりあえずイーディス長官は悪者なんでしょう。たぶん。
「妹を助けたかった」とマコト兄ちゃんが言っていたので、ひょっとして「1クールの時のヒステリーっぷりをイーディス絡みの描写でフォローしようとしているのか?」とも思いました。
それはそれで面白そうですが、かえって墓穴掘っちゃいそうとも思ったり。

次回はスペクターの強化体であるディープスペクターが登場するみたいですが… 武器がサングラスラッシャーのカラバリ品にしか見えません。
そもそも第3ライダーであるネクロムやグレイトフル魂に専用武装がない辺り、今作においては手持ち武装を作ることを意図的に避けているのかな? と思っている節があります。
カラバリはオリジナリティに欠けますし、そもそもサングラスラッシャーのアクション自体あまり面白いものではないと思っているので、ちょっと心配です。
杞憂に終わるといいのですが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/17 13:30 ] 仮面ライダーゴースト | TB(1) | CM(6)

イゴールの件もそうなんですけど眼魔の世界に突入して以降の展開も以前とほとんど同じにしか見えません。大帝が殺されるところとかパワーアップアイテムを手に入れる下りとか

それと前にも言ったんでけど眼魔側がしつこく何度も完璧を謳っているわりには何がどう完璧なのかがわからないんですよね。眼魔の世界も完璧な世界だと言う割には全然描かれていないし、大帝もアデルも完璧には程遠い人ですし。ぶっちゃけ現時点の段階なら「アデルを倒せば全部解決する」ようにしか見えません。
[ 2016/04/18 06:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>イゴールの件もそうなんですけど眼魔の世界に突入して以降の展開も以前とほとんど同じにしか見えません。

恐らく「新たな力を手にした3人でイゴールに挑む!」みたいな流れにしたいんでしょうけど、
回りくどいだけで意外性もなく、面白くないですね。謎は全然明かされないですし。

>ぶっちゃけ現時点の段階なら「アデルを倒せば全部解決する」ようにしか見えません。

その時間稼ぎのためにガンマイザーが出てきたのでしょう。きっと。
その果てに位置するアデルが全然強そうに見えませんが…
[ 2016/04/18 20:29 ] [ 編集 ]

>その時間稼ぎのためにガンマイザーが出てきたのでしょう。きっと。 /色]
でもこういう展開って普通終盤にやるからこそ意味があるんじゃないえすか。27話と言う3クールが始まっって間もない時期にやられても全然盛り上がらないだけで逆に冷めるだけだと思います。
本当ゴーストって情報が少ないくせに展開だけは早いですね。1クール目でもカノンが復活したり西園寺があっさり消えたり。
まだアデル以上の存在が出てくるんでしょうけど全然期待できないのはなぜでしょうか

>眼魔の世界
[色:FFFF00]>1クールの時のヒステリーっぷり

カプセルの中の人間をアランが「民」と呼んでいたり、1クール目でカノンが眼魂だったことを考えるとあのカプセルは眼魔の本体(あるいはバックアップ)なんだと思います。眼魔が倒されても復活できるのはそのためなんだと思います。まあそれでもよくわからないところがありますし(なぜ体が崩れるのか、なんでまともな人間のすがたをしているのが王族以外ではジャベルとイゴールのふたりだけなのか)、まあ情報が全然明かされていない現時点でで何を言っても意味がないだけな気がしますが、ただマコト兄ちゃんやアランが肉体を得たところを見て「別に眼魂に頼らなくてもカノンを生き返らせる方法なんていくらでもあったんじゃね?」と思いました。おそらくカノンも眼魔の民同様カプセルの中に肉体が保存されていたと思いますし、マコト兄ちゃんも普通に復活したので間違いなくあったはずです。
[ 2016/04/19 17:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>でもこういう展開って普通終盤にやるからこそ意味があるんじゃないえすか。27話と言う3クールが始まっって間もない時期にやられても全然盛り上がらないだけで逆に冷めるだけだと思います。

どちらかと言うと、15人の見た目がまんまアデルであることと、15人が全員立ち並ぶことでシュールな空気を作っていること、
何より登場のいきさつが唐突すぎる(本人ですら何が起きてたのか分かっていなかった)ので、強敵が登場したという雰囲気が全くないことが問題だと思います。
そもそも眼魔自体、特別強そうなキャラがいるわけでもないのですが。

>本当ゴーストって情報が少ないくせに展開だけは早いですね。1クール目でもカノンが復活したり西園寺があっさり消えたり。

展開が早い…というのは少し違うと思います。ぶっちゃけ話がゴールへ進んでるようには見えないからです。
製作側が、ストーリーを撮影しながら構築しているような、突貫工事のような展開の雑さがそう思わせているのだと思います。

>「別に眼魂に頼らなくてもカノンを生き返らせる方法なんていくらでもあったんじゃね?」

それは一理ありそうです。しかしカノンが普通に生き返ったことで、眼魔側にあるはずの本体はどうなってしまったんでしょうかね?
そしてそれを誰も言及しないのは一体なぜなのでしょうか。多分カノンのことは「終わったこと」とみなして触れたくないのかもしれませんが。
彼女が何故眼魂になったのかも触れられませんね…
[ 2016/04/19 23:53 ] [ 編集 ]

>製作側が、ストーリーを撮影しながら構築しているような、突貫工事のような展開の雑さがそう思わせているのだと思います。
そもそもあかされてない情報の殆どがストーリーに深くかかわっている(と考えられている)はずなんで、今後明かされる可能性はあるんでしょうけど、ぶっちゃけかなり低いと思います。そもそも明かされたとしてもどうやって盛り上げるんだ?って話になりそうです。

前作ドライブは個人的には前半は(問題点が多かったとは言え)結構楽しんで見れていましたけど(後半に関しては同じですね)、ゴーストの場合現時点まで純粋に面白いと思えるところが一つもないように思えます。

しかしカノンが普通に生き返ったことで、眼魔側にあるはずの本体はどうなってしまったんでしょうかね?
マコトが入っていたカプセルの隣に空のカプセルがあったのであそこにカノンが入っていたんじゃないでしょうか。
マコトが1クールであの性格だったのは「(カノンを生き返らせるために)眼魂を集めていた。」のではなく「(カノン(と自分)の身体を人質に取られていた(アデルかイーディス長官、アランの可能性あり)ため)眼魂を集めさせられていた。」からなんじゃないでしょうか。これも憶測にすぎませんけど。

まあ現在のマコトの変わりっぷりは「昔のマコト兄ちゃんに戻った」で片付けられそうな気がしますけどw
[ 2016/04/21 19:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

>そもそも明かされたとしてもどうやって盛り上げるんだ?って話になりそうです。

今の今まで新事実を知って驚いたシーンがありませんからね。
眼魔の世界の真相はそれなりに驚ける内容でしたが、突き詰めると感じる「何故?」の部分が一切の不明瞭なのでやっぱりケチがついてしまいます。
面白い展開というより、最終回までにはきちんと謎を解決してほしいというのが私の本望です。

>マコトが1クールであの性格だったのは「(カノンを生き返らせるために)眼魂を集めていた。」のではなく「(カノン(と自分)の身体を人質に取られていた(アデルかイーディス長官、アランの可能性あり)ため)眼魂を集めさせられていた。」からなんじゃないでしょうか。

そっちの方が現実的だとは思いますが、それだったらカノンが助かった時点で理由を話してくれたって良かったと思います。
また、そちらの方向性でもタケルを「甘い」と罵倒する理由には正直至らないと思います。
たぶん、我々が考察するほど深いことを考えてないんだと思います。
[ 2016/04/22 20:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1260-6bcac6b2


仮面ライダーゴースト 第27話「決死!覚悟の潜入!」

仮面ライダーゴーストの第27話を見ました。 第27話 決死!覚悟の潜入! アランと共に再び眼魔の世界へとやってきたタケルはマコトを助け、迷うアランの答えを見つけるためにアランの父・アドニスに会いに行こうと行動を開始する。 だが、父との再会を優先するアランはタケルと別れて単独行動してしまう。 タケルはマコトが入っていたカプセルを発見するが、なぜかマコトの姿はなく、カプセ...
[2016/04/17 14:54] URL MAGI☆の日記