今週のバトルスピリッツ ダブルドライブ 3話

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第3話 『強烈!異魔神ブレイヴ!』

DDep3 0

それにしても、バトスピって同じ声優が最低2年は出なきゃいけない理由でもあるんでしょうか。
メガネコ、まゐ、キマリ、キザクラ、早雲… というようなヒロイン級キャラの中の人たちは皆2年はバトスピに出演してるんだよなぁ。
グロリアス・シープに選ばれし勇者であるメイと、龍魔神の使い手である悪役のタツミが登場。
好例のCV:諏訪部キャラであるサンドラットも今回で登場しました。今回は完全な3枚目キャラの模様。
十二神皇を奪うのが目的のようですが、非情な手に走らないあたりは何やかんやで完全に悪人とは言い切れないですね。
一方のメイは純粋無垢な少年。タツミは今のところただの悪役。ただし過剰に悪役アピールしていない点には安心しました。(福山氏の演技力にも助けられてるかも)
前作で悪役キャラの自己主張がDQN臭く、うっとおしい傾向があったので、今作では比較的マイルドに薄まっているように感じます。
マイナス面を強調せず、プラス方向でキャラを伸ばしていく方針は良いと思います。

でもバトルは相変わらずの微妙さでした。Xレアが2枚も登場したというのに妙な雑さです。
というか、3話という超序盤回において初登場のXレア同士をいきなりぶつけ合うのは販促にもかち合ってしまいますし、良策とは言えない気がします。
「真の販促回」のためにセーブしたのか、グロリアス・シープの発揮効果は非常に控えめなものでしたし、
ひたすらデッキから6枚カードを破棄して守りに徹するだけで、肝心の攻撃はナシ。バトルを舐め切っているとしか思えません。
(一応フォローしておくと、デッキを6枚破棄してシールドになる演出はかっこよかったです。)

一方の龍魔神ですが、こちらも効果の説明が不十分…
左右のスピリットのアタック時効果には、ボイドからコアを供給したり、デッキから1枚ドローしたりといった地味ながらも手堅い効果を発揮してくれるのですが…
もちろん今回のバトルにおいて、それらの効果を明示する必要はなかったと言えばそうなのですが。販促したいのか、したくないのか…
とりあえず今作においては、前作よりも全体的にバトル描写が雑気味ということを何となく予感させてくれます。
これは比較的丁寧にバトルを描いていた反面、ストーリーが練り込み不足だった前作の反動と言うべきなのでしょうか。
てことは、ストーリーの方は期待してもいいんでしょうか? キャラはともかく、今のところストーリーは可もなく不可もないといったところですが。
あと次回予告の時点でサッポロさんが映っていたのですが… まさかまた噛ませになっちゃうんでしょうか?

バトル微妙、ストーリーそれなりという作品といいますとソードアイズを思い出しますね。尤もあっちは終盤になればバトルもかなり改善されましたが。
ただ対照的に、終盤になるにつれてブリンガーのヒロイン主張がかなりウザったく感じたのでそれは残念でした。公式が悪乗りしているのも閉口しました。
今作にもCV:諏訪部キャラはいますが、正直なところあんまり目立ってほしくないというのが本心です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1262-d5a2e962