今週の機動戦士ガンダムUC RE:0096 4話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話 『フル・フロンタル追撃』

UCREep4 0

どっちかというと追撃というか奇襲と言うべきかも
今週のまとめ : ホモが活躍を自粛した

オードリーがミネバ・ラオ・ザビだと発覚するまでOVA2巻の20分ちょいの部分まで描かれました。
今まで以上にブツ切りが酷いと思います。ぶっちゃけアバンのナレーションだけ聞いてればストーリー追いかけていけそう…
全体的に見ても、今回は登場人物紹介したくらいですからね。盛り上がる一歩手前の部分で終わってしまったので、見応えとしては微妙かも。
しかし再来週のエピソードはもっと寂しいことになりそうである… 来週はユニコーンとシナンジュの戦闘があるからいいけど。

この頃のリディはまだまだ明るかったし、オットー艦長もまだ微妙な存在でした。
オットー艦長、一応艦長としての仕事はそれなりにこなしているはずなのに、周囲の評価や本人から漂う微妙感が半端ない。
艦長という偉い役職に就いているのにもかかわらず、本人のスキルを活かせる唯一の仕事がお茶汲みというのも微妙さに拍車をかけてます。
そのお茶汲みも、シナリオで大きなイベントを起こしたわけでもない。むしろ食器が割れて残念なことになった…
だからこそep6での彼が一層輝いて見えるというものなのですが。
一方今でこそ健全なリディはep6時点でどうなっていたかというと… お察しください。

この調子だと、次回はバナージとフロンタルがお話するかしないかくらいで終わりそう。


UCREep4 1

今回ご紹介するMSは、MSN-06S シナンジュ
ユニコーンと同様にサイコフレーム搭載機で、サイコミュ目的ではなく、起動・操作面でのスペックを図るために作られた機体です。
この機体での検証データを下にユニコーンが製作されたので、2機は兄弟機という関係にあたります。
ただしそのスペックは「凄すぎて誰も使いこなせない」というテスト機特有の典型的かつ極端な成果しか得られず、
連邦にとってはオワコン機体もいいところで、検証が済んだらとっととゴミ箱行きというあんまりな扱いでした。

しかし紆余曲折を経て、シナンジュは袖付きのエースパイロット、フル・フロンタルの手に渡ることに。
身ずぼらしい白い外見は真紅に染め上げられ、理論上でしか出せなかった圧倒的推力を発揮し、かつてオワコン扱いされた連邦に牙を剥くという展開は中々に少年漫画的です。
戦場でピカピカ光りながらファッションショーばかりするユニコーンズと違って、こちらはきちんと丁重にお仕事を重ねている感じです。
派手で目立ちたがり屋でみんなの人気者である弟分の後ろで、堅実に仕事をこなすお兄ちゃんとして見てみると、この機体の印象も変わってくるかも?
まあ、シナンジュ本人も外見の自己主張っぷりはタイマン張れそうですが。

なお「凄すぎて誰も使いこなせない」という問題に関しては、ユニコーンも似たような欠点を抱えている模様。
そして後々その欠点が解消されたとは言い難い。アナハイムってバカなんじゃねーの?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/24 11:33 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(10)

最近25を超えてアニメを見る本数も少なくなって、アニメは空想の出来事だと冷静に見るようになりました。多分落ち着くとアナハイムがどうとか気にならなくなり楽しめてる気がします。
車会社の不正しかり、地震しかり、現実の方がドラマチックに感じます。
ちなみにミニプラの戦隊ロボすごく出来いいですよ
[ 2016/04/24 12:36 ] [ 編集 ]

7:15のアンジェロの表情

http://pbs.twimg.com/profile_images/2270516329/u6aenmpx7eesduibzbr3.jpeg

http://cyac.com/sites/default/files/teams/tumblr_ls15nnrpo61qdrczdo1_1280.png

完 全 一 致

「通常の3倍」「見せてもらおうか(ry」等のファーストのセルフオマージュが多くみられる回になりましたが。
やはり元ネタを知っている人でなければ楽しめない所ですね、ケロロ軍曹を見ていたちびっ子ももう大きいでしょうし。
話の中で触れられてますが『箱』を巡る案件なためかロンドベルも主力の部隊を送ることが出来ず。
ネェル・アーガマのような旧式艦に任務の白羽の矢が立ったと言った所でしょうね。
かつてガンダムチームを乗せた艦に再びガンダムとザビ家の姫とマーセナス家の青年が一緒に乗り込む事になるとは…

シナンジュは見た目こそスリムなサザビーですが、実質中身はガンダムと同等のMS「シナンジュ・スタイン」ですから。
ガンダム試作4号機「ガーベラ」とガーベラテトラの関係性を思わせます、アナハイムのダブルスタンダードが垣間見れます。
しかし常々思うのがこう言った「人間では操作不能な兵器」を無人化するという発想は宇宙世紀では中々生まれませんね。
ビルドファイターズにカメオ出演して再販も果たした「Gセイバー」では「モビル・ウェポン計画」の下、無人機が投入されましたが。
モビルドール同様に融通が利かない兵器でした、ミノ粉のせいで遠隔操作は難しい上に人工知能もALICE以降発展が見られないようですし。
現実では遠隔操作の無人機を空母で運用する試験まで成功したのですが…ガンダムシリーズというフィクションと現実の科学技術の発展と離壁する一方です。
[ 2016/04/24 14:16 ] [ 編集 ]

OVAでは省かれていますけど、実のところシナンジュさんは『テスト機を装って最初からネオ・ジオンのために造った』代物なんですよね(体面があるので事前に口裏合わせして、強奪されたフリして譲渡)。連邦の『ネオ・ジオンが力持ったら、それを口実に軍備の維持が出来て、結果オレ達の権力維持に繋がるぜヒャッハー!』理論で。

結果、世界に超絶迷惑が掛かりました、と。
[ 2016/04/24 15:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

戦隊マニア様、コメントありがとうございます。

>アニメは空想の出来事だと冷静に見るようになりました。

それは認識するまでのないことだと思います。現実と空想の線引きは大切です。
内容に感化されて評価するのも、ケチをつけるのも人それぞれなので、個人にあった楽しみ方をすればそれでよいと思います。
[ 2016/04/24 16:44 ] [ 編集 ]

Re: 7:15のアンジェロの表情

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>完 全 一 致

野獣先輩アンジェロ・ザウパー説っていう動画はないんですね…
本人だから証明のしようがないんでしょうか?

>モビルドール同様に融通が利かない兵器でした、ミノ粉のせいで遠隔操作は難しい上に人工知能もALICE以降発展が見られないようですし。

なるほど。ミノ粉のせいで無線関連の技術はいつまで経っても進展が薄いんですね。サイコミュ関連は無駄に多く開発しているというのに…
ここまで時間が経つと、普通ならミノ粉を凌駕するような新物質が開発されそうな気がするのですが、最後まで大活躍でしたね。
元々宇宙で白兵戦をやるために強引に作られた設定ですから、意図的に必要以上に触れないようにしてるんですかね?
[ 2016/04/24 17:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

だごん様、コメントありがとうございます。

>『テスト機を装って最初からネオ・ジオンのために造った』代物なんですよね

あ、もう製作段階で譲渡することは決まってたんですね。連邦のUC計画ガバガバやん…
そもそも軍備の維持といっても、UC:0096の時点でそこまで強大な武力が必要とは思えないですし。
最初から譲渡する気なら、もうちょっと踏み込んで連邦とネオ・ジオンはきちんと和解すべきでしたね…
[ 2016/04/24 19:48 ] [ 編集 ]

シナンジュはやっぱり格好いいですが。一番気になっているのが名前なんですよね。どんな意味でしたっけ?
ユニコーンのプラモデルは出来がいいのが多いですが。値段が高いのであまり手が出せません。
[ 2016/04/24 20:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>シナンジュはやっぱり格好いいですが。一番気になっているのが名前なんですよね。どんな意味でしたっけ?

調べてみたら、北朝鮮の地名と架空の武術というのが挙がりました。
MSとは関係なさそうなので、多分名前に意味はないんじゃないでしょうか。

>ユニコーンのプラモデルは出来がいいのが多いですが。値段が高いのであまり手が出せません。

クリアパーツをたくさん使ってたり、可変機構のために余剰パーツが多かったりしますからね。種類も無駄に多いですし。
ユニコーンガンダム系列に関しては、本当に欲しい物を絞った方が良さそうです。
[ 2016/04/24 20:28 ] [ 編集 ]

返信の返信です

度々すみません。

>『テスト機を装って最初からネオ・ジオンのために造った』代物なんですよね
あ、もう製作段階で譲渡することは決まってたんですね。連邦のUC計画ガバガバやん…
そもそも軍備の維持といっても、UC:0096の時点でそこまで強大な武力が必要とは思えないですし。
最初から譲渡する気なら、もうちょっと踏み込んで連邦とネオ・ジオンはきちんと和解すべきでしたね…

私が把握出来ている事を乱暴に説明しますと、連邦はネオ・ジオンと和解するつもりなんて全くないんですよね。
ネオ・ジオンと言う『敵』を利用して権力維持するぜ、軍需産業でゼニ儲けするぜ、……な感じでして。

そのためにシナンジュさんと言う力を与えておいて、民衆に「ネオ・ジオンやべぇ、軍備増強必要じゃん!」とさせる⇨軍備増強⇨用済みになったから「ジオニズム、根絶すべし。イヤーッ!」……が本来のUC計画。

勘違いしている箇所もあるかも知れませんが、大体こんな感じです。
[ 2016/04/25 17:13 ] [ 編集 ]

Re: 返信の返信です

だごん様、コメントありがとうございます。

私が「連邦とネオ・ジオンは仲良くすればいいのに」と書いたのは、
余計なリスクを負って貢物をするよりは、もうちょっとマシな関係を築いて欲しかったということです。
つくづく自分たちの勝手なエゴで回りを振り回す連中ですね、連邦は…
[ 2016/04/26 00:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1266-17df0e14


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第4話を見ました。 第4話 フル・フロンタル追撃 クシャトリヤを退け、戦闘後に気を失ったバナージは収容されたネェル・アーガマでオードリーと再会するのだが、民間人という立場で軍用MSを使って戦闘状況に介入したということで尋問されることとなる。 「父親だと言ったら納得するんですか…?」 そこへネオ・ジオン残党軍『袖付き』の首魁・...
[2016/04/24 12:53] URL MAGI☆の日記