今週の機動戦士ガンダムUC RE:0096 5話

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話 『激突・赤い彗星』

UCREep5 0

4枚羽!?(誰も羽が4枚あるとは言ってない)
今週のまとめ: ホモが自分のミス(というほどでもない些細なこと)をバナージに責任転嫁した

ユニコーンVSシナンジュのバトルから、バナージとフロンタルのご対面まで。概ね予想通りの尺でした。
OVAでいうとep2の20分40秒くらいの部分から、ほぼピッタリ40分くらいまで。
相変わらずブツ切りっぽく見えますが、数字的には意外と綺麗な尺だったりします。

全体的にバトル回でしたね。「RX-0」から「UNICORN」へ移行していくBGM演出いいゾ~
「当たらなければどうということはない」とはシャア・アズナブルのお言葉ではありますが、
相手は「当たらなくても死ねる」という噂のビームマグナムを装備したユニコーンである。
それをスレスレで避けて何ともないって、どういう操縦スキルしてるんや。
しかしここまで新規カットがないのはやはり既聴勢としては物足りない。OPみたくビームナギナタを使ったバトルとか期待してたんだけどな…
ユニコーンとシナンジュが戦う機会はもうep3しか残されてないので、そっちに期待するしかないかも。
でもこの流れだと新規カットがいつまでも無さそうでちょっと不安。

次回は多分、ep3のギルボアさんがパラオ基地に移動するシーンの辺りで終わるんじゃないですかね。
もしくはバナージが脱出のために街を走り去る辺りまで… いずれにせよブツ切り感半端ないことは確定ですな。

UCREep5 1

今回紹介するMSは、袖付きの主力量産機であるギラ・ズール。
ギラ・ドーガの後継機… とは名ばかりのもので、実際はギラ・ドーガの設計を基にちょこっとパーツを変えただけのコンパチ品。
OSとかもギラ・ドーガのものを流用しており、武装も殆ど同じものを使いまわしているので、多分戦闘力はギラ・ドーガと大差ない。
完全新造品を作りたくても、カツカツすぎる懐事情のせいで作れないという袖付きの厳しい現状を反映させた機体であると言えます。
それでいて頑張って作ったクシャトリヤはユニコーンにザク切りにされてばかり。不憫だよなぁ。
ちなみにアンジェロ専用機の紫色のギラ・ズールはスペックが強化されているという触れ込みですが、
目立った活躍がユニコーンにボコられるくらいしかないのでますます不憫さが際立ちます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/01 10:59 ] ガンダムUC RE:0096 | TB(1) | CM(6)

バリエーションが豊富に作れるのが量産機の魅力なんですが。ギラ・ズールのバリエーションといえばゼ・ズールやローゼン・ズールなんかしかキット化してないんですよね。クラーケ・ズールとかキット化してくれヨ~頼むヨ~。
[ 2016/05/01 12:48 ] [ 編集 ]

ビームマグナムは当たらなくてもどうにかなってしまう上に
シールドもIフィールドのおかげで当たってもどうという事は無いとか…
やっぱチートや
[ 2016/05/01 16:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yh様、コメントありがとうございます。

>クラーケ・ズールとかキット化してくれヨ~頼むヨ~。

ザクシリーズ「俺たちだって!」
悪いのはジオンではなく、必要以上に水増ししたがる公式です。まあ気長に待ちましょう。
[ 2016/05/01 17:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

COLT様、コメントありがとうございます。

>やっぱチートや

しかし上には上がいるという…
サイコレームは全てを可能にしてくれます。可能性の獣というか、不可能を可能にしてしまう獣ですね。
ムウ・ラ・フラガかな?
[ 2016/05/01 17:36 ] [ 編集 ]

全裸おじさん「動けば当たらないだろ!」

ガンダムUCの特徴である「様々な陣営を渡り歩く主人公」の始まりになる戦闘ですね。
確かにOPのビームナギナタ位は今回で使って欲しい所でしたね。(ツインブレードはガンブレ3強武器の一角ですし)
今回の目玉はビームマグナムの驚異的な威力ですが、銃声が初代RX-78のビームライフル音を重厚にしたSEなのが特徴的です。
当時の対MS戦用の武器としてはオーバースペック気味な威力なのも同様です。
演出的にはF91のヴェスバーより高威力な気がしますが、単純な威力を追求したビームマグナムと
ビームシールドの貫通性能を重視したヴェスバーとの違いと考えています前者がカノン砲で後者が対戦車砲みたいな。

UCの「ザク枠」にあたるギラズールはギラドーガと比べると細身でガスマスク顔で個人的にあまり好きなバランスではありませんね。
装備しているビームライフルのデザインが旧ドイツ軍の自動ライフルStg-44にそっくりなので。
「ジオンの精神」というより「武装親衛隊」のイメージが強いです、「袖」のデザインと言いジオン残党最大勢力故の見栄って事なのでしょう。
フロンタルの「合わない趣味でも受け入れる」姿勢はシャアとは一線を画す性格の違いですね。
アンジェロ機はその後「専属調教師」みたいな体系に改造されますけどHGUCの形成色ミスが記憶に新しいですね。
修正版を「ep7仕様」として売りミスを認めないバンダイの姿勢には呆れます…
[ 2016/05/01 19:29 ] [ 編集 ]

Re: 全裸おじさん「動けば当たらないだろ!」

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>演出的にはF91のヴェスバーより高威力な気がしますが、

私としては、ヴェスバーってあんまり高火力な感じがしないんです。演出的ではなく、デザイン的な意味で。
内蔵武装<外付け武装って感じなんですよねー私としては。だからこそビームマグナムのキチガイ威力っぷりは好きです。

>アンジェロ機はその後「専属調教師」みたいな体系に改造されますけどHGUCの形成色ミスが記憶に新しいですね。
修正版を「ep7仕様」として売りミスを認めないバンダイの姿勢には呆れます…

巷では成形色のことを「チョコレートみたいだな!」という例えで表現していましたね。
「ソフトクリームみてぇじゃん!」と例えていたタクヤさんと同じ匂いがする…?
[ 2016/05/01 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1272-7843fc45


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第5話を見ました。 第5話 激突・赤い彗星 オードリーの正体が「ミネバ・ラオ・ザビ」である事に気付いた地球連邦軍特殊部隊エコーズのダグザ司令はオードリーを人質にしてフル・フロンタルに撤退を迫る。 「捕虜の命は無視するというのか?」 「不確定要素に基づいた交渉には応じかねる。3分待とう、賢明なる判断を期待する」 要求は聞き入...
[2016/05/01 12:24] URL MAGI☆の日記