今週の動物戦隊ジュウオウジャー 13話

動物戦隊ジュウオウジャー 第13話 『山頂の目撃者』

ジュウオウep13 0

泥水にはココアが使われていたんですって。
13話目。好感を得ようとひたすら行動しても、評価されるのは無意識に行動する側ばかり。
しかし大事なのは自分ばかり出過ぎた真似をするのではなく、時に譲歩することも必要。
つまりは自身の立場を弁えて、集団の中でどう動けばいいのか、ということ。
やはりシリーズ構成の香村さん。スーパー戦隊の基本中の基本である「仲間との協力」という方向性に沿ったシナリオを作ってくれています。
ラストのロボ戦でも、人工的な罠を仕掛けた敵に対して、自然界の罠とも言えるクマが制裁を下すのは良いオチだと思いました。
キューブクマ登場のいきさつ自体はちょっと強引でしたが。

しかしこうして見てみると、レオってアムとは違う方向で現地適応してますよね。
最初期は人間の姿を見て驚いていたのに、現在では人間の女性の顔を「可愛い・美人」と評価できるに至ってます。
ここまで人間界に慣れてるんだから、本当にホームシックにかかっているのかという疑問はあるっちゃある。

ただここ最近、デスガリアンの行うデスゲームが比較的マイルドになってる気がします。
山の中に仕掛けた泥水やトラバサミ、大岩なんかはどちらかというとコミカル臭いです。
何より「山の草木を枯らす」ってアザルドっぽくありません。規模も小さいですし、人類に与える影響というのもいまいち感じ取りにくい。
やっぱり初期のデスゲームは「残虐過ぎる」という批判が来たんですかね。描写の徹底っぷりは結構気に入ってたんだけどなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

児童誌のジュウオウジャーの記事の内容では今回のエピソードは本来「エネルギーを集めて山を噴火させる」って内容の予定だったらしいのですが、熊本の地震に考慮して、該当するセリフを差し替えたり、木が枯れるCGなどを入れて内容を変えたそうです。全然違和感がなかったですね。
[ 2016/05/10 20:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

そんな事情がありましたか。
日本はわりかし自然災害の表現には際どかったりする事情があるので、
熊本地震があろうがなかろうが火山噴火ネタを使うのは結構意欲的じゃないかなと思います。
[ 2016/05/10 23:33 ] [ 編集 ]

同じ宇都宮Pのゴーカイでは

311後最初のデカレン回がやはり大地震誘発装置でよく放送したなと思いました。
今回は、地震直後に阿蘇山の噴火が危ぶまれていたことや「熊」の販促回かつギャグ多めなのもシャレにならないと判断されたのかもしれませんね。
[ 2016/05/11 17:55 ] [ 編集 ]

Re: 同じ宇都宮Pのゴーカイでは

あき様、コメントありがとうございます。

>311後最初のデカレン回がやはり大地震誘発装置でよく放送したなと思いました。

そんな回もありましたね。実際に起こしていなければオッケーという判定なのでしょうか。
今回のジュウオウジャーに関しては、むしろ地震発生に対してスムーズな対応をとれたことを賞賛すべきかな、と受け止めておきます。
[ 2016/05/11 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/1280-3707e69c


動物戦隊ジュウオウジャー 第13話「山頂の目撃者」

動物戦隊ジュウオウジャーの第13話を見ました。 第13話 山頂の目撃者 鳥男の行方を探すために街ゆく人々に地道にチラシを配って歩く日々を続けていた大和達の前についに鳥男を見たという女性・五十嵐百合が現れる。 「百合ちゃん…。百合…名前も可愛いな、おい」 「あの、斧岩山でこの人を見たんだよね?」 百合が鳥男を見たのは大きな斧のような岩が頂上に映える斧岩山のようで、早速...
[2016/05/08 13:27] URL MAGI☆の日記